山形市職員 後藤好邦氏「とにかく地域のことを想い行動したいと考えている人にはぜひ公務員になってほしい」

image24
スポンサードリンク

 

今回は山形市職員、後藤好邦さんのIKIKATA。

市職員としてだけではなく、東北まちづくりオフサイトミーティングの運営等、まちづくりにも積極的に関わっている後藤さん。

多くの「繋がり」を持つ後藤さんにその意義と秘訣について伺いました。

 

 

具体的な業務

 

山形市役所に務めています。

現在は企画調整課の交通企画係長として鉄道、バス、飛行機など山形市民が関わる公共交通に関する政策担当を務めています。

簡単に言えば「市民の利便性向上に向け公共交通のより良いあり方について考える仕事」です。現在の厳しい財政状況のなかで、公共交通に関して、市民が不自由ない状態となるよう様々な施策を考え実施する役割を担っています。

例えば、バスが走っていない地域住民の移動手段や仙山線の高速化・機能性向上、あるいは山形空港の利用促進等に関する仕事です。

 

また、以前は行革推進課というところで主に市役所で実施している様々な事務や事業の改善を仕掛けていくような仕事をしていました。

業務改善を組織の中に広めていく仕事ですね。

具体的には、ワークライフバランス(時間外勤務の削減や休暇の取得促進)の推進や職員提案制度などを担当していました。

 

—そういった施策を考える際はどういったものを参考にされていたんですか?

 

市民ニーズや他の自治体の事例ですね。

市民目線に立って考えることが、やはり基本です。

 

—そうなんですね。市民のニーズを聞く際は全体最適を考えることになると思うのですが、その中で苦労することは何でしょうか?

 

市民のニーズは当然一つではありません。実に多様です。その中で山形市が抱える課題や財政状況などを踏まえながらベターな方法を考えることが難しいです。

もちろん、そのなかで議員さんや様々な利害関係者の考え方も参考にします。当然、その考え方を100%実施するわけではないですが。

 

—先ほど2つの部署についてお話して頂きましたが、公務員は部署や課の異動が多いと聞きます。その際に大変なことはありますか?

 

部署により仕事の内容が全く違います。そのため、異動すると制度や法律を一から学ばなければならず大変苦労します。極端な話、観光系から福祉系の部署に異動することは旅行代理店から福祉関係の仕事に転職するような感じなので(笑)

そのため、今まで求められていたことと、次の部署で求められていることが違う、つまり、仕事の目的や取り組み方が全く変わってしまいます。

基本的に3~5年で異動するのですが、その度に担当する仕事に関する法律や制度について勉強する必要がありますし、当然、前担当者からの引継ぎもしっかり行ないます。

ポストが上に行けば行くほどその作業は大変だと思います。責任が問われますので。

ただ、色んな仕事に関われることは楽しいですし、自治体職員の魅力の1つだと思います。

 

—後藤さんは本職の他にも「東北まちづくりオフサイトミーティング」を運営されていますが、その詳細についてお聞かせください。

 

「東北を元気にしたい」
そのような想いを持っている人たちが集まった広域的なネットワークで、3人で立ち上げました。現在は14名の運営委員が中心となり企画運営を行っています。

具体的な活動は2,3ヶ月に1度の割合で行っている勉強会や復興支援のイベント開催、メーリス・フェイスブックページの運営などです。

 

この組織を立ち上げたのは、10年前に仕事でお世話になっていた大学の先生から関西で行われている勉強会に誘われたことがきっかけでした。

その際に山形市役所では味わえない「外の刺激」をすごい受けて。

この勉強会に参加し、やはり井の中の蛙ではいけないと思うようになり、それ以降も、継続的に参加し続けました。

そのような中で、こうした経験を山形市役所の後輩達にも味わって欲しいと思うようになりました。

しかし、関西での勉強会ということもあり、後輩たちに「交通費が高くて大変です」と言われてしまったんです。

それなら山形の近くで「外の刺激に触れられる場・機会」を創れば良いと考え、岩手県北上市の仲間と共に、東北をフィールドにしたネットワークを立ち上げたというわけです。

最初30人で始めた活動が今ではメンバーが850人以上もいるんですよ。

 

—「東北まちづくりオフサイトミーティング」から得たものは市役所の中でどう活きていますか?

