山形市職員 大場俊幸氏 一般的には「ワーク・ライフ・バランス」と言われますが、僕は「ライフ・ワーク・バランス」だと思っています

IKIKATA 大場俊幸
スポンサードリンク

 

今回は、山形市役所の職員として、雇用対策や創業支援に携わっている大場俊幸さんのIKIKATA。

二度の大学受験と、夢の挫折。紆余曲折を経て市職員を志した大場さん。「市職員になったキッカケはどんなものだったのか?」「今の公務員に必要なスキル・考え方は何か?」…と、様々なことを話していただきました。

これから公務員を目指す方や、若手公務員にとって必見のインタビュー内容となりました。

 

具体的な業務

 

山形市役所 雇用創出課 雇用労政グループの主査としてシゴトをしています。

山形市の佐藤市長が提言した「産業の振興による雇用の創出」の具体的な施策のうち、主に「雇用対策」と「創業支援」(スタートアップ支援)を担当しています。

 

—具体的な業務内容としては、どのようなことをされているのですか?

創業に関する相談を受け、コンサルタントなど専門家につなぎ、創業に関する個別のゼミを受けてもらうことなどで、創業希望者の財務や経営を間接的に支援しています。

僕ら公務員はその道の「専門家」ではないので、専門の知識や能力を持つ民間事業者に委託したり、補助金を出すという方法で、そういった支援を行うこともあります。様々な手段で、支援を実行するという形になります。

 

—そういった施策をおこなうためには、やはり創業や雇用に関する専門的な知識や情報を把握する必要があると思います。そういった知識や情報を「学ぶ」機会というのは、どのように工夫されていますか?

たとえば、外部で自治体職員向けに開催されている講座(セミナー)に出席する、あるいは自ら上司に聞いて教えていただいたり、自分で自発的に調べたりといったことはしていますね。また、実際に起業した方や、市内の企業の景況感など、現場の声を聴くというのも大事にしています。

問題は一つの分野だけでは解決できない場合がほとんどで、例えば福祉分野などは、金銭面や生活だけでなく人生相談にまで及ぶことがあります。その問題の当事者がこんがらがっている部分を、「紐解いていく」ことも僕たちのシゴトです。

市役所で働くうえでは、そういった能力が求められるということですね。だからこそ、様々な分野を学ぶために「人事異動」があるのかもしれません。市の職員として”総合的に成長する”ということが大事なんですね。

一方、僕が過去、財務局の面接を受けたときの人事の方に言われたある言葉に、「財務局は財務のスペシャリストというイメージがあるかもしれないけど、スペシャリストの中でジェネラリストであることも求められている。」というものがあるんです。

これを地方自治体という総合行政に置き換えてみた場合、「ジェネラリストの中でスペシャリストであることが求められている。」と言い換えられると思います。地方公務員は、ジェネラリストでいるだけではなく、法務や財務、語学やデザインなど自分の強みを持つ、「スペシャリスト」という立場(を志向できるかどうかということ)が大事だと考えています。

”一見相反するような両側面を同時に持つ”という考え方は、今の自分自身の”生き方”にも影響を与えていて、大きく言えば、「Think globally Act locally」という言葉になります。

「木を見て森を見ず」という風にならないように、「視野をある程度広げ俯瞰したうえでローカルに落とし込む」ということを意識してシゴトをしていますね。

若い皆さんがシゴトを選ぶ場合も、やはりいろんな世界を見てみたうえで「コレだ!」と決めたほうがいいですからね。

 

今の仕事に就いた経緯・キッカケ

 

大学入学から二回目の受験まで

 

高校時代はなんと、3年生12月の時点で偏差値が40程度だったんですよね(笑)

もう当然のことなんですが、「入れる大学ないな」と(笑) とにかくそのときは日本国内で入れる大学を探していましたね。親には「国立大学に入ってほしい」と言われていたので、「(この成績で大学に行くためには)三教科だけで行けるところにいくしかない!」と考えました。

本当は吉祥寺に住みたかったんですが(笑) 三教科で受験できる某国立大学を受けまして、入学することになったんです。 その大学は、東京の私大を目指していた浪人生が多かった。その人たちとよく大学に行かないで遊んでいました(笑)

