肯定的な人の特徴とは|意見や使う表現が否定的な人の克服法もご紹介

肯定的な人の特徴とは|意見や使う表現が否定的な人の克服法もご紹介
スポンサードリンク

肯定的な人は人当たりがよく他人に配慮できるという良い面ばかりが注目されますが、仕事や日常生活でも様々なメリットがある性格の持ち主と言えます。

たとえば、会議で誰かが意見を皆の前で発表したとき、肯定的な人がいれば話しやすく、建設的な議論もしやすいですよね。

誰もが肯定的であることを心がければ、他人とのコミュニケーションを上手に構築することができますし、無意識のうちに誰かを傷つけてしまうこともありません。

そこで今回は、肯定的な人の特徴を解説した後に、肯定的な人になるために実践すべきことをご紹介しています。

肯定的な人物を目指すことで、仕事だけではなく様々な側面の人間関係が円滑になるでしょう。ぜひ参考にしてください。

「肯定的」とはどういう意味なのか?

「肯定的」とはどういう意味なのか?

肯定的な人の特徴を見ていく前にチェックしておくべきこと。それは、「そもそも『肯定的』とはどのような意味を持つ言葉なのか?」を知ることではないでしょうか。

肯定的な意味を履き違えると、理想とする姿と現実の自分に大きな差が生まれてしまいます。たとえば、肯定的な人を目指していたのに、ただ「自分の意見を持っていない人」と思われてしまうのは避けたいはず。

そこでまずは「肯定的」の意味自体を再確認しておきましょう。

コトバンクから引用すると、肯定的とは「そのとおりであると同意するさま」を表す態度のことです。

[形動]そのとおりであると同意するさま。積極的に認めるさま。「原案に肯定的な意見が多い」⇔否定的。

引用:肯定的 – コトバンク

物事を肯定的に捉えるとは、物事の負の側面やデメリットを理解しつつも、まずは認め頷ける姿勢のことを指します。

 

肯定的の類語

「肯定的」という言葉だけだと「肯定的な人」と表現してもどんな人なのかが分かりづらいかもしれません。そういうときは、肯定的に似ている類義語をチェックします。

肯定的という言葉を言い換えるとするなら、下記のような言葉がふさわしいでしょう。

  • 楽観的/楽天的
  • ポジティブ思考
  • プラス思考(志向)
  • 前向きな姿勢

つまり、物事を否定せず、良い側面やポジティブな部分をしっかり受け止める姿勢や態度、考え方全般を表すのが「肯定的」の意味なのです。

「肯定する」とは、「積極的に(物事の)意義を認めること」とされています。そのことから、そのような姿勢や態度を取る場合には「肯定的である」と表現することができます。

 

肯定的の対義語

さて、肯定的であることの対義語を示すなら、それは単純明快な一つの言葉になります。それは「否定的」という言葉です。

たとえば、あなたが友人に対して「○○に挑戦しようと思っている」と相談したとします。

このとき「それは失敗するから止めておいたほうが良いと思う」「君にできるはずがない」などと言われてしまう場合、その友人は”否定的である”と言えるでしょう。

否定的であることは必ずしも悪いことではありませんが、何事にも否定的な意見しか言わないタイプの人には要注意です。

あなたが何かに挑戦したいと思い、誰かに相談するときには「負の側面をきちんとアドバイスしてくれる否定的な人」と「なんでも認めてくれる肯定的な人」の両方に相談することをおすすめします。

そうすることで、リスクや危険性とうまくいくためのポジティブな考えの両方を学ぶことができるでしょう。

 

肯定的の英語

肯定的であるという言葉は、英語では「肯定的(affirmative)」「肯定的に(Affirmatively)」と表現されます。

アファーマティブという単語はそれほど多用される言葉ではありませんが、関連する言葉としては「アファーマティブ・アクション(積極的差別是正措置)」というものがあります。

あくまで余談ですが、アファーマティブ・アクションは「歴史的・社会環境的に差別されやすい民族・人種や出自の方々に向け、進学、就職や昇進などで特別な優遇制度を設ける措置」のこと。

日本語では、このアファーマティブ・アクションを「肯定的差別」と翻訳せず、「積極的格差是正措置」と約されています。


ここまで、肯定的の意味について確認してきました。肯定的な人は、「物事をポジティブに受け入れることができる人物である」とまとめることができます。

では、肯定的な人には具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

 

肯定的な人の特徴とは?

