ノウハウの意味とは何か?ビジネスで役立つ技術を学ぶための心構え

ノウハウの意味とは何か?ビジネスで役立つ技術を学ぶための心構え
スポンサードリンク

「ノウハウ」は、仕事の方法や技術、日々の生活をより良くするための情報など、様々なシチュエーションで使われる言葉ですよね。ノウハウを学ぶことで、あなたの仕事や働き方・生き方が良くなっていきます。

しかし、そもそもノウハウとはどのような意味なのかを考えたことがあるでしょうか?

また、ノウハウを学ぶときの心構え(マインドセット)が整っていないと、いくら技術や知識を詰め込んでも無駄に終わってしまうことがあるため、注意が必要です。

そこで今回は、ノウハウのそもそもの意味や使い方のほか、ノウハウを学ぶメリットや効果、そしてノウハウを学ぶときの注意点と心構えを解説していきます。

Contens

ノウハウの意味とは|語源と使い方・例文

ノウハウの意味とは|語源と使い方・例文

 

ノウハウとは、仕事・ビジネス現場やビジネス書、自己啓発本からテレビ、インターネットの記事に至るまで、様々な場所で使われる言葉です。

また、仕事だけではなく日常生活を便利にする方法としてもノウハウは使われています。

しかし、ノウハウと言う言葉の意味自体をしっかりと知っている方は少ないのではないでしょうか?

正しい意味を理解したうえで具体的なノウハウを学べば、より学習効率が高まり様々なことをより多く学ぶことができるようになります。ぜひノウハウの意味をおさえておきましょう。

 

ノウハウの意味を簡単にいうと?

ノウハウとは、「専門的な技術やその積み重ねのこと」「仕事を進めるための知識」のことを指す言葉です。

企業の活動に必要な生産・経営・管理・技術などに関する知識・経験の情報。新しい(独自の)技術やマーケティングテクニックなどもノウハウである。

引用:ノウハウ – コトバンク

もともとは、企業の活動に必要な生産・経営・管理・技術全般を指す言葉として使われていましたが、個人単位で学ぶべき情報や経験・スキルや仕事の方法などを指す言葉としても多用されています。

また、単なる技術ではなく、「仕事の秘訣」「裏技」のようなニュアンスで使われることが多く、本屋に並ぶ「営業のコツ」「業務効率化のコツ」などの本はノウハウ本と呼ばれます。

また、仕事だけではなく日常の様々な事柄(家事・育児・介護・生活を便利にする方法)にもノウハウが使われることが増えています。

そのため、「物事を始める/進めるために必要な実際的な情報と方法」と覚えておけばOKです。

 

ノウハウと技術の違い

ノウハウと似ている言葉には「技術」があります。ノウハウの中には、技術も含まれているため、この2つの言葉が同じ意味を持つときと、そうでないときがある点に注意が必要です。

たとえば、民事裁判を有利に進める方法をノウハウとした場合には、裁判に必要な法律の知識と裁判を有利に進める技術の両方が含まれます。

一方、「民事裁判の始め方」だけをノウハウとした場合、裁判を有利に進めるための方法や優良な弁護士を選ぶ方法のほか、裁判を進める技術はノウハウに含まれない場合がありますよね。

このように、ノウハウと呼ばれているものに含まれている内容によっては、技術的なことが書いてある/説明されてあるときとそうでないときがあります。

そのため、ノウハウを学んだからといってすぐに技術が身につくわけではないことにも意識を傾けておくべきでしょう。

 

ノウハウの語源は?

ノウハウの語源は、英語「know how(〜するための)」という意味です。英語では「know how」のような言葉が複数ありますので、ここで学んでおきましょう。

  • how what:何をしているのか自分で理解している/分かっている
  • how why:物事の「なぜ?(理由)」を理解している
  • how who:だれがどんな人物なのか理解している

ノウハウは物事を進めるための方法・知識を指す言葉ですが、英語における上記の言葉は、物事を進めるうえで必ず意識しておくべきこと。

ノウハウを学ぶ際には「what」「why」「who」も一緒に考えておくことで、より深い学びが得られるでしょう。

たとえば、「報告・連絡・相談の方法」というノウハウを学ぶときに、「報告連絡相談とは具体的にどんな行動なのか?(how what)」「なぜ報告連絡相談が大切なのか?(how why)」「報告連絡相談する上司はどんな立場なのか?(how who)」などに分けて学ぶと頭に入りやすいでしょう。

 

ノウハウの使い方・例文

ノウハウは、下記のように様々な用法で活用されています。あなたが誰かに仕事の進め方や業務の流れを解説するときに「ノウハウ」であることを先に伝えておけば、相手にも伝わりやすいでしょう。

