【効率アップ】いつもの学習に「目的」を持たせよう!

学習に「目的意識」を持つ4つの方法
スポンサードリンク
リクナビNEXT ネクス子
学習に「目的意識」を持つ4つの方法

 

学生の方なら、現在所属している学部での学習のほか、自分の興味のある分野についての学習や、資格取得のための学習など、様々な学習をするでしょう。

ビジネスパーソンの方ならば、具体的に今している仕事についての知識・情報・経験を含めた、あらゆる学習をします。

学習は、生きていくうえで、また、キャリア形成のうえで重要な習慣です。しかし、学習自体が「手段」であるのにも関わらず、切羽詰まってしまうと学習の”作業”自体が目的化してしまうということもあります。

そこで、そうならないための、「本当の学習への目的意識」というポイントを今回のコラムでは取り扱います。今回のコラムを読むことで、「学習」はより生産的、効率的なものになります。

 

 

「手段の目的化」に注意!

 

さて、では「学習」の目的とはどのようなものでしょうか?

学習方法には、様々なものがあります。たとえば、資格勉強や試験勉強のためには、「青ペン学習法」「ノートに要約する」など、たくさんありますよね。

しかし、そういった学習方法というのは、あくまで「学習をして得たいもの」のための手段にすぎません。それをしっかりと理解していないと、「ノートをきれいに書く」「まとめを丁寧にする」といった、「手段の目的化」になってしまいます。

それはビジネスパーソンの経験や、実務における学習も同様です。具体的な仕事ができること自体が目的の場合もありますが、「その仕事を覚えることで、何が達成できるか?」という高度な目的意識を持たないと、さきほどの資格勉強や試験勉強における「手段の目的化」と同じようなことが起きてしまうのです。

 

 

「学習」の目的-目的の設定をする4つの方法

 

では、学習の目的は、どのように見定めていく必要があるのでしょうか?

学習の目的を設定することで、学習自体の効率があがることはもちろん、それを「実際に活かす」際にも大きな効果があります。そのために、目的をしっかりと決めておくことは大変重要なことです。学生が学ぶ学問も、ビジネスパーソンが学ぶ知識も、以下の4つを軸とした目的設定をしてみましょう。

 

(1)何者になりたいのか?

その知識を学習することで、自分は何になりたいのかを考えます。ざっくりと、この分野や、学問、知識を学び、自分がどのような「人物」になりたいのかを明確にする必要があります。そのためには、「ロールモデル」を見つけるのがいいでしょう。

自分はこの人のようになりたい!」という明確な道筋があれば、自然と学ぶことに対する目的意識が芽生えます。

 

(2)何に必要なのか?

自分が学ぶことは、いったい何に必要なのかを考えます。福沢諭吉『学問のすすめ』では、「実益を生まないような学問は後にしておいて、もっぱら専念すべきは人間の日用生活に有用な実学である。」と述べられていますが、高度化・専門化した現代社会においては、「一見役に立たない知識・情報・経験」をいかにうまく活用できるかが重要です。

ですから、自分の「現在」「未来」という広い視点から、漠然としたイメージとしてでもよいので、「今学んでいることは、○○に役立つ!」という考えを持っておくことが重要です。

 

(3)なぜこの分野・方法なのか?

学んでいるものが具体的なものであればあるほど、学習する方法は「固定化」していきます。たとえば、資格の学習ですと、何か一つの参考書を選び勉強を進めるという方法が通常の学習方法になります。

それは決して悪いことではありませんが、ありとあらゆる学習方法の中で「これが最も効率的である!」と思える方法で学習を進めることが重要です。「今の学び方で、きちんと学べるのか?」ということをしっかりと考えたうえで、学習を進めましょう。

 

(4)期間はどのくらいか?

経営学者のドラッカーは、「期間を決めて、その間に”新しい分野”を学ぶ」ことを勧めています。このように、期間を決めて様々な分野の情報・知識の習得を目指すことはとても効率的です。

仕事上の都合やスケジュールなど、様々な要因があるので、一概に「期間中におこなう」ことを是とするわけではありません。しかし、「このくらいの期間までに、ここまで学ぶ」というラインを、自分なりに決めておいて、スケジュール帳に書き込むだけでも、モチベーションはまったく違ったものになります。

 

 

「学習」は目的意識を持つところから

 

今回は、「学習」に関する目的意識を持つための4つの方法を紹介しました。学習は、学生のみならず、ビジネスパーソンにとっても必要な「生涯続く知的作業」です。

また、「自分に足りないもの」を判断するために、学習を継続しておくことも大変重要です。学習をうまく進めるために、今回ご紹介した方法を実践していきましょう!

 

 

おすすめ転職サービスTOP3!

転職を検討している人に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 BIZREACH(ビズリーチ)

282da089f277e23916fc8071b26ee6be

ビズリーチの特徴

無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 現在や直近に在籍していた会社にはプロフィールが公開されないので、会社には転職活動がバレたくない方
  • ヘッドハント機能があるので、エグゼクティブ・管理職の方
  • 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト Switch.(スウィッチ)

7a67fa99d48b15242ff903d4f8d04c30

Switch.(スウィッチ)の特徴

Switchはfacebookを活用した日本初の新感覚スカウト転職サイトです。

利用している事が他人にはばれず、企業にfacebook情報は公開されません。
面倒な会員登録もたったの1分!気軽かつ安心に利用出来るサイトとなっています。

採用が決定すると、なんとAmazonギフト券10,000円分がお祝金としてSwitchより贈呈されます!

どんな人にオススメ?

  • 20~40代のフェイスブックアカウントをお持ちの方
  • 利用している事が他人にばれたくない方
  • 小難しい手続きなしに安心して転職活動したい方

3位 社会人のための転職サイト リクナビNEXT

b7341c1bcf8664d40ec43c96d92b20cd

リクナビNEXTの特徴

ご存知リクルートが運営する転職、中途採用、求人情報サイトです。
豊富な新着求人、スカウト、ITエンジニア専用の転職サイトもあります。

どんな人にオススメ?

  • 幅広い職種を検討している方
  • 自己分析などの幅広い支援が欲しい方
スポンサードリンク
BIZREACH
BIZREACH
学習に「目的意識」を持つ4つの方法

この記事を好きなツールでストックしよう↓

社会人のための転職サイト【リクナビNEXT】

リクルートが運営する転職、中途採用、求人情報サイトです。 豊富な新着求人、スカウト、ITエンジニア専用の転職サイトもあります。
グッドポイント