20代の転職に有利な時期はあるの?転職に成功するタイミングとは

20代の転職に有利な時期はあるの?転職に成功するタイミングとは
スポンサードリンク

「転職に有利な時期」を知ってから実際に転職をすることで、20代のあなたの転職成功の確率は大幅にアップします。

転職活動をとりまく状況は時期によって大きく異なりますし、あなたの描いている働き方や悩みによっても、タイミングは変化します。しかし、基本となる転職のベストタイミングは、どんな業界であれ共通しています。

その重要なタイミングをおさえた上で転職活動を行うことができれば、あなたの望む条件の企業や働きたい職場を見つけやすくなります。

そこで今回は、20代のビジネスパーソンの「転職すべきタイミング」をまとめ、解説していきます。この記事を通して読むことで、あなたが今の現状を把握した上で転職を成功させることができるでしょう。

20代の転職はなぜ大切なのか?

20代の転職はなぜ大切なのか?

転職の悩みを上司や年上の知人に相談すると、大きく分けて2つのアドバイスをしていただけると思います。「最低3年は同じ会社で働くべき」か「やりたくない仕事ならすぐに他業界に転職すべき」といったアドバイス。あなたにとっては「どっちなんだ?」と思う悩みのタネになりそうですが、この言葉はどちらも当たっているのです。

しかし、あなたの描いている働き方や生活スタイルで「どちらにすべきか?」を選ばなくてはいけないといえます。そのために、20代の転職事情を取り巻く社会の動向を3つに分けて解説します。

1 「同じ会社でずっと働く」ことが当たり前ではなくなっている

「最低3年は働くべき」であるというアドバイスは、「同じ会社でずっと働くべき」と同じ意味ではありません。最初は「新卒」として、基本的なビジネススキルを学ぶ時期を会社側が準備しているからこそ、あなたは入社後3〜4年をかけて基礎的なビジネススキルを得ることができます。

ですから、「最低3年」という言葉は3年かどうかに意味があるのではなく、基本的なビジネススキルを得ているかどうかが重要であることが分かります。また、「その会社の良さ」「精神的な余裕」を客観的に観ることができる時期も、入社後数年かかることも現実としてあるでしょう。

しかし、これからの社会の動向としては、「人の寿命よりも会社の寿命が短くなってくる」ことが挙げられます。一人ひとりが異なる環境でもスキルや経験を活かせるように、自分の働き方を考えることが重要であるといえます。

2 未経験分野でスキルを積みたいのか・キャリアアップを目指すか

「今の仕事よりもっと他の仕事がしたい」と考えている場合は、できるだけ早く転職することが最も良い選択肢と言えます。対して、「同じ業界でキャリアアップしたい」場合は、まずは同じ業界である今の仕事で基本的なスキルを積みつつ、キャリアアップのための勉強を行い5〜6年目に転職をすべきであるといえます。

このように、20代の場合は未経験分野に進出したいなら早くの行動が求められ、キャリアアップを目指す場合は忍耐強く準備を行う必要があります。こういった違いも、20代ならではの選択肢といえます。

3 ブラック企業や労働環境の問題

「ブラック企業」という言葉は、大きな社会問題と化しています。「どういった場合にブラック企業になるのか?」については深く立ち入りませんが、労働法や就業規則、雇用契約書に反する命令や実態をもっている会社は、まだまだあるのが実情です。

「勤務先はブラック企業だと思う!」と答えた20代の方は4人に1人の割合でいることが、日本労働組合総連合会の「ブラック企業に関する調査」で判明しています。

労働組合総連合会_ブラック企業に関する調査_引用資料1

引用:https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20141128.pdf

20代の大切な時期を、ブラック企業での苦しい働き方でムダにしないためには、自分が最も満足できる環境を考え、見つけることが何よりも大切といえます。自分の求める環境を探すためには、あなた自身の働き方やキャリアの描き方がとても重要になります。

