【転職】「残業・休日出勤が多い」退職理由をポジティブに変換する

【転職】「残業・休日出勤が多い」退職理由をポジティブに変換する
スポンサードリンク

転職活動において必ず通る道「採用面接」。面接前は様々な質問に応えられるように準備している最中のあなたもその一人でしょう。

採用面接では、ほとんどの場合「前職の退職理由」を聞かれます。「あなたがどのような経緯で転職活動をしているのか?」を人事の方が判断材料にするためです。前職を辞めた理由が「残業が多かった」「休日出勤が多かった」という理由の場合は、それを採用面接で言うことには抵抗があります。

そこで今回は、残業・休日出勤が多くて前職を退職した、もしくは退職を考えている方向けに、転職面接で「退職理由」を人事や面接担当者にポジティブに伝えるための方法をご紹介していきます。

なぜ「退職理由」を聞かれるのか?

人事担当者や面接官は、なぜこれから採用する予定のあなたの「退職理由」を質問するのでしょうか? 相手の質問の意図を知ることで、必要のないことを伝える時間と手間を省くことができ、あなたを正当に評価してもらうことができます。

1 採用する人材の性格を判断するため

あなたの退職までの経緯を実際に見ていない以上、あなたがどうして前職を退職したのかをすべて知ることは不可能です。しかし、あなたを雇う以上は、あなたがどの程度正当性をもって前職を辞めるに至ったのかを知らなければ不安になりますよね。

たとえば、「残業が多かった」という理由をあなたが現に抱いていたとしても、「実際はあなたの能力や性格に問題があるのではないか?」と相手側からすれば思うのは当然でしょう。実際の面接ノウハウで「ネガティブな理由は話すな」というアドバイスがあるのは、この面接官の意図を踏まえた上でのアドバイスなのです。

2 採用後の配置や業務内容を考えるため

もちろん、ただあなたの性格を判断するためだけに質問しているわけではなく、もう一つ理由があります。もう一つの理由とは、採用後、あなたにどんな業務を任せるべきかを考慮するために質問をする、ということです。

あなたの適性や最もモチベーションの上がる環境を出来る限り事前に把握することができれば、あなたにとっても会社にとってもWin-Winの関係になりますよね。

1、2から、「退職理由」がなぜ聞かれるのかを説明しました。要するに、会社とあなたがより客観的な情報をもとに適所に配置されるように退職理由は必要になるのです。だからこそ、ただポジティブなことを話したり、思ってもいないことを話したりするだけでは面接の機会があまりにもったいないといえます。

大切なのは、あなたの「退職の本当の理由」を深掘りし、その深掘りした理由をよりポジティブに話すということなのです。そして、そのためにポイントを抑えた面接準備が必要になります。

「残業・休日出勤」で退職した方が面接で「退職理由」を伝えるときの3つのポイント

「残業・休日出勤」で退職した方が面接で「退職理由」を伝えるときの3つのポイント

残業・求人出勤の多さが原因で前職を退職した場合には、退職理由の本音としては「ネガティブ」な理由しか挙げられないのは当然です。しかし、先程見てきた「なぜ退職理由が質問されるのか?」を知った今は、面接官が「あなたを採用すべきか?」という材料として退職理由を聞いていることが分かります。

よって、あなたが仕事に求めていることを深掘りした上で退職理由をしっかり面接官に伝えることが、本当の意味で「転職成功」に繋がるといえるのです。

では、実際に退職理由を伝える際のポイントについて見ていきましょう。

1 客観的な情報をもとに退職理由を話す

面接官に「前職を退職した理由は?」と聞かれたときに、NGな伝え方は「とにかく残業が多くて…」と主観で状況を説明することです。面接官の立場に立ってみたとき、この説明だけでは「ただ忍耐がないだけなのでは?」「そもそも仕事が好きではないのでは?」と判断してしまいますよね。

残業時間の多さや休日出勤の多さは、実際に「週○○時間以上の残業があった」「月に○日の休日出勤があった」と客観的な情報をもとに理由を伝えるべきでしょう。

言い方としては、下記のようになります。

「前職では、期限やクオリティを重視して業務を遂行しておりました。しかし、残業時間が週に〇〇時間を超過しており、仕事の成果に対するクオリティの低下が大きいと判断しておりました。また、スキルアップのための学習時間も取れなかったために残業時間が仕事の成果を上げる上でのネックになっておりました。」

2 「仕事への意欲」を明確に説明する

「仕事への意欲」は、前職の退職理由よりもさらに全面的に伝えることを努力すべきです。ネガティブな情報だけですと、どうしても人は総合的にネガティブな要素を持つ人だと判断してしまいます。

しかし、「仕事への意欲や熱意が十分にあり、そのために前職を辞めたのだ」と伝えることができれば、たとえ前職の退職理由がネガティブなものであっても、それをプラスの印象に転換させることができます。

 

「前職では、期限やクオリティを重視して業務を遂行しておりました。しかし、残業時間が週に〇〇時間を超過しており、仕事の成果に対するクオリティの低下が大きいと判断しておりました。また、スキルアップのための学習時間も取れなかったために残業時間が仕事の成果を上げる上でのネックになっておりました。」

「その点、御社では労働環境の改善にも取り組んでおられます。また社員の方一人ひとりの生産性やライフスタイルをサポートする取り組みも多く、仕事で成果を上げる上で最もいい環境であると魅力に感じております。」

