【保存版】「マーチャンダイジング」を応用した「自己ブランディング」

スポンサードリンク

自己ブランディング…皆さんはできているでしょうか?

自己ブランディングとは、簡単にいえば「自分の売り込み方を確立しておくこと」です。自己ブランディングができていると、営業や商談、面接から自己紹介などの「自分を売り込む場」でしっかりとPRすることが可能になります。

人は相手のイメージを第1印象で決めてしまうという話もあるように、「誰かと初めて会うとき」「最初のツカミ」ができているかどうかというポイントだけで、自分のキャリアや進路に大きな影響を及ぼすことがあります。

でも「自己ブランディング」と一言で言っても、様々な方法があります。人によってPRできる部分が違うように、「自分のブランド」を確立させる方法もたくさんあるのです。

そこで今回は「マーチャンダイジング」というマーケティング戦略を応用した自己ブランディングの方法をご紹介します。この方法を知っておくと、一歩先の「自分のブランド」を打ち立てることができます。

 

この記事のゴール

・企業の戦略に必要な「マーチャンダイジング」とは何かを知る
・マーチャンダイジングを自己ブランディングに活かす必要性を知る
・明日から実践できるマーチャンダイジング応用の自己ブランディングを知る

 

「マーチャンダイジング」とは?

https://www.pakutaso.com/20150609167post-5637.html

https://www.pakutaso.com/20150609167post-5637.html

 

今回は「マーチャンダイジング」というマーケティング戦略の1つから、「自己ブランディング」の方法を考えていきます。でも、マーチャンダイジングって、いったいなんでしょうか?

ここでその意味を引用して紹介します。

「マーチャンダイジング」
卸売業者や小売業者のような流通業者が、そのマーケティング目標を達成するために行う商品構成、仕入れ、販売方法、価格設定、陳列、販売促進等を計画・実行・管理すること。商品化計画ともいう。(引用:コトバンク

たとえばアパレル業界で有名な「ファーストリテイリング」のユニクロでは、ブランドのコンセプトや、主要なターゲット層や顧客の動向を調べて、売りたいマーケットに受け入れられている商品を提案したことで大きな利益・ブランド力を得ることができました。今現在も、社内のMD(マーチャンダイザー)は花形職種であり、商品の数量や商品構成などに関しての権限を持っています。

要するに、「売るべき商品」をできるだけ適切なカタチで売るための「プロセス構築」というのが、マーチャンダイジングです。売り方や仕入れ、販売促進などに一貫した方向性を持たせるうえで、重要な戦略ということができます。

特にそういった数量や商品構成の詳細を決めて、「適切な状況」で売るためのシステムは、ITによる「自動化」により促進されます。

さらに、自分が売る商品・サービスを受け入れてくれるターゲットや市場が「あるかどうかわからない」場合、その必要性を呼び起こすためのPR、広報戦略が求められます。それを「マーケットの把握」と呼ぶことができます。

企業がマーケティング目標を達成するために、マーチャンダイジングにおいては

①「自動化」
②「プロセス構築」
③自分が売る商品・サービスの「マーケット(市場)」の把握

以上、3点の行動が求められます。

 

マーチャンダイジングを応用した「自己ブランディング」基礎編

https://www.pakutaso.com/20160255036post-6844.html

https://www.pakutaso.com/20160255036post-6844.html

 

マーチャンダイジングを自己ブランディングの観点から考えてみると、「自分のマーケティングのために、自分を社会のマーケットの中に適切なカタチで組み込むこと」であるといえます。そうすることで、「自分のブランド」を確立することができます。

ですから、これからのビジネスパーソンや学生に必要なのは、「自分のブランド」を確立することです。特定のスキルをみにつけること、やりたい仕事を楽しむこと、どれも重要ですが「社会で求められなければ」それはシゴトにはならないのです。

企業が商品を売るように、「自分の売り方」もマーチャンダイジングの理念や考え方に当てはめて考えていく。そうすることで、しっかりと社会から求められるような人財になることができます。

そういう志向性が、日常的なシゴトにおける「信頼構築」「キャリアアップの布石」へと密接に繋がっていくことは明らかです。人の第1印象に残るPR技術をみにつけてためには、その場しのぎのアピールではなく、継続的な「自己ブランディング」が必要なのです。

では具体的にマーチャンダイジングを応用した自己ブランディングをどのように実践していくのかをご紹介していきます。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。