当事者意識を身に着けるためにあなたがすべき4つのこと

スポンサードリンク

「当事者意識を持て!」と言われてしまうことは結構多いですよね。でも、そもそも当事者意識ってどのようなものか、あなたは考えたことがあるでしょうか。

「当事者意識を持つ」と言っても、それは現場や環境、そしてあなたの役割によって、そのレベルや内容は変わってきます。だからこそ、まずは「当事者意識とは何か?」というポイントをおさえておく必要があります。

そのうえで当事者意識を持つことができれば、あなたのキャリアを考えるうえでも、明日から取り組むシゴトにおいても役立つ”知識”になります。

今回は、「当事者意識とはどんなものか?」を学んだあとに、「当事者意識を身に着けるためにすべきこと」を4つ紹介していきます。当事者意識は、「思う」「考える」だけではなく、「行動に移す」ことで身に着いていきます。

 

「当事者意識」とはどんなものか?

question-mark-background-1909040_640

「当事者意識」を辞書で引いてみましょう。

「当事者意識」とは?

とうじしゃ‐いしき〔タウジシヤ‐〕【当事者意識】自分自身が、その事柄に直接関係すると分かっていること。関係者であるという自覚。「―をもつ」(引用:「当事者意識」-goo辞書

ここでは、「自分自身と取り組むことがらの関係性を自覚すること」と説明されていますね。ビジネスパーソンの方にとって、シゴトにおける当事者意識とは、「取り組むシゴト」に対する自覚のことです。

自覚と言っても、「指示されたこと」「命令されたこと」「決まっていること」を”こなす”のは、「当事者意識を持ってシゴト取り組んでいる」とは言えません。なぜなら、それは「自覚があるかどうかに関わらず、言われたことを行っている」だけだからです。

でも、命令や指示に対して「当事者意識を持て」と言われてしまうと、これ以上どうしていいのか分からなくなりますよね。それは当然のことです。なぜなら、「任された役目」について考えるだけでは、そのような意識が芽生える状況にはならないからです。「必ずしもすべてのことに当事者意識を持つ必要はない」と考え方が、当事者意識を持つうえで重要です。

たとえば、コンビニでレジや商品を並べる作業をするときは、「決められていることをやっている状態」です。しかし、そのシゴトに対して「自分はこういう工夫がしたい」という思いや、「自分が工夫すればもっと良くなる」という状況があれば、「当事者意識をもってシゴトに取り組む」べきなのです。

当事者意識とは、「自分自身が取り組むことがら(シゴト)との関係」をしっかりと明確にすることですが、指示されたことや命令されたこと、そして簡単に誰でもできることに対して当事者意識はもともと「持つことができない」のです。

責任をもってシゴトに取り組むのは重要ですが、それがただちに「当事者意識」になるわけではありません。では、どのような場合に当事者意識を持つべきなのでしょうか。

当事者意識を持つべきタイミング

1.自分と利害関係があるとき
2.自分のスキルアップや成長に繋がるとき
3.提案をすべきとき・したいとき
4.責任ある役割・立場で目標以上にシゴトを達成したいとき

この4つのタイミングは、「当事者意識」をもって取り組むべきときになります。

では、当事者意識を身に着けるためにすべきことはどのようなものでしょうか?

 

当事者意識を身に着けるためにすべき4つのこと

pexels-photo-140945

(1)不平・不満を「改善策」に変換する

 

「当事者意識のない人」の特徴の中で最も多いものが、「不平不満を言うが、解決しようとはしない」というものです。しかし、不平や不満というものは、誰でも抱くものです。また、「不平不満を解決しようとする時間がもったいない!」と考える人もいるでしょう。

シゴトに取り組む中でも「なんで私だけ…」という思いを抱くこともあれば、「あの人がもっと頑張ってくれれば、自分だってうまくいったはず」と責任転嫁・自己正当化してしまいたくなる気持ちもありますよね。

シゴトの中で、「こういうのがイヤだなぁ~」と不平や不満を持ってしまうのが避けられないのであれば、「もっとこうすべきだと思う」というところまで、考えを巡らしてみます。もちろん、”考えるだけ”でもよいのです。複数、そういった「改善策」を見つけて、その中で自分ができそうなものから実行していくという方法があります。