  • 営業ノウハウを学ぶためには実務経験が必要不可欠だ。
  • 業務の流れをノウハウとして伝える。
  • コミュニケーションスキルをノウハウをもとに鍛える。
  • 仕事の時間配分のノウハウを学ぶ。
  • ノウハウ本を読む。

 

ノウハウの類語・言い換え語

ノウハウにはよく似ている言葉があります。たとえば、先程も解説した通り「秘訣」「コツ」「裏技」「要領」「方法」などはすべてノウハウに含まれるものです。

そのほかにも、似ている言葉があります。それぞれの違いは下記でご紹介しています。

ハウツーとノウハウの違い

ノウハウに似ている言葉には「ハウツー」があります。英語でハウツーは「How to」になります。つまり「どうやって物事を進めるのか?」に関する知識を表す言葉です。

これだけではノウハウと同じですが、ハウツー本という言葉があるように、ハウツーには「初心者向けの知識・方法」を表すニュアンスがあります。

「入門知識」「初心者向け情報」などはハウツーです。

一方、専門的な知識を前提として手法論や知識・情報などは、ハウツーではありませんが「ノウハウ」になります。

ノウハウの中に、「初心者向けの情報」としてハウツーがあると考えるとわかりやすいでしょう。

 

ナレッジとノウハウの違い

ノウハウと似ているもう一つの言葉には、「ナレッジ(英語:knowledge)」があります。

ノウハウとハウツーでは、ノウハウのほうが広い意味を持つ言葉でしたが、ナレッジとノウハウではナレッジのほうが広い意味合いを持つ言葉です。

ナレッジは「知識」と翻訳できますが、ノウハウは「専門的な技術やその積み重ねのこと」「仕事を進めるための知識」と解説しました。

つまり、ナレッジ(知識)の中に、ノウハウが含まれているということになります。

たとえば、専門知識は必要ないが方法を覚えればできる仕事を例に取りましょう。

簡単な事務作業等です。この場合、仕事の流れを覚えることは「ノウハウを学ぶ」ことになりますが、知識を学んだとまではいえませんよね。

その場その場でナレッジに当てはまるのかどうかは重要ではありませんが、違う意味を持つ言葉として覚えておきましょう。

次は、ビジネス用語・仕事におけるノウハウの意味をさらに深く学んでいきます。

 

ビジネス用語や仕事におけるノウハウの意味とは

ビジネス用語や仕事におけるノウハウの意味とは

ビジネスでも日常生活でも「ノウハウ」という言葉が多用されていることを先ほど解説しました。

物事を始めるにあたって初心者がまなぶべきことがハウツーですが、専門的な方法・知識を含めた学びがノウハウになります。

ノウハウは、それを日本語に直すと「手続き的知識」と呼びます。手続き的知識とは、物事を進める際に直接的・実際的に必要な情報・知識・技術のことです。

ビジネスにおいてノウハウが必要ない分野はありませんが、よくノウハウが使われる分野は下記の通りになります。

  • 企業経営
  • 生産・製造
  • 広報・マーケティング
  • 営業
  • IT・Web開発
  • 人事・採用(HR)
  • 法務
  • 経理・会計
  • 財務・M&A

企業活動は各種の仕事で細分化されていますが、どれも仕事の進め方の全部がテキストになっていたり、マニュアル化されていたりするわけではないですよね。

あなたが今取り組む仕事も、マニュアルや会社規則に書いてあることだけで学んだわけではなく、上司や先輩、あるいは同僚や取引先などから学んだことが多いはず。

ノウハウは、そういった「仕事を進めるための手続き的知識」のうち、テキストやマニュアルにされていないものを多く含む知識・情報・方法を指すのです。

 

知的財産権とノウハウの関係とは

知的財産権とノウハウの関係とは

 

ノウハウは仕事・ビジネスにおいて手続き的知識を指す言葉であることを解説しました。仕事におけるマニュアル化されていない知識・情報・方法がノウハウなのです。

ただ、ノウハウは特許制度とも関連があり、そこでは意味も異なってきます。ここでは、補足として特許とノウハウの関係をご紹介していきます。

 

特許とノウハウの関係

国際商工会議所(ICC)のノウハウの定義によると、ノウハウは下記の意味合いを持つ言葉であることが示されています。

国際商業会議所(ICC)は、1960年に作成した「ノウハウ保護基準条項」の中で、ノウハウを次のように定義している。「know-howとは単独で又は結合して、工業目的に役立つある種の技術を完成し、またそれを実際に応用するのに必要な秘密の技術的知識と経験、またそれらの集積」。

引用:ノウハウ(知的財産権) – Wikipedia

発明や技術などを他者から保護する権利として「知的財産権」という権利があることをご存じでしょうか?

