必要なのは「失敗を乗り越えること」-東北大学生・作増氏が語る、学生が身に着けるべきスキルの考え方-

sakumasu_top01
スポンサードリンク

今回は、学生団体「TED×Tohoku」、学生キャリア支援組織「En-courage<エンカレッジ>」東北支部元代表、「国際交流プログラムPBL」での2度の海外経験、学生起業と、学生ができる最大限のことをすべて経験してきた東北大学生、作増志郎さんにインタビュー。

本記事では、地方学生のロールモデルとして作増さんをご紹介。「留学を考えている学生」「学生団体で活躍する(したい)学生」「起業したい学生」必見の「学生が知るべきスキルアップ」の方法論を語ってもらいました。

 

これまでの経歴・経験

—ネクストアクションはさらなる「海外でのキャリアを積むこと」である作増さん。冒頭で述べたように、これまで「学生のうちにできること」を最大限実行してきた学生といえます。

これからの時代、学生のうちからできることはもっと増えていきます。「大学へ進学する意味」が急激に変化している現代社会で、積むべき経験とはどのようなものでしょうか。

「留学」「学生団体での活動」「就活・インターン」…枚挙にいとまがありませんが、「学べること」「学びたいこと」を明確にすることと、行動することを同時にしなければならないことを、作増さんのお話から知ることができます。

 

「TED×Tohoku」での失敗 〜自分が「直すべき」部分を見つめるキッカケ〜

 

—作増さんの学生団体としての最初の活動は、「TED×Tohoku」から始まりました。 

「TED×Tohoku」は、「東北を創る人を増やす」という団体理念を持つ組織。表面化されていない東北の「広めるべきアイディア」を発掘するためのイベントの開催や、動画による情報発信を行う組織です。

10701969_1561895014026329_774097704229108848_n

「東北の優秀な学生が集まっている組織なので、(求められる)基準が高かったんです。集まっている人たちの100段階くらい下のレベルにいた自分が、その高いレベルで仕事をすることになりました。組織の中でいろいろなことを学んで、任せてもらえるようになっていきましたね。」

—しかし、その頃の彼は「団体の中で仕事をすること」をきちんと理解していませんでした。

「イベントを控えているのに『インターンのほうが大事です』みたいな。当然、そのときの代表の方には怒られまして。…それは当然で、そのときは任されていた仕事も全然できていなくて。」

できるのは、「コピーをとる」といった簡単な仕事だけ。寝坊といった惨めな失敗や、熱意のなさに起因する失敗は、”自分自身を見つめなおす経験”になった、と作増さんは語ります。

「イベント本番前のリハーサルで寝坊し、本番も寝坊し…と、”ごみくず”だったんですよね。そういった(組織内での)一連の経験があったからこそ、『根本的な部分や姿勢・態度を直していかないとダメだな』と、やっと気づくことができたんです。」

—その場で自分の力量のなさに嘆くだけではなく、しっかり「どの部分を直すべきか?」「当たり前の基準をあげるためには?」を考えていく。社会経験のない学生のうちから、冷静な視点を持つことが重要です。

 

「東北大学PBLプログラム」への二度の参加 〜できないことを克服することはできるか〜

—「東北大学PBLプログラム」は、海外で「PBL(課題解決型)フィールドワーク」を行うプログラム。一度目は参加者、そして二度目は「リーダー」としてプログラムに参加したことで、「TED×Tohoku」での失敗を乗り越えることができたと作増さんは語ります。

14958364_1836375833244911_298214352_n

「以前属していた組織では仕事ができていなかったわけですから、信頼がまったくありませんでした。『自分の”価値”を発揮することができない』ということを、そこで痛感したんですよ。PBLでスキルアップできたことで、『時間をかけて準備すれば、できなかったこともできるようになるんだ』ということを実感することができましたね。」

—二度目のPBL参加でプログラムのリーダーを務めつつも、彼はTED×Tohokuのメンバーや、新しいメンバーとともに「TOHOKU HACKATHON」によるアイデアソンとハッカソンを開催しました。そのイベント開催に当たって、「今までやったことを活かそう」と、組織における仕事をどんどんやっていったと言います。

