キャリアとは何か?-社会人が知るべき「仕事と人生」

what`s carrer
スポンサードリンク

「キャリア」…社会人にとって、もはや欠かせないコトバ。

自分の働き方とその中で得られるスキルや経験は人材市場でどう評価されるのかを知っておくことで、自らの就職や転職を成功させることができます。それができないと、自分にとっても社会や企業にとっても、リスクやコストだけがかかってしまい、そこに生産性はありません。

でも、そもそも「キャリア」とはどういった意味なのでしょうか?「キャリアプラン」「キャリアデザイン」「キャリア形成」というときの「キャリア」自体の意味について、今回は解説していきます。

キャリアの本当の意味を知り、自分の「働き方」に活かしていくための情報を掲載していきます。現代人が知るべきキャリアの意味を一緒に考えていきましょう。

 

キャリアとは?

business-card-contact-business-cards-business-42260

キャリアとはどういう意味なのでしょうか?

厚生労働省職業能力開発局「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」報告書において、「キャリア」とは次のように定義されています。

「キャリア」とは、一般に「経歴」、「経験」、「発展」さらには、「関連した職務の連鎖」等と表現され、時間的持続性ないし継続性を持った概念として捉えられる。
「職業能力」との関連で考えると、「職業能力」は「キャリア」を積んだ結果として蓄積されたものであるのに対し、「キャリア」は職業経験を通して、「職業能力」を蓄積していく過程の概念であるとも言える。
(出典:厚生労働省職業能力開発局「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」報告書

要するに、キャリアとは「結果」ではなく「プロセス(過程)」であるということです。

たとえば、あなたが「『システムエンジニア』としてのキャリアを積む」といった場合、システムエンジニアの「職業能力」は「基本情報技術者試験の合格者」「○○会社の社員のエンジニアリング事業を担当する」というものになります。

それに対し、「キャリア」は、基本情報技術者試験に関する学習をした経験や、ある案件を担当してどのような成果物を出したのかということがらについての情報、そしてその経験自体を指します。

一言で「キャリア」を表すならば、「とある仕事をした経験」と表現することができます。転職やその人の経歴を見るうえで、「キャリア」が重要視されるのは、「結果」だけではなくプロセスを見てその人を判断する必要があるからなのです。

 

現代社会における「キャリア」の広い意味

question-mark-2123967_640

現代における「キャリア」の意味は、主として「経験や経歴」を表します。

よって、現代社会のビジネスパーソンにおけるキャリアはあいまいなものであるのが現実です。その分、適切な自己ブランディングを行えば、自分の仕事や働き方に「良い影響」をもたらすものであるといえます。

仕事の成果物や結果といった「結果」だけではなく、「どのような環境で」「どのような手法で」「どういった立場」でものごとを成し遂げたのかを表すものはすべて「キャリア」なのです。

山形にUターン 期待に応えるプランドハップンスタンス(計画的偶発性)な生き方とは?

2016.02.04

 

転職市場における「キャリア」の考え方と”新しい”キャリアの考え方

winter-road-arrow-74780

転職市場においては、「経歴」「知識・技術」「トレンドや社会状況」「人間性」が評価されます。また、日本においてはその評価基準に加え、「年齢」も加味されます。

よって、「キャリア」を狭く解釈するならば「転職回数」や「以前にいた職場での立場・役職」になります。しかし、専門化が進み、離職率が激しい現在の労働社会の動向においては、「経歴」「知識・技術」よりも優先的に考える項目があります。

それは、「人間性」という価値観です。人間性を考えるキャリア形成こそが、新しいキャリアの考え方ということができます。

 

「人間性を向上させる」というキャリアの考え方

pexels-photo-194446

では、「人間性」という価値観に基づいて、その向上を図るために必要なこととはなんでしょうか?今回は、「仕事」「人生」をキーワードに、5つ紹介していきます。

 

1.経験を評価してフィードバックする能力

社会からの評価を常に維持するためには、自分が経験したことに対する「フィードバック」が必要です。経験を積む量は、努力すればするほど多くすることが可能です。就職氷河期の時代なら「機会を得る」こと自体が難しいものでしたが、現在はベンチャーを主として「人材不足」が叫ばれている時代です。

そんな社会の中においては、「自分の経験を常に反省材料にして次に活かし、自己研鑽を積むこと」で人材市場から評価される人物になることができます。同じ「機会の回数」で最も高いパフォーマンスを発揮することができます。

 

2.チャレンジを常にし続けること

「安定志向」というコトバがあります。年金の問題や、少子化問題など社会の不安が渦巻く現代社会において、「自分の働く居場所や環境」に対して「安定」を求めることは、決して間違いではありません。

しかし、生産年齢人口が劇的に変化してしまうことが予想されている社会の中で、リスクを取らなければ安定は持続するという考えを持つのは、短期的には合理的に思えるかもしれませんが、長期的にみると「自分の立ち位置を狭めている」ことに繋がります。

経験をフィードバックし、自分の仕事や人生の方向修正をしていくためには、元となる「経験」「機会」が必ず必要です。「百聞は一見にしかず。」 チャレンジを悩むときは、「どのくらいリスクを追いながら挑戦できるか?」という思考から出発しましょう。

【会社で実践】リスクマネジメント手法をご紹介!

