人間関係が理由の転職はアリ?退職理由の伝え方・考え方

人間関係が理由の転職はアリ?退職理由の伝え方・考え方
スポンサードリンク

転職を検討している方には、様々な「転職理由」があります。転職理由の中には、「新しい仕事に挑戦したい」「もっと年収をアップさせたい」といったポジティブな理由と、そうではないネガティブな理由の2種類があるといえます。

ネガティブな理由の代表的なものに「職場の人間関係が悪い」というものがあります。人間関係が原因で転職を考えて良いのでしょうか? 当記事では「良い」の立場に立っています。

今回は、人間関係が悪く転職を考えている方向けに、転職活動の際に必要な転職理由の考え方や、面接選考時の伝え方について解説していきます。この記事を読むことで、人間関係が原因で転職を検討している方が転職に成功するためのノウハウについて学ぶことができます。ぜひ参考にしてください。

人間関係が理由で転職をすることは間違いではありません

人間関係が理由の転職は間違いではない

まず、人間関係を理由として転職を考えて実行する人が世の中にどの程度いるのかを見ていきましょう。

DODA調べによると、人間関係が理由で転職を考える方はそれほど多くないことが分かります。参考リンク先データで「18位 人間関係が上手くいかない」となっていますが、他の転職理由に比べると人間関係をもとに転職を考えている人はあまりいないようです。

転職理由の経年変化_DODA

データ中ランク外の「人間関係」

参考:転職理由ランキング<最新版>  総合 – DODA

対して、厚生労働省 平成27年雇用動向調査結果の概況をみてみると、(3)転職入職者が前職を辞めた理由を性別ごとに分類しています。男性の場合、「その他(出向など)」26.8%、「定年・契約期間の終了」15%、その後は給料や休日が理由となるなど、「人間関係」はTOP項目に挙がっていません。

しかし女性を見ると、「その他(出向)」が最も高い割合である点は男性と同様ですが、「条件」についで「人間関係」が12.2%と、その%が男性よりも高いことが分かります。

踏まえると、下記のようにまとめ解釈することができます。まず第一に、「人間関係を理由として転職すること」は、母数自体は少ないが理由として挙げられる程度ではあること。第二に、「人間関係を理由とした転職は、女性に多い」ということです。

「女性には、なぜ人間関係による転職理由を持つ傾向にあるのか?」は当記事ではその理由を扱いませんが、確実に言えることは、転職理由として大きく挙げられるものではないが、理由は確かに「現実にある」ということができるということなのです。

ですから、「転職理由」というとどうしても「ポジティブなものでなければ!」という考えを抱いてしまう方も多いと思いますが、正直に自分自身と向き合いつつ新しい職場を探すことが、転職を成功させるために最も重要なことであるといえます。

転職を考える前に考えるべき3つのこと

転職を考える前に考えるべきこと

さて、人間関係が原因で転職を検討している場合も、ただやみくもに転職先を探すのではなく、今の仕事を辞める前に考えておくべきことがあります。

1 第三者に改善を依頼できるかを確かめる

人間関係に悩みを抱えているということは、自分ひとりでその状況を打開したり解決できなかったりする場合がほとんどであるといえます。そんなときは、人事部や上司など、第三者でかつ権限のある立場の方に相談することが最も確実です。

特に、ハラスメント行為に関することがらは自分一人で対処せずに業務として人事にあたっている人事部に相談することをおすすめします。

2 身近な人に相談をしてみる

身近な人…たとえば恋人や家族、友人や同僚に相談を持ちかけることも転職するかしないかで悩んでいるあなたには有効です。「自分はどんな理由でなぜ転職をしたいのか?」は、思っている以上に言葉にできていない場合があります。

身近な人に今の心境や考えていることを素直に話すことで、より冷静に考えることができるでしょう。

しかし、厳しいようですが、転職をするかしないかは、あなた自身が決めるべきことであることは変わりません。親身に相談に乗ってくれる方もあなた自身ではありませんから、最後にどうするかは自分で決める、そんな意志が必要であることも忘れないで下さいね。

3 コミュニケーションの見方を変えてみる

もう既に限界まで頑張っている方には必要ありませんが、人間関係の構築の仕方や、コミュニケーションの方法、人との接し方を変えてみることで、ストレスを軽減する場合もあります。コミュニケーション術に関してはIKIKATAでも多数コラムを掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

職場に”高圧的な人”がいる人が知るべき「コントローラータイプ」

2016.07.16

好かれようとしなくても大丈夫。コミュニケーションが苦手な人へが実践すべき4つのこと

2016.08.03

「人間関係が原因の転職」で面接選考時に話す「退職理由」の考え方・伝え方

「人間関係が原因の転職」で面接選考時に話す「退職理由」の考え方・伝え方

転職に踏み切るまでに冷静に考えられているあなたは、人間関係を理由として転職活動を行う際に必要な退職理由の考え方や伝え方を学んでいきましょう。この退職理由の考え方や伝え方を知ることで、面接や選考をうまく進めることができます。ぜひ参考にしてください。

