保育士の転職で失敗する原因TOP5と解決策

スポンサードリンク

保育士の転職は、何かと不安がつきものです。たとえば、ブランクがある場合はなんとなく不安ですし、通常の転職でも、新しい環境への不安が消えることはありませんよね。

人生の一部を左右する転職ですが、失敗は絶対避けたいもの。今回は、保育士の転職を考えているが、不安を感じている方に向けて、転職に失敗する原因と解決策をご紹介します。

転職活動は、実際に行動しなければ始まりません。しかし、がむしゃらに選ぶのではなく、しっかりと失敗やリスクを避けることが大切です。今回の記事を参考にしていただくことで、転職を成功させるための方法を学ぶことができます。

保育士の転職に失敗してしまう原因TOP5と失敗しないための解決策

SAYA072155409_TP_V

1.職場の人間関係が悪い

原因は?

内情を知る方法がないため、実際に入ってから職場の人間関係が悪い、もしくは自分に合わないタイプの職場であることを後から知り不安やストレスを抱えてしまうことがあります。

解決策

内情を実際に現地に赴いて調査する転職エージェント型のサービスを活用することで、「後から実態を知る」という危険を避けることができます。

2.教育方針の違いによるギャップ

原因は?

施設や教育方針の考え方が自分とは合わず、保育士として仕事をする上で大きなストレスを抱えてしまうことがあります。

解決策

応募先のHPや広報資料を確認することに加えて、口コミや実際に子どもを預けている人に話を聞くことが最も確実な方法です。また、職場見学ができる場合は積極的に活用しましょう。

それが難しい場合は、応募するより前に、自分の求める条件や環境を明確にしておき、「譲れない条件は何か?」を明確にすることが大切です。条件を明確にすることで、自分の求める環境かどうかを判断することができます。

3.提示条件と異なる

原因は?

モデル年収や「見込額」と実際の細かな条件を混同してしまい、見込みで入職してしまうケースがあります。

解決策

試用期間や含み残業額など、実際の給与に反映される部分について調べることが大切です。また、雇用契約を結ぶ際に、書面での契約書をもらえるかどうかなどをしっかり確認し、自分にとって不利になる状況をあらかじめ予測しておきましょう。いざというときは応募先を断念することも必要です。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。