最近すぐイライラしてしまう人がとるべきイライラ解消法5選!

スポンサードリンク

イライラすることは精神衛生的にも、はたまた体力的にも、何もいいことはありませんよね。

しかし、イライラすることは誰にでもあること。つまり、「避けられないこと」です。イライラする根本原因を解決するためには「問題解決」のための思考と行動が必要ですが、客観的にイライラの要因をとらえるためには、そもそも「気持ちに余裕を持つ」必要があるでしょう。

イライラする根本の原因を解決することと、不定期に襲ってくるイライラを解消することは別のことととらえる必要があります。そうすることで、客観的な解決を導くための「余裕」が生まれてきます。

そこで今回は、「今イライラしている!」ときこそ実践できるイライラ解消法を5つご紹介していきます。まずは、感情を静めることが大事です。

 

5つのイライラ解消法!

mindmap-2123973_640 (1)

(1)紙に書き出す・言葉に出す

 

「言霊」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。日本古来の考え方として、「声に出した言葉が現実に影響を及ぼす」という考え方があります。それが「言霊」です。

この「言葉を先に発すると、心に影響を与え、想いが後からついてくる」という現象を「マングローブ効果」と名付けたのは、東京農工大学院の言語文化科学部門専任講師、宇野良子博士。このマングローブ効果は、イライラしているときに有効です。

具体的には、イライラしてしまっているときに「まあいいか」と自分自身に心を落ち着かせる言葉を紙に書いたり、声に出して言ってみたりすること。そうすることで、イライラを和らげることができるでしょう。

もちろん、個人差はありますが、イライラした際にそれを「習慣化」してしまえば、その分効果も強まっていくでしょう。無意識のうちに、自分が発したり書いたりする言葉を信じる習慣を持つことができるからです。

「マングローブ効果」を利用し、イライラを落ち着かせる言葉を書き出す、もしくは声に出すこと

 

(2)その場から立ち去る・10秒我慢する

 

イライラしているときは、そのイライラの原因から、物理的・時間的な距離を取ることが大事です。

物理的な距離とはつまり、イライラする原因のある場所から距離を取ること。短時間でもいいので、一度その部屋、あるいはその空間から出ましょう。

時間的な距離は、ものの10秒程度、「怒り」をグッとこらえること。人の怒りは10秒間がピークです。「怒るタイミングが分からない」という状況は、無意識のうちにこらえる時間を確保しているから起こることです。それを有効に活用するのです。もし、イライラが爆発してしまうそうなときは、まず「こらえる」ことが重要です。

要するに、「イライラ」からどのように距離を取るのか、ということが大切です。それは、客観的にイライラの原因を解決しようとする際にも役に立ちます。

イライラする要因のある空間から出る、あるいは10秒以上イライラの爆発を抑える

 

(3)イライラしているときにする「動作」を決めておく

 

(1)紙に書き出す・言葉に出す という解消法にも繋がりますが、「習慣」としてイライラを解消するために「すべき行動」を自分で決めておくことも有効です。

たとえば、緊張してしまうときに「人という字を三回書いて飲み込む」という動作は、「アンカリング」と呼ばれます。その動作によって、「緊張しない」状況を作ることができるのです。しかし、そのためには何度もその動作をおこなって習慣にする必要があるでしょう。

この方法をイライラしているときに応用すると、「イライラしているときは一度深呼吸する」といった簡単な動作で、イライラをストップする状況を作ることができます。最初のうちは、この方法を単体で試しても効果が現れませんが、今回紹介する解消法を行う前に動作を決めておくと、じわじわと効果が出てくるでしょう。

自分で条件反射を創ることが大切ですね。

「イライラしたとき」におこなう動作を決めておくこと

 

(4)「自分が役に立っていること」をイメージする

 

『嫌われる勇気』で有名なアドラー心理学には「共同体感覚」という概念があります。

「共同体感覚」とは?

”共同体感覚は、文字の如く『共同体と思える感覚』です。言い換えると『他人を仲間
と思える感覚』のことです。”(引用:「共同体感覚とは?」-アドラー.com)

アドラー心理学では、幸福を「共同体感覚のこと」としています。人は、共同体を作ることで社会に貢献するとともに、個人の幸せを実現してきました。よって、その感覚を呼び起こすことが大切です。

イライラを解消する際にこの「共同体感覚」を活用するならば、「自分はどこでどういう風に誰の役に立っているか?」を考えることで、自分がイライラしている要因に対して意識をすり替えるということになるでしょう。

「イライラ」とは、実のところ「自分の思い通りにいかないこと」によって生じる感情です。しかし、「自分ではどうしようもないこと」ではなく、「自分ができていること」にフォーカスして思考を整理すれば、イライラするものごとに対して、興味を薄れさせることができます。

「なぜ自分の思い通りにならないのか?」という感情を「共同体感覚」ですり替えること

 

(5)情報をシャットダウンする

 

イライラしているときでなくとも、直近で起きた出来事に関するキーワードは目につきやすいでしょう。たとえば、最近知ったことが、突如としてニュースや新聞などで話題になっていると感じるのは、情報から連想できるものごとが増えたことを意味します。

最近自分の身に起きたことや知ったことは、比較的情報として入ってきやすいのです。

よって、「イライラしているとき」に情報をインプットしようとする、もしくは、情報に触れることをしてしまうと、通常よりも「イライラに関連する情報」に目がいきやすくなりますよね。

まずは、「イライラを引き延ばす原因」をシャットダウンしてしまいましょう。スマホやPCから一度離れるだけでも効果がありますよ。

ニュースアプリやTVなどの情報をシャットダウンする

 

イライラと距離を取るイメージ

pexels-photo-27710

今回は、イライラしてしまう人向けに5つのイライラ解消法をご紹介しました。継続的にすべきことも含まれていますが、どれも特別な準備は必要ありませんので、ぜひ実践してみてくださいね。

イチバン大切なのは、「イライラと距離を取る」ということです。距離を取るだけではその場しのぎにしかなりませんが、一度感情と理性を切り離すキッカケにもなります。ですので、「今抱いているイライラ」を取り除く方法は、おさえておいて損はありません。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。