1 具体的にどんな理由なのかを明確にする

あなたの転職理由は、「人間関係の課題や悩み」であることは明確です。しかし、「悪い人間関係って、どのようなものだった?」と聞かれたときに、要領を得て相手に伝えることができるでしょうか。

ほとんどの人は、嫌な思い出や辛かったことを思い出すことはあっても、実際にその思い出や出来事の何がいったい自分を転職へと促したのかの理由まで遡って考えることができていません。人間関係の理由を具体的にするためには、「本来できたはずなのに、人間関係に問題があることによって出来なかったこととは何か?」を考えてみるとわかりやすいでしょう。

あなたは営業職で売上を上げるための成約数をノルマを課せられています。その中で、あなたは顧客満足度が高い仕事をするために一人ひとりのお客様に丁寧に時間をかけ接することを心がけていたとします。しかし、時短や効率化を偏重する上司によってパワハラに近い叱りを受けていました。

この例の場合、「パワハラを受けていた」という理由は根拠として粗く、質問した相手には意味が通りません。

そうではなく、「営業活動をするにあたって、前職では時短や効率化を偏重する流れがありましたが、その中でも顧客満足度を下げずにお客様に商品を提供できるよう努めておりました。」と話すべきでしょう。

2「転職する理由」はポジティブに言い直す

ポジティブな言い方には様々な方法があります。

さきほどの例を取りますと、「前職では仕事の方法が上司と合わず、違和感や認識のズレを感じてしまい…」とネガティブな言い方もあり得ますが、このような言い方はNGです。

確かに事実ではあるのですが、初対面の面接官にネガティブな印象を与える理由を話せば「この人はうちの会社とも合わないのではないか?」という心配をしてしまいますよね。

そうではなく、さきほどの例のように「制約のある条件下で努力していたこと」を述べ、ポジティブな言い方に言い直すことが大切です。

3 感情的にならないように話す

人間関係で前職を辞めたとなると、辞めるだけの大きな理由が会ったに違いありません。思い出すのも辛いほどのことも、あったのではないでしょうか。

しかし、それを選考時に感情的に話してしまうことはNGです。身近な例ですと、「いつも陰口を話す友達」とはいつ裏切られるかわかりませんよね。企業との面接時でも、面接官は人間ですし、採用を決定する経営・人事の方も同じ人間です。

その点を踏まえて、慎重に言葉を選び、転職理由をポジティブに言い直しましょう。

4 なぜ、採用先の企業を選んだのかを根拠とともに話す

前職での環境を刷新し、新たな職場でキャリアをスタートさせる以上は、人間関係が現実として良好な職場に転職をしたいですよね。しかし、現状から逃げたいばかりにとにかく条件面で同等の場所を選んでしまうということもままあります。

それは転職の失敗に繋がります。下手をすれば同じことを繰り返してしまう可能性もあります。失敗を回避するためには、「なぜ、この企業に転職したいのか?」を根拠とともに明確にしておくことが大切です。

しかし、実際に転職するまで、その内情を知ることはなかなか難しいでしょう。しかし、転職エージェントサービスでサポートしてもらうことによって、職場の条件面を交渉してくれたり、職場の実情を調査してもらうこともできます。おすすめのサービスは、下記に掲載しています。

人間関係を理由として転職する方におすすめの転職サービス

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

20代の転職活動に最適!『マイナビエージェント』

マイナビエージェント

https://mynavi-agent.jp/dainishinsotsu/lp/013.html?utm_source=cpa_002&utm_medium=banner&utm_campaign=cpa_002&nst=0&jno=494911&t=20170331192726

『マイナビエージェント』の特徴

有名な就職サービス『マイナビ』が運営する転職エージェントサービス。

キャリア事業の大手ならではの信頼感と、太いパイプが売り。転職市場を網羅しているキャリアアドバイザーに転職を支援してもらうことは、転職活動の安心感につながります。多くの選択肢から選べることで、転職の「失敗」を防ぐことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・希望する職種・業種が複数ある方。

・大企業からベンチャー企業まで、あらゆる選択肢を考えている方。

・第二新卒の方で、転職活動の選択肢を増やしたい方。

転職を成功させるためには、明確な考えと行動が大切です!

転職を成功させよう!

今回は、「人間関係を理由とした転職者」の方向けに、転職前に考えるべきことや、実際に転職活動を進める際に必要な転職理由の考え方や伝え方をご紹介していきました。

人間関係を理由とした転職は数自体はあまり多くありませんが、事実としてそのような課題を持つ方は大勢います。そして、悩むだけではなく実際に転職活動を進め自身のキャリアを真剣に考えることは、職場環境の改善だけではなく生活全体の幸福にも繋がります。

今回の記事を参考にすることで、転職に成功していただけることを願っています。

IKIKATA編集部がおすすめする転職サービスランキング

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16

転職サイトを業界・ニーズ別にみるなら「IKIKATA Database」

IKIKATA Database

 

スポンサードリンク
人間関係が理由の転職はアリ?退職理由の伝え方・考え方

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。