20代後半は転職適齢期?おさえておくべき転職成功のポイント

20代後半は転職適齢期?おさえておくべき転職成功のポイント
スポンサードリンク

20代後半で転職を考えている方の多くは、「転職は初めてで何から始めれば良いのかが分からない」「転職したいけど、失敗するのが怖い」という思いをお持ちではないでしょうか。それもそのはず、転職活動は普通に働いているだけでやり方を知ることができるものではありませんから仕方のないことです。

しかし現実問題として、20代後半を実行に移すにあたり注意すべきことやポイントはあるといえます。でも、心配する必要はありません。20代後半の転職にはメリットが多く、適切に準備をしていけば困ることはないでしょう。そう、20代後半は「転職適齢期」なのです。

今回は、20代後半の転職者の方が転職に成功するための転職活動のポイントをご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

20代後半で転職することのメリットは?

20代後半で転職することのメリットは?

20代後半で転職することのメリットを理解しておくことで、実際の転職活動でもアピールする点や活動にあたり重視する点を踏まえた行動ができるようになります。メリットは、大別して下記の2つにあります。

1 経験やキャリアが一定以上ある

20代の転職者は、20代前半の「第二新卒」と呼ばれる転職者と、20代後半の転職者で人材市場での評価のされ方が異なります。20代前半は、キャリアや経験は浅いのですが初期の研修や基本のビジネスルールを理解していることが多いために、未経験分野などで活躍できる点が特徴です。

対して、20代後半の転職者の方は、20代前半の方よりも一定の業界での経験・スキルを活かした転職活動を行うことができる点がメリットといえるでしょう。「やりたい仕事がある」を理由として転職する20代の方は大手転職サイト「DODA」の調査によると13.7%と高めです。

20代後半の方は、「他にやりたい仕事がある」場合に、これまでの経験を活かした転職活動がし易いために、より「求人を選ぶ」ことがカンタンになるといえます。

2 未経験や新しい分野での伸びしろがある

20代前半と比較して経験・キャリアがある20代後半の方でも、その若さは20代のもの。つまり、未経験分野での伸びしろはまだまだあるといえます。「他の業界での仕事がしたい」と考えている場合、20代後半までに行うべき理由は、柔軟性や業界ルールに縛られない発想といったあなたの人材価値にあるのです。

また、未経験分野でも基本的なビジネススキルには活かせる点が多くあります。これまでのあなたの経験と、転職先が求めているスキルをマッチさせることができれば、転職活動を円滑にすすめることができるといえます。

20代後半の転職を成功させるための5つのポイント

20代後半の転職を成功させるための5つのポイント

では、20代後半の転職者が転職を成功させるためのポイントをご紹介していきます。どれも基本的な転職活動の基礎ですので、ひとつひとつ慎重に確かめつつ参考にしてくださいね。

1 自分の強みを理解する

就職活動の際に行った「自己分析」は、転職活動を行う際にも重要な要素です。特に、ある程度の経験・スキルを積んだ今、改めて自己の強みを理解することは、あなたの能力を適切に面接官や応募先企業に伝えるために大切です。

自己分析は、イチから行うと時間がかかりますので、「リクナビNEXT」のグッドポイント診断を用いて行うことをおすすめします。書類選考や自己PRに応用できる分析を行うことができるため、ぜひ活用すべきでしょう。

2 転職したい業界・職種・業種を絞る

転職活動は、事前準備が必要不可欠です。準備とは、選考書類の具体的な記入や面接の準備だけを指すわけではありません。その前提である、「転職したい業界・職種・業種」を事前に明確にしておくことが重要です。

特に、未経験分野への転職を考えている場合は、業界ごとに特化した転職サービスを活用するなどの工夫や、転職サービスを用いて事前に業務内容を調べるなど、入念な準備を行うべきでしょう。

また、見落としがちですが、転職応募先のHPなどを読むことも大切です。

3 求める給与や労働条件を明確にする

業界や業種、職種以外にも、事前に明確にしてくことがあります。それは、「労働条件」です。ここで言う労働条件とは、給与や役職、休日や福利厚生といった具体的な物事を指します。

たとえば、以前と同等の給与がほしいと考えていても、転職活動をいざはじめて気持ちに余裕がなくなってくると、妥協してしまう可能性もあります。後々のことも考えて、「優先したい条件」「妥協してもいい条件」を自分の中の基準として作っておくと、転職に失敗するリスクを減らすことができます。

4 「意欲」を具体的にアピールできるようにしておく

厚労省調査「正社員の採用選考にあたり重視した点」によると、企業が正社員採用時に最も重視しているのは「職業意欲」です。そして、その割合はなんと74.7%と約7割の企業が「採用する人材の意欲」を採用基準として重視していることが分かります。