 

今の時代、様々な情報をネットから収集することができますが、この情報は誰しもが収集できるものです。

しかし、実際には、ネットで手に入れられる情報は限られていて、それ以外の口コミにより収集できる情報こそが重要なんです。

その点で、オフサイトミーティングの場やつながりから得られる生の情報は本当に仕事に生かせるものばかりです。

例えば、総務省から自治体に届いた通知や様々な資料などの表現が抽象的だった時には、ネットである程度調べたあとに、その内容について総務省の知り合いに直接聞いたりしています。

 

 

今の仕事に就いた経緯・キッカケ

 

親が公務員だったこともあって、「公務員になった方が良いのかな」って子供の頃から漠然と思ってはいました。

でも親が仕事で帰りが遅い日もあったので、「公務員は暇だ」とか「仕事が楽だ」というイメージはなかったですね。

 

—就活の際はどういったことを考えていたんですか?

 

私が学生の頃はバブル時代の真っただ中で、多くの企業が利益追求ばかりを考えているような感じでした。それに辟易していたんですね(笑)

だから、一企業の利潤追求ではなく、社会全体の公益性に貢献できる公務員がいいなと思って試験の勉強を始めました。

 

 

プロフィール用

山形市役所企画調整部企画調整課 交通企画係長
1972年生まれ。1994年に山形市役所入庁。納税課、高齢福祉課、体育振興課冬季国体室、企画調整課、都市政策課、行革推進課を経て現職。
2009年6月に岩手県北上市や宮城県栗原市の職員らと共に「東北まちづくりオフサイトミーティング」を発足し、人・組織・地域・いろいろなものを繋ぎ、東北、そして日本を元気にするための活動を実践中。2015年4月からは、月刊ガバナンスにて「『後藤式』知域に飛び出す公務員ライフ」を連載中。

 

 

仕事で工夫していること・考えていること(職業観・ポリシー)

 

(1)仕事の目的は何かを考える

 

仕事に限らず手段が目的化しちゃうことがあるんです。例えば、その手法を導入しさえすれば問題は解決すると勘違いし、課題を解決することではなく、手法を取り入れることが仕事の目的になってしまう場合などです。

そのため、常に仕事の目的って何かを考えるようにしています。

例えば、ある市で成果が挙がった事業があるとして、その事業のやり方を自分の市にそのまま導入するのではなく、その仕事の目的が何かを考え、その目的を達成するために、その事業のやり方が有効かどうかを考えていく。そうしたプロセスが重要なんです。

市役所の場合、事業を実施することが目的ではなく、市民のため、課題を解決することが目的なわけですから。

 

 

(2)最高じゃなくて最適を目指す

 

仕事に限らず、極力、余計なことをしないように心がけています。

例えば資料を作るにしても最初から完璧な資料を作るようなことはしません。

自分で完璧だと思うものを作ったとしても、その後、上司に意見を聞くと修正が入るわけですから。

それなら、時間を掛けて最初から完璧な資料を作るより、上司の意見を聞きながら徐々に完璧なものにしていった方が無駄な時間を使わずに済みます。

このように、費用対効果を考えながら、最高ではなく、最適を目指すようにしています。

 

 

(3)頼まれごとは断らない

 

これは業務外のことも含まれます。

私は人との繋がりが最も大事だと思っています。繋がりが多ければ多いほど可能性が広がる。

自分の持ってないものを持っている人が周りに多ければ多いほど、できることが増えていきます。

でも「ただの繋がり」では何かをやろうと思っても一緒にできない。

だから次の段階として、繋がりを絆に変えていく必要があります。

私自身のつながりを絆に変えていくための方法が「頼まれごとは断らないこと」なのかなと思います。

そのことを継続していけば相手との信頼関係を創ることに繋がりますよね。

自分にできることならきちんとやる。難しいお願いでも100%断ることはせず、80%でも50%でもできることがあればお引き受けするようにしています。

 

 

(4)「できない理由」ではなく「できる方法」を考える

 

新しいことや難しい仕事に対面したときには、まず「できる」から始めることにしています

「できる?できない?」の検討から始めると、人はできない理由を考えがちです。

だから、あえて「できる」を前提に物事を考えるようにしています。

これは後輩等にも言っていますので、言ったからには自分でやることですよね(笑)

 

 

後藤さんのような職種・業種を目指すために必要なスキル

 

問題の本質を見抜き、最適解を考え、行動できる力に尽きます。

そのためには常に問題意識を持つことが重要です。そして、様々な状況を踏まえながら、その問題を解決するために「今何が求められ、今の自分には何ができるか」を考え、行動を起す。そんな人材が求められています。

