会社の将来性が不安なときは転職すべきである4つの理由

スポンサードリンク

「会社や業界の将来性が不安」という漠然とした不安を抱えており、自分自身の働き方やキャリアの将来に課題感を抱えている方は結構多いのではないでしょうか。あなたも、自分の属する会社や業界の将来性自体が不安になり、転職を考えているかと思います。

しかし、だからといって転職に踏み切るのはカンタンなことではないですよね。自分の考えや不安に確信を持つことができなければ、転職というアクションを取ることには大きなリスクを感じてしまいます。

そこで今回は、「会社の将来性が不安」と感じている方向けに、今の属している会社の将来性を判断する基準や、将来性に不安を感じたときに転職すべき理由をご紹介していきます。

会社の将来性を判断する基準は?

会社の将来性を判断する基準は?

あなたは今、なんとなく自分の将来の働き方を考えたときに「このままこの会社にいてはいけない」と感じているかと思います。しかし、実際の所その感覚が正しいのかが判明せず、転職に踏み切ることはできていないのではないでしょうか。

しかし、そもそも働いている会社の将来性を判断する基準はあるのでしょうか? 結論からいえば、そのような基準は「無い」といえます。

見極める基準というと、様々な考え方や尺度によって企業の将来性を測る専門家や投資家などがいるために、会社の将来性を判断する基準があるはずだと思いがちです。しかし、それは確実な情報ではありません。「客観的に将来性があるかどうか?」は殆どの人にとって分からないことであると言い換えることができます。

では、転職に踏み切るためには何を信じて判断すればいいのでしょうか? 基準としては、「今の仕事内容」「得ようとしているスキル」「収入」の3つから将来性を考えるべきでしょう。つまり、「自分にとってこの会社で働き続けることは重要なことか?」を自分自身で決める必要があるのです。

 

判断基準 〜自分にとって今の企業には将来性があるか?〜

1 今の仕事内容は自分がしたい仕事なのか?

2 得ようとしているスキルは、今の環境で学べそうか?

3 収入や労働条件に満足しているか?

将来性がないと判断したなら…転職すべき4つの理由

将来性がないと判断したなら...転職すべき4つの理由

自分自身にとって「将来性がない」と判断した時点で、転職のアクションは起こしていくべきであるその理由を4つに分けてご紹介していきます。

1 「一生安泰」の時代はどこの業界にもない

転職者動向2012と少し古いデータになりますが、コチラの図をご覧ください。

1 「一生安泰」の時代はどこの業界にもない

引用:http://partners.en-japan.com/special/old/121212/2/

参考:転職者動向2012 – エン人事のミカタ

このデータでは、転職者のうち最も多い「転職理由」として、「会社の将来性が不安」という課題を転職者の多数の方が抱えていたことが分かります。2012年以降、就職氷河期と呼ばれる情勢にはなっていないために、今現在もこの動向が継続していると考えられます。

そして重要なのは、どの業界であれ、「会社の将来性が不安」という理由は絶えずつきまとう課題だということなのです。「どこかの会社に属せば、どうにかなる」という時代は、一昔前の考え方になってしまいました。

つまり、将来性が不安と感じるなら、転職せず毎日を過ごすよりも転職というアクションに踏み切ることが、自分自身の働き方をより良いものにするためには必要であるということができます。

2 やりたくない仕事を続けることはリスクが伴う

「会社の将来性が不安」という課題以外に、「今の仕事が好きではない」という考えをもっている方も多いのではないでしょうか。もし、会社自体に将来性の不安があったとしても、その業界で仕事をすることが楽しく、キャリアアップを考えているというのであれば、同じ業界で転職をすることも選択肢として入れるべきでしょう。

また、他業種でのスキルを得て、将来の働き方へ繋げたいと考えている場合も、「転職」というアクションは必ず次のステップアップへと繋げることができます。

むしろ、やりたくないと感じる仕事を継続してしまうことには、「一生安泰」がほとんどない現代では新たなリスクになり得る…ともいえます。

3 転職すればスキルを活かし収入をアップさせることができる

さきほどの転職者動向のデータでは、「給与に不満がある」ことで転職を考えている方が2番めに多いことが分かっています。一般的にも、転職を機会に収入アップを考えることは珍しいことではありません。