そうであれば、たとえ未経験分野への転職だとしても、20代後半の転職者がアピールすべき部分は「仕事への熱意や意欲」であるといえます。また、意欲や熱意は「頑張ります」「やる気があります」ではなく、これまでのあなたの経験や実績、働き方からエピソードをもとに具体的に説明する必要があります。

意欲を具体的に説明できるためには、自己分析を行い「あなたの強みはどこで、その強みをどう仕事に活かしたいか?」という観点から考えるとわかりやすいといえます。

たとえば、プロジェクトリーダーとして部下をマネジメントした経験がある場合、「チームとして生産性を向上させた経験」をもとに「仕事をどう進め、成果を出したいか?」を説明することができます。

5 細かな転職相談は「転職エージェント」を活用する

20代後半の転職活動は、自分自身で求人を探すだけでは自ずと限界があります。なぜなら、自分の強みが理解できていても、その強みを活用できる企業を客観的に探していくのは難しいことだからです。

そこでおすすめなのが、「転職エージェント」です。転職相談や面接準備、求人の紹介やスケジュール管理など、あなたの秘書的な役割を担ってくれるため、転職成功の確率を大幅にUPさせることができます。

働きながら転職活動を行うことに不安を感じている方は、転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。面倒な連絡等はありませんし、大手が運営しているエージェントをご紹介していますので、安心して活用することができます。

20代の転職者が活用すべき「転職エージェント」は?

転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

20代後半の転職に強い『ワークポート』

https://www.workport.co.jp/lp_wp/?cctype=affiliate-b

https://www.workport.co.jp/lp_wp/?cctype=affiliate-b

『ワークポート』の特徴

25歳〜29歳の転職者に特に利用されている転職サービス『ワークポート」の特徴は、転職相談をしてくれるエージェントの質の高さにあります。年収300万円の方々の利用者が60%を超えており、親身に転職に関する相談にのってくれます。

登録後、面接の日程等を調整し面談。その後は、面談の内容をもとに求人の案件を紹介してもらえます。(面談は電話でも可能です)『ワークポート」を活用すれば、多少転職に不安があっても安心です。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安がある転職希望者の方。

・年収があまり高くないが、信頼感のある転職サービスを活用したい方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

大手求人サイト!『DODA転職支援サービス』

94271ecbcbe103576c7fab0926c5aa7a

https://doda.jp/promo/lp/002.html?cid=001001117152002&utm_id=001001117152002&trflg=1

『DODA」の特徴

DODAでは登録者に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリア、お持ちのスキルを総合的に判断し、 現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

どんな人にオススメ?

・キャリアカウンセリングを希望する方。

・履歴書の書き方や模擬面接対策など、手厚いサポートが欲しい方。

・自分にあった企業がなかなか分からない方。

20代後半の転職者が活用すべき転職サイトは?

転職エージェントほどのサポートはいらないけれど、自分のスキルを適切に活かせる職場を探したいという方におすすめの転職サイトは、下記でご紹介しています。

サポート豊富の転職サービス『リクナビNEXT』

https://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s11012.jsp?pr_nm=001-lp&vos=nrnnaffb00101

https://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s11012.jsp?pr_nm=001-lp&vos=nrnnaffb00101

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。

・自己分析など、転職活動に必要な情報を診断したい方。

・多くの求人情報から、希望する条件の求人を見つけたい方。

「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職エージェント」以外にも、様々な転職サイトをランキング形式で掲載しています。「エージェントではなく、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から様々な転職サイトを検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16

転職したい業界・業種が決まってるなら「IKIKATA Database」

IKIKATAと同時に運営している業界別・ニーズ別の転職サイト紹介メディア「IKIKATA Database」では、あなたが転職したいと考えている業種・業界別に転職サイトをご紹介しています。

あなたが「営業職」「事務職」など職種で転職を考えている場合や、「IT」「金融」など転職したい業界が決まっている場合は、こちらのメディアから転職サイトを検討してみましょう。

IKIKATA Database

http://ikikatadatabase.com/

まとめ|これからの可能性を広げる20代後半の転職活動

まとめ|これからの可能性を広げる20代後半の転職活動

今回は、20代後半の転職者に向けて、転職成功に欠かせないポイントを5つご紹介してきました。

20代後半の転職には不安がつきものですが、転職でおさえておくべきことをおさえ、しっかり準備をすることによってあなたのキャリアをより満足できるものにすることができます。これからの仕事や働き方、将来性も明るくすることができるでしょう。

今回の記事を参考にして頂き、ぜひ転職活動を成功させてくださいね。

スポンサードリンク
20代後半は転職適齢期?おさえておくべき転職成功のポイント

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。