子育て中の女性が転職に成功するための4つのポイント

スポンサードリンク

子育て中の方の中には、再度就職し仕事をしようと決心している方も多いのではないでしょうか。もしくは、「子育て中にも労働条件さえ整えば仕事ができるのだろうか?」と課題感をもっていらっしゃるでしょうか。

「育休制度」などの具体的な労働環境への取り組みを含め、世の中の企業の多くは、子育て中の方の状況に合わせた働き方を制度ととして整えている最中です。しかし、実際に子育て中の女性が再就職することに関しては、情報がなかなか集めにくいのが現状ですよね。

そこで今回は、子育て中の女性の中で「再就職したい」「転職したい」と考えている方向けに、転職に成功するためのポイントをご紹介していきます。もちろん、女性だけでなく子育て中の男性を含めて子育てと仕事を両立したい方すべてに役立つ知識をご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

転職を考える前にすべきことは「今の職場にサポート体制があるか?」

転職を考える前にすべきことは「今の職場にサポート体制があるか?」

今回の記事では、子育て中の方は転職を成功させるためのノウハウをご紹介していきますが、必ずしも子育て中の方で「働きたい」と考えている方が転職をすべきではない場合があります。転職すべきではないケースは、「今実際に仕事をしている場合」であり、かつ、「今の職場にあなたの子育てをサポートしてくれる制度がある」場合です。

たとえば、産後育休制度を活用した方も多くいらっしゃると思います。産後から継続して働き続けている方限定のお話になりますが、「時間の融通が効くこと」「業務が子育てと両立できるレベルであること」が今の職場で満たせるのであれば、転職より先に今の環境でどうにかならないかを検討すべきであるといえます。

 

転職より先にすべきことは2つ!

1 勤務時間の融通が効くこと

2 業務が子育てと両立できるレベルであること

 

子育て中の女性が転職を考えるべき理由は?

転職に成功するためのポイントを抑えていく前に、そもそも「なぜ子育て中の方が転職を検討すべきか?」の理由について明確にしていきます。あなたの現状と比較して当てはまる部分があれば、転職を前向きに権とするべきでしょう。

1 実質的な給与アップ

家庭の経済状況として、家族全体の収入をアップさせるために転職(もしくは再就職)を考えている方も多いでしょう。給与アップのための転職は、スタンダードな理由になります。

「実質的な」と就くのは、たとえば以前の職場よりは給与が低くなる場合でも「労働時間」などの条件によっては実質的に同じくらいの額を受け取ることができるといったケースも考えれるからです。

2 時間の余裕がほしい

子育てには時間がかかります。また、お子さんの年齢や状況によってかかるお金や必要な物は変化しますよね。仕事をしないわけにはいかないけれど、時間の融通は効かせたい…そんな場合も、適切な職場選びで生活をラクにするために転職することは大きな理由になります。

3 やりたい仕事がある

1〜2という理由のほか、今の仕事よりも「やりたいことがある」という理由も十分あり得るでしょう。子育て中の方に限る話ではありませんが、条件等が同じであれば「より楽しい仕事」「やりがいのある仕事」を求めることは、あなたの働き方・キャリアアップのためにも大切なことであるといえます。

あなたは当てはまりましたでしょうか? 当てはまる方は次の転職に成功するためのポイントについてぜひ参考にしてくださいね。

子育て中の女性が転職に成功するための4つのポイント

子育て中の女性が転職に成功するための4つのポイント

では、子育て中の女性が転職に成功するための4つのポイントについて解説していきます。1〜4を実践することで、実際に子育て中の方が転職活動を始めることができるようにしています。ぜひひとつひとつ参考にしてください。

1 志望動機・志望理由を明確にする

子育て中の方が転職する際には、家庭の事情や子育て上の理由が大きいのは当然です。しかしその場合でも、企業側にしっかり伝わるような志望動機・志望理由を明確にしておくことは基本的な転職成功の方法になります。

「業界の魅力」「志望する企業の事業内容や仕事内容」「企業の理念」など、HPや求人条件の内容などを参考にして、自分がその企業に入りたいと思った志望理由を言葉にしておきましょう。

