新聞とアプリを使い分ける。情報収集を効率化する2つの方法

スポンサードリンク

ニュースは情報収集、日常のインプットのために欠かせないものの一つです。

学生の方なら自分の興味関心・専攻分野の情報のため、ビジネスパーソンなら時事や自分の業種との関連分野をリサーチしておくでしょう。

情報社会においては、情報を限りある時間の中で効率よく入手し、自分のシゴトや活動を考える「材料」にする必要があります。そのために、ニュースを読む、見るという行為は欠かせない習慣です。

かつてはニュースを知るための方法はTVや新聞でした。特に新聞は、細かな情報や大きな時事問題を詳細・補足情報とともに取り扱うため、効率的な情報入手先といえますね。しかし、現在では「ニュースアプリ」「キュレーションアプリ」を筆頭に、情報の入手先が増えました。ニュースの入手先が格段に増えています。

そこで今回は、「新聞」と「キュレーションアプリ」「ニュースアプリ」でニュースをみるときの「違い」と「メリット」、そして「使い分け」によって効率的な情報収集をするための2つの方法についてご紹介します。

 

今回のゴール

・新聞とニュースアプリの違いを知る
・新聞とアプリの情報収集におけるメリットを知る
・新聞とアプリの使い分け方を知る

 

「新聞」のメリット

https://pixabay.com/

https://pixabay.com/

 

(1)優先順位が分かりやすい

新聞は、発行する会社ごとに紙面で扱うニュースに差異があります。よって、自分の関心に合ったニュースを見るという点で、アプリに劣ります。

しかし、新聞社は膨大な社会のニュースを収集し、それを編集したうえで「優先順位」を決めて発行しているため、そのニュースの「重要度」が客観的に反映されていることになります。

もしあなたが「どんなニュースを読めばいいのか分からない」と考えているならば、まずは「新聞の見出し面」を読み込みましょう。常に重要なニュースを把握することができます。

 

(2)補足情報に詳しい

政治・経済系のニュースでは特にみられることですが、あるニュースに関しては「事前情報」が必要な場合があります。中には、ニュースの文面だけを追っても理解ができないほど複雑な問題もあるのです。

その場合、そのニュースを読むために必要な補足情報=「事前情報」は、補足としてニュース紙面に記載してあります。客観的に重要度の高い情報の補足を把握しながら読めるのは、新聞ならではといえます。

 

(3)立場が明確である

新聞社はそれぞれ「編集指針」「意見」を持っている存在です。ニュースを客観的・事実的に掲載することはもちろんですが、「答えが一つではない問題」 たとえば政治的な問題に関しては「社説」というカタチで意見が述べられています。

一つの新聞の意見や答えに偏ることは避けるべきですが、私たちは一人一人がニュースに対して「自分の意見」を持たなければなりません。よって、新聞社の意見を把握することは、「賛成/反対」を問わず重要な気づきになります。

 

「新聞の情報は『量』より『質』」ということができます。

 

「アプリ」のメリット

https://www.pakutaso.com/

https://www.pakutaso.com/

 

(1)細かな情報を拾える

アプリ…ここでは「キュレーションアプリ」「ニュースアプリ」のことを指します。アプリは、使用する人の「趣味・関心」に合わせて表示するニュースや内容を変えるカスタマイズができるようになっています。

「SmartNews」「NewsPicks」はニュースキュレーションアプリの中でも特に人気の高いサービスです。

こういった「Webの膨大な量のニュースを関心に合わせて一気に読める」のは、アプリならではのメリットということができます。細かな情報を確認するためには、「まとめ役」となるアプリが必要です。

 

(2)関心に合わせてカスタマイズできる

さきほど「趣味・関心」に合わせてカスタマイズができ、「まとめ役」になってくれるのがアプリであることを説明しました。この「関心に合わせて」という部分は、まとめ役以外にも大きなメリットを生みだします。

それは「趣味・関心を広げるキッカケ」になるという点です。新聞にも、様々な分野のニュースが掲載されていますが、アプリのような手軽さはなく、様々な分野のニュースを把握しようと思うと膨大な時間がかかってしまいます。

アプリは、同時並行的に様々な情報を入手するために最適な手段といえます。

 

