【ボキャ貧脱却!】ボキャブラリーを増やすにはどうすればいいのか

bokyahin
スポンサードリンク

語彙力(ボキャブラリー)は、自分の意見や考えを伝えるために必ず必要になってくるものです。

あなたの周りには、すべて「すごい」「やばい」といった表現だけで済ませてしまっている人はいませんか?そういう人を見ると、少なくとも「知識人」「頭のいい人」には見えませんよね。

本当にその人が頭がいいのかどうかはともかくとして、コミュニケーションを円滑にするためには、やはり語彙力は不可欠でしょう。しかし、「自分って、語彙力ないな」と感じつつも、具体的に何かをしている方は少ないと思います。

そこで今回は、語彙力(ボキャブラリー)を向上させる方法をご紹介します。語彙力を増やして、より的確なコミュニケーションをとれるようになりましょう。

 

ボキャブラリーを向上させる6つの方法

 

(1)言葉を置き換えてみる

binary-503589_640

「表現が多い人」の第一の共通点は、言葉の「置き換え」が上手な人です。

たとえば「リンゴ」という一つのくだものに関して、「赤くて丸いくだもの」という置き換えのほか、「バラ目バラ科リンゴ属」という植物学的情報、「アップルパイ」「りんごジュース」など使われている料理名を覚えておくようなことです。

日常でありふれているものほど、「置き換え」はわざわざするようには思えないもので、リンゴなどは特に置き換えが必要ないものであるといえるでしょう。

しかし、たとえば「恋愛観」「仕事の価値観」「人生観」といった理念的なお話や複雑な社会問題を論ずるときなどは、いかに「ほかの同じ意味の言葉を使って、わかりやすく伝えることができるか」が問題になります。その場合は、「この言葉で通じなかったら、この”置き換え”で…」という臨機応変な発言が重要になります。

ですから、まずは日常でありふれているものを、いつもとは違った表現で「置き換えてみる」ことを心がけましょう。

リンゴは「バラ目バラ科リンゴ属」で、赤くて丸い。これだけでは役に立ちませんが、置き換えの情報を増やす努力は「語彙力向上」のうえで大切なのです。

 

(2)たとえ話をする

hand-1218086_640

「たとえば…」と、難しい理論ベースの話を、実際的なリアルなイメージとともに提供できる人の話は、聞いていて、「ためになるなぁ」と感じますね。

「ためになるなぁ」と感じる理由はまさしく、人にイメージさせることに成功しているからです。たとえば…と具体的事例やあるケースについて話ができると、自分の考えていることや話したいことを相手に的確に伝えることができます。

たとえば、「怒りを鎮めるためには、気持ちを落ち着かせることがいちばん大切だ」というアドバイスだけで話が終わるよりも、「たとえば、目を閉じて、何も考えずに深呼吸するとか。」というアドバイスを付け加えたほうが、具体的ですよね。

…具体的に「たとえ話をする」イメージがついたでしょうか?

 

(3)専門分野の本を読む

apple-256262_640

「使える言葉の選択肢を増やす」うえでは、(1)、(2)を実践すればある程度の語彙力が身に付きますが、特に「専門的な話」をするときは、その分野に特化した本を読むと、必要な情報が「語彙力」として身に付きます。

あなたがもし、特定の分野に関する専門知識が足りない、あるいは、特定の分野に関する語彙力が足りないと感じている場合は、その分野の「用語」に慣れていないことが原因です。

 

(4)調べるクセをつける

folders-25133_640

「涵養」「敷衍」…あなたはこの漢字が読めるでしょうか?

「涵養」(かんよう)、「敷衍」(ふえん)など、一般的にはあまり使われない言葉は、使う機会がないために、あまり必要性が感じられません。しかし、私たちが普段自分の頭の中で行っている思考も、「自分が知っている言葉の枠組み」の中で行われます。

よって、知らない言葉がある分だけ、自分の思考は制限されてしまうのです。一般的に使われないからといって調べるのを面倒くさがらず、辞書や検索を駆使して調べるクセをつけましょう。

 

(5)「やばい」「すごい」を禁止する

censorship-610101_640

「やばい」「すごい」という言葉は万能ですが、万能すぎて、逆にすごいことになっています。

…このように、あまりに万能すぎて、文章の意味が伝わりづらいのが、万能な言葉の弱点です。あなたが、自分の考えていることを的確に表す語彙力を身に着けたいと考えているのであれば、こういった言葉を禁止してしまいましょう。

 

(6)とにかく「メディア」に触れる

old-tv-1149416_640

最後です。語彙力を増やすためには、なんといっても「メディア」に触れる必要があります。新聞、TV、ラジオ、Web…たとえ興味がなくても、興味深い言葉や知らない言葉が記載されているメディアであれば、目を通してみましょう。

そうすると、いま世間で騒がれている問題や話題について、自分が知っている度合いがわかります。語彙力を試す方法としては、いちばん効果があります。

また、「語彙力を向上させる」という名目で、様々な情報に触れるキッカケにもなりますから、決してムダな努力ではありません。

 

語彙力を高め、知識を増やす

StockSnap_8B73DF90BB (1)

語彙力は、ある分だけ自分の「思考の枠組み」を広めてくれます。さきほども述べたように、考えていることは「言葉の多寡」に左右されるのです。よって、語彙力を身に着けた人はそれだけ、広い知見を得たことになります。

今回は、ボキャブラリーを増やし、語彙力を向上させる方法について、6つご紹介しました。できるところから意識的に実践し、「語彙力」を向上させていきましょう。

 

おすすめ転職サービスTOP3!

転職を検討している人に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 BIZREACH(ビズリーチ)

282da089f277e23916fc8071b26ee6be

ビズリーチの特徴

無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 現在や直近に在籍していた会社にはプロフィールが公開されないので、会社には転職活動がバレたくない方
  • ヘッドハント機能があるので、エグゼクティブ・管理職の方
  • 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト Switch.(スウィッチ)

7a67fa99d48b15242ff903d4f8d04c30

Switch.(スウィッチ)の特徴

Switchはfacebookを活用した日本初の新感覚スカウト転職サイトです。

利用している事が他人にはばれず、企業にfacebook情報は公開されません。
面倒な会員登録もたったの1分!気軽かつ安心に利用出来るサイトとなっています。

採用が決定すると、なんとAmazonギフト券10,000円分がお祝金としてSwitchより贈呈されます!

どんな人にオススメ?

  • 20~40代のフェイスブックアカウントをお持ちの方
  • 利用している事が他人にばれたくない方
  • 小難しい手続きなしに安心して転職活動したい方

3位 リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

スポンサードリンク
bokyahin

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH