【論理学で議論上手に】建設的な議論をするための3つの心構えとは?

スポンサードリンク

「議論」「ディスカッション」は、クリエイティブなシゴトや、タスクにおける意思疎通その他、あらゆる局面で必要です。

しかし、昔から「日本人は消極的だ」と言われているように、議論に対して苦手意識を持つ人は多いでしょう。建設的な議論をするためには、「議論の場数」を踏むことが上達のカギです。

でも、ただ単に場数を踏むだけでは、ただ失敗したり、「うまくいかなかったな…」と感じてしまうばかりで、適切なフィードバックを得ることは難しいのです。

そこで今回は、「議論」とはそもそもどんなものなのかをあらためて考えたうえで、論理学の知識を紹介し、「建設的な議論」をするための心構えを説明します。

 

そもそも「議論」とは何か?

question-mark-background-1909040_640

議論の心構えを学ぶ前に、「議論」とは、具体的にどのようなことを指すのかを明確にしておきましょう。

当然ですが、議論は「口喧嘩」でも、「感情論のぶつけ合い」ではありません。そもそも、それでは何のために議論をしているのかも分からないでしょう。

議論の目的は以下の3つです。

 

(1)「共通了解」を得るため

 

「共通了解」とは、「コンセンサス」とも呼ばれます。意味は、「複数の人の間で共有される目的や概念」です。

私たちは、あるテーマや物事に関して、「話す」という行為をしないことには、他人が何を考えているのかを知る方法はありません。話すという行為をしなければ、私たちはそもそも何を伝えることも、協力して何かを営むこともできないのです。

 

(2)解決策を導くため

 

議論は、ある一つのテーマや議題に関する「解決策」を導くプロセスです。共通了解からスタートして、未来のことを話し合う。そういう意味で、議論は他人とある一つのものを積み重ねていく行為なのです。

ですから、「建設的な議論」というのは議論として”当然のこと”。しかし、それを忘れてしまっている人は結構多いですよね。そういった行為は議論ではなく、「詭弁」あるいは「強弁」と呼ばれます。

 

(3)弁証法的にものごとを進めるため

 

「弁証法」とは、ものごとを考えるうえで重要な一つの「型」です。その意味は、「ものの対立、矛盾を通して、それを統一する一層高い境地に進める方法」です。

たとえば、「A君は悪い人だ」と「A君はいい人だ」という対立する意見があるとします。そこで、弁証法では2つの対立する意見から、「A君は悪い面もあるが、いい面もあるよ」という意見を導くことができます。

このように、ある概念に対して、対立を統一して、より高い次元へと導く手法が弁証法です。これは、自然と私たちが日常的に行っていることでもありますが、議論に関しては、これを使いこなすためにロジカルな思考力を必要とします。

 

以上、「議論の目的」を3つの観点から説明しました。

議論は決してぶつかり合いではなく、「対立を乗り越える過程」であることが理解できると思います。では次の項目で、論理学の知識から、建設的な議論をするための心構えを学んでいきましょう。

 

議論をするための論理学的心構え

 

議論においては、以下で紹介する3つの論理展開に注意する必要があります。

 

(1)「二分法」対策

chess-679093_640

「二分法」とは、ものごとを二つに分けて考える論理展開です。

たとえば、さきほどのA君に対して「A君は悪い人だ」と「A君はいい人だ」と両極端で考えてしまうことは、二分法にあたります。本来であれば、「どこがどのように悪いのか?」「改善すべきところはどこか?」というところこそ議論しなければならないはずなのに、「悪い」「いい」の一点張りで、話が遅々として進みません。

このような安易な二分法に対しては、以下の2点の対策が必要です。

1.中間をとったらどうなるか?
2.開き直ったらどうなるか?
(「どちらでもないのではないか?」と考えること)

 

(2)「相殺法」対策

accident-151668_640

「相殺法」とは、一見その考えを認めながらも、足元をすくうような意見を述べる論理展開です。

たとえば、「A君はいい人だ」という意見に対して、「でも、A君はこの間、私が怒られていたときに助けてくれなかったよ」という意見が出された場合、「A君の良さ」を「助けてくれなかった」という意見で相殺しよう(±0にしてしまおう)とすることです。

このような相殺法は、一見正しいように見えますが、以下の項目に注意しましょう。

1.相殺される事柄のバランスが取れているか?
2.バランスの取れていない部分のどこが重要な違いか?

 

(3)「消去法」対策

sudoku-552944_640

 

「消去法」とは、探偵もののドラマや、小説の「犯人探し」のようなもの。あることがらに関して、「当てはまらないもの」を順に除外していき、残ったものを「結論」とする論理展開です。

たとえば、A君、B君、C君がいます。A、B、C君はそれぞれ世間から「悪い人」といわれていますが、「一番悪い人はだれか?」を探す場合を考えます。この場合、「窃盗したことがある人」を経歴で暴き、C君だけが除外されました。
そのあと、「殺人を犯したことがある人」の経歴を暴き、B君は除外されました。よって、「A君が一番悪い」となります。

この場合も、「残った人が悪いに決まっている!」と思いそうなものですが、議論の場合は、以下の項目に気を付けましょう。

1.消去の仕方が「雑」かどうか(そのほかにも考慮すべきことがあるのではないか?)
2.結論は受け入れられるか(「そもそも悪いとはなんだろう?」)

 

「議論上手」は「場数」と「心構え」にあり!

B&W Man In Fashion Jaket Straightening Tie

今回は、議論とはそもそもどのようなものかを考え、そのうえで「論理学的」な議論の心構えをご紹介しました。

今回学んだことはどれも実際の議論の場で役立つもので、「建設的な議論」を展開するために不可欠な知識です。しかし、知識だけではなく、議論を上手くこなすためには、一定程度の場数が必要です。

今回の知見を活かし、「議論」に積極的にコミットしていきましょう。建設的な議論は、あなたのシゴトと生活にさらなる面白みを与えてくれます。

参考文献:『詭弁論理学』野崎昭弘著、中公新書

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。