転職に成功するための自己分析のやり方!5つのポイント

転職に成功するための自己分析のやり方!5つのポイント
スポンサードリンク

転職を検討しているあなた。転職活動にも自己分析は大変重要です。でも、実際にどうやって自己分析をすればいいのか分からない…そんな課題感を抱えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、転職活動で必要な自己分析のやり方が分からない方向けに、自己分析が必要である理由、自己分析のポイントを解説していきます。

この記事を読むことで、自己分析に必要な考え方を知り、自己分析を行うことができます。ぜひ参考にしてください。

転職活動で自己分析をすべき3つの理由とは?

転職活動で自己分析をすべき3つの理由とは?

転職活動で自己分析をすべき理由には、どんなものがあるでしょうか? ここでは、理由を3つに分けて解説しています。

1 転職活動を効率的に進めるため

転職活動を効率的に進めるためには、企業研究や具体的な企業を探すより先に「自己分析」を進めておくことが大変重要です。たとえば、転職したい起業を探し始めてから「自分は何ができて、何がしたいのか?」を考えると、大変非効率でしょう。

事前に自分にはどんな経験・スキルがあり、どんな仕事に就きたいのかを明確にしておくことが大切なのです。

2 面接で伝えるべきことを事前に明確にしておくため

自分自身の強みを理解しておくことは、採用される企業の面接時において、面接官や採用担当者に対して自分自身の強みや経験・スキルを明確に伝えることができることとイコールです。つまり、まず自己分析を多なっていなければ、面接対策のしようがないともいえます。

「どんなやり方なら受かるか?」より先にすべきなのは、自己分析なのです。

3 失敗しない転職をするため

自分自身のスキルや経験を明確にしておくことは、具体的な仕事選び、企業選びの際に重要な要素になります。自分自身を活かせる環境を見つけるためには、自分自身についてハッキリと理解しておく必要があります。

自分自身について理解していないまま転職活動を進めてしまうと、もし内定がもらえたとしても後から「こんなはずじゃなかった…」と後悔することになりかねません。

転職活動で必要な自己分析5つのポイント!

転職活動で必要な自己分析5つのポイント!

では、転職活動で必要な自己分析の5つのポイントをご紹介していきます。1〜5を順番に実践していくことで、あなた自身の自己分析をすることができます。ぜひ実践してみてくださいね。

1 今までの経験を「5W1H」で書き出す

「5W1H」の考え方を用いて、これまでの自分自身を振り返ることが第一の作業になります。

 

5W1Hで自分自身のキャリアを振り返る

・Where・・・どんな会社で?

・What・・・扱った商品・サービスは?

・Who・・・どんな人と関わったか?

・How・・・どのような仕事を?

・When・・・どのくらいのスケジュールで?

・Why・・・何を目指して働いていた?

できるだけ詳細を、「具体的な名称」「具体的な数字」を意識して書き出してみましょう。この作業を最初に行うことで、次以降のポイントをカンタンに進めることができます。

2 「やりたいこと(Will)」で自己分析

これまでの振り返りを行った後は、これまでの経験を参照しながら「やりたいこと(Will)」で自己分析を進めていきます。やりたいことを導くためには様々な考え方がありますが、最も簡単な方法は「モチベーションが高まる要素」を軸に考えていきます。

これまで関わったプロジェクトや業務の中で、どのようなときにモチベーションが上がったかを振り返りをもとに探すことができれば、「あなたのやりたいこと」がどんなとき、どんな内容の仕事であるかがわかります。

3 「できること(Can)」で自己分析

次に考えるべき項目は、「できること(Can)」です。できることを導くためには、やはり「振り返り」を参照しながら進めることが大切です。これまでの経験と実績をもとに、あなたのできることを導き出していきます。

その中で、「できること」と「できないこと」を区別していきましょう。区別する方法は、「社会人基礎力」の12要素をもとに分ける方法が有力でわかりやすいでしょう。

社会人基礎力とは?3つの能力と12の要素を知ろう!

2016.05.06

4 「求められていること(Must)」で自己分析

自己分析最後の項目は、「求められていること(Must)」になります。求められていることを導くためには、転職する業界の研究・分析と、転職したい企業の「必要とする人材」「求人内容」から逆算して進めることが重要です。

「転職する企業の業界全体で何が求められているのか?」「転職したい企業はどんな人材を求めているのか?」を調べ、そのうえであなたの「Will」「Can」に合致する部分を見つけていきます。

特に、面接時は限られた時間であなたの「Will」「Can」を伝え切らなければいけません。その際には「Must」を事前に明確にしておき、選考に臨むことが必要です。

5 自己分析ができる転職サイトを活用する

ここまで、個々人で自己分析を進めるポイントを解説してきました。自分自身で気づくことができる部分には限界があります。だからこそ、自己分析ができる転職サービスを活用し、自分の気づかない部分について知ることが大切です。たとえば、「リクナビNEXT」では、グッドポイント診断と呼ばれる診断ツールがあります。

自己分析後は実際に転職サービスを活用しよう

サポート豊富の転職サービス『リクナビNEXT』

https://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s11012.jsp?pr_nm=001-lp&vos=nrnnaffb00101

https://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s11012.jsp?pr_nm=001-lp&vos=nrnnaffb00101

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。

・自己分析など、転職活動に必要な情報を診断したい方。

・多くの求人情報から、希望する条件の求人を見つけたい方。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

自己分析で転職を成功に導く

自己分析で転職を成功に導く

今回は、転職活動において自己分析が重要である理由と、実際に自己分析を進める際に大切なポイントをご紹介してきました。自己分析は、転職活動において最も最初にすべきことであるといえます。

自己分析を丁寧に行うことができれば、転職活動もスムーズに進みます。ぜひ今回の記事を参考にして転職を成功させてくださいね。

また、自己分析の他に「企業研究」「業界研究」のやり方も下記記事でご紹介しています。転職サービスに登録するとともに、こちらも参考にしてください。

転職に成功するための企業研究!4つのポイント

2017.06.18

転職に成功するための業界研究!4つのポイント

2017.06.17

IKIKATAおすすめの転職サービスランキング

下記の記事では、今回ご紹介した転職サイト・サービス以外にもおすすめの転職サイト・サービスをランキング形式でご紹介しています。それぞれの特徴をおさえつつ、一番使いやすい転職サービスを見つけたいなら、下記の記事を参考にしてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16

業界別・ニーズ別転職サービスを掲載中!「IKIKATA Database」

IKIKATA Database リンク

 

 

スポンサードリンク
転職に成功するための自己分析のやり方!5つのポイント

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。