「クリエイティブ思考」とは何か?-みにつけるための前提条件2つ-

スポンサードリンク

「クリエイティブ思考」とは何か?

question-mark-2123967_640

最近よく言及されるようになった「クリエイティブ思考」

ロジカルシンキング(論理的思考)はものごとを単純化して効率的に考えるうえで必要な思考法として有名ですが、それと対をなす思考法といえますね。

「クリエイティブ思考」とは、知識・経験を結びつけ「新しい発想」をうみだすための思考法である、ということができます。

単純に「クリエイティブ思考」と「ロジカルシンキング」の違いを説明するならば、問題を考える場合に「現状分析」を行う際は「ロジカルシンキング」「解決策」を導き出すのは「クリエイティブ思考」であるということができます(単純化したうえでのお話ですが…)

実際に、ものごとを何かの枠(フレーム)を用いて分析すること(=ロジカルシンキング)と、ものごとを新しいアプローチで解決に導くこと(クリエイティブ思考)は異なる知的作業になります。

スライド1

 

 

「クリエイティブ思考」が必要である理由

mindmap-2123973_640

さて、ではなぜ「クリエイティブ思考」が必要なのかを考えていきます。

現状として、私たちの社会は「恵まれている」といってよいですよね。例えば、カネ・モノ・ヒト・情報といったビジネスを行ううえでの条件でも、「それをいかに集めるか?」ということが問題になります。

しかし、リソース(資源)がない状態というのはもはや前提にはなりません。一般的に社会のどこかにそれは「ある」という仮定のもとで、私たちの社会生活は成立しています。

よって、私たちには「不足」ではなく、どのくらい「今の自分もしくは自分が所属している組織にリソースが集まるか?」を考えていく必要があります。大量生産大量消費時代はもはや時代遅れの概念になりつつあり、UberAirbnbのようなシェアリングエコノミー(共有型経済)が新たなビジネスモデルとして注目され応用されたり、いわゆる「イノベーション」を様々な業界で起こしていくことで新たな収益や人気を獲得したりといった「知的創造」を我々一人ひとりがおこなっていかなくてはならない時代へと突入しました。

要するに、リソースがありふれている社会の中で、社会全体に蓄積された知識や、機会から得られる経験をいかに駆使するかが重要になってくる時代に突入した、ということ。

そして、そのような社会の中で必要なのは、「ロジカル」にものごとの構造をつかんでいく作業をする一方で、知識や経験をもとに新たな発想を「クリエイト」していく思考を身につけていくことだということができるのです。

では、「クリエイティブ思考」をみにつける前提条件とはなんでしょうか?

今回の記事では、必須の条件を2つご紹介していきます。

スライド2

 

「クリエイティブ思考」の前提条件①:「幅広い教養をみにつけること」

クリエイティブ思考をみにつけるためには、まず前提となる「知識」「経験」が必要です。

クリエイティブ思考の記事や本を読むと、その方法論が論じられていますが、まずは個別的な知識がしっかり根底にないと、新しい発想を生むための「材料」がないので発想が浮かばない、という状況に陥ってしまいます。

その状況を打破するためには、「幅広い教養をみにつける」必要があります。

具体的には、「多くの経験を積む」→「フィードバックし、再挑戦する」ということが挙げられますが、この方法には限界がありますね。

なぜなら、「人の時間は有限だから」です。やれることも、考えることも、一人の思考と行動だけでは自ずと限界があります。人の体はひとつ、という事実は、思考法1つでどうにかなるようなものではないのです。

それでも人は「経験」をもってそれをクリエイティブに活かす必要がありますから、その場合は「追体験」を増やすのが最もよい方法です。

1.「本を読む」 

2.「人の話を聞く」

2つの方法が「追体験」をする方法になります。

 

1.「本を読む」 

本は、その著者の思考や経験をものの数時間で「疑似体験」することができます。実際に経験したら数十年かかることでも、その本を読むだけで数時間のうちにその経験を「追体験」することができますね。

 

2.「人の話を聞く」

この方法は、本だけでは疑似的に体験することができない「リアリティ」を補完する方法として挙げることができます。特に、自分とは業種・職種、周辺環境や立場が異なる人の話を積極的・意識的に聞くことで、自分が経験しようと思えばとても時間がかかる経験を「追体験」することができます。

人の話を聞く、というとたわいのない話や世間話に終わってしまうことが多いのですが、意識的に「追体験」する心づもりをもって傾聴すると、新しい発見がたくさんあります。

スライド3

 

 

「クリエイティブ思考」の前提条件②:「嫌いなことをやってみること」

 

2つ目のクリエイティブ思考の前提条件は、「嫌いなことをやってみること」です。

「嫌いなこと」というのは、例えば「気になっていたけどまだ手を付けていないもの」「なんとなく難しそうなもの」「自分は苦手な分野だと思っているもの」など、「食わず嫌い」しているもののことを指します。

こういった「食わず嫌いのまま嫌いなもの」をあえてやってみる。

そうすることで今までには視野になかった新しい発見を簡単に見つけることができるようになります。

繰り返しになりますが、「クリエイティブ思考」のためには、自分の知識や経験が不可欠な要素になります。方法論だけをいくら頭に叩き込んでも、結局「材料」がないとどうしようもありません。

そして、あらゆる分野の知識や経験を総動員して新たな発想をうみだすためには、「発想の転回」が必要です。ある一つのものごとを考えるときに、既知のものを違った観点から見直すためには、自分にとって新しい視点を確保する必要があります。

クリエイティブ思考は「真ん中がない概念」です。

思考法やノウハウといったものは世の中にありふれていますが、結局は自らの「材料」-
知識や経験-の量に依存します。

まずは「動員できる知識と経験を増やす」ことを心がけましょう。

スライド4

 

この記事の3つのポイント!

 

・クリエイティブ思考は「ものごとを新たなアプローチで解決する」ための思考法
・知識や経験をいかに駆使するかが重要な時代が来ている
・クリエイティブ思考の前提条件は2つある

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。