【若手社会人必見!】教養をみにつける5つの方法

kyouyou minitukeru
スポンサードリンク

「教養」は、若手社会人が自らの職場の具体的な業務を覚えるかたわら、主体的に学ばなければならないものです。

一般教養を学ぶ意味と分野は、以前IKIKATAコラムでご紹介しました。今回は、教養を身に着けるための具体的な5つの方法について解説します。

「どうやって教養は身につくの?」と疑問に思っている方は、ぜひ今回の5つの方法を実践してくださいね。

一般教養とは何か?若手社会人が身に着けるべき5つの分野

2016.05.03

 

教養をみにつける5つの方法

StockSnap_OJXHDWMWV9

(1)スマホ/新聞での情報収集

専門的なことがらを学ぶためには、大学に通って一つの分野を専攻したり、学術書や専門書を読みこなす必要があります。しかし、一般的に知っておくべき教養を身に着ける最も早い手段は、「スマホ」です。また、新聞にも、スマホにはない情報収集上のメリットがあります。

スマホでの情報収集によって、まずは効率よくインプットするスキルを身につけましょう。

新聞とアプリを使い分ける。情報収集を効率化する2つの方法

2016.03.15

 

(2)高校で学んだことを復習する

ビジネスパーソン向けに「高校生で学んだことをもう一度学びなおす」ための本が数多く出版されています。これも、教養として「高校の学んだこと」が重要であることを示しているといえます。

特に重要なのが「歴史(日本史/世界史)」と数学です。どちらも、暗記モノの代表のような分野ですが、その分、忘れてしまっている人が多いのではないでしょうか?

歴史と数学は、社会人向けのテキストが多数あります。書店で自分のレベルにあったテキストやワークブックを買ってみましょう。

 

(3)アウトプット

教養が教養であるゆえんは、何よりも一般的に「必要である」と言われているからです。しかし、それはあくまでも人と人との関係や、組織、そしてビジネスや生活の中で活用できることで初めて意味を為します。

ブログや日記など、文章として学んだことに「ログ」をとることが大切です。「読書ノート」「ブログ」「日記帳」などを活用して、学んだことをとにかく書いていく、また、自分の意見を入れる余地があればそこに自分の「所感」も付け足していくとよいでしょう。

「アウトプット」と「インプット」とは?-情報社会で必須の2つのスキル

2016.04.10

 

(4)「入門書」を読む

教養を身に着けるためには、ありとあらゆる書籍に触れることが必要です。スキマの時間、余暇、通勤中など、あらゆる時間を使って本を読みましょう。

「でも、何を読めばいいのかわからない」という方は、まず「書店」に行きます。そして、その書店が特にコーナーを設けている個所においてあるハードカバーや学術文庫、新書の中から、「○○入門」と題されている本を読みます。

そういった分野ごと、または分野横断的な「入門書」というのは、その分野の専門家が執筆しているもの。その分野で社会人が押さえておくべきポイントがカバーされています。

一般教養とは何か?若手社会人が身に着けるべき5つの分野

2016.05.03

 

(5)SNSの最適化

Twitter、Facebook、その他SNSは「趣味」「暇つぶし」として利用している人が多いと思います。でもそこで発想を転換して、教養を得るための情報収集のツールとして活用してみましょう。

たとえばFacebookならば、自分に必要な情報だけをフィード上に乗せるようにカスタマイズすることが可能です。Twitterであれば、自分に必要な情報を流してくれるbot、公式アカウント、著名人や知人などのアカウントを「厳選」してみるといった工夫です。

 

日常的な工夫が教養を得るコツ!

woman-notebook-working-girl

「教養を身に着けたい」とはいっても、それは一朝一夕に行えるものではありません。特に、若手の社会人であるうちは、経験もキャリアもまだまだ少ない状態です。

そのような状況下で教養をコツコツと身に着けていくためには、今回紹介したような日常的な工夫と行動が求められます。教養を身に着け、周囲から一目置かれる存在になりましょう!

 

おすすめ転職サービスTOP3!

転職を検討している人に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 BIZREACH(ビズリーチ)

282da089f277e23916fc8071b26ee6be

ビズリーチの特徴

無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 現在や直近に在籍していた会社にはプロフィールが公開されないので、会社には転職活動がバレたくない方
  • ヘッドハント機能があるので、エグゼクティブ・管理職の方
  • 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト Switch.(スウィッチ)

7a67fa99d48b15242ff903d4f8d04c30

Switch.(スウィッチ)の特徴

Switchはfacebookを活用した日本初の新感覚スカウト転職サイトです。

利用している事が他人にはばれず、企業にfacebook情報は公開されません。
面倒な会員登録もたったの1分!気軽かつ安心に利用出来るサイトとなっています。

採用が決定すると、なんとAmazonギフト券10,000円分がお祝金としてSwitchより贈呈されます!

どんな人にオススメ?

  • 20~40代のフェイスブックアカウントをお持ちの方
  • 利用している事が他人にばれたくない方
  • 小難しい手続きなしに安心して転職活動したい方

3位 リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

スポンサードリンク
kyouyou minitukeru

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH