後悔しないために!大学生活中にやるべき4つの経験集

スポンサードリンク

学生生活は「様々な経験を積める絶好の機会」です。まだ社会に出ていない学生が様々な経験を積むことは、社会から求められることでもあり、また、「知識」「経験」を積み将来を考える重要な材料になります。

そこで今回はキャリア形成の観点から、「学生生活中にやっておきたい4つの経験」をご紹介します。それぞれ、理由と具体的な行動について説明していきます。

 

(1)読書

https://www.pakutaso.com/

https://www.pakutaso.com/

なぜ本を読むべきなのか?

読書によって「情報」を得た後に、その情報をもとに実際に経験をすることで情報は「知識」になります。裏を返すと、「情報」を得ないと、「経験」する意味が半減してしまいます。読書による追体験が、私たちが学生生活すべての時間をかけても得られないほどの情報を与えてくれます。

 

具体的にどうするべきか?

「読書習慣をみにつけること」「読書以外のこと」をすることの2つです。

「読書習慣」を身につけるためには、「期限を決めて1冊の本を読む」ことから初めてみましょう。最初から高い目標を設定することは避けるべきです。毎日の少しずつの積み重ねが、あなたに膨大な量の情報を与えてくれます。

「読書以外のこと」は、これから紹介する(2)~(4)が当てはまります。読書で得た情報を活かし知識化するためにも、下記(2)~(4)を見ていきましょう。

 

(2)インターン

https://pixabay.com/

https://pixabay.com/

なぜ、インターンをするべきなのか?

インターンは、「社会に出る前から社会経験を積むため」に必要であるからです。学生生活中は、大学生という特権を持っていると考えるのが重要です。様々なインターンに参加し、実践的なチカラを身につけることが、自分の将来を考えるときにも大いに役立ちます。

 

具体的にどうするべきか?

大学2~3年でも参加可能なインターンも現在では多く存在します。もはや「就活の準備」という考えは通用しません。「実践的なチカラ」を身につけ、経験によって具体的な知識を得るためにインターンに参加しましょう。

「JEEK」やインターン情報掲載サイトを活用して、インターンを探してみましょう。

 

(3)コミュニティづくり

https://www.pakutaso.com/

https://www.pakutaso.com/

なぜコミュニティづくりをすべきなのか?

読書やインターンなど、自分のために何かをすることは重要ですが、それと同時に大事なのはやはり「コミュニティづくり」です。具体的には、サークル活動や委員会活動、NPO、任意団体などで活動することです。

誰かと協働し、目的や成果に向かって何かを達成する。そういう意味合いで「コミュニティづくり」が重要です。また、そこでの出会いは必ず学生生活をより楽しく刺激的なものにします。

 

具体的にどうするべきか?

「仲の良い友人がいるから」「惰性で続ける」ことのないように、そのコミュニティの目的や目標、活動内容をしっかりと見極めて選ぶことが重要です。基準としては、「自分はここにいるべきかどうか?」という冷静な視点を持つことが重要です。それは結局、将来のシゴトやキャリア形成のために必要な視点になります。

 

(4)大人と話す機会を設ける

https://www.pakutaso.com/

https://www.pakutaso.com/

なぜ大人と話す機会を設けるべきなのか?

身近な人、(3)コミュニティづくり でお世話になった大人など、社会で活躍する大人に話を聞くことは、学生のうちから「社会を知る」ことの最も簡単で効果的な方法といえるでしょう。

いくら情報収集に余念がなくても、実際に社会に出てからでなければ「経験」できないことは多くあります。インターンによって、それら実践的なチカラを体験することはできますが、それを「毎日」「リスクを背負いながら」している大人の話を聞くことで、学生中から社会を「想定した」思考、行動が可能になります。

 

具体的にどうするべきなのか?

サークル活動などの課外活動でお会いできた方や、インターンでお世話になった方などに直接アポイントを取って「聞きたいこと」を聞くことが重要です。必ずOKがもらえることはありませんが、それでもなお「自分でアポイントをとって話を聞きに行く」ことは、キャリア形成のうえで「行動力」としてはたらきます。

また、「Wantedly」というサービスは、「気になる会社」の方に直接会える方法として最適です。自分の将来を考えるために積極的に話をしに行きましょう。

 

まとめ-経験こそが将来を作る

pexels-photo-55660

学生生活中にやっておきたい4つの経験…いかがでしたか?

どれもすぐ行動するには少しハードルが高いと感じることが多いものだと思います。しかしそれでも、必ず大学生活中にこれらの経験を積んでおくことは、将来のキャリアをよりよいものにすることは間違いありません。

この記事が参考になり、積極的な「経験」を積めることを願っております。Let’s try!!!

 

おすすめ!就活サービス

自分にあった企業探しを進めましょう。今回は中でもおすすめの就活サービスをご紹介します!

人事と、肉を食べる就活。『ニクリーチ』

人事の方とお肉を一緒に食べることで、打ち解けた雰囲気で、企業研究をすることができる『ニクリーチ』

https://29reach.com/

『ニクリーチ』の特徴

『ニクリーチ』は、企業の人事とお肉を一緒に食べに行くことで、打ち解けた雰囲気で企業研究をすることができる画期的なサービス。

プロフィールを登録し企業から「スカウト」されることで、カンタンに話を聞きにいくことができます。

どんな人にオススメ?

・通常の就活サービス以外に、効果的な企業研究がしたい学生の方。

・外資系やベンチャー企業の人とキャリアや仕事のことについて話をしたい学生の方。

・とにかくお腹が空いている学生の方(ハングリーさはとても大切です)

最短一週間で内定!『就活ドラフト』

就活ドラフト

https://shukatsu-draft.com/lp_a8/

『就活ドラフト』の特徴

『就活ドラフト』は、最短一週間で内定を獲得できる就活サービス。

登録後、担当のキャリアコンサルタントへ希望する職種・業種を伝えることで、自らの希望に沿った提案をしてもらうことができます。また、就活ドラフトを通した選考は「特別選考」と呼ばれ、通常の選考よりも短期で結果のわかる点が特徴的です。

どんな人にオススメ?

・希望する職種や業種がある程度定まっている方。

・専門のキャリアコンサルタントに就活のサポートをしてもらいたい方。

・とにかくスピード重視で内定がほしい方。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。