年収アップのために転職する人が注意すべきポイントとは

スポンサードリンク

転職しようと考えている方の中には、「年収・収入アップ」のために他の仕事を探したいと考えている方も多いでしょう。

転職者の転職理由ランキングを見てみると、「給与に不満がある」と感じ転職する人はランキング3位で「8%」。約10人に1人は年収のことを考えて転職しているということになります。

自分の能力をもっと活かせる場所を探し、給料・年収をアップしようとすることは、自身の働き方やキャリアを考えるうえで重要なことですよね。

しかし、実際に年収アップを目指そうとしても、具体的にどのように転職活動を行うべきかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、年収アップを考えている転職者の方向けに、年収アップを目指すための転職方法や、注意すべきことをご紹介していきます。

この記事を読むことで、年収アップを成功させる転職ノウハウを学ぶことができます。

是非参考にしてくださいね。

年収アップの転職はアラサーが有利

年収アップの転職はアラサーが有利です

DODAの調査結果によると、年収アップを成功させている方には”傾向”があることがわかります。

中でも特に重要なのは、「年齢」です。

年収アップの傾向「年齢と性別」より引用

引用:https://doda.jp/guide/manual/1/004.html

参考:年収アップ転職の傾向 – DODA

このグラフは、年収アップした転職者のうち「27〜29歳」の年齢層が多いことを示したものです。

20代前半からスキルを着実に積み重ねてきた方は、年収がアップすることが示されています。専門的な分野の職種・業種で働いていた方の転職活動は、比較的カンタンであるといえます。

ただし、業種別や性別ごとに年収アップの傾向は大きな差がありますので、「27〜29歳の転職」が必ず年収アップに繋がるわけではありません。

しかし、「あなたのスキルを正しく評価してくれる会社を選ぶことが年収アップにつながる」ことは、確実だといえます。

下記の記事では、年収を下げずに転職する方法をご紹介しています。年収を下げない・アップさせるための条件をご紹介していますので、年収アップの傾向を知りたい方はこちらも参考にしてください。

転職すると給料が下がる?給料を下げない転職の方法とは

2017.06.05

では、年収アップを考えている転職者の方が知るべき注意点とはどんな部分にあるのでしょうか? この注意点を知ることで、転職活動でどのような行動をとれば年収アップすることができるのかが分かるでしょう。

また、記事後半では転職活動におすすめの転職サイトをご紹介しています。転職者の方は合わせて参考にしてください。

年収アップを考えている転職者が注意すべき5つのこと

年収アップを考えている転職者が注意すべき5つのこと

では、年収アップを考えている転職者が注意すべきことを5つご紹介していきます。

1 福利厚生を計算に入れた給与アップを目指す

給料アップのためには、単なる給与額のほか、「福利厚生」「手当」などが充実している企業を入れるべきです。

実際の転職面接では「以前の年収」を聞かれることがあります。この場合、企業側は以前の年収をもとにあなたの待遇を検討することになります。

あなたが企業側に伝えるべき前職の年収は、前職での額面上の給料だけではなく、住宅手当、家賃補助などの金額を含めたものにしましょう。

ただし、金額を多めに伝えるなどは転職活動を大きく不利にしてしまう原因になるので、絶対にやめましょう。

2 面接時に会社の評価制度について質問する

面接時に会社の評価制度や昇進制度について質問しておくことも大切です。

<質問すべきこと>

  • 「どのくらいの成果を出せば、どういった評価で昇給が見込めるのか?」
  • 「入社何年目でどのくらいの給料なのか?」

選考側としてこの質問には答えられない企業は、年収アップを考えているあなたにとってあまりふさわしい場所ではないと考えられます。

年収アップは転職理由として間違いではありませんので、評価制度や、あなたにどのくらい期待しているかを知る上でも、事前に質問することが大切です。

3 目標年収・最低ラインを計算しておく

年収アップの転職を考えている方には「目標とする年収」があるでしょう。

たとえば、500万円の年収を600万円にしたいと考えている場合には、100万の昇給を目指すことになります。もし、具体的な金額目標を定めていない場合は、転職活動を始める前にしっかり考えておくべきです。

また、「最低ライン(金額)」についても同時に考えておきましょう。

たとえば、額面上同じでも福利厚生や補助などの面で実質的に前職より「良い」場合があります。

この点に関しては個々人の条件面での考え方によりますが、自分自身の生活スタイルや求める条件に照らし合わせて、金額の目標を作っておくことが大切です。

4 年収アップの根拠をハッキリさせる

年収アップの転職のためには、目標金額や最低ラインを明確にするだけではなく、企業側に目標年収を求める根拠を伝える必要があります。具体的には、転職面接時の自己PRが大切です。