転職を考えるタイミングは、合わせて自分自身がどういう仕事をしていきたいのかを考える絶好の機会でもあります。次にご紹介する20代の転職ベストタイミングを学びながら、自身の求める働き方を今一度考えてみてはいかがでしょうか。

20代の転職ベストタイミング

20代の転職ベストタイミング

20代のうちに転職するタイミングには様々なものがあります。しかし、どのような業界・職種/業種であれ、若手社会人が転職を考えるべき時期は共通しています。項目ごとにどんなタイミングがベストなのかを解説していますので、ご自身の状況に照らし合わせて参考にしてください。

1 企業のニーズが高まる時期

転職市場においての需要側、つまり人材採用を考えている企業のニーズがハッキリ高まる時期は、一般的には4月〜6月、9月〜10月と言われています。どちらも期の区切りでわかりやすいですね。新しい人材を求める時期は、どの企業もある程度共通しているといえます。

その分、同様に考えている転職者との競争も激しくなりますが、自分自身の経験やスキル、そして転職したい企業や業界が既に固まっているのであれば、あまり転職者同士の競争を意識する必要はないといえます。

ニーズが高まる時期は求人数が増えるために、選択肢も多く得られます。転職サイトで求人を探すのも、他の時期に比べてカンタンになります。転職活動を行うなら、4月〜6月、あるいは9月〜10月を目途に行うのがベストです。

2 個人の努力ではどうしようもない要因がハッキリしているとき

「個人の努力ではどうしようもない要因」とは、たとえば職場の人間関係や、労働条件が悪いことによる体調不良など、直接的な業務内容ではなく労働環境に問題がある場合です。このケースでは、あなたが若手である以上、特に意見を言えなかったり、職場内での評判や評価が気になり改善が見込めない場合がほとんどでしょう。

あなた自身の働き方や考え方に問題がないのにも関わらず、一向に職場の環境が良くならない場合は、その職場自体があなたにあっていない、もしくは劣悪な環境である場合がほとんどです。

個人ではどうしようもないと考えながら無理に働き続けることは、過労死や体調の悪化、ストレスの原因になります。また、仕事で得られるスキルの面でも、良いことはないでしょう。転職を実行に移すべきであるといえます。

3 明確に取り組みたい「業界」「職種」「業種」がある

今の職場に特段不満を感じているわけではなくとも、自分が目指した働き方や業務内容、やりたい職種、業種が決まっている場合は転職のアクションを起こすべきでしょう。特に、「未経験の仕事がしたい」と考えている方は、すぐに転職活動をしたほうがいいといえます。

なぜなら、早ければ早いほどあなたの仕事に対するモチベーションを維持したまま次の仕事を始めることができますし、早く入りたい業界に入ればその分早く、経験やスキルを得ることができるからです。

もちろん、「未経験可!」という求人内容には注意する必要がありますが、信頼できる転職サイトを活用することでその不安も解消できます。

あなたが「なんとなく」ではなく、「絶対にやりたい仕事がある!」場合は、今のうちから経験やスキルを得るために動くことが大切といえるでしょう。

4 今の業界で「5年以上」経験がありかつ転職したいとき

今の業界で「5年以上」の経験がある場合は、その業界内での基本的な知識や必要なスキルのほとんどを理解することができている場合が多いのではないでしょうか。そして、今の仕事以外にやりたい仕事があったり、キャリアアップ(給与のアップや役職)を考えていたりする場合は、転職をすべきであるといえます。

20代後半のあなたが転職に成功するためには、「経験者募集」の求人を選ぶべきです。そうすることで、前職よりもいい条件で転職することができる可能性がアップします。経験者募集の場合は、ある程度の実務経験が求められることは当然ですので、これまでの経験や学んだスキルを活かした転職活動を行うことができるでしょう。

入社後、すぐに転職することは企業の人事側から見ればあまりいい評価の対象にはなりません。その理由は、「会社への定着性」や「ストレス耐性」などに不安があると考えるからです。しかし、転職した理由を明確に伝えることさえできれば、あなたの評価が落ちることはありません。

20代後半で、まだ若さや活力のある年齢のうちにキャリアアップを志向することができれば、あなたが身につけることのできるスキルの幅も広がります。

ベストなタイミングで転職を成功させる「もうひと押し」の方法は?