2016.03.13

 

3.社会の動向に当事者意識を持つこと

自分のキャリアを考えるにあたっては、「どうすれば自分は成長できるのか?」「自分に足りないスキルは?」ということだけを考えがちです。それも当然で、「自分が人材市場でどのように評価されるか?」が気にならない人はいません。

しかし、マクロ的な視点に立たなければ、「自分のキャリア」を本当に見据えることはできません。たとえば、今は「IoTの時代」ですが、IoTの意味や将来に影響を及ぼすトピックは何かを考えていかなければ、将来性のない立場やポストを自分が狙っていることにも気づけないままキャリアを失敗に導くことがあります。

当事者意識を身に着けるためにあなたがすべき4つのこと

2016.08.02

 

4.リスクヘッジを怠らないこと

チャレンジすることと同時に、リスクを回避することも重要です。

チャレンジすることと、リスクを回避することは相反する行動ではありません。チャレンジするためには、常に自分が成長できる、伸びる機会を正確にとらえるための視点が不可欠です。しかし、それだけでは自分が「チャレンジ」しようとしているのか、無謀な考えを抱いているのかの違いを把握することはできません。

ものごとには、順序があります。具体的なスキルを学ぶときに、初心者用のテキストを使うことが最も効率的なように、自分にキャリアを考えるうえでも、実現可能性を確かめ、「失敗しない」行動を選び取る視点も重要です。

その視点を得るためには、キャリアカウンセリングや、社会動向の情報収集が欠かせないでしょう。

【会社で実践】リスクマネジメント手法をご紹介!

2016.03.13

 

5.「人生観」≒「職業観」を持つこと

人は、人生の大半を「仕事」に費やします。

哲学者・ヘーゲルはその著書『精神現象学』において「…一見他律的にしか見えない労働の中でこそ、意識は、自分の力で自分を再発見するという主体的な力を発揮するのだ」と述べています。

人は、労働の中で自分を発見します。労働というと「厳しいもの」のように感じますが、人は社会に生活する以上、生産的なことをして生きていく必要があります。

だからこそ、自分が「働くこと」の意味を、「人生で何を達成したいか?」というものと重ね合わせて考えていくことが必要です。キャリアは、職業上のスキルや経歴ではなく、人生におけるプロセスを社会に表明するための考え方といえるでしょう。

キャリアを考えるためには、「人生」と「仕事」という両輪の考え方を広く見つめる視点が不可欠です。

 

「人生のプロセス」=「キャリア」

pexels-photo-48636

ここまで、キャリアとは広い考え方であることを説明しました。

もし、あなたが「仕事で成功したい」と考えているのなら、スキルや経歴だけではなくこれまでに紹介した「人間性」から考えるキャリアを形成していくべきです。

今回ご紹介してきた5つの視点を持ち、自身のキャリアについてありとあらゆる選択肢を広く選ぶことが大切です。

 

おすすめ転職サービスTOP3!

IKIKATAでは、就職や転職に関するお役立ちコラムや、転職に活用できるサービスを紹介しています。あなたのキャリアを見直す際は、ぜひ参考にしてくださいね。

1位 BIZREACH(ビズリーチ)

282da089f277e23916fc8071b26ee6be

ビズリーチの特徴

無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  • 現在や直近に在籍していた会社にはプロフィールが公開されないので、会社には転職活動がバレたくない方
  • ヘッドハント機能があるので、エグゼクティブ・管理職の方
  • 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト Switch.(スウィッチ)

7a67fa99d48b15242ff903d4f8d04c30

Switch.(スウィッチ)の特徴

Switchはfacebookを活用した日本初の新感覚スカウト転職サイトです。

利用している事が他人にはばれず、企業にfacebook情報は公開されません。
面倒な会員登録もたったの1分!気軽かつ安心に利用出来るサイトとなっています。

採用が決定すると、なんとAmazonギフト券10,000円分がお祝金としてSwitchより贈呈されます!

どんな人にオススメ?

  • 20~40代のフェイスブックアカウントをお持ちの方
  • 利用している事が他人にばれたくない方
  • 小難しい手続きなしに安心して転職活動したい方

3位 リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

スポンサードリンク
what`s carrer

この記事を好きなツールでストックしよう↓

年収600万円以上の社会人のための転職サイト【ビズリーチ】

ビズリーチは、会員制のハイクラス求人・転職サイトです。人気の求人やお勧めの求人を会員様だけに公開。ハイクラスのビジネスパーソンと人材を探す企業をマッチングする新しいタイプの会員制ハイクラス求人・転職サイトです。
BIZREACH