たとえば、あなたはセールスがうまくいかず、「これはこの商品が悪いのであって、自分のやり方が悪いのではない!」と思うことがあるとします。その場合は、「商品が悪い!」から「いい点を効果的に伝える方法はあるのか?」というところにフォーカスして考えてみるのです。

そのように「改善策に変換する」という考え方の習慣づけをすれば、自分が取り組むシゴトに対して、具体的なところから当事者意識を持つことができます。

 

(2)「○○ならどうするか?」を考える習慣

 

「当事者意識が足りない!」と言われがちな人は、「人の気持ちを考えることができない」とよく特徴づけられます。

しかし、「人の気持ちを考えられない」人なんてほとんどいませんよね。であれば、人の気持ちを考えるやり方の中で、特に「シゴト」においての考え方を実践する必要があります。それが「○○ならどうするか?」思考です。

「○○ならどうするか?」というときの「○○」は、尊敬できる人ならだれでもよいのです。あなたには、シゴトをするうえで「お手本」となるロールモデルはいますか。いなければ、「あの人、凄いなぁ~」と思った人を思い浮かべてみてください。

もしあなたに「当事者意識が足りない」という課題があっても、それを自分のやる気やモチベーションだけで解決するには限界があります。当事者意識は、あくまでも自分自身と、ことがらの関係を自覚すること。であるなら、あなたが取り組むシゴトに対して「○○さんならどうするか?」という基準で考え、行動することも正しいのです。

「○○さん」というイメージを持って考え、行動することによって、人は「メタ認知」ができます。自分を客観的に観ることができるということです。

「あの人ならどうするだろうか?」と考えて行動に移すことは、今の自分を超える方法として有効です。当事者意識を向上させるだけではなく、シゴトのパフォーマンス向上のうえでも役立つ考え方です。

 

(3)自分なりの「インセンティブ」を見つけてみる

 

高尚な考えをもって、日々のシゴトに取り組むことは大切です。しかし、人は目先に近しい目標や目的がないと動くことができない場合も多いですよね。

たとえば、ある一つを任されるときに「これで君は成長できる!」と言われるよりも、「○○という能力が確実に身に着く!」と言われた方が、モチベーション向上になります。することは同じなのにも関わらず、人の心理状態だけで、ものごとに取り組む姿勢は変化してしまいます。

よって、自分自身が、シゴトに対して当事者意識を持とうとする場合には「インセンティブ」を与える必要があります。そうすることで、「シゴトを達成すればこういう利益がある」と考え、行動にも当事者意識が芽生えるでしょう。

まずは、あなたの「インセンティブ」を探しましょう。何気なく行っているその業務は、あなたに何を与えてくれるでしょうか? お金でしょうか。それとも経験でしょうか。インセンティブは無限にあります。

 

(4)「達成率120%」を目標にして行動する

 

「達成率120%」とは、「シゴトを完了させた状態」を100%としたとき、それに+アルファしたときの状態です。

たとえば、営業資料の作成というシゴトを想定してみましょう。資料に商品に関する説明文をつけ、分かりやすく解説することができれば「完了(達成率100%)」になります。

そこで120%を目指すためには、資料に「図(イラスト)」を挿入する、レイアウトや見出しにこだわるなどといった工夫や、作成期限前に一度上司に確認し、フィードバックをもらうなどといった「報・連・相」の努力が必要になります。

自分が最低限遂行しなければならないことを一度確認してみて、そのあとに「20%」のプラス要素をどのように加えていくか、工夫してみましょう。工夫の仕方は、まず「シゴトの完成イメージ」を具体的にすることと、「時間に余裕をもって終わらせる」ことです。

期限までの時間を「120%」にするための工夫時間ととらえて、余裕をもってシゴトに取り組むことができればその分シゴトに対するパフォーマンスが向上します。当事者意識を持つ余裕は、そこから生まれてきます。

 

「当事者意識」は「責任を持つ」だけではない!

B&W Man In Fashion Jaket Straightening Tie

当事者意識は、決して責任をもってシゴトをするということだけを指すのではありません。責任を負うことを自覚しながら行動することに加えて、シゴトに対する「自分の考え方・行動」をどのように高めていくのか、その工夫をするところに生まれてくる意識だといえるでしょう。

ですから、まずは日々のシゴトの中で、コツコツと自分のできる部分から工夫していくことが必要でしょう。当事者意識は、あるとき突然身に着くものではなく、日々の具体的なシゴトの中で、経験として培われていくものです。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。