今はライフスタイルや価値観が多様化しており、これに伴い社会的なニーズも画一的ではありません。

そのため、そのすべてを汲み取ることはできなくなってます。そういった状況から、そのような中で最適解を見つけられる力と、その実現に向けて行動を起せる実践力が必要になってくるという訳です。

 

また、これは富山県氷見市の本川市長の受け売りですが、タイムイズマネーが重視された成長時代と異なり、今のような非成長時代ではタイミングイズマネーの考え方が重要なんです。

つまり、チャンスを掴むための機会をより多く持ち、そして、訪れたチャンスはしっかりものにするということです。

そのためには、多くのつながりを創ることが効果的です。

つながりが多ければ、様々な機会に誘われることも増えますし、また、仲間と協力し合うことで対応できることも増えます。

ただし、仲間と協力するためには、単に、つながりを創るだけでは駄目で、より多くの仲間と信頼関係を築き、つながりを絆に変えていくことが大事なんです。

私なんかは30歳を過ぎてから、つながりを創るための活動をやってきましたので、学生のうちから、そうした活動を実践している人を見ると羨ましくなります。それだけ、より多くの人と知り合い、信頼関係を築くための時間的余裕があるということですから。学生時代から多様な繋がりを持ち、更に社会に出てからも、そうした活動を継続している人は年齢を重ねるごとにグーンと伸びます。

そして、そうした人は社会の中で柔軟に生きていくための反射神経を持った人になります。そうした人材が人生を実り多きものにしていくのではないでしょうか。

 

 

後藤さんのような職種・業種を目指している人へのメッセージ

 

—公務員志望の学生へ向けてお願いします。

 

自分の故郷でもいいし、住んでいる場所でもいいのですが、とにかく地域のことを想い行動したいと考えている人にはぜひ公務員になってほしいです。

非営利で公益的な仕事としては他にNPO等もありますが、まずは公務員になってほしい。

それは、公務員になり組織のなかで揉まれながら仕事をする経験をして欲しいからです。そうした経験を経たうえで、もし公務員として、自分がやりたいことができない状況になったら、辞めてNPOや会社を起業すればいい。その時に、組織の中で実践したことが必ず役に立つはずです。

また、人脈を広げる上では公務員が良いと思いますよ。信頼性が高いため、いろいろな人に会ってもらえますから(笑)

 

あとは学生でしかできないことをしてほしいですね。

時間がたっぷりありますので、いろいろな所に足を運び、自分の頭で地域の課題や解決策を考えてほしい。自分が市長になったらどうするか。とか。

考える癖をつけておくことが大事。色んな場所に行ったり、読書をしたりして。

学生だと失敗も許されるし、周りも寛容なので(笑)

学生時代に失敗しておくと社会人になってから活きてくる。

勉強ももちろん頑張ってほしいですけど(笑)

 

—最後に、公務員のやりがいは何でしょうか?

 

やっぱりやったことが市民生活の向上に繋がることですね。どんな仕事に就いていても、その先には市民がいます。

また、いろいろな分野の仕事ができる、ことも魅力の1つです。

民間企業にない部分がここにあると思うし、それが醍醐味ですよね。

 

—ありがとうございました!

 

 

インタビュアー: 山形大学4年生 遠藤涼

 

 

東北まちづくりオフサイトミーティングについて

 

東北まちづくりオフサイトミーティング(以下、「東北OM」)は、東北管内における地域づくりやまちづくりに資する人財育成を目指し、2009年6月6日に発足しました。「敷居は低く、されど志は高く」というコンセプトを掲げ、28名の自治体職員で始めた活動も、その後、民間事業所や大学の職員、学生なども参加するようになり、現在ではメンバー数が850名を超えるまでに成長しています。

東北OMの活動は、①勉強会をはじめとした各種イベントの開催と②ホームページやメーリングリスト、Facebookなどを活用した情報交換・情報発信という2本柱となっております。なお、東北OMの中心的活動ともいえる勉強会は東北各地で持ち回りにより開催しており、その回数はこれまでに21回を数えています。東北OMでは、これらの活動を通してメンバーをはじめとした数多くの人たちに「学びの場」「学び合いの場」「交流の場」「ITを活用した情報交換の場」、そして、東日本大震災以降は「被災地と被災地以外の地域とがつながる場」という5つの場を提供しています。

東北まちづくりオフサイトミーティングHP: http://t-o-m.cafe.coocan.jp/

 

 

スポンサードリンク
image24

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH