30代後半の転職でおさえておくべき「転職のタイミング」とは?

30代後半の転職でおさえておくべき「転職のタイミング」とは?
スポンサードリンク

30代後半に差し掛かり、「転職には最後のチャンスだな」と感じている方は多いでしょう。この記事にたどり着いた方には、「転職は考えているけれど、実際に転職活動を行うかどうかを悩んでいる」そんな方が多いのではないでしょうか。

また、30代後半に差し掛かりますと、今の職場に不満があったり、キャリアアップを考えていたりする方も焦る気持ちがありますよね。

そこで今回は、30代後半の転職者や転職を検討している方向けに、転職活動を始めるべきタイミングをご紹介していきます。この記事を読むことで、今の自分の働き方を振り返り、転職活動をスタートしやすくなります。ぜひ参考にしてくださいね。

30代後半で転職活動を行うメリット

30代後半で転職活動を行うメリット

30代で転職を行うことには、どんなメリットがあるのでしょうか?

具体的な業界ごとに差はあるものの、30代に求められるものは「専門性」「マネジメント力」の2つです。一定上の経験や実績がなければ、専門性やマネジメント力を身につけることも、アピールすることもできません。

結果的に、人材市場で「管理職クラスの人材」が求められる場合、大抵の場合は30代後半まで実績と経験を積み重ねてきた人材なのです。

マクロミル社が実施した「管理職自身が考えるマネジメントの現状」アンケート調査では、下記の回答結果が得られています。

回答者に、自分自身がこれまでで一番仕事の能力が向上し、大きく「伸びた」と実感している時期について、最も近い年齢層を挙げてもらいました。

これによると、現在50~54歳の回答者が最も多い部長クラスでは「30代後半」、同じく現在50~54歳の回答者が最も多い課長クラスでは「30代前半」、さらに現在40~44歳の回答者が最も多い係長クラスでも「30代前半」を挙げる声が最も多くありました。

参考:現場管理職アンケートから見た これからの管理職育成 – 日本の人事部

つまり、30代後半に差し掛かった方は、これまでの仕事の中で、人材市場で高く評価されるマネジメント力を磨き上げてきたと評価されるといえます。

また、マネジメントは業界や職種・業種における専門性が伴わなければ行うことができませんから、「専門性」「マネジメント力」の2つが備わった人材として、あなたは他の企業でも活躍できる可能性を秘めているのです。

あなた自身のキャリアを振り返ってきたときに、「確かに、30代前半までで構築できた経験やスキルが多かったな」と感じることはないでしょうか? 思い当たるのであれば、あなたはこれからさらにキャリアアップを考えることのできる人材であるといえます。

30代後半に転職活動をすべき4つのタイミング

30代後半に転職活動をすべき4つのタイミング

では、具体的に30代後半で転職活動をするにあたって、最も良いタイミングとはどのようなものかをポイントごとにご紹介していきます。しかし、結論から述べさせて頂きますと、「思い立ったが吉日」という言葉があるように、実際に転職を検討している方は「転職準備」「転職活動」をすぐに行動に移すべきであるといえます。

あなたが実際に転職というアクションを取る際の参考として、ご紹介するポイントを参考にしてください。

1 今の給与や役職に不満があるとき

大手転職サイト「DODA」の調査によると、「給与に不満がある」ことを理由として転職を行う方は30代の転職者の8%を占めます。これまでずっと同じ職場で働いている方が多いでしょうから、「今の給与に不満がある」ことがメインの転職理由にはならない方のほうが多いでしょう。

しかし、専門性やマネジメント力が伴っていれば、転職を行うことで今よりも高い給与や良い条件のもと働くことは不可能ではありません。また、今の仕事内容では不満があると感じている方も、給与の場合と同様、現状を打破することでさらに仕事の経験・スキルを成長させることができるでしょう。

自分のスキルや人材市場価値をカンタンに確かめる方法としては、転職サイトのひとつ「MIIDAS」を活用することをおすすめします。ユーザー登録後に経歴をもとに適正年収をシュミレートしてくれるため、転職活動の際の指標としても活用できます。

2 「繁忙期以外」の時期

転職活動の期間中に休業状態でいることにはリスクが伴います。ご家族がいる場合や支出が絶えない場合は、転職活動にも負担や不安が生じてしまいます。30代後半の方の場合、「どうしても避けられない支出」は殆どの場合あるでしょう。

この場合、仕事をしながら転職活動を行うことになります。しかし、新卒の就職活動や20代の転職活動以上に、30代の方の転職には「時間」と「丁寧な準備」が必要です。なぜなら、これまでのあなたの実績やスキルを整理して、面接や選考書類にあなたの人材価値を書いたり話たりするための準備が必要だからです。

ですので、あなた自身が属している今の企業の「忙しい時期」を避けて転職活動を行うべきでしょう。年間通して余裕がない場合はスケジュール管理の徹底が求められますが、出来る限り転職活動に専念できる時間を捻出できるときが、転職のベストタイミングになります。

