女性の転職面接での服装はどうすべき?パンツスタイルはNG?

スポンサードリンク

女性の転職活動で、男性以上に難しい問題といえるのが「面接時の服装マナー」ではないでしょうか。

男性のノウハウや着こなし術、服装の注意点の情報は数多くありますが、女性の転職面接時の服装は細かく注意すべき部分が多く、「どの情報が本当かわからない」「結局どの点を最も注意すべきなのか?」がわからない方も多いでしょう。

そこで今回は、女性の転職者に向けて転職面接時の服装マナーをおさらいしていきます。面接を控えた転職者の方や、転職活動を始めようと考えている方は、今回の記事を参考にして頂き、面接時の服装テクニックを学んでみてくださいね。

見た目・服装に注意することの重要性は?

見た目・服装に注意することの重要性は?

 

 

具体的な服装マナーを見ていく前に、「なぜ、転職面接で服装に気を遣う必要があるのか?」ということを知っておきましょう。具体的なマナーだけではなく、その根底にある重要性を理解しておくことで、面接での行動をより正すことに繋がります。

人の見た目は話す内容にも影響する?

人の見た目がどの程度、第一印象に影響をおよぼすのか? その根拠を示す心理学的な根拠があります。それが「メラビアンの法則」と呼ばれるものです。

アメリカUCLA大学の心理学者/アルバート・メラビアンが1971年に提唱した概念人物の第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言う概念。メラビアンが提唱する概念において、初対面の人物を認識する割合は、「見た目/表情/しぐさ/視線等」の視覚情報が55% 、「声の質/話す速さ/声の大きさ/口調等」の聴覚情報が38%、「言葉そのものの意味/話の内容等。」の言語情報が7%と言われている。

参考:メラビアンの法則 – コトバンク

メラビアンの法則は、人対人のコミュニケーションにおいて、下記のデータを示します。

  • 言語情報(Verbal:7%):話の内容、言葉そのものの意味
  • 聴覚情報(Vocal:38%):声の質・速さ・大きさ・口調
  • 視覚情報(Visual: 55%):見た目・表情・しぐさ・視線

人との関わり合いの中で、「第一印象」はとても重要ですが、その大部分を占めているのは「視覚情報」です。55%と第一印象を決める要素の半分以上を占めていることからも、見た目に注意することの重要性が理解できます。

メラビアンの法則は誤解が多い情報だけど…

上記でご紹介したメラビアンの法則は、「話す内容よりも見た目が大切」という意見の根拠として用いられることが多いのですが、実はこの法則はいつも適応される法則ではありません。

メラビアンが行った実験の範囲内で事実とされているだけであって、第一印象を決める要素としていつも「最も大切なのが見た目」であると決めつけることはできません。

しかし、メラビアンの法則でいう「視覚情報」が重要である点は変わりありません。第一印象を良くすることで、その後にあなたの話す内容はもっとスムーズに相手に伝わるようになります。

よって、見た目ひいては面接における服装マナーをきちんと身につけることには、明確な意味があるといえるでしょう。

女性の転職面接で注意したい服装マナーとは?

女性の転職面接で注意したい服装マナーとは?

では具体的に、女性の転職者が転職面接で注意したい服装マナーについて学んでいきます。すべてのポイントをおさえておくことで、あなたの第一印象をよくし、面接で話す内容がより相手に伝わりやすくなるでしょう。ぜひ参考にしてくださいね。

1 20代前半まで「リクルートスーツ」、20代後半以降は通常のスーツで!

見出しの通り、20代前半まではフレッシュさを意識したリクルートスーツで構いません。たとえば、第二新卒の転職面接では、リクルートスーツで面接を受けてもOKです。

20代後半以降の方の場合は、未経験職種・業種かどうかに限らず、「これまである程度経験を積んできた社会人」としてのフォーマルさを意識することが大切です。

2 フィットするスーツを選ぶこと

フィットしているスーツをきちんと着こなすことが大切です。フィットしているか分からない…フィットするスーツがない…という方は、実際にスーツ販売店に行き、合わせてもらうと良いでしょう。

また、スーツがフィットしているかどうかは、身長とウエストを把握していれば、早見表で分かります。

レディーススーツの選び方 – AOKI

新調しない場合でも、現在もっているスーツが自分のサイズに合っているかは、もう一度確認してみるべきでしょう。

また、インナーはシャツ・カットソーのどちらでもOKです。ピンクやブルーなど、スーツやジャケットに合う色合いを確認しながら選びましょう。

3 「ラフな服装で」と言われている場合でも「ジャケット」を着よう

ビジネスカジュアルの流れは、最近様々な業界にあります。はたらく職場が、カジュアルな服装をOKとしている場合も多いでしょう。

しかし、面接へラフすぎる格好で臨むのは、第一印象をよくするために望ましくないといえます。スーツでなくとも、ジャケットの着用をおすすめします。

 

