キャリアとは何か?-社会人が知るべき「仕事と人生」

スポンサードリンク

「キャリア」…社会人にとって、もはや欠かせないコトバ。

自分の働き方とその中で得られるスキルや経験は人材市場でどう評価されるのかを知っておくことで、自らの就職や転職を成功させることができます。それができないと、自分にとっても社会や企業にとっても、リスクやコストだけがかかってしまい、そこに生産性はありません。

でも、そもそも「キャリア」とはどういった意味なのでしょうか?「キャリアプラン」「キャリアデザイン」「キャリア形成」というときの「キャリア」自体の意味について、今回は解説していきます。

キャリアの本当の意味を知り、自分の「働き方」に活かしていくための情報を掲載していきます。現代人が知るべきキャリアの意味を一緒に考えていきましょう。

 

キャリアとは?

business-card-contact-business-cards-business-42260

キャリアとはどういう意味なのでしょうか?

厚生労働省職業能力開発局「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」報告書において、「キャリア」とは次のように定義されています。

「キャリア」とは、一般に「経歴」、「経験」、「発展」さらには、「関連した職務の連鎖」等と表現され、時間的持続性ないし継続性を持った概念として捉えられる。
「職業能力」との関連で考えると、「職業能力」は「キャリア」を積んだ結果として蓄積されたものであるのに対し、「キャリア」は職業経験を通して、「職業能力」を蓄積していく過程の概念であるとも言える。
(出典:厚生労働省職業能力開発局「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」報告書

要するに、キャリアとは「結果」ではなく「プロセス(過程)」であるということです。

たとえば、あなたが「『システムエンジニア』としてのキャリアを積む」といった場合、システムエンジニアの「職業能力」は「基本情報技術者試験の合格者」「○○会社の社員のエンジニアリング事業を担当する」というものになります。

それに対し、「キャリア」は、基本情報技術者試験に関する学習をした経験や、ある案件を担当してどのような成果物を出したのかということがらについての情報、そしてその経験自体を指します。

一言で「キャリア」を表すならば、「とある仕事をした経験」と表現することができます。転職やその人の経歴を見るうえで、「キャリア」が重要視されるのは、「結果」だけではなくプロセスを見てその人を判断する必要があるからなのです。

 

現代社会における「キャリア」の広い意味

question-mark-2123967_640

現代における「キャリア」の意味は、主として「経験や経歴」を表します。

よって、現代社会のビジネスパーソンにおけるキャリアはあいまいなものであるのが現実です。その分、適切な自己ブランディングを行えば、自分の仕事や働き方に「良い影響」をもたらすものであるといえます。

仕事の成果物や結果といった「結果」だけではなく、「どのような環境で」「どのような手法で」「どういった立場」でものごとを成し遂げたのかを表すものはすべて「キャリア」なのです。

山形にUターン 期待に応えるプランドハップンスタンス(計画的偶発性)な生き方とは?

2016.02.04

 

転職市場における「キャリア」の考え方と”新しい”キャリアの考え方

winter-road-arrow-74780

転職市場においては、「経歴」「知識・技術」「トレンドや社会状況」「人間性」が評価されます。また、日本においてはその評価基準に加え、「年齢」も加味されます。

よって、「キャリア」を狭く解釈するならば「転職回数」や「以前にいた職場での立場・役職」になります。しかし、専門化が進み、離職率が激しい現在の労働社会の動向においては、「経歴」「知識・技術」よりも優先的に考える項目があります。

それは、「人間性」という価値観です。人間性を考えるキャリア形成こそが、新しいキャリアの考え方ということができます。

 

「人間性を向上させる」というキャリアの考え方

pexels-photo-194446

では、「人間性」という価値観に基づいて、その向上を図るために必要なこととはなんでしょうか?今回は、「仕事」「人生」をキーワードに、5つ紹介していきます。

 

1.経験を評価してフィードバックする能力

社会からの評価を常に維持するためには、自分が経験したことに対する「フィードバック」が必要です。経験を積む量は、努力すればするほど多くすることが可能です。就職氷河期の時代なら「機会を得る」こと自体が難しいものでしたが、現在はベンチャーを主として「人材不足」が叫ばれている時代です。

そんな社会の中においては、「自分の経験を常に反省材料にして次に活かし、自己研鑽を積むこと」で人材市場から評価される人物になることができます。同じ「機会の回数」で最も高いパフォーマンスを発揮することができます。

 