肯定的な人の特徴

 

肯定的な人の特徴として挙げられるのは下記の5つです。あなた自身や周りの「肯定的な人」に当てはまるかをチェックしながら見ていくと、より学び深いでしょう。

 

1 物事のポジティブな面や良い側面を見ることに長けている

肯定的な人は、物事をポジティブに見る能力に長けています。

同じことでも、肯定的な人は物事の受け止め方が異なります。

たとえば、「失敗する確率が50%のチャレンジをする」と考えてみましょう。あなたが独立し起業する、恋人にプロポーズする…など、失敗する可能性があることは様々ありますよね。

そういう、失敗と成功の可能性が半々である物事に対して、肯定的な人は「50%も成功確率があるなら挑戦するべきだ」とポジティブな側面をとらえて発言するでしょう。

もちろん、肯定的に受け止めるだけでは成功確率が上がるわけではありません。そのため、実際に成功確率を上げるためにはあなたの工夫や努力が必要です。

しかし、なにかに挑戦するときに、肯定的で楽観的な人が後ろ盾を与えてくれることは多いものです。身近にそんな人がいれば、精神的にも楽になること間違いありません。

 

2 人当たりがよく配慮ができる

肯定的な人は、会議の場や話し合いの席で相手の意見や発言を肯定するだけではなく、日常生活や仕事の現場でも人当たりが良い人が多いのではないでしょうか。

肯定的であるということは、他人の行動や考え方を冷静に受け止められるということでもあります。

また、少し自分の思い通りに動かないからといって、他人に無理強いしたり怒ったりすることも少ないのです。

そのため、肯定的な人には「相談しやすい雰囲気」が出てきます。

「あの人に放したら受け止めてもらえるだろう」という安心感や信頼感が強いのも、肯定的な人の特徴です。

 

3 協調性してチーム単位で働くことが得意

肯定的な人は、協調性を備えている人も多いです。協調性とは、物事を他人と協力して進めることができる性質のことで、仕事現場では必ず必要になるスキルですよね。

肯定的な人は、基本的に相手の考えや行動を受け入れ、そのうえで自分の意見を伝えることができます。そのため、相手と折り合いを付けて行動することができます。

チーム単位で仕事をしているときは、賛成意見と反対意見は必ず別れるものです。しかし、酸性にしろ反対にしろ、一度チームで決定したことは最後までポジティブにやり抜くことが大切です。

メンバーに肯定的な人がいれば、たとえ自らの意見とは異なる結果になったとしてもそれを受け入れる雰囲気を作ることができます。

 

4 アドバイスやフィードバックなどの意見を聴く姿勢がある

他人からのアドバイスや、フォードバック(例:次はもっとこうしたほうが良いなどの振り返り)を上司や同僚、先輩からしてもらうときの姿勢の良さも、肯定的な人の特徴です。

誰かから受け取るアドバイスやフィードバックは、聞いていて嫌な気持ちになってしまうことも含まれています。

たとえば、あなたが最大限努力しているつもりでも「もっとこうするべきだ」「もっと上手くできるはずだ」と言われれば、ムッとしてしまうことでしょう。

肯定的な人は、一時的には嫌な気持ちを抱くことはあっても、それを引きずって「自分はこのままで良い」「間違っているのは相手の方だ」と他人の意見を曲げて理解しようとしません。

言われたことや指摘されたことをそのまま肯定し、自分の反省材料にすることができます。

 

5 物事に対して否定的な態度を取らない

「否定的な人だな」と感じる一番の要素は、誰かが意見をいったとき「でも…」「どうせ…」「いや…」といった否定形から入らない人物ではないでしょうか?

