【例文あり】石の上にも三年の意味と由来、仕事や転職との関係性とは

【例文あり】石の上にも三年の意味と由来、仕事や転職との関係性とは
スポンサードリンク

「石の上にも三年」とは、仕事や習慣にしたいことに対して使う言葉です。しかし、有名でよく使われている言葉ほど、ほんとうの意味を理解して使っていないことって、けっこうありますよね。

特にこの言葉は、「何事も3年以上は絶対に続けるべきだ」という意見を言うときに使われる言葉ですが、結論から言ってしまうと、何事も3年以上続けるべきだ…とは限りません。

あなたが誰かに対して「石の上にも三年」という言葉を使ったり、誰かから「石の上にも三年」と言われたりしたとき、その言葉をしっかり自分の中で理解することが大切です。

そこで今回は、「石の上にも三年」の基本的な意味をご紹介しつつ、この言葉が続きやほんとうの意味を通して深く解説していきます。

また、仕事や転職の話題で使われる「石の上にも三年」は、決して正しいとは限らないということも同時に解説していますので、仕事で悩んでいる方にも参考にしていただけます。

石の上にも三年という言葉を使ったり、言われたことが合ったりする人はぜひ参考にしてください。

 

「石の上にも三年」の意味とは?|定義と由来

「石の上にも三年」の意味とは?|定義と由来

 

「石の上にも三年」という言葉は、実際のところどのような意味があるのでしょうか?

働き方や生き方に密接に関係する言葉ですので、正確な意味を抑えておくことはとても大切です。人生に迷いがあったり、今の仕事に不安を感じていると拠りどころにしたくなるこの言葉。

しっかり意味を知っておきましょう。

 

「石の上にも三年」の意味

「石の上にも三年」とは、辞書によると「我慢強く辛抱すれば必ず成功すること」をたとえた言葉として一般的に使われる言葉です。

仕事やキャリア、その他継続したい物事に関してよく使われる言葉ですから、あなたも耳にしたことのある言葉ではないかと思います。

石(いし)の上にも三年

冷たい石の上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる。がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ。

引用:石の上にも三年 – コトバンク

よくある間違った理解として、「3年」という言葉自体に意味があると捉えている人が多いようですが、3年はあくまでも「長い年月」という意味で使われているだけになります。

そのため、石の上にいる、つまり努力し辛抱している期間は必ずしも3年とは限りませんので、使い方を間違えないようにしましょう。

目標を達成したり、理想を追い求めるためには、自分の思うように物事が進まない状況や、なかなかうまくいかない環境を耐えなければならないタイミングが来ます。

途中で諦めず、同じ「石」の長い年月座り続けて辛抱した人が、努力の成果を手にすることのできる、そういう言葉として定着していますよね。

「石の上にも三年」は、「継続力」「忍耐力」「努力」という言葉をわかりやすく表した言葉として使われています。

 

「石の上にも三年」に続きはあるの?

「石の上にも三年」には、この後に続く文章があると言われています。それは、「(石の上にも三年)居れば暖まる」という言葉です。

今の私たちの理解だと、別に「暖まる」がなくても十分意味がわかりますが、ニュアンスとしては「長い年月辛抱すれば、最初は冷たかった石も暖まる」という意味になります。

それほど長い年月絶えることができれば、努力が実る、耐える意味がある、という意味を持つと考えられます。

 

石の上にも三年の英語

ちなみに「石の上にも三年」を英語のことわざで言い換えると下記のようになります。合わせてぜひ覚えておきましょう。

  • Perseverance kills the game.(忍耐が獲物を落とす)
  • A rolling stone gathers no moss.(転がる石は苔をむさない ※米国での表現)

石の上にも三年という言葉は、同じ石の上に座り続けて長い年月を耐えるという意味でした。英語で言い表すと「転がる石は苔をむさない」となるのは不思議です。

日本人は同じ場所でじっとしていることを努力とし、米国では動き続けることを努力とする、そんな文化の違いが現れているような気がしますね。

 

「石の上にも三年」は誰の言葉?由来は?

意思の上にも三年という言葉には複数の由来があります。つまり、「誰の言葉?」と聞かれた場合には、少なくとも2人の人物が浮かび上がります。

石の上にも三年の由来となる逸話には「中国の逸話」「インドの逸話」の2パターンがありますので、それぞれを解説します。

 

中国の逸話|達磨大師

中国の禅宗の祖・達磨大師が9年の年月に渡る座禅を経て、悟りを開いたことを由来とする説です。

「達磨」と聴くと選挙やお祝い事で飾る「だるま」をイメージする方が多いと思いますが、あればもともとインド仏教の祖である達磨大師をモチーフとしているものです。

 

インドの逸話|バリシバ尊者

古代インドの僧・バリシバ尊者が、80歳を越えた老齢で出家したのちに、石の上で3年間の間一度も横たわらずに座禅をおこなったことを由来とする説です。

このように、「座禅」を中心として2つの説があります。どちらも、座禅をおこなうことで悟りを拓くという意味では共通しています。

石の上にも三年とは、ただその場所に座るだけではなく、「悟りを拓くために長い年月の間そこで座禅をし続けた」という意味があるのです。

 