3 「ボーナス支給後」

このポイントに関しては、かなり具体的です。ボーナス(賞与)の支給前に転職の申し出を行うことには、ボーナスが減額されたり、会社に迷惑をかけたりといったリスクが発生します。ボーナスを受け取ることは、転職活動に余計な不安を抱かないために大切なことです。

きちんと転職活動に専念できるためには、「ボーナス支給後」のタイミングを見計らい、退職の届け出やあいさつ等を行うべきでしょう。

4 自分にマッチする求人が見つかったとき

最後のポイントです。ここまで3つのタイミングについてご紹介してきましたが、最後は最も本質的なポイントといえます。転職すべきベストのタイミングとは、「自分にマッチする求人が見つかったとき」なのです。

当たり前のことのようですが、自分にマッチする転職先を見つけることはカンタンなことではありません。すでにヘッドハンティングを受けている場合を除き、自分にとって最良の選択肢を選ぶことができるかどうかは、自分自身で探す必要があります。

その際に便利なのが、「転職エージェント」の活用です。転職エージェントはいわゆる「秘書」の役割を転職活動の全体を通して担ってくれるため、転職相談や求人の紹介、面接の準備やスケジュール調整などを行ってくれます。

自分自身でできることは自身でしっかり準備すべきですが、活用し任せられることはどんどん任せたほうが、最終的に転職活動を冷静・慎重に進めることができるでしょう。

30代後半の転職で活用すべき転職エージェント

転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

大手求人サイト!『DODA転職支援サービス』

94271ecbcbe103576c7fab0926c5aa7a

https://doda.jp/promo/lp/002.html?cid=001001117152002&utm_id=001001117152002&trflg=1

『DODA」の特徴

DODAでは登録者に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリア、お持ちのスキルを総合的に判断し、 現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

どんな人にオススメ?

・キャリアカウンセリングを希望する方。

・履歴書の書き方や模擬面接対策など、手厚いサポートが欲しい方。

・自分にあった企業がなかなか分からない方。

年収600万円以上の方におすすめのスカウト型転職サービス

転職エージェントほどのサポートはいらないけれど、自分のスキルを適切に活かせる職場を探したいという方には、「ビズリーチ」をおすすめします。

自分の経験を活かせる求人を探すなら!『ビズリーチ』

https://www.bizreach.jp/content/landing/bizreach-07/?trcd=0AFLB0000003_PC_&utm_source=aflb&utm_medium=affiliate&utm_campaign=aflb&utm_content=bizreach-07&trflg=1

https://www.bizreach.jp/content/landing/bizreach-07/?trcd=0AFLB0000003_PC_&utm_source=aflb&utm_medium=affiliate&utm_campaign=aflb&utm_content=bizreach-07&trflg=1

『ビズリーチ』の特徴

『ビズリーチ』は人材紹介型の転職サービス。転職エージェントによるサポートを基本として、転職活動→採用を進めていくことができます。年収600万円以上のキャリア・経験がある方であれば、ヘッドハンターや転職のコンサルタントから好条件の求人を紹介してもらうことができます。

どんな人にオススメ?

・年収600万円以上でキャリアを再開したいビジネスパーソン。

・厳選された求人やヘッドハンティングによる求人を受けたい方。

・自分の専門分野を活かし、転職先には好条件のキャリアを求める方。

その他にも多数の転職サイトを掲載中!

今回ご紹介した転職サービス以外にも、様々な転職サイトをランキング形式で掲載しています。「エージェントではなく、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から様々な転職サイトを検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16

転職したい業界・業種が決まってるなら「IKIKATA Database」

IKIKATAと同時に運営している業界別・ニーズ別の転職サイト紹介メディア「IKIKATA Database」では、あなたが転職したいと考えている業種・業界別に転職サイトをご紹介しています。

あなたが「営業職」「事務職」など職種で転職を考えている場合や、「IT」「金融」など転職したい業界が決まっている場合は、こちらのメディアから転職サイトを検討してみましょう。

IKIKATA Database

http://ikikatadatabase.com/

まとめ|30代後半の転職を成功させるには「タイミング」が重要です

まとめ|30代後半の転職を成功させるには「タイミング」が重要です

今回は、30代後半を迎えた転職者の方に向けて、転職活動のベストなタイミングをポイントごとにご紹介してきました。30代後半の転職は、一般的に「難しい」とされます。しかし、それはあくまでも自分の経験や実績を整理した転職活動を行えていないことからくる難しさであるといえます。

今回の記事を参考にして頂ければ、自分の求める転職先を探せる確率がぐんとアップします。ぜひ参考にして頂き、転職を成功させてくださいね。

 

スポンサードリンク
30代後半の転職でおさえておくべき「転職のタイミング」とは?

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。