「リーダーなので、『今までやってきたことを活かさなきゃいけない』と、バンバン仕事したんです。自分の上の立場のリーダーにも、(組織の)マネジメントに関してめっちゃ意見を言う…みたいな。それだけではなくて、細かい仕事も全部自分でやろうと。組織のマネジメントのために、メンバーの動きをスプレッドシートに記入してまとめる作業なども含めて、全部自分でやりましたね。」

—リーダーとしてだけではなく「マネジャー」としての役割を果たすことで、「ロジカルに発言する」要諦を得た彼は、帰国後起業に向けて動き出します。

 

「株式会社Earther」の起業 〜「起業」は手段か、目的か〜

—「ハッカソンを開催した後、Webサービスを作りたいと思うようになった」と語る作増さん。帰国後すぐに、「自分のアイディア」を話すため、様々な経営者のもとに会いに行ったと言います。

「でも当然、そのときはサービスを作ってすらいなかったわけで『まずは作ってみないと分からない』と。なので、『実際にプロトタイプを作る』ために起業を考えたんです。」

—起業という選択肢は学生にとっても社会人にとっても「大きな決断」です。起業という選択肢は、彼にとって手段か、それとも目的か。彼は「その問い自体がナンセンス」と答えます。

「起業するという行為自体が、目的でもあって、手段でもあると自分は考えています。よって、その問い自体がナンセンスだと思います。現実的には、もちろん『手段』として起業すべきなんですが、それを人に『問いただす』必要はまったくないんです。自分は最初から『起業』という選択肢が頭から離れなかっただけでした。」

—両親が会社を経営していたことで、「起業する」ことは手段でも目的でもなかったと言います。「やりたいこと」が明確な学生にとって、起業は手段でもあり、また目的でもある。起業を選択肢のひとつとして考える際には、「手段か目的か」という区別は、必要のない考え方かもしれません。

 

「En-courage<エンカレッジ>東北支部」〜「サーバントリーダーシップ」〜

「En-courage<エンカレッジ>」は、全国規模で学生のキャリア支援事業を行っている組織。その東北支部立上げを担ったのは作増さんでした。

これまで実践してきたリーダーシップやマネジメントを駆使すべき「組織の設立と運営」に際し、まずメンバー集めから始めていった彼は、とある壁にぶつかります。それは「メンバーの離脱」でした。

「(エンカレッジ東北支部の)イベントを開催するにあたって、メンバーを集めることから始めて、11人のメンバーを集めることができました。しかし、そのほとんどが途中で辞めてしまったんです。当時の組織の環境には、メンバーにも、そして自分自身にも『不満』がたまっていたと思います。『ふざけんな』とみんなが思っている状態でした。」

—自分のリーダーシップでは、組織が続かない。そう痛感したのは、あるメンバーの一言でした。

「メンバーの中に、一度辞めた後、もう一度参画してもらった方がいたんです。その人が言うには『部下の性格や気持ち、キャパシティ、状況を考えて仕事を振れ』と。リーダーシップはあるけれども、メンバーそれぞれの性格や気持ちといったものを考えないと、組織運営はできないということを言われたんです。」

—自分本位のリーダーシップでは、人はついてこない。自分はメンバーを信頼していると思っていても、メンバー個々人からしてみれば、「信頼されていない」と感じる。なのに、仕事だけが降ってくる。そんな状態では、組織は続きません。

「自分の『リーダーシップスタイル』が間違っていた、ということだと思います。環境に合わせたスタイルがリーダーには必要で、特に学生に対しては『サーバントリーダー』であるべきだったと。」

「サーバントリーダーシップ」をみにつけるための10の方法

2016.07.01

—起業や学生団体での活動を経て、「マネジメントする」ことの難しさを知る。

自分自身の失敗を克服し、それを組織に当てはめようとした結果、また「壁」にぶつかる。そういった経験を経て、作増さんはさらに自身の「スキル」を伸ばす方向へと舵を切っていきます。