ジャケットのボタンのしめ方

ジャケットの場合は、「2つボタン」の場合は上のみ、「3つボタン」の場合は真ん中のみをしめておきます。細かな部分を面接前にチェックしておきましょう。

また、どんな場合でもストッキングは必須ですのでラフな服装でも求められる基準をしっかりとおさえておきましょう。

4 色はベーシックカラーで!スカートの丈やデザインにも注意!

面接時に来ていく服装は、ベーシックなカラー(黒・グレー・茶・ベージュ)がベターです。基本的に色合いとして使いやすく、人によって悪い印象を与えることが少ない点で応用が効きます。

スカート丈は、椅子に座ったときにひざ上5cm以内になるようにしましょう。また、スリットが入り過ぎているもの、フレアスカートは避けましょう。奇抜すぎる印象を与えてしまう場合があります。

5 業界にあった服装を選ぶ

応募先企業の業界に合わせたスーツを着用していくことも、第一印象を良くするためには重要です。もちろん、「正しい服装」が厳密に業界ごとに決まっているわけではありません。

しかし、たとえば営業職への転職であれば、女性の場合はパンツスタイルで面接に行くとハキハキとした印象を与えられるでしょう。逆にパンツスタイルは営業職以外の職種では避けるべきです。

転職先企業が属す業界の知人や友人などにアドバイスをもらうと、より現場に即した服装のアドバイスを貰えるでしょう。業界に合わせた服装にも、できるだけ注意していきましょう。

ただし、自分の話し方や性格にあった服装をすることが最も違和感を与えないことも確かです。業界の流れに従いつつも、「自分には絶対合わないな」という感覚も大事にしましょう。

6 バッグ・アクセサリーは控えめに!

バッグはA4サイズが収納できるビジネスバッグを準備します。カジュアルなバッグは使用しないように心がけましょう。下記のバッグのようなシンプルかつ実用性のあるものがおすすめです。

ミウォルナ トートバッグ ビジネスバッグ リクルートバッグ PUレザー レディース

「ミウォルナ トートバッグ ビジネスバッグ リクルートバッグ PUレザー レディース」 クリック(タップ)でAmazonリンクへジャンプします

また、アクセサリーは指輪や時計程度に留め、目につく点がないように注意しましょう。応募先企業の社員の方が少々派手目な様子であっても、面接時には”抑えめ”で臨むことが重要です。

面接が不安な方は「転職エージェント」を活用してみる

面接が不安な方は「転職エージェント」を活用してみる

ここまで、面接の服装マナーについてご紹介してきました。転職面接前には、上記でご紹介したマナーについて注意することで、第一印象をよくし、あなたの話す内容がより相手に伝わるようになります。

しかし、転職面接は当然ながら「服装」「見た目」ですべてが決まるわけではありません。それはメラビアンの法則でご紹介したとおりです。もし、一人で転職面接の準備をすることに不安があるなら、「転職エージェント」を活用し、転職先選びをしてみることをおすすめします。

転職エージェントは、いわばあなたの転職活動をすべてサポートしてくれる秘書のような存在。転職相談やスケジュール調整の他、面接に必要な情報を教えてくれたり、面接準備をサポートしてくれたりと心強いサポーターになってくれます。

今現在、転職活動の最中の方で「転職先がまだ決まっていない」という方は、ぜひ下記でご紹介する転職エージェントを検討してみてくださいね。

転職エージェントを使うことのメリット・デメリットは?

転職エージェントを使うことのメリット・デメリットは?

転職エージェントとは、いうなればあなたの「秘書」のような存在です。転職エージェントサイトは多数ありますが、共通しているのは「担当者がつき、転職活動を一貫してサポートしてくれる」ということ。

ここでは、転職エージェントを使用することのメリット・デメリットをご紹介しています。転職を検討している方は、下記のメリット・デメリットをよく理解した上で活用していきましょう。

メリット

自分に合った職場を探してくれる

転職エージェントの最大の特徴は、業界や転職事情に精通したエージェントが転職相談に乗ってくれること。つまり、あなたの特性や経歴を活かしたアドバイスを受けること、「どんなところに転職すべきか?」といった悩みを相談することができるということです。