<自己PRで伝えるべきこと>

  • 前職でどんな仕事に関わっていたのか
  • どんな仕事をどんな役割で達成に導いたのか
  • スキル・経験は、選考企業にとってどんなメリットがあるのか

特に、赤太字の2つは、転職面接前の自己分析や面接準備をしていないと、うまく整理して伝えることができせん。

年収アップの根拠を明確にしておくことで、交渉を上手く進めることができるでしょう。給与交渉でおさえておきたいポイントは、下記記事でも掲載しています。合わせて参考にしてください。

給料交渉はカンタン?転職で給料を交渉する4つの方法

2017.07.06

内定後の給与交渉は可能?転職で条件交渉する3つの方法

2017.07.06

5 転職エージェントサイトを有効活用する

ここまで、年収アップのために考えておくべきことを項目ごとに述べていきましたが、実際の転職活動では、転職先企業の内定が決まるとすぐに雇用契約へ進むことが多く、「給与交渉」をする余地が少ないです。

また、年収・給与の話をすることはカンタンなことではありません。

しかし、年収アップを考えて自分自身のキャリア、働き方を考えることは正しいことです。そして、その意志を上手に伝えるためには、転職活動を全面的にサポートしてくれる転職エージェントサイトを活用することをおすすめします。

年収アップを目指す転職者が転職エージェントを使うメリット・デメリットは下記の通りです。

<転職エージェントを使うメリット>

  • 利用は無料で求人を紹介してくれる(1件だけではなく何件でも)
  • 面談で面接対策や自己PRの整理をしてくれる
  • 履歴書・職務経歴書の作成や添削をしてくれる
  • 給与やポジションの交渉はエージェントがしてくれる ※重要!
  • 入社の手続きをしてくれる

<転職エージェントを使うデメリット>

  • 飲食店・小売のスタッフ募集に応募したい方は求人を探しにくい(転職サイトがおすすめ)
  • 自分で求人を探したい方は時間がかかると感じてしまう

面談は必ずしも対面ではありません。また、紹介された転職先を強制されることもありません。

デメリットに当てはまる人以外のすべての転職者に転職エージェントはおすすめです。デメリットは上記以外にありませんので、転職したいと考えているなら迷わず登録すべきです。

飲食・小売の方の転職の場合には、求人数が多く様々な転職求人を検索することのできる転職サイトを使いましょう。おすすめは、大手転職サイトの「リクナビNEXT」です。

おすすめ転職エージェントは?

転職エージェントは、複数活用することをおすすめします。

エージェント会社により、持っている求人数や種類に差があります。また、複数のエージェントを活用することで、より年収アップが期待できる求人を多く見つけることができます。

自分に合ったエージェントを「2〜4つ」登録しておくと良いでしょう。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。

業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

20代の転職活動に最適!『マイナビエージェント』

マイナビエージェント

https://mynavi-agent.jp/dainishinsotsu/lp/013.html?utm_source=cpa_002&utm_medium=banner&utm_campaign=cpa_002&nst=0&jno=494911&t=20170331192726

『マイナビエージェント』の特徴

有名な就職サービス『マイナビ』が運営する転職エージェントサービス。

キャリア事業の大手ならではの信頼感と、太いパイプが売り。転職市場を網羅しているキャリアアドバイザーに転職を支援してもらうことは、転職活動の安心感につながります。多くの選択肢から選べることで、転職の「失敗」を防ぐことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・希望する職種・業種が複数ある方。

・大企業からベンチャー企業まで、あらゆる選択肢を考えている方。

・第二新卒の方で、転職活動の選択肢を増やしたい方。

ほかにも、転職エージェントは大手から中小まで様々なものがあります。基本的には、求人数の多い大手エージェントを使うべきですが、特定の業界に強い特徴を持つサービスなどもあります。

  • 他にもエージェントを見たい!
  • 複数のエージェントに登録しておきたい!

という方は、下記ランキングを参考にしてください。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16

エグゼクティブなら「スカウトサービス」もおすすめ!

自分自身の経験・キャリアに自信がある年収600万以上の方は、上記でご紹介する転職エージェント以外にスカウトサービスを活用することをおすすめします。

あなたの経歴やスキルを登録しておくと、ヘッドハンターからスカウトが届きます。

スキルや経歴をもとに求人にスカウトされるシステムなので、年収アップを目指す方はコチラも登録しておきましょう。

求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

年収アップを成功させるための具体的な行動を!

年収アップを成功させるための具体的な行動を!

今回は、年収アップを考えている転職者向けに、転職活動において年収アップをどのように成功させるか、そのノウハウについてご紹介してきました。

年収アップのための転職を考えることは間違いではありません。スキルや労働市場価値を正しく評価してくれる職場を探すことで、あなたのキャリアや働き方はもっと明るく、良いものになるはずです。

この記事を参考に、ぜひ転職を成功していただけることを願っています。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。