【頭が働かない】「頭がぼーっとする状態」の原因と改善方法

スポンサードリンク

「頭がぼーっとする」ときって、誰にでもありますよね。

睡眠時間が多く取れたのにも関わらずなかなか集中できなかったり、返事や思考にいつもより時間がかかったり…「私…今頭働いてないな…」と感じることがあります。

今回は、その「頭がぼーっとする状態になる原因」「ぼーっとしている状態から抜け出す方法」をご紹介していきます。パフォーマンス最大化のためにぜひ実践してみましょう!

 

「頭が働かない状態」の原因とは

 

「頭が働かない状態」は、健康状態やストレス、その他生活習慣に大きく影響されて起きることです。

大別すると、下記の原因に分けることができます。もしあなたに当てはまっている部分があれば、改善するべきでしょう。

 

(1)二度寝するタイプである

clock-997589_640

「二度寝」は代表的ですが、要するに「脳が覚醒していない状態」が起きやすい生活をしていると、何事に関してもまともに取り組むことができません。

二度寝する人は、休日に「寝すぎてしまう」ということもあるでしょう。睡眠や起床時間のリズムなどでバランスが悪い生活を続けていると、一定のパフォーマンスを発揮することができなくなります。

 

(2)脳のエネルギー不足

light-bulb-503881_640

私たちの「脳」は、「大食いの臓器」と呼ばれます。具体的には、ブドウ糖を1日に120g消費しています。

「脳に栄養を与えよう!」と意識している人はほぼいないと思います。普段はそんなことは考えませんよね。

しかし、きっちりと寝起きをしているのにもかかわらず、「ぼーっとする」ことが多い方は、脳のエネルギー、つまりブドウ糖が足りないと考えられます。

 

(3)「脳疲労」が起きている

work-1015501_640

「悩み」「考えごと」…これらは決して感情的につらいだけではなく、脳の機能にも影響を与えています。

具体的には、脳の「大脳皮質」「大脳旧皮質」が、外部から受け取った情報(悩みや考えごと)の過多によってその機能を低下させるのです。

現代は「情報社会」。よって、シゴトに限らずプライベートや趣味でも、受け取る情報はたくさんあるでしょう。現代人共通の悩みかもしれませんね。
さて、「脳が働かない原因」についてみてきました。(1)~(3)のどれかに当てはまっていれば、「頭が働かなくなる条件」がそろっていることになります。

では次に、頭が働かない状態を改善する方法をご紹介します。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。