その上で求人を紹介してくれるため、「自分に本当に合っているのだろうか?」という悩みを持つ必要がなくなりますし、万が一悩みを持ったとしても、その都度相談をすることができます。

転職が初めてな方や、転職に大きな不安を抱いている方にとって、一人で転職活動を行う必要がない転職エージェントはかなり心強い味方であるといえます。

転職活動に必要な準備をサポートしてくれる

相談やアドバイスだけではなく、内定を得るための面接の準備や面接に必要な選考書類の準備を行ってくれるのもエージェントの特徴です。また、在職しながらの転職活動で最も不安のある「スケジュール調整」も、最適な日程を企業側と相談した上で決めてくれるため、面接のスケジュール調整がとても楽になります。

転職活動は想像以上に「すべきこと」が多いため、「まず、何をすべきかわからない」という方にはぜひ転職エージェントをおすすめします。

デメリット

自分で数多くの求人情報を見ることができない

転職活動を複数回行っている方や、既に細かな条件等まで決まっている方にとっては、「多くの求人情報を見たい」が転職活動の最大のポイントといえます。

転職エージェントは、最適な求人を提案してくれるという点では優れていますが、どうしても「自分でみたい」という場合の量や効率としては一般の転職サイトに劣ります。

しかし、その分ひとつひとつの求人情報を綿密に紹介してくれるため、求人内容に対する信頼性は高いといえます。

転職する業界や職種・業種などが明確になっていない場合、一人で転職サイトを使い多くの求人を見ることは、転職活動に多くの時間を割いてしまうことになりますので、注意が必要です。

担当するエージェントによって対応が変わる

転職エージェントは、転職者によって担当者が就くシステムなので、その分具体的なサポートを得ることができます。反面、担当するエージェントによって、対応やアドバイスの内容に幅があることに注意が必要です。

転職エージェントサービスは、複数活用する方がとても多いというデータがあります。

転職の際は複数のサービスを使うべき

引用:http://ikikatadatabase.com/

参考:IKIKATA Database

転職エージェントは「4社」以上の活用で転職に成功する割合がぐんと上がります。担当者に不安がある場合でも、それを解決する方法はあるといえますね。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの一般的な「登録後の流れ」は次のようになります。転職エージェントごとに細かな流れが異なる場合もありますが、大まかに流れをおさえておくことで、円滑に転職活動をすすめることができるでしょう。

  1. 個人情報入力後、エージェントからカウンセリング(転職の相談)の日程調整の連絡が1〜2週間で来る。
  2. エージェントとのカウンセリング(転職の相談)を行う。
  3. 相談を踏まえてエージェントが求人を紹介してくれる。
  4. 履歴書などの書類準備&応募する企業を決める。
  5. 面接準備をエージェントと相談しながらする&面接本番。
  6. 内定後、入社日や給与などの条件交渉をエージェントを通じて行う。

カウンセリングや相談のタイミングで、「面接前の不安事項」「内定後の入社日や給与交渉」「退職の調整」の方法はどんどん質問し、出来る限りエージェントから情報を受け取りながら転職活動を進めていきましょう。

転職成功のための「転職エージェント」選びのコツ!

転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

■転職エージェントを選ぶコツ

  1. 求人数(多くの数がある分、選択肢が増える)
  2. サポート内容(エージェントサイトによってサポートしてくれる内容や方法が変わる)
  3. どの業界に強いか?(職種・業界に特化したエージェントがある)

この3つの観点から、自分にあった転職エージェントを複数活用していくことをおすすめします。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

 「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職エージェント」以外にも、様々な転職サイト・転職エージェントをランキング形式で掲載しています。他にも様々なサービスを特徴ごとにご紹介していますので、自分に合った転職サービスを見つけてください。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16

転職したい業界・業種が決まってるなら「IKIKATA Database」

IKIKATAと同時に運営している業界別・ニーズ別の転職サイト紹介メディア「IKIKATA Database」では、あなたが転職したいと考えている業種・業界別に転職サイトをご紹介しています。

あなたが「営業職」「事務職」など職種で転職を考えている場合や、「IT」「金融」など転職したい業界が決まっている場合は、こちらのメディアから転職サイトを検討してみましょう。

まとめ|服装は最低限のマナー!基本をおさえて対策しよう

今回は、転職面接の不安要素のひとつである服装のマナーについて、女性が注意すべき点に絞ってご紹介しました。転職面接は転職活動の本番ともいえる機会ですので、しっかり準備しておくことが大切です。

また、転職活動や面接に不安を持つ方は、ぜひ今回ご紹介した転職エージェントを活用してみてください。あなたの転職活動を力強くサポートしてくれます。

 

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。