これからの社会人に求められる「情報編集力」を鍛える2つの方法!

スポンサードリンク

情報化が進む現代社会においては、仕事でも生活のうえでも、「情報を集め編集するスキル」が必要です。特にビジネスパーソンのみなさんやこれから社会にはばたく学生の皆さんは、若いうちからキャリア形成において「情報編集力」をみにつけておくことが重要です。

今回は、この「情報編集力」とは何か、そして、情報編集力を鍛えるための手法についてご紹介していきます。

 

情報編集力とは?

question-mark-2123968_640

情報編集力とは、「ものごとを結びつけるチカラ」と呼ばれています。

「情報編集力」の提唱者である教育改革実践家の藤原和博氏は、「成熟社会においては、これまでまかり通ってきた「正解主義」から情報編集力が求められる『修正主義』への転換が必要だ」と述べています。

要するに、情報を大量に入手し、それを活用することは簡単になった世の中においては、膨大な情報を処理する能力を身に着けて「正解」を見つけることよりも、ものごとをつなぎ合わせて考え「一般的な答え」を修正していくことが求められるということなのです。

たとえば、最近の若者は「わからないことはすぐ検索する」といわれています。これは若者にとってはごく当然のことで、調べ物をするのに図書を調べるよりも、効率的な「検索」をしたほうがいいのは当たり前ですよね。

しかし、その分「ものごとをばらばらに知る」機会が増えるわけですから、それら断片的な情報をしっかりと結び付けて考えられるスキルを持っておくことは、現代のビジネスパーソンや、これから社会に出る学生にとって必要不可欠なものになるでしょう。

 

情報編集力を身に着ける手法・考え方

mindmap-2123973_640

情報編集力を鍛える手法は多くありますが、今回はすぐ実践できる手法を2つ紹介していきます。

「一人ブレスト」

一人ブレインストーミングは、情報編集力をUPさせる簡単な手法です。

ブレインストーミングとは、一つのテーマについてアイディアを出すときに、グループで行う発想法の1つです。これを一人でもやるというのが「一人ブレスト」

たとえば、「自分がしたいこと」「今直面している課題」を付箋に書いて一枚の紙に貼っていく。そして「そのために何ができるのか?」「解決する方法は何か?」を書き込んでいきます。人は自分がしたいものや直面する課題に関して頭を働かせるのが最も得意であることを利用するのです。

自分がしたいこと、自分の課題に対して解決策や改善策を考えるときに「何が必要か?」がわかれば、そのテーマに沿って必要な情報を編集するスキルが身に付きます。

 

「たとえ話」

「たとえば…」と、人に分かりやすいように話す人には、情報編集力が備わっているということができます。

自分や話を聞いている相手がイメージしやすいように何かの例を出して説明するためには、「自分が漠然と思っていること」を明確な形にして示す必要があります。ですから、「意見」を求められたときに表面上の話だけではなく、具体的なたとえ話をするように心がけましょう。

最初は難しいですが、自分の意見に関してあらかじめ「たとえ話」をストックしておくのも一つの方法です。たとえば、ひごろからメモ帳にひらめいた具体例や使えそうな事例を書き留めておくことも有効でしょう。

 

情報編集力を鍛えることは「情報を活用する」こと

telephone-586266_640

今回は、実践しやすい2つの方法を紹介し、情報編集力をUPさせることについて説明しました。

情報編集力は、「ものごとを結びつけるチカラ」です。よって、そのもととなる情報を収集しておくことに加えて、情報を「活用する」ことをしっかりと常日頃から考えて実践していく必要があります。

自分が得た情報をどのような状況で、どうやって活用するかを考えることで知識欲や成長欲求が増すことも、「情報編集力を鍛える」うえでの大きなメリットになります。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。