特に、スキルや経験は身についたが、会社自体に将来性が無いという判断をしている方は、スキルを活かし新たな経験が積める環境へ身を転じることも考えるべきであるといえます。

また、今すぐには収入アップが見込めなくとも、より自分にとって将来性のある企業でスキル・経験を積むことでより早く学び、成長できる機会に恵まれる可能性もあります。将来的には自身の市場価値が高まり、収入のアップにも結びつくといえます。

年収アップのために転職する人が注意すべきポイントとは

2017.06.07

転職すると給料が下がる?給料を下げない転職の方法とは

2017.06.05

4 転職活動はいつでもできる

「退職後の時間を取って転職をすることにはリスクがある」「転職は準備に時間がかかる」という考えをもっている方も多いと思います。確かに、従来の方法で転職活動を行うと、時期や時間を多く取られるために、なかなか前に進まないといったことになる可能性があります。

しかし、現在は職場環境や給与、その他の相談等に乗ってくれる転職エージェントサービスや、非公開の求人を紹介する転職サイトで効率的に次の転職先を探すことができます。働きながらの転職活動は当然労力を要しますが、便利な転職サービスを活用すれば出来る限りリスクを減らして転職活動を行うことは可能です。

ここまで、「会社の将来性が不安」と感じている方が、転職をすべき理由をご紹介してきました。会社の将来性と、自分自身のやりたいこと、学びたいこと、そして給与や労働時間などの就労条件をよく検討し、ぜひ転職活動を成功させてくださいね。

転職活動を成功させるためのおすすめ転職サービス

転職エージェントは、複数活用することをおすすめします。

エージェント会社により、持っている求人数や種類に差があります。また、複数のエージェントを活用することで、より年収アップが期待できる求人を多く見つけることができます。

自分に合ったエージェントを「2〜4つ」登録しておくと良いでしょう。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

リクルートエージェント

引用:リクルートエージェント

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

20代の転職活動に最適!『マイナビエージェント』

マイナビエージェント

引用:マイナビエージェント

『マイナビエージェント』の特徴

有名な就職サービス『マイナビ』が運営する転職エージェントサービス。

キャリア事業の大手ならではの信頼感と、太いパイプが売り。転職市場を網羅しているキャリアアドバイザーに転職を支援してもらうことは、転職活動の安心感につながります。多くの選択肢から選べることで、転職の「失敗」を防ぐことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・希望する職種・業種が複数ある方。

・大企業からベンチャー企業まで、あらゆる選択肢を考えている方。

・第二新卒の方で、転職活動の選択肢を増やしたい方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

引用:パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

大手求人サイト!『DODA転職支援サービス』

DODA

引用:DODA

『DODA」の特徴

DODAでは登録者に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリア、お持ちのスキルを総合的に判断し、 現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

どんな人にオススメ?

・キャリアカウンセリングを希望する方。

・履歴書の書き方や模擬面接対策など、手厚いサポートが欲しい方。

・自分にあった企業がなかなか分からない方。

転職サービスおすすめランキング

上記でご紹介した転職サイト以外にも、おすすめの転職サービスは多数あります。IKIKATAでは、おすすめ転職サービスをランキング形式でご紹介しています。もっと多くの転職サービスから転職を検討したい方は下記のボタンをクリック!

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16

転職サイトを業界・ニーズ別にみるなら「IKIKATA Database」

IKIKATA Database

下記サイト「IKIKATA Database」では、業界別・ニーズ別にあらゆる転職サイトを特徴ごとにご紹介しています。自分の属する業界や仕事、転職先として考えている業界ごとに最適な転職サービスを見つけたいなら、下記のボタンから参考にしてください。

転職活動で「自分を生かせる場所」を探すことが大切です

転職活動で「自分を生かせる場所」を探すことが大切です

今回は、「会社の将来性が不安」と感じている方向けに、将来性を判断する基準と、転職すべき理由を4つご紹介してきました。一生安泰といえるような働き方は難しくなってきていますが、きちんと自分自身の働き方やキャリアを考えていくことで、将来に渡って「いい仕事」を続けることは以前よりもカンタンになってきているといえます。

ぜひ、今回の記事を参考にして、転職を成功させてくださいね。

 

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。