「石の上にも三年」の使い方・例文

石の上にも三年とは、一般的に下記のような使い方をします。基本的には良い意味なのですが、まれに悪い意味(なかなか行動しない人)の意味で使われることもあります。

  • 新卒は三年以内で辞めることが多いらしいが、石の上にも三年という言葉を知らないのか?
  • 石の上にも三年というが、実際にあのときテニスを辞めてなくてよかったよ。
  • 石の上にも三年というように、苦しくても継続することに価値があると思う。
  • 石の上にも三年とはいうものの、ただの頑固者になっては意味がないだろう。
  • 石の上にも三年と思考停止は違うことを理解してくれ。

例文どうしで意見が別れていますが、使い所に注意して「石の上にも三年」を使いましょう…(笑)

 

「石の上にも三年」の類語・対義語

 

「石の上にも三年」の類義語

「石の上にも三年」という言葉には多数の類語があります。ここで一覧でご紹介していきます。

  • 継続は力なり
  • 火の中にも三年
  • 菰の上にも三年
  • 茨の中にも三年の辛抱
  • 雨の後は上天気
  • 牛の歩みも千里
  • 嵐の後には凪がくる
  • 三年居れば温まる
  • 辛抱する木に金がなる
  • 待てば海路の日和あり
  • 待てば甘露の日和あり
  • 雨垂れ石を穿つ
  • 愚公山を移す

どれも、「継続力」「努力」「忍耐力」を表す言葉として用いられますので、一緒に覚えておきましょう。

 

「石の上にも三年」の対義語

「石の上にも三年」には対義語となるような言葉もあります。反対の意味の言葉を使いたい場合には、下記の言葉を使いましょう。(結構使う機会が多いかもしれません)

  • 時は金なり:時間はお金と同じくらい価値のあるものだ。
  • 即時一杯の酒:死後の名誉よりも今すぐ一杯の酒を呑むほうが良い。
  • 一寸の光陰軽んずべからず:わずかな時間も決して無駄にしてはならない。

 


ここまで、「石の上にも三年」の意味について由来や類語を踏まえながら解説してきました。「石の上にも三年」という言葉は一般的に使われる言葉なので、「忍耐力が大事」という意味でよく使われますよね。

でも、何でもかんでも長い年月を耐えれば良い未来が待っているかというと、そうではない。それは皆さんも薄々ながら感じていることではないでしょうか?

特に、会社や仕事のことになると「果たして、こんなつらい仕事を耐える必要があるのだろうか?」と疑問に思うこともあるでしょう。

そこで次では、「石の上にも三年」という言葉が、これからの仕事や働き方には必ずしも合っているとは限らない理由を解説していきます。

「今の仕事を続けるしかない」と考えている方こそ、ぜひ次の見出しを参考にしてください。

 

「石の上にも三年」が仕事に当てはまらない理由

「石の上にも三年」が仕事に当てはまらない理由

 

昨今では、新卒から入社し3年以内に転職する人がおおよそ3割と、高い離職率が続いています。

この情報は、厚生労働省の公式HPで公表されている「新規学卒者の離職状況」からも観ることができます。

一昔前までは「3年以内に辞めるのは悪いことだ」という風潮がありました。しかし、最近では、3年以内に辞めても人材不足の影響により働く場所が増えるとともに、転職市場も規模を広げています。

そこでここでは、「仕事を辞めるかどうか悩んでいる」という若手ビジネスパーソンの方に向け、石の上にも三年という言葉が必ずしもあてにならない理由を解説していきます。

 

1 価値のある場所にいなければ意味がない

どんな職場でも「3年間耐えることさえできれば能力や経験が得られる」というのは事実です。どんな職場でも、ビジネスの基本を学ぶことはできるでしょう。

しかし、同じ3年間でも「やりたい仕事」「身に付けたいスキル」「働きたい業界」を決めずに働くのと、しっかりと決めたうえで働くのとでは雲泥の差があります。

価値がない職場はブラック企業などを除きありませんが、自分にとって価値があると感じる職場を選べる時代にある今、あえて苦しい仕事を継続する必要はありません。

転職求人数は、今では右上がりに推移しています。また、若年層向けの転職サービスも豊富です。

2018年3月転職マーケット_DODA

引用:https://doda.jp/guide/kyujin_bairitsu/ より

無理して同じ職場で3年間働く必要は必ずしもないことが分かるでしょう。

 

2 とりあえず3年耐える時間がもったいない

1では、「自分の働きたい場所を自分で選べる時代である」ということを解説しました。しかし、いちばん大切なのは、自分が納得できる場所で働くことであり、転職することではありません。

転職しなくても、自分の働き方を改善していくことで楽しく働けるのであれば、それに越したことはありません。

また、継続力、忍耐力はどんな仕事でも必須。だからこそ、簡単に諦めるのはNGです。

しかし、あなたが職場に不満を抱えているのにも関わらず「とりあえず3年は働いてみるか」というふうに考えているのであれば、それはとてももったいないことです。

特に20代前半から後半に差し掛かる時期を「何となく」で過ごしてしまうのは、30歳以降のキャリアを大きく狭めてしまうことになります。

やりたい仕事があり、それに向けて動き出せる時間はそれほど多くありません。

 

3 精神的に追い詰められたときには無視していい

「こんなんじゃどこに行っても社会じゃ通用しないよ」という言い方を上司などからされてしまい、自信を失っている若手社員の方は多いのではないでしょうか?