やはり、浪人している人って色々な意味で「濃い」んですよ。僕はそういう人が好き。 こんな面白いやつらが集まる東京に行ってみたい、チャレンジできるのは一生のうちで今しかないと思い、もう一度受験勉強したいと考えるようになって、1年の夏にはもう大学を辞めようと思ったんですよ(実際は親に止められて辞めてはいないのですが)。

結果的にはもう一度受験をしなくてはいけないことになってしまったけど、ここでリスクをかけて自分に投資することは、長い目で見てリターンが大きいと思ったので、この経験は”買い”だと思いましたね。

 

 「意志の違い」に気づいた専門学校での経験

 

この経験が得られるだけで、十分元は取れるだろうと。日本の中心に集まる「変なやつ」に会いたくて、早稲田大学を受験したんですが、青山学院大学の法学部も「かっこいいなぁ」という理由だけで受けていたんですよ(笑)

実はそのころから弁護士になりたくて、その理由も「弁護士ってかっこいいよなぁ」というだけの理由なんですが…(笑) 弁護士になるためには、ふつうは3年辺りから専門学校に通って勉強するわけです。でも、1年生からそれをやれば勝てるんじゃないかと考え、司法試験専門学校に入学当初からダブルスクールしました。

その学校の8割は早稲田、慶應、東大の人たちで、やっぱりデキるんですよ。

では、いわゆる「頭が良い」人は何が違うのかというと、結局は「努力の違い」なんです。さらに、それほどの努力ができる理由は「意志の強さ」が違うからこそ。

結局、その「意志」も、「動機付け」ができているかどうかで決まる。だから、そういう意味では、自分には「弁護士になりたいというものすごく強い動機」というものが無かった。また、勉強を頑張っている人たちにあるような「ストーリー」が自分には無かったんですね。

なので、それに気づいた3年目に、僕は(弁護士になる夢を)諦めたんです。だって、僕は凡人だから「努力」で勝とうと思っていたわけですが、努力の源となる「動機(意志)」で勝てない以上、頭良くて努力している人たちに勝てるわけがないと思ったから。早めの決断でスッパリ切り替えました(引き際を見誤りズルズル試験浪人する人たちも見てきたので)。

 

 「市職員」になるキッカケ

 

山形市役所の先輩にあたる高校の先輩が、とある情報誌に掲載されているのを見つけたんです。当時大学生だった僕はその先輩に電話して、色々「市職員のシゴト」について聞いてみたんですね。

先輩にその時言われたのが、「市役所には色々なシゴトがある。市役所の仕事というと、決まった事務をするだけというイメージがあるかもしれないけれど、市職員の仕事は思った以上に”クリエイティブ”なシゴトだ」ということでした。なぜなら、「自分の考えが市の政策になるからだ」と。

そこで「公務員に対する価値観」というのが変わりましたね。それまでは否定的なイメージがどうしても強かったんです。保守的で前例踏襲的だ、というイメージでした。

それとは別に、県の職員をしていた僕のおじさんにも、市役所のシゴトについて言われたことがあって。「住民と接点を多く持てるのは市職員のシゴトだ」と。

その(2つの言葉をもらった)段階で、「山形市役所」を志したんです。

山形が好きだったということ。山形を元気にしたいということ。その気持ちはやっぱり強くあります。だから、公務員になるための試験はもちろん頑張らなくてはいけないけど「山形が好きだ」という気持ちでは、だれにも負けている気がしなかったんですよ。市役所試験なら、努力できる動機がある、だからいけると思ったんです。

 

—努力には、「動機付け」と「意志の強さ」が重要だ、ということを知った経験があったからこそ、市職員を目指す努力ができたということなんですね。

努力ができないというのはやっぱり言い訳なんですね。結局は「努力の量」で。でも努力というものは「やろう」と思ってできるものでもないんですよ。そこには「動機付け」が必要ですからね。

