【頭が働かない】「頭がぼーっとする状態」の原因とすぐ試せる対処法

【頭が働かない】「頭がぼーっとする状態」の原因と改善方法
スポンサードリンク

「頭がぼーっとする」ときって、誰にでもありますよね。

睡眠時間が多く取れたのにも関わらずなかなか集中できなかったり、返事や思考にいつもより時間がかかったり…「私…今頭働いてないな…」と感じることがあります。

頭が働かず集中できないときは、自分の身体を無理に起こそうとするのではなく、原因を突き止め対処法を試していくことが最も大切です。

また、それでも改善しない場合には病院に行く必要があるケースもあるので、注意が必要です。

今回は、その「頭がぼーっとする状態になる原因」「ぼーっとしている状態から抜け出す方法」をご紹介していきます。仕事のパフォーマンス最大化のためにぜひ実践してみましょう!

 

こんな症状がある人は要チェック!「頭が働かない状態」

こんな症状がある人は要チェック!「頭が働かない状態」

 

「頭がぼーっとしている」と感じる人は、下記のような状態に当てはまるのではないでしょうか?

今回の記事では、下記のような状態になっている人向けに対処法をご紹介しています。それぞれの状態について見ていきましょう。

また、場合によっては病気である可能性があります。

病気のケースは記事後半でご紹介していますので、この記事でご紹介していることを実践しても改善しない場合は、ほかの原因を疑いましょう。

 

1 朝起きてから目が覚めるまでに時間がかかる

朝に早く起きる習慣は仕事の都合上身についてはいるものの、起きてから頭がはっきりするまでに時間がかかる方は多いでしょう。

朝起きてからはっきりと意識が持てるときよりも、通勤時間から午前中まで、なんだか起きた心地がしないという感覚に襲われると「頭がぼーっとしている」と感じますよね。

 

2 頭が冴えず仕事のやる気が出ない

作業的なことはある程度できるけど、考えながら取り組まなければ行けない作業や、人と会話をするときに頭が冴えず、いつもどおりの自分らしく行動できない…と感じるパターンがあります。

頭が冴えずいつものパフォーマンスを発揮できないために、「今日の自分はダメだな…」と感じてしまい、やる気やモチベーションも下がってしまうという結果になってしまいます。

単純に睡眠不足である可能性もありますが、精神的に疲れていたり、脳が疲労状態にあることが考えられます。

 

3 頭がぼーっとして作業や仕事に集中できない

何をしていてもとにかく頭がぼーっとしていて、まったく仕事が手に付かないというケースもあります。

また、午前中だけではなく午後までその状態が続くなど、頭が働かない状態がずっと続くパターンも多いです。

いつもなら1時間で終わることが2時間かかったり、同じ時間でこなせるもののなぜか集中できていない気がする…というときは、精神的・身体的に疲労状態にあると考えられます。

 

4 めまいや「頭がふわふわした感覚」に襲われることがある

頭がただぼーっとしていて集中できないだけではなく、頭がふわふわしている状態になったり、めまいの症状がひどくなっているというケースもあります。

1〜3に比べて、めまいやふわふわした感覚になっているときは危険な場合があります。

特に、下記に当てはまるめまいやふわふわ感を感じている方は、「仕事を休む」「病院に行く」ことを最優先にしましょう。

  • 身体がフラフラしておりまともに歩けない
  • 立ちくらみのような状態が続いている/いつもより頻繁に起こる
  • 気が遠くなり倒れそうになる
  • 勝手に身体が揺れたり、フラつく
  • 周囲がぐるぐると回る感覚に襲われる

めまいと言っても、その種類は様々です。

また、頭がふわふわしている感覚に陥っているときは、熱中症や意識障害を疑う必要があります。

めまいや意識が遠のく症状があるが仕事に行かなければいけない…という方でも、最低限友達や家族、同僚にもしものことがあったらすぐに救急車を呼んでもらえるようにするなどの対策が必要です。


では、下記では病気ではなく生活習慣や慢性的な睡眠不足・疲労によって起きる「頭が働かない状態」の原因と解決策を解説していきます。

まずは、原因から探っていきましょう。

 

「頭が働かない状態」の原因とは何か?

「頭が働かない状態」の原因とは何か?

 

「頭が働かない状態」は、健康状態やストレス、その他の生活習慣に大きく影響されて起きることであることが分かります。

頭が働かない理由は、下記の原因に分けることができます。もしあなたに当てはまっている部分があれば、対処法をもとに改善するべきです。

 

1 眠りが浅く二度寝するタイプである/睡眠不足である

「二度寝」は代表的ですが、「脳が覚醒していない状態」が起きやすい生活をしていると、何事に関してもまともに取り組むことができません。

二度寝する人は、休日に「寝すぎてしまう」ということもあるでしょう。

睡眠や起床時間のリズムなどでバランスが悪い生活を続けていると本来出すことのできる一定のパフォーマンスを発揮することができなくなります。

「7時間半」はおおよその人に必要な睡眠時間と言われていますが、時間に対して深い眠りに落ちている時間自体が少ない可能性があります。

睡眠の質が悪い結果、睡眠時間は問題がなくても「ぐっすり眠れていない」ということもあるのです。

睡眠不足が慢性化していると、下記のような症状に陥ります。

  • 8時間以上眠っても前日の疲れが取れないと感じる
  • 朝の目覚めが極端に悪い
  • 睡眠時間は足りているのに日中に眠くなる
  • 「よく寝た」と感じることがない