(3)速報性がある

アプリの最大のメリットといえば、「速報性」です。新聞も、前日のニュースをいち早く翌日のニュースとして掲載していますが、「Web媒体のニュース」を確認できるアプリには及びません。

速報性があるとはつまり、「確実性が薄い」ということでもあります。まだ終わっていない、落ち着いていないできごとについてのニュースは、後から考えると的外れである場合も多いのです。しかし、「速報性がある」ことで、私たちは緊急時に適切な行動をとることができます。

 

「アプリの情報は『質』より『量』」ということになります。

では、「新聞」と「アプリ」を使い分けて、効率的な情報収集をするためにはどうすればよいのか?

 

情報収集を効率化する2つの方法

 

新聞は1週間に2~3回、アプリは毎日使う

新聞とアプリを使い分けるための最初の方法は「使用頻度」

https://www.pakutaso.com/

https://www.pakutaso.com/

 

新聞はアプリよりも読むのに時間がかかります。特に、連続して内容や進行度が更新される速報性が大事なニュースは、新聞で読むよりもアプリで確認をする必要がありますね。

しかし、「複雑な問題」「社会的に大きな問題」は、ある程度簡潔にまとめられている記事を読むことで、情報収集の効率化が図れます。新聞を読むのは、そんなときです。

よって、新聞は週に2~3回程度読み、アプリを毎朝確認するなど「使用頻度」を分けてみましょう。情報の入手先が多様になり、「情報収集」にかかる時間も少なくてすみます。

 

関心のあるニュースはなるべく新聞から入手する

新聞は、「情報源」としてWebメディアよりも信頼性が高い。

https://www.pakutaso.com/

https://www.pakutaso.com/

 

すべてのWebメディアに信頼性がない、というわけではありません。しかし、情報の入手先がいつも明記されているとは限りません。「ニュースの内容」だけに目が行ってしまい、「情報源が個人のブログだった」という事態も考えられます。

「今どんなことが起きているのか?」程度の情報を入手したいのであれば、アプリを使ってサクサクと情報収集をするのも一つの方法です。しかし、もしあなたがある程度専門的なニュース、特定の関心があるニュースの情報収集をしているのであれば、なるべく「新聞」から入手するようにしましょう。

そのニュースの経緯や背景などが簡潔に掲載されているので、Web上の断片化された情報を入手するよりも効率的です。

 

まとめ

今回は、「新聞」と「アプリ」という2つの情報入手先の使い分けについて「使用頻度」「関心」の2つの視点からご紹介しました。

情報社会の進展によって、新聞は旧来のメディアとなりました。しかし、その有用性は、使っていただけると明確になります。情報の入手先を多様化させ、「様々なところから情報を得る」ことを体得しておくことが、「リテラシー」を高める上で重要です。

情報収集は、学生/ビジネスパーソンを問わず「重要な習慣」です。将来のキャリアを考える上でも密接にかかわってきます。社会の関心ごとを身近に引き寄せる方法を知っておくことで、社会を見据えるスキルが身につきます。

ぜひ、今回の方法を実践してみてくださいね!

 

おすすめ転職サービスTOP3!

転職を検討している人に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 BIZREACH(ビズリーチ)

282da089f277e23916fc8071b26ee6be

ビズリーチの特徴

無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 現在や直近に在籍していた会社にはプロフィールが公開されないので、会社には転職活動がバレたくない方
  • ヘッドハント機能があるので、エグゼクティブ・管理職の方
  • 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト Switch.(スウィッチ)

7a67fa99d48b15242ff903d4f8d04c30

Switch.(スウィッチ)の特徴

Switchはfacebookを活用した日本初の新感覚スカウト転職サイトです。

利用している事が他人にはばれず、企業にfacebook情報は公開されません。
面倒な会員登録もたったの1分!気軽かつ安心に利用出来るサイトとなっています。

採用が決定すると、なんとAmazonギフト券10,000円分がお祝金としてSwitchより贈呈されます!

どんな人にオススメ?

  • 20~40代のフェイスブックアカウントをお持ちの方
  • 利用している事が他人にばれたくない方
  • 小難しい手続きなしに安心して転職活動したい方

3位 リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。