「課題発見力」がビジネスパーソン必携のスキルである3つの理由

スポンサードリンク

「課題発見力」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「課題発見力」は、「問題解決能力」と同じように捉えられることの多い概念ですが、本来は全く別の意味合いを持つスキルです。「課題発見力」がどのようなものであるかを知り、身につけるべく努力することは、現代のビジネスパーソンにとって必須条件であると言えるでしょう。

特に、若手、キャリアの浅いうちから「課題発見力」に着目した働き方、考え方を習慣化することで、あなたはビジネスシーンにおいて高いパフォーマンスを発揮することができます。

今回は、「課題発見力」とはどんな能力なのかについて解説したのち、現代のビジネスパーソンにとって、「なぜ、課題発見力が必要なのか?」を3つの理由を挙げて解説していきます。この記事を読めば、「課題発見力」がどのような意味合いを持つスキルで、身につけるメリットがどのようなものかが理解できます。

 

「課題発見力」とは「未来志向」の考え方である

 

2つの概念は全く別のものだが、どちらも必要なスキルである

2つの概念は全く別のものだが、どちらも必要なスキルである

「課題発見力」と似た言葉に、「問題解決力」というものがあります。この2つの言葉の違いを明確にすることで、「課題発見力」がどのようなスキルなのかを理解することができます。

「問題解決力」と「課題発見力」のそれぞれの意味について確認していきましょう。

たとえば、あなたは営業マンとしてシゴトをしているとします。そして、今現在ノルマを達成できていない場合は、「問題解決力」を駆使して、ノルマを達成する工夫を実行します。

「月間300件の契約達成目標」→「新規顧客の獲得」「営業の範囲拡大」「セールスの手法を改善」

これらはすべて「問題解決力」に当たります。過去を振り返って、自分が今までできていなかったことを修正していく作業であることから「過去志向」の考え方であるといえます。過去志向だからと言って悪いというわけではなく、あくまでも「すでに判明している問題を解決する」という意味で「過去志向」と呼んでいます。

対して、あなたが営業マンで、すでにノルマは達成している場合を考えてみましょう。何も考えなければ、あなたには何も「問題」はないように見えます。そこで思考停止せずに、「ノルマは達成しているけど、他に『課題』はないか?」と探しあてることが、「課題発見力」なのです。

「月間300件の契約ノルマは達成しているが、それを400にできるのではないか?」

未来を見据え、自分で課題を設定し工夫できる能力を「課題発見力」と呼びます。未来に課題を発見することから「未来志向」の考え方であるといえます。

 

ビジネスパーソンに「課題発見力」が必要な3つの理由

 

では、なぜビジネスパーソンにとって「課題発見力」が必要なのか。その理由を3つ述べていきます。

 

(1)「正解」よりも「最適解」が求められる社会になっているから

 

日本の戦後教育は、「正解主義」だったと言われています。具体的には、「問題と答え」があらかじめ用意されており、その問題を解くための公式やルールを暗記するという教育でした。世の中の流れとしても、大量生産・大量消費の世の中は、画一的な雰囲気を世の中にもたらしましたし、「一億総中流社会」と呼ばれていた時代もあったくらいです。

その当時は、一つの問題に対して解決するための答えや、「手法」を簡単に見つけることができました。

しかし、これからの時代は「正解がなく、できる限り多くの人が納得する結論」が重要になってきます。社会を見ても、何が正解か分からない社会問題はたくさんありますし、「モノが売れない」と言われているのも、世の中の人々がそれぞれの価値観を持って、「自分なりの正解」を持っていることが原因なのです。

そんな時代においては、ビジネスパーソン一人ひとりが、未来に対して課題を発見し、それを解決していこうとする姿勢が重要です。「すでにあるはずの正解」ではなく、不確定な未来を考えられるスキルが必要です。

 

(2)一筋縄ではいかない「見えない課題」が増えてきているから

 

「見えない課題」とは、一見問題がなさそうに見えるのにも関わらず、実は課題として認識すべき重要な課題であることを指します。たとえば、「AI(人工知能)」が昨今目覚ましい発展を見せています。10年後、20年後には、現在人間が行っているシゴトの多くが「AI」によって代替されるのではないか、という論文も出されています。

参考記事:オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」702業種を徹底調査してわかった-現代ビジネス

一方で、AIの普及が世の中をもっと便利にするという予測もあります。自動運転車や自動配達などは、その代表的な例です。見方によって、「ネガティブ」にも「ポジティブ」にも取れる「AIの発展」というテーマに限らず、現代社会は先行きの見えぬほどのスピードの中で発展を繰り返しています。

そんな中で、旧来の正解だけに固執していたのでは、時代の波に乗ることができませんし、価値観が多様化する中で柔軟な発想を持つこともできなくなってしまうことは明白です。だからこそ、「見えない課題」を発見する「課題発見力」が必要なのです。

 

(3)課題を設定しなければ何も生み出せないから

 

「課題発見力」は、未来志向のスキルであることを冒頭で説明しました。未来がどうなるか分からず、発展・革新のスピードが速い現代社会では、「未来の『こうあるべき』という目標」と、「目標を達成するための課題の発見」が必要不可欠です。

たとえば、10年前に「スマートフォン」の普及を予測できた人がどれほどいたでしょうか? しかし、今ではほとんどの人が所持し、活用する手放せない「ツール」になりました。スマートフォンにしても、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)といった技術にしても、「未来はこうあるべきだ」と考え続けた人々によって、世の中は変化していきます。

そうであるならば、世の中で「イノベーション」を起こすために必要なのは、「課題発見力」であると言っても過言ではありません。「現状をもっとよくしたい」という思いを持つことは、現場の具体的な業務でも、必ず役立つスキルなのです。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。