15492067_1854297038119457_5875558839092477754_n

作増 志郎(さくます しろう)熊本国府高等学校卒業後、 福岡カレッジオブビジネス、近畿大学短期大学部 商経コースを経て、東北大学経済学部経営学科に在学中。「TED×Tohoku」にてTeam Speaker、「エンカレッジ東北」にて代表を務め、CAMPUS COLLECTION SENDAI 副代表兼事務局、「epi&company」 プロジェクトマネージャー、begin マネージャーとして活動している。

 

作増さんの経験から学べる「活躍する学生のための考え方」

「学生が身に着けるべきスキル」を見つけ、身に着けること

—エンカレッジでの活動を数か月継続した作増さん。すぐにサーバントリーダーになるのは難しく、トップダウンの組織運営は続きました。しかし、その後のメンバーにより、組織文化もハートフルになったと言います。

「仲間たちと活動すること自体楽しいことでしたし、活動での学びを加工して価値のあるモノにするという考えも持っています。けれど、『英語とプログラミングをやりたい』という風に思うようになりまして。」

—「なぜ、急に英語とプログラミングなのか?」と質問すると、大きな答えが返ってきました。

「やっぱり『世界で戦いたい』という思いと『世界”と”戦いたい』という2つの思いがあるからなんです。」

—そして、そのように考えるからこそ、具体的に英語とプログラミングを学びたい。その考えの根底には、長い間続けてきたサッカー経験があると作増さんは語ります。

「自分が大学に入るまでに唯一続けてきたのはサッカーだけなんですが、サッカーを続けてきたことで学べたことが、自分のキャリアの考え方と一緒なんですよ。」

「昔から足だけがめちゃくちゃ速くて、でも体力が全然なかった(笑) それでも選手として、『自分が勝てるポイントは何か?』を考えていたんです。たとえば、試合の後半戦残り10分で、50mを5秒台で走ることができれば活躍できます。たとえほとんどベンチにいることになっても、レギュラー入りができますよね。一つの強みがあれば、その強みにもうひとつ+αがあることで活躍できます。自分の場合、『足が速い』の+αは『決定力を上げる』ことでした。」

—「プログラミングができる」「英語が話せる」…ひとつひとつのスキルを漠然と積み重ねるだけではなく、今までの自分と「相反するもの」を身に着けることで強くなれる。

具体的なスキルをひとつひとつ学んでいくのも大切。しかし、今の自分に+αになるものを見つけ、身に着けていくことがもっと大切。その考え方を行動基準としているからこそ、彼はスキルを確実に身に着けるための道を選びます。

 

具体的なスキルを「壮大な夢」と結び付けられるかどうか

—「歴史の教科書に載りたい」と壮大な夢を語る作増さん。彼自身、感覚としてその夢が頭から離れないと笑います。

「自分は、歴史の教科書に載ることで、自分のストーリーが完成すると考えています。それが一体どのようなものになるのかはわからないけど、『想像のできない偉業を成したい』と思っているんです。『あいつやりやがったな!』みたいな感じですね(笑) それがもうずっと頭の中から離れない。常に誰かを熱狂させ、自分も熱狂できることをしたい、そういった考えがありますね。」

—現実をつきつけてくる現代社会の中で、大きな夢を抱き続けることは難しいもの。しかしそれ以上に難しいのは、大きな夢と学びたい具体的なスキルを結びつけること。

「相当な努力をして実力を積み上げることで、やっと(偉業という)ステージに立つことができるんだと思います。英語も、プログラミングも、サッカーでいえばシュート精度を上げることだし、強い選手になることと一緒なんです。」

 

組織運営の失敗を経た学生が語る「組織の続け方論」

—「TED×Tohoku」「エンカレッジ」「PBL」…様々な組織で新人、リーダー、マネジャーとして活動してきた作増さん。組織運営における失敗で学んだことをこれからどのように活かし、どのような組織を作っていきたいのかを聞きました。

「もちろん、『その組織で何をするのか?』ということにもよると思うんですけど、『目指したい方向性に共感している人』が最低限そろっている組織です。もちろん、この考えはあくまで小さい組織、最初のスタート段階での話ですが。組織をやっていて何がモチベーションになるのかといえば、やはり『○○を実現したい』という思いです。そうじゃないと、辞めたくなりますから。」

—特に、学生団体では、モチベーションの維持は大きな課題になります。しかし、学生団体という存在は、年々その「影響力」を増してきています。「どうせ学生だから」では済まされなくなってきている現実があります。

そこで必要なのは、自分が属する組織のビジョンに「共感」すること。それができなければ団体に属していたということ以外の事実は何も残らないのではないでしょうか。

「スポーツや団体で活動してきて思うことは、やっぱり『勝つ組織』は、一貫して同じ目標意識を持っていて、ブレない。結果が出るチームは必ずそれらの条件を満たしていますね。」

「そして、その到達地点が同じである必要性がある。ベクトルではなく目的地です。『南に向かおう』ではなく、『シンガポールのマーライオンの前に行こう』という風に。だからこそ、そこに到達できる。ただ、南に向かってたら、飽きますよ、きっと。」

「モチベーションの湧きどころをきちんと掴むことが大事です。自分は何に動かされるんだろうって。そしてその湧きどころをきちんと掴んで、自己決定的に、俺はこれがモチベーションの源泉なんだと思い込むこと。意外と思い込ませるのってすごく大事だと思います。なぜなら、人って自分で決めれない生き物なんで。」

「でもモチベーションうんぬんの前に、オーナーシップを持ち、プロ意識があれば、モチベーションなんて関係ないですけどね。となると、好きなことに対しては、自然とプロ意識は芽生えるんだと思います。」

 

「リーダー」として本当に大切なこと

—組織を運営するためには、リーダーが不可欠です。作増さんはリーダーとして完ぺきにこなしてきたわけではなく、失敗を多く経験してきました。

「自分と同じ失敗をしたメンバーに強く当たっていたかもしれない」と自分の過去の行いを振り返ったとき、リーダーとしてどんなふるまい、行動が必要だったかを知ったんです。それは『(自分の)弱みをどんどん見せる』ということ。でも、「弱みを見せる」といっても譲れない部分はあって、それは『自分が絶対に譲れない主張を持ち続ける』こと。カウンターサッカーみたいな感覚です。(笑)

組織は生き物で、当初の目的と活動内容がずれてきてしまうことがあります。生き物だからこそ、性格があって、それが組織文化に繋がっていきます。その組織文化をリーダーとして支え、修正できる仕組みがあれば、チームや組織はうまくいくと考えています。」

 

ネクストアクション

「感情に訴えるスポーツビジネス」をやりたい

—「次は何をしますか?」という漠然としたインタビュワーの質問に、真面目に、そして楽しそうに作増さんは答えます。

「今の話ですし、結論もないですけど、『スポーツビジネス』をやってみたいと考えているんです。ユーザー、クライアント、そして競合他社までが熱狂してしまうようなことをやってみたいなと。

サッカーをやっていた頃の『感動の瞬間』が忘れられなくて。いくらAIが発達してきても、スポーツはみんなが続けていくものだと思いますし。アスリートを応援する仕組みを、webサービスで作っていきたい。『便利になる』というより『感情に訴えかける』ようなサービスですね。」

 

IKIKATA人物評

—「学生ができることを最大限実行した」との紹介から始まった今回のインタビュー記事。

学生団体への参画や設立、そして起業。ここまで豊富な経験を積むためにはある一定以上の「機会」がなければなりません。当然、ここまでできる人は珍しいでしょう。特に、地方学生と首都圏の学生では、そもそもの「機会格差」があります。

しかし、機会格差があっても、ここまで実行できる人物がいます。地方に住む学生にも、まだまだ「キッカケ」がたくさんあることを作増さんは示しているのではないでしょうか。

現在、作増さんは様々な組織のマネージャー、代表クラスで活躍しています。これからも、作増さんの活動を通して地方学生の可能性を見ることができるでしょう。

「IKIKATA」では、「頑張る学生」を応援しています。

スポンサードリンク
sakumasu_top01

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH