就活だけでは足りない?就活生が知るべき社会で求められる3つの大切なこと

gori0I9A3007072101709_TP_V
スポンサードリンク

「就職活動」という範囲で「はたらくこと」を考えていませんか?

社会にまだ出たことのない学生は、「はたらく」ということに対して実感を持てません。それはある程度仕方のないことなのですが、「就活」という視点からだけ「はたらくこと」を考えていると、シゴトに対する価値観はせまいものになってしまいます。

人生の多くの時間を「はたらく」という行為に費やすのに、価値観がせまければ将来のキャリアデザインやキャリアアップの機会、人生設計にも大きな悪い影響を及ぼしかねません。

そこで今回は、「社会でビジネスパーソンに求められる大切なこと」を3つご紹介します。就活がもう既に終わっている方も、これから頑張る方も今回ご紹介することを知っておくことは、「はたらく」ことのイメージを明確にしていない学生にとって、大きな学びになります。

 

社会で求められる3つの大切なこと

 

(1)「スキル」

-shared-img-thumb-PAK86_codeing20140517_TP_V

新卒入社の場合、基本的に「即戦力」になることは不可能です。

そもそも、「即戦力」を求めるのであれば「経験者」を採用するはずですね。実際に、転職者向けのサービスでは、「中途採用の条件」にスキルや経験の有無で当然ふるいにかけられます。

ここで皆さんにお伝えしたいのは、「学生時代に培ったスキルが大切だ!」ということではありません。就職活動間際にそんなことを言われても仕方がありませんよね。そうではなく、「スキルの重要性」を認識するということが、一つ目の「大切なこと」なのです。

将来への不安は誰もが持つものです。そして将来何が起こるかは「原理的に予測不可能」です。そんな社会ではたらかなくてはならないこれからのビジネスパーソンには、「スキルの重要性」を知ること、そして絶えず「自分に求められているスキルは何か?」を問い続けること。

もしあなたがまだ就職先に悩んでいるのなら、「成長したいから」という抽象的な目的だけで働く場所を選ぶのではなく、「どんなスキルを得たいか?」をよくよく考えて選びましょう。

また、現代はどんな「転職」サービスで、どんなスキルが求められているのかを調べておくことも重要です。「PARAFT」「NewsPicks」など、転職サービスを展開しているメディアを観て、その概観をつかんでおくこともスキルを知るうえで有用です。

 

(2)ビジョン

eyeglasses-933384_640

学生の皆さんは「企業理念」に共感して、働く場所を決めますね。

就職活動で、自分が「働きたい!」と思った企業には、自分が共感できる「ビジョン」「企業理念」「コーポレートアイデンティティ」があります。

しかし、本当に重要なのは「個人のビジョン」をしっかりと明確にしておくことです。個人のビジョンが明確でなければ、そもそも企業の理念に共感するための基準があいまいなものになってしまい、「間違った場所」を選んでしまいかねません。

具体的に個人のビジョンを明確にすることは難しいと感じると思いますが、まずは「自分がやりたくないこと」を明確にすることから始めてみましょう。これなら消去法で自分の方向性が明確になっていきます。「自分がどういう性格や資質を持つ人か?」を分析する「自己分析」や業界研究も重要ですが、それと同時に「自分がやりたくない!」ということから自分を理解する手法も有用です。

また、大手企業の有名な企業理念を読んでみて、それと自分のビジョンを比較しながら考えていくのも効果があります。たとえば下記記事のような「理念まとめ」を読んでみるのも一種の方法です。

参照サイト:世界の企業理念・経営理念まとめ!強い理念が強い組織をつくる-LIG inc.

 

(3)コミュニティ

interview-1018333_640

https://pixabay.com/

最後の「大切なこと」です。それは「コミュニティ」。

ここでいう「コミュニティ」とは、「自分にあう人間関係がある環境であるかどうか?」というもの。誰だって、自分と性格が合わない、仕事の仕方が合わない人と一緒にはたらきたくはないですよね。

もちろん、ある程度耐える忍耐力を持つことも重要ですが、「自分がやりたいこと」「望むこと」をすべて投げ捨ててしまう状況はなるべく避けたいものです。

そのためには、なるべく事前に「自分が入りたい企業」の人と会うか、もしくは、面接時にしっかりと見極めることが重要です。面接というと「内定をもらうために」という姿勢が先行してしまいがちですが、そこで臆せずに「自分はこの企業に入るべきかどうか?」という視座を持つことが重要です。

転職の際にも、そういった「コミュニティ選び」は重要です。将来のキャリアのためにも、今のうちからトライするべきであるといえます。

(参照サイト:「どこで働くか」よりも「誰と働くか」が転職先企業を選ぶ上で重要!-転職ノウハウ.com

 

まとめ

man-notebook-notes-macbook

就職活動となると、自分の可能性に向き合う機会が訪れる一方で、どうしても「視野が狭くなる」ことが多いのが実態です。

今回ご紹介した3つの「大切なこと」を基本に据えておけば、学生のうちからビジネスパーソンとしての「掟」をしっかりと踏襲することができます。

「はたらくこと」をより広い視野でみつめるために、そして将来まで活かせる思考を維持するために。今回の大切なことを明日から実践に移していきましょう。

 

おすすめ!就活サービス

自分にあった企業探しを進めましょう。今回は中でもおすすめの就活サービスをご紹介します!

人事と、肉を食べる就活。『ニクリーチ』

人事の方とお肉を一緒に食べることで、打ち解けた雰囲気で、企業研究をすることができる『ニクリーチ』

https://29reach.com/

『ニクリーチ』の特徴

『ニクリーチ』は、企業の人事とお肉を一緒に食べに行くことで、打ち解けた雰囲気で企業研究をすることができる画期的なサービス。

プロフィールを登録し企業から「スカウト」されることで、カンタンに話を聞きにいくことができます。

どんな人にオススメ?

・通常の就活サービス以外に、効果的な企業研究がしたい学生の方。

・外資系やベンチャー企業の人とキャリアや仕事のことについて話をしたい学生の方。

・とにかくお腹が空いている学生の方(ハングリーさはとても大切です)

最短一週間で内定!『就活ドラフト』

就活ドラフト

https://shukatsu-draft.com/lp_a8/

『就活ドラフト』の特徴

『就活ドラフト』は、最短一週間で内定を獲得できる就活サービス。

登録後、担当のキャリアコンサルタントへ希望する職種・業種を伝えることで、自らの希望に沿った提案をしてもらうことができます。また、就活ドラフトを通した選考は「特別選考」と呼ばれ、通常の選考よりも短期で結果のわかる点が特徴的です。

どんな人にオススメ?

・希望する職種や業種がある程度定まっている方。

・専門のキャリアコンサルタントに就活のサポートをしてもらいたい方。

・とにかくスピード重視で内定がほしい方。

スポンサードリンク
gori0I9A3007072101709_TP_V

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH