「T型人材」をめざすための継続学習 – 3つの方法

スポンサードリンク

「継続学習」はビジネスパーソンにとってどんな意味があるのか?

日常のシゴトに精一杯打ち込み、そこで実践的・経験的な学びを得ることは、キャリア形成のうえでも「人間力」全体の向上のうえでも必須です。

しかし、そういった「経験的な学び」に明け暮れ、新しい「業界」「学問分野」の知識を積極的に得ようとする姿勢がなくなってしまうと、自分の可能性の「限界」を決めてしまうことに繋がります。

今回は、「学び続けること」=「継続学習」の意味とキャリアの関係性、そして明日から実践できる「継続学習」の方法3つをご紹介します。

社会で活躍するビジネスパーソンの必要条件は、「継続して学び続けること」にあります。

 

今回のゴール

・継続学習とキャリアの関係性を知る
・継続学習が「T型人材(財)」とイノベーションをもたらすことを知る
・継続学習をするための「実践方法3つ」を知る

 

「キャリア」の形成と「継続学習」の関係は?

question-mark-2123967_640

自らの「キャリア形成」を考えることは、自分の将来の可能性を見据えて、社会貢献と自己実現を同時に達成するために必要なことです。そしてそのためには、「現代社会」で求められる人材(財)となり、「思考・行動・人脈」をフル活用できる自分を構築する必要があります。

そのような「人材(財)」を考える際には、「T型人材(財)」というキーワードを知るとより理解し易くなります。

「T型人材(財)」とは?

「T型人材」とは、特定の分野を究め、その深い専門知識と経験・スキルの蓄積を自らの軸に据えつつ、さらにそれ以外の多様なジャンルについても幅広い知見を併せ持っている人材のことです。アルファベットのTの文字のタテ棒を専門性、ヨコの棒を視野の広さに見立てて、こう呼びます。
(引用:コトバンク

要するに、「一つの得意分野」以外に幅広い知見を兼ね備えている人」のことを指す言葉です。複雑化・専門化するシゴトだけではなく、「分野×分野」による「イノベーション」が叫ばれることが多くなった現代社会においては「プロフェッショナル」的なシゴトだけではなく、分野横断的な思考と行動、そして人脈を構築するスキルを身に着ける必要があります。

たとえば、「IT×教育」。教育の長期化や高度化に伴って、教育分野へのテクノロジーの導入が叫ばれている今、この2分野間の綿密な組み合わせが、社会に対して大きなイノベーションをもたらそうとしています。

参考記事:「IT教育」が有益である、これだけの理由-東洋経済ONLINE

このような組み合わせによるイノベーションは、「教育分野」「IT」などといった専門知識以外にも、ありとあらゆる知識が必要になります。たとえば上記の例なら、ITや教育以外にも、「教育心理学」やIoT(internet of Things)の動向などありとあらゆる観点の検討や実践が不可欠です。また、多分野間の協力のためには、異業種・異分野の人脈形成が重要になります。

そしてそのためには、「いろんな分野を知ろう」「幅広い知見を持とう」という意欲とその実践である「継続学習」が必要不可欠なのです。継続した学習がなければ、私たちは時代の流れの最先端を行くことができないことは当然ですし、また「取り残されてしまう」かもしれません。

では、「どうすれば継続学習ができるのか?」「学ぶべきものは何なのか?」ということに悩まず、明日から継続学習を実践することができる3つの方法について、ご紹介していきます。

 

継続学習実践編!3つの方法

 

(1)学習のための「興味・関心」を持つこと

特定の分野の学習は、「興味・関心」から始まります。

https://pixabay.com/

継続学習のためには、学び続けるだけの「興味」を持っておく必要があります。まずは、「興味」を持ちましょう。(これが最も重要です。)

「興味を持つためには、「日常における問題解決思考」の癖をつけましょう。「あのお店はなぜ流行っているんだろう?」「あの人は、どうしてあんなに人気者なんだろう?」といった日常の関心ごとや、「なぜ世界の貧困は解決されないのだろう?」「なぜ紛争はなくならないのだろう?」という世界の社会問題まで「疑問」を巡らすことが重要です。

