年収アップのために転職する人が注意すべきポイントとは

スポンサードリンク

転職を考えている方の中には、年収アップを考えている方も多いでしょう。自分の能力をもっと活かせる場所を探し、給料・年収をアップしようとすることは、自身の働き方やキャリアを考えるうえで重要なことですよね。でも、実際に年収アップを考えて転職を考えるとなると、どんなことに注意するべきかはなかなか分かりません。

そこで今回は、年収アップを考えている転職者の方向けに、年収アップを確実にするための転職方法や、その際に注意すべきことをご紹介していきます。この記事を読むことで、年収アップを成功させる転職ノウハウを学ぶことができます。

是非参考にしてくださいね。

年収アップの転職はアラサーが有利

年収アップの転職はアラサーが有利です

DODAの調査によると、年収アップを成功させている方にはある傾向があることがわかります。その中でも特に重要なのは、年齢の傾向です。

年収アップの傾向「年齢と性別」より引用

引用:https://doda.jp/guide/manual/1/004.html

参考:年収アップ転職の傾向 – DODA

このグラフでは、27〜29歳の年齢層の転職者の方で年収がアップしたことを示すグラフです。20代前半からスキルを着実に積み重ねてきた方は、評価サイドによって年収がアップすることをこのグラフは示しています。年収アップを考えている方の中でも、20代のうちに前職で専門的な分野の職種・業種で働いていた方は、会社選びを間違えなければ年収アップは比較的難しくないといえます。

この他にも、業種別や性別ごとに年収アップの傾向は細かく分かれますので一概に27〜29歳の転職は年収アップするといえるわけではありません。しかし、この傾向の中から分析すると、「スキルを正当に評価してくれる会社を選ぶことが年収アップにつながる」ことは確実だといえます。

下記の記事では、年収を下げずに転職する方法をご紹介しています。その中で、年収を現状維持またはアップさせる事のできる条件等もご紹介していますので、年収アップの傾向を知りたい方はこちらも参考にしてくださいね。

転職すると給料が下がる?給料を下げない転職の方法とは

2017.06.05

年収アップを考えている転職者が注意すべき5つのこと

年収アップの転職で注意すべき5つのこととは?

では、年収アップを考えている転職者が注意すべきことを5つご紹介していきます。また、転職を成功させるための転職サイト・サービスも特徴ごとに下記でご紹介していますので、あわせて参考にしてくださいね。

1 福利厚生を計算に入れる

給料アップのためには、福利厚生やその他「住宅手当」「家賃補助」といった給与面以外の経済的要因を考えに入れることが大切です。なぜ大切かといいますと、実際に転職する際には選考時に「以前の職場での年収」を聞かれることがあるからです。

その際に、額面上の金額だけではなく、「住宅手当」「家賃補助」といった細かな金額まで給与として計算しておくことで、現状と同水準の給料を交渉することができます。反対に、そういった額面以外での金額を考慮していないと、提示された年収を誤って判断してしまうことに繋がります。

2 面接時に評価制度について質問する

面接時に、直接「どのくらいの成果を出せば、どういった評価で昇給が見込めるのか?」という点について聞いておくことも大切です。その際は、具体的な金額よりも「入社何年目でどのくらいの給料なのか?」といったモデル社員を例に答えてもらうように質問しましょう。

選考側としてこの質問には答えられない企業は、年収アップを考えているあなたにとってあまりふさわしい場所ではないとも考えられます。年収アップは転職理由として間違いではありませんので、評価制度や、あなたにどのくらい期待しているかを図る上でも、事前に話すことが大切といえるでしょう。

3 目標年収・最低ラインを計算しておく

「年収アップを目指す」と転職を考えている方には、「目標金額」があるでしょう。たとえば、500万円の年収を600万円にしたいと考えている場合は、100万の昇給を目指すことになります。この点について明確でないと、なんとなく額面上大きな給料だから選ぶ、という感覚で転職を勧めてしまうことになります。

しっかりと年収アップの戦略を立てるためには、目標とする金額を見積もっておくことが大切です。また最低ラインについても同時に考えておきましょう。

たとえば、額面上同じでも福利厚生や補助などの面で実質的に前職より「良い」場合があります。この点に関しては個々人の条件面での考え方に依存しますが、自分自身の生活スタイルや求める条件に照らし合わせて基準を作っておくことが大切です。

4 年収アップの根拠を明確にする

年収アップの転職のためには、目標金額や最低ラインを明確にするだけではなく、企業側にこの年収を求めるだけの根拠を明確にする必要があります。そして、年収アップの根拠を明確にすることは、選考の面接時のPRにも繋がります。

たとえば、前職でどんなプロジェクトに関わっていたのか。その中で自分はどんな仕事をどんな役割で達成に導いたのか。そしてそのスキル・経験は、選考企業にとってどんなメリットがあるのか。

年収アップの根拠を明確にしておくことで、交渉を上手く進めることができるでしょう。

給与交渉でおさえておきたいポイントは、下記記事でも掲載しています。合わせて参考にしてくださいね。

給料交渉はカンタン?転職で給料を交渉する4つの方法

2017.07.06

内定後の給与交渉は可能?転職で条件交渉する3つの方法

2017.07.06

5 転職エージェントサイトを有効活用する

ここまで、年収アップのために考えておくべきことを項目ごとに述べていきましたが、実際に選考時に年収・給与の話をすることはカンタンなことではありませんよね。まだまだ、年収アップを考えて転職を決めることには、人に言ってはいけないこと…のような感覚が一般的にあります。

しかし、年収アップを考えて自分自身のキャリア、働き方を考えることは正しいことです。そして、その意志を上手に伝えるためには、転職活動を全面的にサポートしてくれる転職エージェントサイトを活用する子をおすすめします。

おすすめ転職エージェントサービス

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

20代の転職活動に最適!『マイナビエージェント』

マイナビエージェント

https://mynavi-agent.jp/dainishinsotsu/lp/013.html?utm_source=cpa_002&utm_medium=banner&utm_campaign=cpa_002&nst=0&jno=494911&t=20170331192726

『マイナビエージェント』の特徴

有名な就職サービス『マイナビ』が運営する転職エージェントサービス。

キャリア事業の大手ならではの信頼感と、太いパイプが売り。転職市場を網羅しているキャリアアドバイザーに転職を支援してもらうことは、転職活動の安心感につながります。多くの選択肢から選べることで、転職の「失敗」を防ぐことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・希望する職種・業種が複数ある方。

・大企業からベンチャー企業まで、あらゆる選択肢を考えている方。

・第二新卒の方で、転職活動の選択肢を増やしたい方。

年収アップを成功させるための行動を!

年収アップのための行動を!

今回は、年収アップを考えている転職者向けに、転職活動において年収アップをどのように成功させるか、そのノウハウについてご紹介してきました。

転職理由というと、ポジティブなことを言わなければという考えももちろん正解です。しかしだからといって、年収アップのための転職を考えることは間違いではありません。正当にスキルや労働市場価値を評価してくれる職場を探すことは、キャリアや働き方を見直すうえで大変重要なことであるからです。

この記事を参考に、ぜひ転職を成功していただけることを願っています。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。