その強い動機を見つけるためには、色々なことを経験するしかない。でも、(見つけるべき動機は)別にかっこいい動機でなくていいんです。

「かっこよくなりたい」とか「女性にもてたい」とか、そういうことでもいいんです。ただ、その動機付けが強力であればあるほど、意志が固くなって努力ができるんです。

1980年、山形市生まれ。山形南高校卒、静岡大学中退、青山学院大学法学部公法学科卒。2004年に山形市役所に採用され、2016年4月より商工観光部雇用創出課に配属。2010年~2014年の5年間、公益社団法人山形青年会議所にも所属し(派遣研修)、民間主体のまちづくりにも参画した。 プライベートでは、県内最大級の草の根交流会「山形LOVE飲みッ!」や、自分たちのまちへの関心を高めることを目的としたトークイベント「やまがた語らナイト」の企画に携わっている。

大場俊幸(おおば・としゆき)1980年、山形市生まれ。山形南高校卒、青山学院大学法学部公法学科卒。2004年に山形市役所に採用され、2016年4月より商工観光部雇用創出課に配属。2010年~2014年の5年間、公益社団法人山形青年会議所にも所属し(派遣研修)、民間主体のまちづくりにも参画した。
プライベートでは、県内最大級の草の根交流会「山形LOVE飲みッ!」や、自分たちのまちへの関心を高めることを目的としたトークイベント「やまがた語らナイト」の企画に携わっている。

 

仕事で工夫していること・考えていること(職業観・ポリシー)

 

「はたらく時間」は人生の3分の1

 

「はたらく」ことは、とても尊いことで、シゴトによって人は磨かれると思います。しかし、人生の「部分」にしか過ぎないと考えています。一般的なサラリーマンの場合、時間で言えば人生の「3分の1」でしかない。

定年退職しても、残りの人生は「20年」以上あります。退職後、結果的に「組織の看板」を下ろすことになりますが、看板がなくても自分はこうだと言えるような生き方が大切だ、ということを考えていますね。

 

ライフワークバランス

 

一般的には「ワーク・ライフ・バランス」と言われますが、僕は「ライフ・ワーク・バランス」だと思っています。必ずしも働かなければいけないわけではないし、人生の中で働いていない時間の方が多い。

経営者は「会社を背負う」役割ですから、(構図として)「ライフ=ワーク」になりますよね。自分が管理職や経営者になったつもりで考えたり働くというのはとても大切なことです。でも一般的な労働者の多くは、「ライフ=ワーク」という構図は当然には成り立ちません。

影響力のある人の意見というのは、「企業の経営者」「社長」だったりしますから、そういう意見ばかりを鵜呑みにしないで、今の自分はどこを目指すのか、どう生きたいのかを問うことも大切かな、と思いますね。ただし、誤解しないでいただきたいのは、働くのは人生の一部だからと言って、人生を楽しむことを優先して仕事の手を抜くこととは違うということです。きちんとプランニングして人生を楽しみつつ、仕事もきっちりやる。これが大事なポイントだと思います。

「ライフワークバランス」を考えるのがいかに大事か。シゴトによって心身の病気になって人生を棒に振ってしまう人もいるわけですからね。自分の「ライフ」の部分をしっかり持ったうえで、ワークとライフのバランスに気を遣うことが重要です。身近な人の死や、自らの大きい病気を経験して、ここに後から気づく方も多いんです。

僕がこの考えを持てるようになったのは、なんといっても海外での経験のおかげで。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生き方の多様性に気づいた海外経験

 

海外旅行をして現地の人に「何日間の旅行なの?」と聞かれて、「5日間だ」と答えると、「どうしてそれしか休みをとらないの!?」とびっくりされます。日本では5日間でも休みを取り過ぎだと言われるけど、欧米の人たちは、働くときは働く、休む時はしっかり休むでメリハリがある。

それでいて、国家としての経済力はそれなりにある。どちらの考え方が正しいとか、正解があるわけじゃないけど、価値観の違いを知って、僕が常識だと思っていたことは、儒教思想がベースになっている地域の常識であって、世界の常識じゃないんだと気づいたんです。

また、海外では、70歳を過ぎてもボートで観光案内のシゴトをしている方と出会ったり、70過ぎでセスナ機を操縦する方に出会ったり。また、今でこそ「個人ツアー」が日本でも流行っていますけど、それよりずっと以前から欧米では、ご年配の方でも夫婦で旅行にかなり行ったりしていたんですね。

そういう(日本の価値観とは違う)部分を見て、従来の自分の「ワークライフバランス」の価値観が崩れていった、というのはありますね。

そういう生き方を見たときに、「こういうの、いいな」と。「そういう風に生きるためにはどうすればいいのか?」逆算して考えてきて、”今”があるのかな、と思います。

社会のためだけに働くのでなく、家族や自分のために働くという意識もあるので、(シゴトだけではなくて)自分の家族を一番大事にしているし、きちんと家庭での時間を取るということは当然意識していますね。なかなか実行はできないですけど(笑)

 

大場さんのような職種・業種に必要なスキル

 

営業力

 

民間はマーケティングや営業が必須ですよね。当然ですが、(商品・サービスを)売る必要がありますから。統計や行動経済学を駆使して、どこにお店を作ったら人が集まるのか、その結果、どのくらいの売り上げがあったのかをしっかり検証して、赤字が出ないように原価や調達コストを低くして利益を高めるとか、結果に対してものすごくシビア。だから売れる商品やサービスを作ろうと必死になる。

それに対して、行政は、例えば公共施設の設置場所一つとっても、民間じゃ絶対作らない場所に作ってしまったり、利用しにくいような制度をつくってしまったりするのは、よく悪い例で挙げられたりします。

人が集まりたくなるような、利用したくなるような「売れる商品やサービス、イベント、仕組み」を作っていかなければいけません。公務って、公権力を扱う仕事だから、極論を言えば、やろうと思えばできちゃうんですよ。でも、人や組織、地域を本当に動かすには、人の心を動かすことが大事だと僕は思うんです。そのためには、一流の営業マンのように、「人の気持ち」を知ることができる公務員が求められていると思います。

 

人間力

 

公務員試験を受けて合格すれば、公務員になることはできます。しかしやはり「人間力」がないといけないんですね。

「対外的な交渉」や「人の教育」に携わるためには、自分自身が”信頼されている人間”であるかどうかというところが特に重要で、そういった部分が人間力になります。

「堅いお役所人間」ではなく、人間として誠実で魅力的な行政マンでなければいけないということです。

 

チャレンジングであること

 

リスクを取りたがらない傾向というのは、どうしても出てきてしまうものなんですよ。そうならずに、「失敗してもいいから、やろう!」という風に思えるかどうか。

無難な考えでは「無難なシゴト」しかできない。ですから、「チャレンジできる人」であることが重要です。

 

大場さんのような職種・業種を目指す方々へのメッセージ

 

「本を読め、人に会え、旅をしろ」ということでしょうか。自分の「固定概念」を壊す作業が大事です。

”考え”というのは、必ず凝り固まってくるものですから、若いうちから様々な経験をしていくことが大切ですね。

大事なのは、今のあなたの価値観が一生続くわけではないことを知ることです。自分がとても気に入って買った服なのに、何年か経ったら恥ずかしくて着れないことって、ありますよね。

スゴい人に出会ったとき、海外に行ったとき、自分の病気や身近な人の死に際したとき、結婚してこどもが生まれたとき、あなたの価値観は必ず変わっていきます。それを柔軟に受け入れるとともに、事前に予測してほしい。

自分自身の才能や努力の結果も必要ですが、それ以上に、人は周りの環境や出会う人からの影響を大きく受けながら成長していきます。

僕は人に会ったときに、肩書や働き方ではなく「生き方」を訊きたい。日本社会の一部の中では肩書はそれなりに重んじられますが、自分の属する社会という井戸から出たら、(例えば社長であっても)ただの人ですよ。こども達や、旅先であった人の前では肩書なんて通用しない。自分は何を大事にして、どんな人生を送ってきたか、これからどんな人生を送りたいかを語れて実行できる人になってほしい。

正解はありません。時に妥協が必要な時も来るかもしれないけど、正解主義に毒されず、自分が納得できるような生き方を自問自答してほしい。

それが、「IKIKATA」なのではないかと思いますね。

 

—ありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク
IKIKATA 大場俊幸

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH