「サーバントリーダーシップ」をみにつけるための10の方法

スポンサードリンク

「サーバントリーダーシップ」という概念があります。

現代社会では、政治や企業組織といった分野を問わず、ありとあらゆる組織・集団に「リーダーシップ」が必要です。なぜなら、続々とスピードを増していく社会の中で組織を目的やビジョンをもって率いていく存在が「リーダー」だからです。

リーダーのための精神・考え方には様々な考え方があります。たとえば、皆さんがよく想像するようなリーダー像は、「みんなを引っ張っていく人」のイメージが一般的でしょう。

しかし、リーダーシップは決してそのようなタイプの人だけのものではありません。

今回は、「サーバントリーダーシップ」という考え方をご紹介し、サーバントリーダーシップを身につけるための方法について説明していきます。

この考え方を知れば、自分に適した「リーダー像」を描くことができるでしょう。また、サーバントリーダーシップを身につける方法を知れば、組織の中でどんな役回りを担うべきかを考えるヒントにもなります。

 

「サーバントリーダーシップ」とは?

question-mark-2123967_640

「サーバントリーダーシップ」とは?

サーバントリーダーシップは、ロバート・グリーンリーフ(1904~1990)が1970年に提唱した「リーダーである人は、まず相手に奉仕し、その後相手を導くものである」というリーダーシップ哲学です。サーバントリーダーは、奉仕や支援を通じて、周囲から信頼を得て、主体的に協力してもらえる状況を作り出します。(引用:「NPO法人 日本サーバント・リーダーシップ教会」-サーバントリーダーシップとは?

リーダーシップの一つの形として、「支配型」というものがあります。この支配型リーダーシップは、一般的にイメージされる「リーダー」と言えるでしょう。「メンバーに義務を課して、役割や指示内容を伝え、行動させる」という役割も、おおまかなイメージとして持ちますね。

このようなリーダー像と反対に位置するのが「サーバントリーダーシップ」です。「サーバント(英:servant)」は、「使用人・名使い」という意味合いがあります。

サーバントリーダーシップを持つリーダーは、まず「何を実現したいのか?」という明確なビジョンを持ち、それを達成するための「行動」に移してくれるメンバーを尊重し、環境づくりを担います。

しかし、「部下のことをなんでも聞く」という意味合いは持ちません。あくまでもビジョンの達成のために行動してくれるメンバーをフォローすることに主眼を置いた「リーダーシップ」だといえます。

 

「サーバントリーダーシップ」を発揮する意味とメリット

winter-road-arrow-74780

支配的なリーダーではなく、サーバントリーダーが必要である意味や、サーバントリーダーシップを発揮することのメリットを考えていきましょう。

このサーバントリーダーシップは、「一般的なリーダー」と言われる人びととは、大きくかけ離れているようにも思えます。

しかし、専門化、複雑化しつつあるビジネスやシゴトの現場や、グローバル化、ITの進展といった社会のスピードを早める要因が増す現代社会においては、「一人が支配するカタチ」での組織運営よりも、「(メンバーに対して)配慮と共感を持ちつつ、メンバー個々人の成長をサポートできるカタチ」で組織運営をした方が良いことが分かります。

支配型リーダーよりも、「サーバントリーダー」の方が、その部下であるメンバーがリーダーに対して抱く感情にポジティブな面が多いことも知られています。

たとえば、業務遂行のためにおこなうリーダーの行動について、「支配型」とサーバントではそのやり方が大きく異なります。

支配型では「指示」「命令」が中心ですが、サーバントリーダーはコーチングやメンタリングで部下をフォローし、メンバーの全員が最も高いパフォーマンスを発揮するように監督する役割を果たします。当然、後者の方が、部下の「満足度」が高いでしょう。

また、そのフォローのモチベーションは、「ビジョンの達成」を「組織全体で遂行する」という考えに基づいていますから、組織全体が一つの大きな方向に向かって前進する原動力になるといえます。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。