企業(または個人)が、技術を完成させて応用するための知識や経験の集まりも、知的財産権のひとつである「ノウハウ」として認められることがあります。

特許出願をすることで、ノウハウは第三者が勝手に利用することのできない権利になります。不正競争防止法と呼ばれる法律では、ノウハウの保護が対象となっています。

また、「秘密保持義務」を理由に、ノウハウに関して秘密保持契約を結べば、ある会社のノウハウを契約を結んだ従業員が辞めたあとに、そのノウハウを利用することができなくなります。

一般的に知的財産権としてのノウハウを知っておく必要はありませんが、無形財産(形のないもの)としてのノウハウは今後さらにIT社会の中で重要性を増します。

ノウハウが今後もビジネスに於いて重要になってくることは間違いないでしょう。

 

ノウハウを学ぶことの効果・メリット

ノウハウを学ぶことの効果・メリット

 

ここでは、ノウハウを学ぶ効果やメリットについて解説していきます。ノウハウは「仕事に役立つ知識」などといったように理解されていますが、しっかり考えていくとその本当の効果が分かります。

これからどんどんノウハウを学んでいきたい方は、下記のノウハウの効果・メリットを常に意識しておくと、より学びを吸収するスピードがあがるでしょう。

 

1 体系的な知識を学ぶことに繋がる

ノウハウはあくまでも実際に活用できる知識や情報、方法を学ぶだけであるため、ひとつの分野すべての情報や知識を習得できるわけではないことがほとんどです。

しかし、実際の仕事で使える知識から学ぶことで、「形から入ること」が簡単になります。

どんな仕事でも、実務経験を積むことでスキルアップすることができますよね。ノウハウを学ぶことで、より体系的な知識(ひとつのまとまりを持った知識)を学ぶことに繋がります。

 

2 現場ベースの知識を学ぶことができる

ノウハウは実際に活用できる情報や知識です。

世の中には、学問的にはむずかしいのに現場では使えない知識もたくさんあります。一方、ノウハウは「〇〇に役立つ!」ということが明らかなことが多いです。

よって、現場ベースで実態に即した学びが得られるのがメリットになります。ただし、ノウハウの中には実際に使えない情報が混ざっていることもあるので、うのみにするのは避けましょう。

 

3 具体例やケーススタディ(事例研究)で学ぶことができる

ノウハウは、仕事現場で実際に使える知識です。そのため、「机上の空論」と呼ばれるような学びではなく、実際のビジネスシーンで使える知識・情報であるといえます。

実際のビジネスシーンの具体例やケーススタディ(事例研究)を通して、「AのケースではBをすべき」という知識を学べるため、応用しやすいメリットがあります。

 

4 必要な部分だけ学ぶことができる

ノウハウは、一つの分野のすべてを学ぶことはできません。しかしその分、具体的なケースで使える情報・知識になっていることがほとんど。

つまり、一度だけやる必要のあることや、とりあえず取り組まなければいけない課題がある場合には、ノウハウで必要な部分だけ学ぶことができます。

世の中にノウハウがなければ、人はイチから仕事を始めて、自分で考えられる範囲でしか工夫することができなくなってしまいます。

ノウハウがあることで、自分で経験しなくても新しいことを始めるための知識を必要な部分だけ学ぶことができるのです。

 

5 すぐに実践できる

ノウハウは、すぐに実践できるものばかりです。実際に自分で真似して取り組んでみて、慣れてきたらノウハウを更に工夫できないか考え、発展させることができます。

ビジネスや仕事では、一度実践してみないとわからないことが多いです。知識を知っているだけではなく、その知識を生かして行動することが大切です。

 

ノウハウを学ぶときの注意点と心構え

ノウハウを学ぶときの注意点と心構え

 

ここでは、ノウハウを学んでいくときに注意しておきたいポイントを解説しています。世の中には、ノウハウ情報が溢れていますが、すべてをがむしゃらに学んでいくだけでは役立てることができません。

ノウハウの効果を理解したうえで、自分にとって必要なノウハウに絞り込むための心構えを身に着けましょう。

 

1 ノウハウは見聞きしただけで終わらせず実際に取り組む

ノウハウは、ノウハウ本やセミナーなどを通して学んだだけで身につくものではありません。実際に取り組むことが何よりも重要です。

ノウハウのほとんどは、ノウハウを編み出した人の状況でのみ活用できるというケースが多いです。たとえば、営業ノウハウであれば、売る商品・サービスや業界によって実践方法が異なります。

つまり、ノウハウは実際に使ってみて始めて意味が分かるもの。ひとつひとつ丁寧に実践することが重要になります。

 

2 数多くのノウハウを一気に試そうとしない

ノウハウ本やセミナーでノウハウを学んだ後にやってしまいがちなのが、メモを取ったノウハウを一気に全て明日から試そうとすることです。

通常の仕事でも同じですが、同時に複数の新しいことを始めようとすると、どれかに偏ったり、すべてが中途半端になってしまったりと、よいことはなにひとつとしてありません。