2.チャレンジを常にし続けること

「安定志向」というコトバがあります。年金の問題や、少子化問題など社会の不安が渦巻く現代社会において、「自分の働く居場所や環境」に対して「安定」を求めることは、決して間違いではありません。

しかし、生産年齢人口が劇的に変化してしまうことが予想されている社会の中で、リスクを取らなければ安定は持続するという考えを持つのは、短期的には合理的に思えるかもしれませんが、長期的にみると「自分の立ち位置を狭めている」ことに繋がります。

経験をフィードバックし、自分の仕事や人生の方向修正をしていくためには、元となる「経験」「機会」が必ず必要です。「百聞は一見にしかず。」 チャレンジを悩むときは、「どのくらいリスクを追いながら挑戦できるか?」という思考から出発しましょう。

【会社で実践】リスクマネジメント手法をご紹介!

2016.03.13

 

3.社会の動向に当事者意識を持つこと

自分のキャリアを考えるにあたっては、「どうすれば自分は成長できるのか?」「自分に足りないスキルは?」ということだけを考えがちです。それも当然で、「自分が人材市場でどのように評価されるか?」が気にならない人はいません。

しかし、マクロ的な視点に立たなければ、「自分のキャリア」を本当に見据えることはできません。たとえば、今は「IoTの時代」ですが、IoTの意味や将来に影響を及ぼすトピックは何かを考えていかなければ、将来性のない立場やポストを自分が狙っていることにも気づけないままキャリアを失敗に導くことがあります。

当事者意識を身に着けるためにあなたがすべき4つのこと

2016.08.02

 

4.リスクヘッジを怠らないこと

チャレンジすることと同時に、リスクを回避することも重要です。

チャレンジすることと、リスクを回避することは相反する行動ではありません。チャレンジするためには、常に自分が成長できる、伸びる機会を正確にとらえるための視点が不可欠です。しかし、それだけでは自分が「チャレンジ」しようとしているのか、無謀な考えを抱いているのかの違いを把握することはできません。

ものごとには、順序があります。具体的なスキルを学ぶときに、初心者用のテキストを使うことが最も効率的なように、自分にキャリアを考えるうえでも、実現可能性を確かめ、「失敗しない」行動を選び取る視点も重要です。

その視点を得るためには、キャリアカウンセリングや、社会動向の情報収集が欠かせないでしょう。

【会社で実践】リスクマネジメント手法をご紹介!

2016.03.13

 

5.「人生観」≒「職業観」を持つこと

人は、人生の大半を「仕事」に費やします。

哲学者・ヘーゲルはその著書『精神現象学』において「…一見他律的にしか見えない労働の中でこそ、意識は、自分の力で自分を再発見するという主体的な力を発揮するのだ」と述べています。

人は、労働の中で自分を発見します。労働というと「厳しいもの」のように感じますが、人は社会に生活する以上、生産的なことをして生きていく必要があります。

だからこそ、自分が「働くこと」の意味を、「人生で何を達成したいか?」というものと重ね合わせて考えていくことが必要です。キャリアは、職業上のスキルや経歴ではなく、人生におけるプロセスを社会に表明するための考え方といえるでしょう。

キャリアを考えるためには、「人生」と「仕事」という両輪の考え方を広く見つめる視点が不可欠です。

 

「人生のプロセス」=「キャリア」

pexels-photo-48636

ここまで、キャリアとは広い考え方であることを説明しました。

もし、あなたが「仕事で成功したい」と考えているのなら、スキルや経歴だけではなくこれまでに紹介した「人間性」から考えるキャリアを形成していくべきです。

今回ご紹介してきた5つの視点を持ち、自身のキャリアについてありとあらゆる選択肢を広く選ぶことが大切です。

「キャリア」を考える上では転職も大きなチャンスになる

「キャリア」を考える上では転職も大きなチャンスになる

「人間性」の価値観を元に、「キャリア」を説明した今回のコラム。自身のキャリアを考えていき、様々な選択肢を広く取ることは大変重要であることを説明しました。

具体的なアクションとして「転職」はキャリアの選択肢を広めるひとつの方法でしょう。「転職ありき」で働くことは、これからの流れの早い社会の中で積極的に自分自身の働き方を改善していくキッカケになります。

IKIKATAでは、転職者の方にオススメの転職サービスを多数掲載しています。それぞれ特徴ごとにご紹介していますので、転職を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

オススメの「転職サービスランキングTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。