注意点としては、自分の都合だけではなく、企業側にとってあなたを採用する理由やメリットが理解できるように志望理由を考えることです。たとえば前職での経験やスキルがある場合には、「志望する企業にとってあなたはどんな経験・スキルを役立てることができるか?」を基準に志望理由を考えておきましょう。

2 子どもに関する質問に対する準備をする

志望動機や志望理由を明確にした後は、面接時の質問に対してあらかじめ話すべきことを決めておくことが大切です。お子さんをお持ちの方には、企業側から「子どもに関する質問」をされる場合も多いのです。

子どもに関する質問とは、具体的には不測の事態が起きた場合の質問です。あなたのお子さんが熱を出したときに、ただ単に「休む」だけではいくら融通を効かせることができる職場でもあなたを採用しようとは思わないかもしれません。

そうではなく、「不測の事態の場合は、自分の両親や伴侶のサポートが受けられる」ことを明確にし、不測の事態を想定に入れて働くことができる旨をきちんと説明できるよう、準備しておきましょう。

3 職場に求める条件を決める

子育て中の方が仕事をする上では、あらかじめ転職時に「職場に求める条件」を明確にしておく必要があります。「給与」「勤務時間」「制度・サポート」「福利厚生」といった具体的な項目に関して自分が希望する条件を決めておきましょう。

たとえば、「○曜日は勤務することができない」「○時までには帰宅したい」といった条件や、給与額を決めておくことになります。

志望する企業を探す前にある程度自分自身で基準を作っておくことで、求める条件の職場を条件で絞り検索することができます。

4 転職サイトを活用する

子育て中の方が特に職場を探しやすい転職サイトは、一昔前に比べ段々と増えてきています。子育て中の転職を考える際には、適切な転職サイトを活用して円滑に転職活動が進むようにすることも、1〜3と同じくらい重要なことになります。

また、転職エージェント型の転職サービスであれば、一人だけで求める条件の企業・職場を探すだけではなく、転職に関する相談や条件交渉などをエージェントにサポートしてもらいながら転職を進めることができます。

子育て中の女性におすすめの転職サービス

「女性の転職」に特化した人材紹介サービス『WomanWill』

『WomanWill』

https://mynavi-agent.jp/womanwill/lp/005.html?utm_source=cpa_002&utm_medium=banner&utm_campaign=cpa_002&nst=0&jno=546503&t=20170331193409

『WomanWill」の特徴

業界でも少ない「女性専用」の人材紹介サービス『WomanWill」。「マイナビ」が運営しているサービスです。

特徴的なのは、営業やエンジニア、経理などの専門的な職種を目指す方にとって数多くの選択肢がある点。マイナビという大手ならではの求人の種類や、面接対策などの転職活動のトータルサポートが魅力です。

どんな人にオススメ?

・専門特化した仕事を希望している女性の方。

・転職活動に厚いサポートしてもらいながら内定がほしい女性の方。

・非公開求人・独占求人が出ている企業へ転職しキャリアを再スタートさせたい女性の方。

 

子育て中でも「いい仕事」を見つけることができます

子育て中でも「いい仕事」を見つけることができます

子育て中の方が転職に成功するためのポイントを今回は4つご紹介してきました。通常の転職活動よりも、特殊な方法を実践する必要があるため、転職を成功させるためには一手間かかります。しかし、その一手間で生活がガラリと変わることもありますので、ぜひ今回の記事を参考にして頂き、転職成功を目指してみてくださいね。

下記記事では、具体的な面接対策として「服装」に関するノウハウを掲載しています。コチラも合わせて参考にしてみてくださいね。

女性の転職面接での服装はどうすべき?パンツスタイルはNG?

2017.07.30

IKIKATAおすすめの転職サービスランキング

下記の記事では、今回ご紹介した転職サイト・サービス以外にもおすすめの転職サイト・サービスをランキング形式でご紹介しています。それぞれの特徴をおさえつつ、一番使いやすい転職サービスを見つけたいなら、下記の記事を参考にしてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16

業界別・ニーズ別転職サービスを掲載中!「IKIKATA Database」

IKIKATA Database リンク

 

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。