ベストなタイミングで転職を成功させる「もうひと押し」の方法は?

前の見出しでは、20代の転職にベストなタイミングを4つご紹介してきました。このタイミングのどれにあなたが当てはまるのかを理解することで、実際に転職すべきかどうかがハッキリわかりますよね。

しかし、タイミングをしっかり抑えていても「実際に良い企業が見つかるか?」は別問題ともいえます。実際に、自分の求める条件にあった求人を探すことや、面接や選考書類の準備は思っている以上に時間がかかります。

その際に活用すべきなのが「転職エージェント」と言われる転職サービスです。様々な人材企業がただ求人情報を掲載するだけではなく、あなたの秘書のように立ち回り、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

20代のうちは、転職や「良い求人内容」を探し、理解するのはなかなか難しいもの。その点、業界ごとに精通したエージェントを活用することは、転職を成功させる「もうひと押し」になります。

20代転職者におすすめの「転職エージェント」

では、20代の転職者におすすめの「転職エージェント」をご紹介していきます。転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

20代の転職活動に最適!『マイナビエージェント』

マイナビエージェント

https://mynavi-agent.jp/dainishinsotsu/lp/013.html?utm_source=cpa_002&utm_medium=banner&utm_campaign=cpa_002&nst=0&jno=494911&t=20170331192726

『マイナビエージェント』の特徴

有名な就職サービス『マイナビ』が運営する転職エージェントサービス。

キャリア事業の大手ならではの信頼感と、太いパイプが売り。転職市場を網羅しているキャリアアドバイザーに転職を支援してもらうことは、転職活動の安心感につながります。多くの選択肢から選べることで、転職の「失敗」を防ぐことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・希望する職種・業種が複数ある方。

・大企業からベンチャー企業まで、あらゆる選択肢を考えている方。

・第二新卒の方で、転職活動の選択肢を増やしたい方。

大手求人サイト!『DODA転職支援サービス』

94271ecbcbe103576c7fab0926c5aa7a

https://doda.jp/promo/lp/002.html?cid=001001117152002&utm_id=001001117152002&trflg=1

『DODA」の特徴

DODAでは登録者に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリア、お持ちのスキルを総合的に判断し、 現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

どんな人にオススメ?

・キャリアカウンセリングを希望する方。

・履歴書の書き方や模擬面接対策など、手厚いサポートが欲しい方。

・自分にあった企業がなかなか分からない方。

「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職エージェント」以外にも、様々な転職サイトをランキング形式で掲載しています。「エージェントではなく、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から様々な転職サイトを検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16

転職したい業界・業種が決まってるなら「IKIKATA Database」

IKIKATAと同時に運営している業界別・ニーズ別の転職サイト紹介メディア「IKIKATA Database」では、あなたが転職したいと考えている業種・業界別に転職サイトをご紹介しています。

あなたが「営業職」「事務職」など職種で転職を考えている場合や、「IT」「金融」など転職したい業界が決まっている場合は、こちらのメディアから転職サイトを検討してみましょう。

まとめ|20代の転職者は「タイミングを測る」→「エージェントを活用する」

まとめ|20代の転職者は「タイミングを測る」→「エージェントを活用する」

今回は、20代のビジネスパーソンが転職をする際のベストタイミングをご紹介した後、転職を成功させるために必要不可欠な「転職エージェント」をご紹介しました。通常の転職サイトよりも、手厚いサポートを受けることができるために、転職したことがなく不安な20代の転職者でも、転職成功率が格段にアップします。

ここまでお読み頂いた方の中で、「どうしよう」と悩んでいる方は、ぜひもう一度ご自身の今の状況と照らし合わせてベストタイミングを測ってみてください。考えるべきところは慎重に考えつつも、成功のためにアクションを取ることは大切なことです。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク
20代の転職に有利な時期はあるの?転職に成功するタイミングとは

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。