複数のノウハウを同時に学んだとしても、全て一気にやってみたい気持ちをおさえ、一番効果がありそうで、かつ、試しやすそうなものから実際に取り組むことをおすすめします。

 

3 必要ないノウハウは切り捨てることも必要

いくつかのノウハウを試していると、「このノウハウとあのノウハウは矛盾している」「ノウハウが必要なくなってきた」というケースが出てきます。

この場合は、以前のやり方に固執しすぎず、必要なくなったノウハウを切り捨てることも重要になります。

こだわりを捨て、ノウハウを実践することで達成したい仕事の目標に焦点を当てれば、捨てるべきノウハウは自然と見えてきます。

 

4 すぐに質問せずまずは調べる

ノウハウを学ぶときの姿勢として、「まずは自分で調べること」を心がけましょう。

特に、職場で上司や先輩に仕事の進め方を聴く機会はたくさんあると思いますが、自分で事前に調べて置けることを自分で判断することも大切です。

そうすれば、本当に学ぶべきノウハウから、効率的に学ぶことができるでしょう。

 

5 正解がないものがあることを知る

ノウハウを学べば、すべての問題が解決するわけではありません。

たとえば、あなたが仕事で解決できそうにない問題にぶつかっているとします。この場合、ノウハウを学んだだけで解決することはまずないでしょう。

あなたの課題は、あなた特有のもの。あなた自身でノウハウを作っていく必要があります。

ノウハウはあくまでもヒントとして活用するとともに、正解ばかりを探す姿勢を止めることで、ノウハウだけに頼らない人物を目指すことができます。

 

まとめ|ノウハウ会得はスキルアップのために重要!

まとめ|ノウハウ会得はスキルアップのために重要!

今回は、ノウハウの意味やノウハウを学ぶメリット、そしてノウハウを学ぶときの心構えをご紹介してきました。

ノウハウは世の中にありふれていますが、学ぶべきノウハウをきちんと自分自身で判断するとともに、自分に必要な情報や方法を取捨選択することが重要です。

ぜひ今回の記事を参考に、スキルアップへと繋がるノウハウの学び方を見直してみてくださいね。

 

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

 

ここでは、今の職場や待遇、働き方に不満を抱いている方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

転職活動というと、下記のようなイメージがあるのではないでしょうか?

  1. 「失業リスクがある」
  2. 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」
  3. 「転職すると給料が下がる」
  4. 「新しい環境に慣れるのが大変そう」

しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。

 

1 転職活動に失業リスクはない!

転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。

一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。しかし、それは”間違い”です。

大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。

20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。

引用:年代別の転職回数と採用実態 – リクナビNEXT

20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。

つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。

ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。

 

理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」

人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。

2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18.6%)が「減る」(4.0%)を大きく上回っている。

引用:中途採用調査 – リクルートワークス

つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に活発に採用活動が行われていることを示しています。

 

理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」

転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。

しかし、その点についても心配いりません。今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。

たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。

  • 求人を探す
  • 履歴書・職務経歴書を作成する
  • 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する
  • 面接を1次〜3次まで突破する
  • 給与条件や入社日を人事側と調整する
  • 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう

これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。

でも今は、「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。

そのため、転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。

以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:転職エージェントとは?おすすめの選び方と比較ポイントを徹底解説!

 

おすすめ転職エージェントは下記記事でご紹介しています。活用法や利用の流れも解説しているので、「転職エージェントを選びたい」という方はぜひ参考にしましょう。

 

また、「自分で求人を探したい」「自分のペースで求人を見てみたい」という方は、こちらの「転職サイトランキング」を参考にしてくださいね。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる

転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。

特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。

これまで得てきた経験を活かすには、「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。

「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。

あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。

もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。

業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。

業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、兄弟サイト「IKIKATA Database」のTOPページで掲載しています。

どんな経験・キャリアであっても、それを評価してくれる職場は必ず存在します。

もちろん、経験・スキルによって大幅に求人の見つかりやすさや条件は変化しますが、「今の職場に不満を感じている」のであれば、転職活動を始めてみるべきですよね。

 

3 転職しても給料は下がらない

「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか?

それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。

それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。

特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。

 

年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

また、実際に今のあなたの職種・業種の求人が一般的にどの程度の年収なのかを調べることも大切です。そんな方は転職サイトに登録し、職種/業種の条件から求人を探してみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる

転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。

「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。

しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。

それはなぜかといいますと、転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。

あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか?

実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

スポンサードリンク
ノウハウの意味とは何か?ビジネスで役立つ技術を学ぶための心構え

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。