休日に寝だめしているから大丈夫…という方がいますが、睡眠はまとめて取ることはできず、毎日質の高い睡眠を維持することが大切です。

人は、自分が意識しているよりも睡眠不足によって大きなダメージを負います。

自分でも分かるほどに睡眠不足の症状が分かる状態であるということは、それほど大きなダメージをあなたが負っていることと同じなのです。

 

2 脳のエネルギー不足

私たちの「脳」は「大食いの臓器」と呼ばれます。具体的には、ブドウ糖を1日に120g消費しています。

「脳に栄養を与えよう!」と意識している人はほぼいないと思います。普段はそんなことは考えませんよね。

しかし、きっちりと寝起きをしているのにもかかわらず「ぼーっとする」ことが多い方は、脳のエネルギー、つまり糖質(ブドウ糖など)が足りないことも考えられます。

糖分という言葉には明確な定義がなく、甘いものやごはんなどの、糖質食品を指す曖昧な言葉です。

対して「糖質」とは、炭水化物から食物繊維を除いたものという定義があり、私たちが日々の活動で消費する「エネルギーの元」となっています。

引用:糖質の上手なとり方 – オオツカ・プラスワン

糖質を上手に摂ることによって、頭に使うエネルギー源を確保することができます。

 

3 「脳疲労」が起きて前うつ状態に近くなっている

「悩み」「考えごと」…これらは決して感情的につらいだけではなく、脳の機能にも影響を与えています。

具体的には、脳の「大脳皮質」「大脳旧皮質」が、外部から受け取った情報(悩みや考えごと)の過剰に受け取ることによって、その機能を低下させるのです。

現代は「情報社会」。よって、仕事に限らずプライベートや趣味でも、受け取る情報はたくさんあるでしょう。現代人共通の悩みかもしれませんね。

そういった、悩みや考えごとによる脳の機能低下を「脳疲労」と呼びます。

「根性が足りない」「メンタルが弱い」と感情論で否定されがちなメンタル面の悩みや考えごとですが、実は運動した後身体が疲れるように、脳も疲れを起こすことが分かっています。

また、よくいわれる「うつ」「前うつ」というのも脳疲労と関係しています。脳疲労状態が蓄積すると、「脳不調」という状態に陥ることがあり、これを「前うつ病状態」と呼ぶのです。

そのため、定期的に脳の疲れを癒やすことを考えなければなりません。脳もメンテナンスが必要なのです。

 

4 低血圧によるめまい・高血圧による頭痛

低血圧の体質が原因でめまいを引き起こし「頭がぼーっとする状態」を作っていることがあります。一方、高血圧の場合には頭痛を引き起こす可能性があります。

低血圧・高血圧の場合それぞれについて見ていきましょう。

低血圧のめまい

低血圧の場合、血圧がもともと低いために身体が疲れやすく、ふらついたり意識が遠のいたり…といった心身の不調をきたしてしまうことが多いです。

これは、何となくイメージがつく話ですよね。

特に、夏の暑い日に外回りをしているときや、室内に熱がこもり暑いときは、低血圧の人にとって「頭がぼーっとする状態」を引き起こす原因になります。

また、低血圧の方の中にも個人差によって様々な症状が出てきます。具体的には、下記のような症状です。

  • 肩こり・頭痛
  • 耳鳴り
  • 冷え・むくみ
  • 立ちくらみ
  • めまい
  • 動悸が激しくなる
  • 目の前が暗くなる
  • 身体が全体的にだるい
  • お昼ごはんを食べたあとや運動したあとに血の気がひく

このような症状が続いていると、頭がぼーっとしているのと同じ感覚になります。

高血圧の頭痛

高血圧の場合、低血圧のケースよりもはっきりと症状が分かります。頭がぼーっとするだけではなく、頭痛が伴う場合には、血圧が高いことによる頭が働かない状態になりがちです。

すでに高血圧であると診断されている方であれば、風邪を引いていたり、身体的な疲労が溜まっているときに、頭痛が引き起こされる場合があります。

このように、低血圧・高血圧と身体的な特徴・性質がもとになって頭が働かなくなることもあるため、注意が必要です。

 

5 頭痛・肩こりなどの身体の不調

低血圧や高血圧とは関係のない頭痛や肩こりなど首周辺の不調が原因で頭が働かなくなるときもあります。

人の頭は体重の10分の1の重さがあり、デスクワークが多い人や長時間同じ姿勢で作業する仕事についている方は、こういった首・頭の重さに耐えられなくなり、筋肉に痛みを感じてしまうことがあります。

また、頭がふわふわするとうケースでも同様です。

長時間スマホゲームをしているなど、長時間肩周りに疲労が溜まっていく状態をキープしていると、当日や翌日に肩こりとなって現れます。

その結果、肩周りの筋肉にある欠陥が収縮してしまい、脳が酸欠を起こすのです。


さて、「脳が働かない原因」についてみてきました。(1)~(3)のどれかに当てはまっていれば、「頭が働かなくなる条件」がそろっていることになります。

では次に、頭が働かない状態を改善する方法をご紹介します。

スポンサードリンク
【頭が働かない】「頭がぼーっとする状態」の原因と改善方法

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。