逆に、肯定的な人は「それいいね」「なるほど」「たしかに」などと、一度相手の意見を受け止める姿勢を保ちます。

日常生活や仕事で接する人との会話を思い出してみると、おおよそどちらかにはっきり分かれるのではないでしょうか?

物事に対して否定的な態度や言葉から入らない人は、それだけで十分肯定的です。


ここまで、肯定的な人の特徴を5つに分けてご紹介してきました。

肯定的な人の特徴はほかにも様々なものがありますが、おおよそビジネスシーンや日常生活で垣間見える肯定的な人の特徴をとらえているものです。

肯定的な人物になるためには、「否定的な人」であることを辞めれば良いだけなのですが、実際に否定から入るくせがついてしまっているとなかなか難しいことでもあります。

次は、否定的な人が肯定的な人になるために実践すべき克服法をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

否定的な人から肯定的になりたい人が実践すべき克服法

否定的な人から肯定的になりたい人が実践すべき克服法

 

「自分はどちらかというと否定的な人だ」と感じる方であっても、それほど悲観的になる必要はありません。物事を批判的に見るクリティカルシンキングも、ときには重要なことだからです。

しかし、通常は肯定的な人として振る舞えるようにしておき、大切な局面ではあえて否定的な態度を取るなど、ケースや状況によって使い分けができればもっと良いですよね。

次の克服法を参考に「肯定的な人」を目指していきましょう。

 

1 否定の言葉で会話を始めないように意識する

否定的な人が最初にやるべきことは「否定の言葉から会話を始めない」ということです。

たとえば、あなたが意見を求められたときは、ついいつものくせで「でも…」と否定の言葉から発言してしまうはずですが、それを意識的に止めてみます。

意識的に止めるべき言葉は下記の通りです。

  • でも
  • 結局
  • どうせ
  • 無理
  • 不可能
  • 絶対〜ない

ほとんどの場合「でも…」は無意識に口癖になっていて、特に否定の言葉を使わなくても良いことが多いのです。

日々の中で使ってしまっている「否定の言葉」を使わずに、自分の考えや意見を話せるように意識しましょう。

 

2 相手や物事の良いところを見つける

肯定的な人の特徴には、物事のポジティブな側面を見つけることに長けているというものがありました。

対象が物事であっても、人への印象であっても、ポジティブな側面を即座に見つける訓練をすることで、肯定的な人になれるチャンスが大きくなります。

たとえば、「諦めが悪い性格の持ち主」をイメージしてみましょう。この人を悪いところは、「物事の引き際を考えず、状況を悪化させる人」と言い換えることができます。

ただ、良いところを見るとどうでしょうか。諦めが悪いということは「チャレンジ精神が旺盛である」「粘り強さがある」と言い換えることができます。

このように、同じ物事であっても見方を変える、言い方を変えるだけでポジティブに変換することができるようになります。

悪いと感じる側面でも、それが良い結果をもたらす要素になるのではないか、実はプラスの側面があるのではないかと一度立ち止まって考えることで、肯定的な考え方が馴染んでくるでしょう。

 

3 対案を示す

否定形から入る人は、基本的に人からの評価や評判があまり良くありません。逆に、肯定的な人は馴染みやすく、他人からの評価も高いことが多いです。

その大きな理由としては、「対案を示す」という行為にあります。

物事を肯定的に受け止める人は、「自分がそれをやるとしたら何ができるか?」と、できることや実現可能なことを考え始めます。

否定的な人は「それは無理だ」という考えで立ち止まってしまい、思考停止してしまうことも多いです。

結果として、「あの人は否定ばかりするが、自分では何もしない人だ」というレッテルを貼られてしまうことになるのです。

それを避けるために、たとえ否定的・批判的な言動をするとしても、必ず対案を示すように意識してみましょう。

「○○には反対だが、代わりに△△の方法はどうか?」と示すことができれば、人からの信頼を得ることもできるようになるでしょう。

 

4 肯定的な表現を身につける

肯定的な人は、他人の意見をすべて受け入れてしまう「イエスマン」とは異なります。物事の良い側面をしっかり認識し、捉えることができる点に魅力があります。

物事の良い側面を捉えるためには、これまでご紹介してきたことを実践していくことが大切ですが、それだけではなく、「肯定的な表現」を身につけることも重要です。

肯定的な表現とは、下記のようなものです。

  • 不可能である→成功確率が低いので根拠となるデータが必要だ
  • 絶対にできない→現時点では難しいと思うが、できるようにするために○○があると良い。
  • 無理だ→気持ちは分かるが論理的な説明が足りないので補強するべきだ

これまで紹介した「物事の良いところを見つける」「対案を示す」でも言えることですが、肯定的になるためには、「前向きな姿勢をいかに伝えることができるか?」が重要になります。

たとえ相手の意見をすべて受け入れるわけではないにしても、否定の言葉の次に何が足りないのかを示すことを意識します。

そのうえで、自分には何ができるのかを伝えることを意識すれば、肯定的に物事を受け止めることができるようになりますし、他人からの評価も高くなるでしょう。

 

まとめ|肯定的になれば人間関係も円滑に進む

まとめ|肯定的になれば人間関係も円滑に進む

今回は「肯定的とは何か?」から始まり、肯定的な人の特徴と、否定的な人が肯定的になるための実践方法をご紹介してきました。

物事や相手の意見を肯定的に受け止めるためには、一朝一夕の工夫だけでは足りません。日々の仕事、生活の中で否定形の言葉を使うのを止めるとともに、肯定的な表現と態度を意識していくことが重要です。

肯定的な人物になれば、人当たりがよく相談や会話をしやすい人物になることができます。周りにいる肯定的な人を参考に、それを真似してみるのも良いかもしれませんね。

 

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

 

ここでは、今の職場や待遇、働き方に不満を抱いている方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

転職活動というと、下記のようなイメージがあるのではないでしょうか?

  1. 「失業リスクがある」
  2. 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」
  3. 「転職すると給料が下がる」
  4. 「新しい環境に慣れるのが大変そう」

しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。

 

1 転職活動に失業リスクはない!

転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。

一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。しかし、それは”間違い”です。

大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。

20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。

引用:年代別の転職回数と採用実態 – リクナビNEXT

20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。

つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。

ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。

 

理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」

人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。

2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18.6%)が「減る」(4.0%)を大きく上回っている。

引用:中途採用調査 – リクルートワークス

つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に活発に採用活動が行われていることを示しています。

 

理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」

転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。

しかし、その点についても心配いりません。今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。

たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。

  • 求人を探す
  • 履歴書・職務経歴書を作成する
  • 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する
  • 面接を1次〜3次まで突破する
  • 給与条件や入社日を人事側と調整する
  • 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう

これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。

でも今は、「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。

そのため、転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。

以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:転職エージェントとは?おすすめの選び方と比較ポイントを徹底解説!

 

おすすめ転職エージェントは下記記事でご紹介しています。活用法や利用の流れも解説しているので、「転職エージェントを選びたい」という方はぜひ参考にしましょう。

 

また、「自分で求人を探したい」「自分のペースで求人を見てみたい」という方は、こちらの「転職サイトランキング」を参考にしてくださいね。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる

転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。

特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。

これまで得てきた経験を活かすには、「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。

「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。

あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。

もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。

業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。

業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、兄弟サイト「IKIKATA Database」のTOPページで掲載しています。

どんな経験・キャリアであっても、それを評価してくれる職場は必ず存在します。

もちろん、経験・スキルによって大幅に求人の見つかりやすさや条件は変化しますが、「今の職場に不満を感じている」のであれば、転職活動を始めてみるべきですよね。

 

3 転職しても給料は下がらない

「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか?

それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。

それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。

特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。

 

年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

また、実際に今のあなたの職種・業種の求人が一般的にどの程度の年収なのかを調べることも大切です。そんな方は転職サイトに登録し、職種/業種の条件から求人を探してみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる

転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。

「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。

しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。

それはなぜかといいますと、転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。

あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか?

実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

スポンサードリンク
肯定的な人の特徴とは|意見や使う表現が否定的な人の克服法もご紹介

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。