社会人基礎力とは?3つの能力と12の要素を知ろう!

スポンサードリンク

社会人基礎力という言葉を知っていますか?

社会人基礎力とは、2006年から経済産業省が提唱している概念です。現代の社会人が活躍するためには、この社会人基礎力を身に着ける必要があります。

なぜなら、現代社会は環境の変化が激しく、どんな状況でも応用できる基礎的なスキルを身に着けることが重要になってくるからです。

今回は、「社会人基礎力」の具体的内容を解説していきます。社会人基礎力の内容を知って、日々のシゴトの中でコツコツとスキルアップしていきましょう!

 

社会人基礎力とは何か?

この記事をメモしておくと便利です

この記事をメモしておくと便利です

社会人基礎力は、2006年より経済産業省が提唱している政策上の概念です。

具体的には、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」とされています。

社会人基礎力には、大まかに分けて、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つの能力があります。また、その3つはさらに細かく12の能力要素に分けられます。

この3つの能力と、12の能力要素をそれぞれ紹介します。社会人基礎力の内容を知って、日々のシゴトで意識してみてくださいね。

参考URL:経済産業省「社会人基礎力」

 

社会人基礎力①:「前に踏み出す力」

caleb-ekeroth-7479

「一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力」のことです。

現代社会は急速に技術革新を遂げ、特に情報社会化、IT化の速度は目を見張るものがあります。また、働き方や価値観の多様化など、様々な変化があります。

そのような世の中では、リスクをただ単に回避するだけではなく、しっかりとチャレンジできるスキルが必要です。

具体的な能力要素は3つです。

 

(1)主体性

物事に進んで取り組み力

主体性は、自分自身で判断し、自分自身の力で実行するための「意志」のことを指します。このスキルを身に着けるためには、「当事者意識」が必要です。

まずは、今現在取り組んでいるシゴトやタスクに関して「なぜ、このシゴトをしているのか?」「このシゴトをすることで誰の役に立つか?」を考えてみましょう。自然に責任感が芽生えてくるように、自分の行動を分析することが必要です。

あなたは知ってますか?「自主性」と「主体性」の違いを明確にしよう

2016.07.22

(2)働きかけ力

他人に働きかけ巻き込む力

どんなシゴトでも、自分一人でできることはたかが知れています。特に、複雑化、専門化が進む現代社会においては、一人で何もかもをこなすことは、ほとんど不可能に近いでしょう。自分のカバーできるシゴトや分野の範囲を常に広める努力をしつつも、自分の足りない部分をほかの仲間に補ってもらうことが大切です。

このスキルは、何よりもまず「自分に足りない部分」「苦手なところ」をしっかりと理解しておく必要があります。そうでなければ、人に何かを働きかけることはできません。まずは「自分を知る」ことを第一に心がけましょう。

キャリア形成の必須条件!「巻き込み力」を身に着ける2つの方法

2016.01.10

(3)実行力

目的を設定し確実に行動する力

「やる気」「モチベーション」「具体的な技能、技術」だけが、実行力になるわけではありません。

実行力をつけるためには、今しているシゴトに対する「目的意識」を明確にする必要があるのです。ゴールや目的が設定されていないと、いくらほかの能力が秀でていても、途端に実行力はなくなってしまいます。なぜなら、「何のためにやっているか?」がはっきりしていないと、人は何かを始めたり、継続したりすることが難しいからです。

目標設定サボってませんか?目標設定のための2つの方法

2016.01.29
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。