そうすると、自分が「何も知らない」ことに気が付きます。社会問題や身近な関心ごと1つをとってみても、自分が何も解決できないことを痛感します。自分の専門分野のみで、解決できることは極端に限られるのです。

たとえば、「なぜあのお店は流行っているのか?」を考えたとき、色々な観点があることに気が付くでしょう。「マーケティングがうまくいっているのでは?」「お店のWebサイトが見やすいのでは?」「人の興味をそそる宣伝をしているのでは?」…そこで必要な分野が絞られていきます。

経営学・マーケティング・心理学などなど、様々な分野があります。これで、「自分が興味を持つべき分野」の量に困ることはありません。

あなたの「関心ごと」は、なんでしょうか?

 

(2)学習を継続する期間を決めること

生活リズムに「学習」を組み込む作業が大切です。

https://pixabay.com/

(1)で学びたい分野を絞ることができました。その先は、実際に学び続けるだけです…とは言っても「何から手をつけたらいいのか分からない」ということが起きます。そんなときは、一気に知識欲のままに本や参考書を買いあさるのではなく、しっかりと期間を決めて学習しましょう。

経営学者のP.F.ドラッカーは、自著において、自身の記者時代を振り返りこう語っています。

”やがて私は、一時に一つのことに集中して勉強するという自分なりの方法を身につけた。(中略)もちろんそれらのテーマを完全に自分のものにすることはできない。しかし、理解することはできるようになる。”
引用:『プロフェッショナルの条件 いかに成果をあげ、成長するか』ダイヤモンド社、P.F.ドラッカー著、上田惇生編訳

自分でまだ学んでいないことを、自分で決めた期間内にすべて学ぶのは難しいことです。しかし、ドラッカーのいうように「理解すること」はできるようになります。継続学習において、自分の専門外の知識を「理解できる」ようになることは、「T型人材(財)」へと近づくための大きな一歩になるのです。

まずは、一つの分野に関する情報収集と資料集め、そして学習を「期間を決めて」行ってみましょう。まずは「一週間ごと」に区切って行うのがオススメです。

 

(3)学習による思考・行動・人脈の観点を考えること

「興味・関心」と「他分野への理解」を新たな観点へと持ってくる

directory-235079_640

さて、(1)~(2)を実践することで、継続学習は可能になります。

3つ目の「思考・行動・人脈」の観点とはつまり、「実際に学んだことをどう生かすか?」ということを考えるために必要な観点です。

実際に今の自分のキャリア形成に学んだことを活かすために必要なことは…

①思考

学んだ分野の観点を今取り組んでいるシゴトに応用できるか考える

②行動

応用できそうな場合、どんな案が考えられるかをリストアップする

③人脈

同じ分野を学んでいる人どうしのコミュニティづくり+や今の人脈を活用して「思考と行動」が現実可能かどうかをディスカッションする

 

①~③は、一言で実践方法を示すなら「分野の違う人と関わる」ことです。他の部署、組織、人材、業界といった多種多様な人と直接会う、もしくは、インタビュー記事を読んでみる。そういったロールモデルの発掘から、自分の興味・関心を落とし込める新たなアイディアが生まれる可能性があります。

あなたは、「自分の範囲内」だけでものごとを考えようとしていませんか?

だとすれば、それは「大きな損失」です。

 

まとめ:T型人材と継続学習の実践

pexels-photo-48636

継続学習が「T型人材」の条件です。そしてその条件を満たすことが、ビジネスパーソン一人ひとりの「キャリア形成」に大きな影響を与えます。

学生の皆さんにもそれらは影響を与えます。「今学んでいること」を「今学んでいることの範囲内だけで完結させる」癖がついてしまうと、既存のものを凌駕するアイディアは生まれてくることはありません。

今回は、明日からできる「継続学習」実践の方法をご紹介しました。継続学習を実践し、「幅広い知見」と「応用性」を持った人材(財)を志向していきましょう!

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。