【すぐできる】仕事の不安を解消できる5つのスケジュール管理法をご紹介!

スポンサードリンク

忙しくて、失敗して、先行きが見えなくて…「ポジティブに頑張ろう!」とシゴトに励んでいても、「不安」に襲われてしまうときって、ありますよね。

不安やストレスを解消する方法は世の中にたくさんありますが、実は結構見落としがちなポイントがあります。それは「スケジュール管理」です。

スケジュール管理の方法を知り、不安を「見える化」することで、あなたは不安を抱えずにシゴトに励むことができます。また、自分の時間を有意義に過ごすことができるでしょう。

では、具体的にどんな「スケジュール管理」をすればいいのか? 今回はその方法を5つご紹介していきます。

 

 「スケジュール管理」で不安を解消できる理由

question-mark-2123967_640

なぜ、「スケジュール管理」でシゴトの不安を解消することができるのか? その理由を説明していきます。

人は「正体不明のもの」「理解できないもの」を怖がります。自分が知らないことや、自分にとって先行きが分からないことに直面したとき、人は本当の意味で「不安」になるのです。

しかし、人は、「怖い!」と感じていても、「理解しているもの」であれば、自分の現時点で持つ能力と判断力で、対応策を考えることができるのです。

つまり、これからあなたに不安を与える「予定」を可能な限り「見える化」して管理し、これからあなたがすべき行動や判断をあらかじめ決めておくこと-「スケジュール管理」-が、不安を解消する最も効果的な方法であるといえます。

不安とは「気がかりで落ち着かないこと」。

そして、気がかりである原因は、「これから先何が起きるか分からない」という漠然としたネガティブなイメージです。

よって、そのネガティブなイメージをスケジュール管理で明確にしてしまえば、あなたがすべきことは、具体的な「判断と行動」だけになります。

では、いったいどんなスケジュール管理をすれば、不安を「見える化」し解消することができるのでしょうか?

 

不安を解消するスケジュール管理!5つの方法とは?

mindmap-2123973_640

ここから、シゴトの不安を解消するための「スケジュール管理」の方法を5つ解説していきます。順を追ってみていきましょう。

 

 (1)スケジュール管理を一本化する

 

スケジュールを月・週・日毎に詳細に記述する習慣がない方は、まずスケジュール管理をする「手帳」もしくはスマホの「カレンダー」を準備しましょう。

手帳は一般的なシステム手帳でOKです。胸ポケットなどに入れて持ち運べる小さめのサイズの手帳だと、すぐにスケジュールを管理することができるので、おススメです。

また、スマホのカレンダーにスケジュールを入力するのもよいでしょう。

管理する方法は手帳か、スマホか、どちらか一方にすることが大切です。分散して書いてしまうと、スケジュールが「見えにくく」なります。よって、「あれ?なんか抜けてないかな…」と不安な要素ができてしまいますから、注意が必要です。

今まで手帳やカレンダーではなく、単なるメモ帳などを使用していた方は、これを機に手帳かカレンダーでスケジュールを一本化しましょう。

 

(2)予定ではなく「Todoリスト」を作成する

 

たとえば、あなたは重要なミーティングを2週間後に控えているとします。その場合、2週間後の「予定」として「○月○日ミーティング」と記載するだけでは、ミーティングまでに「何をすべきか」がまったく見えてこないでしょう。

そうではなく、その日当日までにすべきことを「Todoリスト」として書いておくことが大切です。「○日にアジェンダを確認しておく」「共有事項は○日に○○さんから確認する」「当日決定する事項について○日までに3つほど案を出しておく」と具体的に記入していきます。

 

(3)「不安要因」に優先順位をつけて、できるところから終わらせる

 

あなたは、これから予定していることに不安を覚えています。もちろん、具体的な恐怖ではなく、漠然とした不安でしょう。

しかしその不安は、様々な小さな不安が重なって起きている複雑な「不安」です。

たとえば、「この仕事の納期は3日後、その翌日プレゼン、その次は…」と、不安を覚える予定が山積している状態です。

漠然とした不安は、一つ一つの具体的な不安で作られています。よって、「できるところから解決していく」必要があります。不安を抱くときは、冷静に考えるのが難しいとき。

だからこそ、スケジュール管理で「不安要因」に優先順位をつけて、できるところから「クリア」していくのが最も効率的です。

一番最初の「不安の山」を越えると、実はそれほど心配のいらないことだらけだった…という感覚を持った経験はあなたにもあると思います。それをスケジュール管理で自分自身で作り出していきます。

 

(4)疑問の部分、分からない部分をできる限りなくしておく

 

「万全を期す」のは、たいていの場合不可能です。不安を覚えることには、必ず「リスク」や「何が起きるか分からない」といった不安の要因が含まれています。

しかし、今のうちからできることはあるはず。

たとえば、あなたがこれからまったく新しい職務を担当する予定がある場合、経験者や上司にその職務の内容について聞くことができます。「~~に関して、注意しておくべきことはありますか?」という聞き方がよいでしょう。

「そして、そのような「分からないことを聞く」という行動自体を、スケジュールに記入してしまいます。「○日に○○さんにこの件について話を聞く」とスケジューリングしておくことで、少なくとも、不安が「限定的なもの」になります。

 

(5)「不安を乗り切った後」のプライベートの予定を立てる

 

「困難を乗り越えた自分へのご褒美」として、困難な予定や、プレッシャーとストレスを与えるシゴトの先に「楽しい予定」を立てておくことも重要です。

人に対して行動を促す動機づけを「インセンティブ」と言いますが、それを自らのスケジュールの中で作ってしまうことで、不安を和らげることができます。

ただ、「あとはどうにでもなれ!」と自暴自棄にならないための注意が必要で、そのためには、やはりインセンティブだけではなく(1)~(4)までのスケジュール管理方法を実践することが大切でしょう。

しかし、漠然とした不安を抱えるよりかは、その先を見据えて今をポジティブに捉えることこそが重要です。うまく自分にインセンティブを与えることができるように、「休息」「楽しみ」をもたらすプライベートの予定を立てましょう。

それはたとえば、「家族との団らん」でもよいですし、「恋人とのデート」でもよいのです。それをめがけて「頑張ろう!」という気持ちが、不安を解消してくれます。

 

5つのスケジュール管理法を続けていく

winter-road-arrow-74780

今回ご紹介したスケジュール管理の方法は5つです。

 (1)スケジュール管理を一本化する

(2)予定ではなく「Todoリスト」を作成する

(3)「不安要因」に優先順位をつけて、できるところから終わらせる

(4)疑問の部分、分からない部分をできる限りなくしておく

(5)「不安を乗り切った後」のプライベートの予定を立てる(インセンティブ)

 

「一本化」→「Todoリスト」→「優先順位づけ」→「疑問の解消」→「インセンティブ」の5つの行程で、あなたがシゴトに対して抱く「不安」は解消されるでしょう。

それでも気が晴れない…という場合は、あなたの精神状態が非常に不安定であると考えられます。その際は、下記の記事を参考にしてください。

参考記事:【ストレスフリーな生き方】忙しい社会人のためのストレス解消法10選!

 

また、よりスタンダードなスケジュール管理は、下記の記事にまとめてあります。

参考記事:忙しいビジネスパーソンのための「時間管理」5つの方法

あなたが不安を解消し、シゴトでもプライベートでも、余計な不安を抱かないようにするためには、今回ご紹介したスケジュール管理法が効果的です。ぜひ実践してみてくださいね!

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。