しかし、転職経験者のうち、過去にそのようなことを言われた方のほとんどが「転職先では問題なく仕事ができている」と語っています。

つまり、あくまでその会社の体質や仕事の進め方、上司の性格に問題があるのであって、あなた自身に問題がないことがほとんどなのです。

仮にあなた自身に問題がある場合でも、親身にフォローしつつあなたの改善点を教えてくれる人は他の場所にいることだってありうるのです。

精神的に追い詰められる前に行動するのはむずかしいのですが、あなたがそのようなことを言われストレスを感じているのであれば、3年とは言わず、今から働く環境を変えるべきではないでしょうか。

 

4 「3年」という年数に意味はない

「石の上にも三年」という言葉が有名なことにより、「3年耐えれば何らかの成果が出る」と信じている方は多いです。「新卒入社から最低3年は働け」と言われるのも、少なからず関係があるでしょう。

しかし、3年という年数には大きな意味はありません。

おおよそ、3年間で会社内での仕事を問題なくこなせるようになる目安でしかないのです。

そのため、今働いている環境に魅力を感じていないのであれば、今すぐ辞めても特に問題はないことになりますよね。

3年という意味がありそうな年数に騙されず、自分でキャリア・働き方を選ぶことが大切です。

 

まとめ|「石の上にも三年」は時と場合による!

まとめ|「石の上にも三年」は時と場合による!

今回は、「石の上にも三年」の意味や由来を解説しつつ、働き方やキャリアとの関係性を解説してきました。

もしあなたが「石の上にも三年」という言葉に戸惑っているのであれば、解説した内容が少しでもあなたの判断材料になることを祈っています。

「長い年月を耐えること」は、決して正解ばかりではありません。ときには、自分で引き際を見定めて行動することが大切な場合もあります。

ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。

下記では、引き続き転職方法とコツをご紹介しているので、転職に興味のある方はぜひ参考にしてください。

 

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

 

ここでは、今の職場や待遇、働き方に不満を抱いている方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

転職活動というと、下記のようなイメージがあるのではないでしょうか?

  1. 「失業リスクがある」
  2. 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」
  3. 「転職すると給料が下がる」
  4. 「新しい環境に慣れるのが大変そう」

しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。

 

1 転職活動に失業リスクはない!

転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。

一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。しかし、それは”間違い”です。

大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。

20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。

引用:年代別の転職回数と採用実態 – リクナビNEXT

20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。

つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。

ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。

 

理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」

人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。

2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18.6%)が「減る」(4.0%)を大きく上回っている。

引用:中途採用調査 – リクルートワークス

つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に活発に採用活動が行われていることを示しています。

 

理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」

転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。

しかし、その点についても心配いりません。今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。

たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。

  • 求人を探す
  • 履歴書・職務経歴書を作成する
  • 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する
  • 面接を1次〜3次まで突破する
  • 給与条件や入社日を人事側と調整する
  • 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう

これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。

でも今は、「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。

そのため、転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。

以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:転職エージェントとは?おすすめの選び方と比較ポイントを徹底解説!

 

おすすめ転職エージェントは下記記事でご紹介しています。活用法や利用の流れも解説しているので、「転職エージェントを選びたい」という方はぜひ参考にしましょう。

 

また、「自分で求人を探したい」「自分のペースで求人を見てみたい」という方は、こちらの「転職サイトランキング」を参考にしてくださいね。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる

転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。

特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。

これまで得てきた経験を活かすには、「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。

「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。

あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。

もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。

業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。

業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、兄弟サイト「IKIKATA Database」のTOPページで掲載しています。

どんな経験・キャリアであっても、それを評価してくれる職場は必ず存在します。

もちろん、経験・スキルによって大幅に求人の見つかりやすさや条件は変化しますが、「今の職場に不満を感じている」のであれば、転職活動を始めてみるべきですよね。

 

3 転職しても給料は下がらない

「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか?

それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。

それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。

特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。

 

年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

また、実際に今のあなたの職種・業種の求人が一般的にどの程度の年収なのかを調べることも大切です。そんな方は転職サイトに登録し、職種/業種の条件から求人を探してみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる

転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。

「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。

しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。

それはなぜかといいますと、転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。

あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか?

実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

 

スポンサードリンク
【例文あり】石の上にも三年の意味と由来、仕事や転職との関係性とは

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。