「その中で、ぜひ自身の経験とスキルを活かしていきたいと考えております。御社で成長の機会を頂きながら、自らのスキルを更に高め御社に貢献したいと考えております。」

ここでは例として具体的な業務や業界について触れていませんが、「具体的にどのような仕事に取り組み、スキルをアップさせていきたいか?」を明確にすることで、さらに効果的に伝えることができるでしょう。

3 「批判」は避けて前職を前向きに評価する

1〜2を実践することで、正直に理由を伝えながらも、その理由をポジティブに変換することができます。3つ目は補足的なポイントとなりますが、どういった文脈であれ、前職を批判するような伝え方はNGになります。批判ではなく、「あの環境ではこのような方向性が求められていたのである」と正当に評価することが大切です。

また、1〜2で実践した退職理由のうち、ポジティブな理由を言い過ぎることもNGになります。あくまでも「退職理由」を聞かれているために、「志望動機」「自己PR」とかぶる内容を伝えすぎては逆効果になります。例文よりも少なめ程度に「前職よりも応募先の企業で仕事をしたほうが成果を出せる」旨を具体的な仕事内容で説明することが必要です。

ここまで、いかがでしたでしょうか? 1〜3を徹底することで前職をネガティブな要因で辞めた方でも効果的に面接で「退職理由」を伝えることができます。効果的にあなたの背景を説明できることは、転職成功の前提条件ですので、ここでしっかりと退職理由を準備しておきましょう。

「退職理由がネガティブ」な人が転職に成功するためには?

「退職理由がネガティブ」な人が転職に成功するためには?

今回は、「残業や休日出勤が多い」ことが理由で前職を辞めた方が、転職面接で退職理由を聞かれた場合の伝え方についてポイントを解説しました。労働条件が良い求人を見つけるためには、退職理由の効果的な伝え方を準備しておくことだけではなく、求める条件の求人を見つける必要があります。

前職をネガティブな理由で辞めた方は、「次こそは失敗しない転職をするぞ」という思いがとても強いはずです。しかし、「実際に求める条件の求人が見つからない」という壁にぶつかっている人も多いと思います。

そんな方におすすめなのが「転職エージェント」です。転職エージェントは、ただ求人内容が多く掲載されている転職サイトではなく、業界に精通した転職のアドバイザーが担当者として付き、転職をサポートしてくれるサービスです。言うなれば、転職活動を支えるあなたの「秘書」のようなものです。

少しでもいい条件の会社に入りたいと考えるなら、あなたの求める条件にあった求人を選択してくれ、面接から採用まで一貫してサポートしてくれる転職エージェントを活用しない手はありません。通常の転職サイトに登録している方も、ぜひコレを機会に転職エージェントを検討してみてはいかがでしょうか。

いい条件の企業を見つけるためには「転職エージェント」を使う!

転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

20代の転職活動に最適!『マイナビエージェント』

マイナビエージェント

https://mynavi-agent.jp/dainishinsotsu/lp/013.html?utm_source=cpa_002&utm_medium=banner&utm_campaign=cpa_002&nst=0&jno=494911&t=20170331192726

『マイナビエージェント』の特徴

有名な就職サービス『マイナビ』が運営する転職エージェントサービス。

キャリア事業の大手ならではの信頼感と、太いパイプが売り。転職市場を網羅しているキャリアアドバイザーに転職を支援してもらうことは、転職活動の安心感につながります。多くの選択肢から選べることで、転職の「失敗」を防ぐことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・希望する職種・業種が複数ある方。

・大企業からベンチャー企業まで、あらゆる選択肢を考えている方。

・第二新卒の方で、転職活動の選択肢を増やしたい方。

大手求人サイト!『DODA転職支援サービス』

94271ecbcbe103576c7fab0926c5aa7a

https://doda.jp/promo/lp/002.html?cid=001001117152002&utm_id=001001117152002&trflg=1

『DODA」の特徴

DODAでは登録者に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリア、お持ちのスキルを総合的に判断し、 現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

どんな人にオススメ?

・キャリアカウンセリングを希望する方。

・履歴書の書き方や模擬面接対策など、手厚いサポートが欲しい方。

・自分にあった企業がなかなか分からない方。

「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職エージェント」以外にも、様々な転職サイトをランキング形式で掲載しています。「エージェントではなく、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から様々な転職サイトを検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16

転職したい業界・業種が決まってるなら「IKIKATA Database」

IKIKATAと同時に運営している業界別・ニーズ別の転職サイト紹介メディア「IKIKATA Database」では、あなたが転職したいと考えている業種・業界別に転職サイトをご紹介しています。

あなたが「営業職」「事務職」など職種で転職を考えている場合や、「IT」「金融」など転職したい業界が決まっている場合は、こちらのメディアから転職サイトを検討してみましょう。

まとめ|次の転職成功を目指してアクションを起こそう!

まとめ|次の転職成功を目指してアクションを起こそう!

今回は、前職を「残業が多い」「休日出勤が多い」という理由で辞めた方に向けて、次の転職先での面接で聞かれる「退職理由」の伝え方のポイントについて解説してきました。

面接では、自分自身が会社に求めていることを深掘りして考え、相手の質問の意図を理解しながら受け答えをすることが大切です。また、その前に「適切な企業選び」をすることも重要になります。ぜひ転職を成功させてくださいね。

 

スポンサードリンク
【転職】「残業・休日出勤が多い」退職理由をポジティブに変換する

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。