肩こり腰痛大丈夫?デスクワークの姿勢で注意したい4つのポイント

スポンサードリンク

デスクワークというと、現代のビジネスパーソンなら誰しもが行う業務です。その際に「姿勢」を意識することはありますか?

ない方は、ちょっと注意が必要かもしれません。デスクワークによる姿勢がどのようなものかによって、肩こりや腰痛、仕事の非効率に繋がることがあります。

今回は、知るだけで実践できる(特別なグッズは必要なし!)の「デスクワークの姿勢」で注意したいポイントを4つ紹介します。

 

デスクワークの姿勢は健康悪化に繋がる?

-shared-img-thumb-OZPA87_katakorigayabai20130707_TP_V

肩こりや腰痛は「職業病」

デスクワークが多い方の「職業病」としては、「肩こり」「腰痛」が挙げられます。若いうちは大丈夫だろう…と思っていても、蓄積した疲労や痛みが突然やってくる可能性もあるので、注意が必要です。

また、デスクワークは長時間行うのが一般的です。よって、最初は背筋を伸ばしていても次第に頬杖をついたり、腰が曲がっていたり…と、無意識のうちにそういう「悪い姿勢」になってしまうことがあります。

その繰り返しが、職業病としての「肩こり」「腰痛」といったことに繋がっていきます。

 

姿勢は、仕事の効率やモチベーションにも影響する?

こんな姿勢では、仕事効率もモチベーションも上がりません

こんな姿勢では、仕事効率もモチベーションも上がりません

デスクワークにおける姿勢の良し悪しは、健康面だけではなく「仕事の効率」や「モチベーション」にも影響を及ぼします。

仕事の効率と姿勢の関係

姿勢によって作業効率があがることが知られています。たとえば、背筋を伸ばす行為などは、心拍数を上げることに繋がります。それはすなわち「頭に血が巡る」→「集中力UP」ということを意味します。

参考記事:2秒で作業効率アップ!姿勢を正すことで得られる「驚きの効果」

モチベーションと姿勢の関係

仕事に対するモチベーションも、姿勢と関係があります。悪い姿勢は、身体的な健康面だけではなく、精神的な健康、つまり、仕事に対するやる気やモチベーションの低下へと繋がります。

参考記事:姿勢が悪いと鬱になる? 心と座り方の微妙な関係

よって、デスクワークにおける姿勢に関して、「注意ポイント」を抑えておくことが、デスクワークに関して重要であるということですね。

 

デスクワークの姿勢での4つのポイント

 

姿勢を正すためのグッズや家具はたくさんありますが、そのようなグッズを使わなくても、姿勢に注意し、「職業病」を避ける方法はあります。

今回は、すぐ実践できる方法を4つ紹介します!メモとしてとっておき、デスクの見える位置に貼っておくと、より意識的になれますので、ぜひ試してみてください。

(1)足の裏を床につける

esbjerg-1309547_640

足を投げ出さず、床につける

足を組むことが癖になってしまうと、姿勢の悪化に繋がります。姿勢をまっすぐ保つためには、まず机の下の「足」に注意しましょう。床に対してしっかりと足の裏をつけて、作業を続けるのが大切です。

 

(2)アゴをひく

-shared-img-thumb-OMG150918570I9A6088_TP_V

アゴが出ていませんか?

猫背の状態は、背筋をまっすぐ伸ばすことを意識するだけでは改善されません。大事なのは、「アゴをひく」ことです。

アゴを引くと、自然に背筋が伸びてくることが分かります。デスクワークはPCが主な作業道具ですが、目線やイス、デスクの高さを「アゴを引いてちょうどいい」くらいに設定しておくと、なお姿勢の改善が見込めます。

 

(3)背もたれとおしりをぴったりつける

chair-1020054_640

イスを正しく使いましょう

作業に集中してしまうと、イスの手前の部分で前かがみになってしまうことがあります。この座り方は、姿勢を悪くする原因です。

背筋を伸ばすためには、イスの背もたれの部分にちょうどおしりがぴったりつくくらいがちょうどいいのです。座り方一つでも、全然違ってきます。

 

(4)30分に一度、席を外す

bsPAK85_nobiwosuruOL1292

休憩しましょう

これは「デスクワーク」における精神的な姿勢といえます。作業の集中力が高まってくるにつれて、姿勢が悪くなってしまうのは共通の悩み。でも、集中力を途切れさせたくはない…そう考えてしまいます。

しかし、集中力、仕事の効率という観点から見ても「小休憩」をとることでパフォーマンスが増すということが、人間工学の研究で知られています。

背筋を伸ばす、少し歩く、といった小刻みな休憩が重要です。

 

デキるビジネスパーソンは「姿勢」がいい!

StockSnap_CB8PFQR6E9

デスクワーク以外の仕事ぶりでもそうですが、「仕事ができる人」は姿勢がいいですよね。仕事ができる人と、姿勢の相関関係はわかりませんが、傍目で見た時に姿勢の良さは好印象になります。

また、今回ご紹介したように「姿勢の良さ」は健康面、仕事の効率、モチベーションといった複数の観点から重要です。

姿勢を意識したデスクワークを心がけましょうね。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。