アイディアの出し方に困ったら実践するべきアイディア発想法5選

スポンサードリンク

重要なシゴトには、「アイディアを出す」ことが必須の条件です。

斬新なアイディアを思いつき、それを具体的な形にしていくことができれば、仕事をより面白く、また、効率的にすることができます。

新しい商品やサービスを作るうえでも、「アイディア」を出せる人材は大切です。今のビジネスパーソンには必ず求められるスキルなのが「発想力」であるということができるでしょう。

アイディアを出すスキルは、その人の持って生まれた才能によるものと思われがちですが、そうではありません。適切な方法と、その実践によって、誰でも斬新なアイディアを生むことができます。

そこで今回は、アイディア発想法と、実践するためのツールを紹介します。また、具体的にどういう場面でその方法を使うべきなのかも説明します。

この記事を参考にして、明日から「アイディア(ウー)マン」になりましょう!

 

アイディアを出す方法を知る前に…

pexels-photo-55660

アイディア発想のための方法とツールは、それぞれ使うべき「タイミング」があります。よって、アイディアの出し方とそのためのツールを知ることと同時に、その使うべきタイミングを押さえておきましょう。

「この場合は、この方法だな」と使い分ける必要があります。どんな場面で使うか、その具体例を見ながら、自分のシゴトに活かせる方法を見つけてくださいね。

 

(1)マインドマップ

 

連想する発想法です

連想する発想法です

「マインドマップ」は、発想したい一つの物事に関して、関係するものごとを連想し、書き出していく発想法です。厳密なルールはありますが、ここでは「自由な連想をするための方法」ととらえましょう。

「マインドマップ」実践ツール:大きめの紙とペン

紙とペンさえあれば、いつでもマインドマップを作成することは可能です。今取り組んでいる課題やテーマに関しては、一度マインドマップを作ってみましょう。

「マインドマップ」実践ツール:bubbl.us

実際に使ってみましょう

実際に使ってみましょう

使うべきタイミング

1つの議題やテーマについて会議をすると、意見や案が多く出る一方、まとまりにかけることがあります。頭の中で関連付けて思考を整理しなければ、案は案のままになってしまいます。まとまりをつけて思考を整理したいときに「マインドマップ」を活用しましょう。

 

(2)9マス発想

 

9マス発想は、3×3のマス目の中心に、主となるテーマを入れて周りに関連するアイディアを入れていく発想法です。メインのテーマの周辺に8個のアイディアを入れる形になるので、強制力がはたらきかきやすいのが特徴です。

また、関連して書いた周辺のアイディアを中心にして、別の紙に書きだすということもできますから、発想法としては柔軟な方法のひとつといえるでしょう。

 

「9マス発想」実践ツール:マンダラート

スクリーンショット (92)

「9マス発想」実践ツール:紙とペン

こちらも、紙とペンさえあれば実践することができます。また、エクセルを使って自分で表を作る方法もあります。エクセルですと、文字に色を付けたり、背景色を付けたりと便利な使い方ができます。

使うべきタイミング

基本的には、マインドマップと同じタイミングです。しかし、ほとんど何も会議や検討をしていない場合には、「9マス発想」を使ったほうが、アイディアが分散されず、整理がしやすいでしょう。9マス発想をそのまま会議の場で活用する手もあります。

 

(3)ひとりでブレスト

 

メモを取りながら一人でブレストをおこなう方法です。この発想法は、あらかじめブレストするための質問項目を自分で用意する必要があるため、下記の実践ツールは必須になります。

「ひとりでブレスト」実践ツール:ひとりブレスト

表示される質問にしたがって、事前に準備したメモとペンを持って書いていくツールです。質問項目をメモしておき、いつでもブレストができるようにすると便利です。

ひとりブレスト

使うべきタイミング

この「ひとりブレスト」を活用できるのは、すでにアイディアを具体的な企画に落とし込む場合です。具体的に、そのアイディアを「商品」「サービス」にしたときの企画内容についてのブレストになります。そのアイディアから生まれた商品やサービスに「どんな価値があるのか?」を固めておきたいときに活用しましょう。

 

(4)オズボーンのチェックリスト

 

「オズボーンのチェックリスト」とは、アイディアを9つの項目にしたがって考えていく発想法です。

9つの項目とは…

転用:ほかに使い道を探す
応用:類似物を探す
変更:変えてみる
拡大:拡大してみる
縮小:縮小してみる
代用:置き換えてみる
再利用:配置や並びを換えてみる
逆転:逆にしてみる
結合:組み合わせてみる

のことですが、より実践的にこの発想法を活用するためには、下記の実践ツールを使ったほうがよりわかりやすいでしょう。

「オズボーンのチェックリスト」実践ツール:「アイデア生産工場」

具体例-IKIKATA

使うべきタイミング

問題提起型の発想法なので、自己完結型ではありません。よって、一つのテーマについて「2回目」の会議をする場合に、その準備資料として、活用するのがよいでしょう。一から始めることなく、一つのアイディアに多角的な視点をもたらしてくれる点で、「オズボーンのチェックリスト」は画期的といえます。

 

(5)なぜなぜ5回

 

これは、一つのテーマに関して、「なぜ?」を5回以上問う発想法です。結果から原因をさかのぼり、深堀するアイディアの出し方を特徴とします。この発想法は、トヨタが実施している方法として、その有効性が保証されているといえます。

「なぜなぜ5回」実践ツール:紙とペン

「なぜなぜ5回」には、ツールは不要です。単純に結果から原因へと「なぜ?」を重ねていけばOKです。しかし、結果から原因へとさかのぼる思考は、紙に書きだすことでより精密になります。

使うべきタイミング

フォーマットや使うべきツールはありませんが、「なぜ」を5回繰り返すだけで、ものごとの根本原因や裏に隠れている事実を洗い出すことができます。よって、「失敗」「改善」といった反省をするタイミングでこの発想を活用することで、効率よく一つのテーマに対するフィードバックを得ることが可能になります。

 

発想法の実践は「タイミング」「使い分け」が重要

B&W Man In Fashion Jaket Straightening Tie

今回は、計5つのアイディア発想法をご紹介しました。いずれも、感覚に頼った発想よりも、着実なアイディアを生むことができる方法になります。

重要なのは、たとえば「改善」「失敗対策」には「なぜなぜ5回」、一つのテーマから関連テーマを導き出して議論の幅を広げたい場合は、「マインドマップ」など、タイミングによる使い分けが重要です。

発想法は、実践してこそ価値があります。今回ご紹介した方法とツールを実際に使ってみて、アイディアをどんどん出せるアイディア(ウー)マンを目指しましょう!

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。