転職先に悩む方必見!将来性のある業界・企業に就くための方法

転職先に悩む方必見!将来性のある業界・企業に就くための方法
スポンサードリンク

転職者の方の中には、転職をしたいと考えているもののどんな業界や企業を選ぶべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。業界や企業を選ぶ基準は人により様々ですが、業界や企業の「将来性」をもとに転職先を決めることもひとつの方法ですよね。

そこで今回は、転職先に悩む方向けに「将来性のある業界・企業に就くための方法」をご紹介していきます。転職先選びに悩む方は、今回の記事をぜひ参考にして頂き、転職先選びに役立ててくださいね。

なぜ「業界・企業の将来性」を見ることが大切なのか?

なぜ「業界・企業の将来性」を見ることが大切なのか?

なぜ、業界や企業の将来性を見た上で転職することが重要なのでしょうか? その根拠は、働き方・キャリアはどのような要素に左右されるかを考えることで明確になります。

私達が社会で働く上では、起業という選択肢を除くと「民間企業」「公務員」の一員として働くことになります。公務員は利益・売上を上げるための活動を行っていませんが、それ以外の民間企業はすべて利潤を追求した経済活動を行っています。

その社会の中で、私たち一人ひとりが仕事をする上では、2通りの要素が必要です。ひとつは、「必要な経験・スキル・実績」もうひとつは、「仕事をするための環境」です。前者は自分自身の工夫や努力、継続が求められますが、後者は「環境」「社会動向」「消費者のニーズ」といった社会全体の流れや動きによって決まります。

たとえば、属している業界の市場規模が縮小することで、あなたの仕事が無くなる可能性もあります。

私達一人ひとりは、社会人として働く上で「自分の属する環境」を選ぶための視点を持つ必要があるといえるでしょう。

また、転職者の一般的な動向としても、「業界や企業の将来性を見て転職先を選ぶこと」が当たり前になっていることが分かります。下記のデータを見てみましょう。

大手転職サイトDODAの「転職理由ランキング」によると、「会社の将来性が不安」で転職を決めた転職者は9.7%になっています。約10人に一人は、自分の属する企業の将来性を見た上で、転職を考えています。

2016年10月~2017年3月に転職活動を行った約3万5,000人の転職理由トップ3は、1位「ほかにやりたい仕事がある」(12.8%)、2位「会社の将来性が不安」(9.7%)、3位「給与に不満がある」(8.0%)でした。

参考:みんなが退職を考えたきっかけは?転職理由ランキング<最新版>  総合

社会一般としても「業界や企業の将来性」を考えながら転職活動を行うことは珍しいことではありません。ご自身の働き方や将来に渡るキャリアをより良いものにするために、将来性があると考えられる業界や企業を見て転職活動を行うことは、必要なことであるといえます。

将来性のある業界・企業に転職するための3つの方法

将来性のある業界・企業に転職するための3つの方法

では、実際に将来性のある業界や企業に転職するための方法としてどのようなものがあげられるでしょうか。ここでは、様々なポイントから、「将来性」を考えるための方法をご紹介していきます。

1 成長する可能性の高い業界を知る

一般的に伸びると考えられている業界を前提としておさえておき、転職先候補として絞り込む方法が最も効率的です。個々では、社会要因から見て「今後伸びると考えられる業界」をご紹介していきます。

医療介護

少子高齢化は今後も日本社会の大きな社会問題のひとつ。したがって、医療分野・介護分野の業界は今後も伸び続けることが予想されます。

観光業

訪日観光客は今後も更に増加傾向にあります。今後、観光客向けの観光ビジネスは多様な形態で伸び続けていくことが予想できます。最近では中国の富裕層による「爆買い」も話題になりましたが、東京オリンピックを控え、今後さらに観光業界は伸びると考えられます。

製造業

アジア圏の企業が目立つ製造業界でも、日本のシェア率は90年代以降実際の変化がなく、安定した業界規模を誇ります。日本独自のノウハウや技術を進化させ、技術をもとに新たな商品・サービスを製造する製造業界は、今後も安定する業界といえます。

しかし、製造業はロボット化による代替性が非常に高い業界でもありますので、キャリアアップを志向する場合は、マーケティングなどのビジネススキルに特化しスキルや経験を習得すべきであるといえるでしょう。

その他にも、業界だけではなく専門分野に特化したスキルや現場での経験が必須の技術職などの職種は、人材価値が高く伸びる業界でも評価されるでしょう。業界だけではなく、「個人としてどのようなスキル・経験が得られるのか?」という観点から仕事を選ぶことが大切であるといえます。

2 成長する企業の特徴を知る

「成長する企業」とひとくくりにしても、メガベンチャーからスタートアップまで、様々な観点があります。しかし、継続的に収益を出し安定する企業にはいくつかの共通点がありますので、下記に項目を掲載していきます。実際に将来性のある企業かどうかを調べる際には、下記の項目に着目にして調べてみることをおすすめします。

  1. ビジョン・経営理念は明確か?
  2. 営業収益を見る
  3. 売上高の推移
  4. 商品・サービスの特徴

ビジョンや経営理念が明確であり、従業員の働き方や労働条件に関する調整が上手く行われているかどうかは、企業の将来性を把握する上で大切な指標です。

営業収益は、上場企業であれば決算短信などの経営情報で、未上場企業の場合は決算告示などで営業収益の推移を見ます。売上高も、数年間の間にどのような推移を辿っているかを転職を志望する業界の代表的な企業を参考にして見ます。大きな事件がなくとも近年売上高が下がっていたり、財務諸表からわかる財務状況悪かったりする場合は、将来性に不透明さがあることが分かります。

商品やサービスの特徴は、「シェア率」を主として同業界他企業の類似商品とどの点で異なっているかを見ます。市場で地位を確立させた商品・サービスを扱っている企業は、将来性があるといえます。

3 転職エージェントを活用する

成長する可能性が高い業界を見ることと、企業ごとの経営理念や営業収益などの情報を調べることは業界・企業の将来性を知る上における前提条件です。

「自分がこの業界に入りたい・この企業に入りたい」というイメージだけで決めることは、入社後の転職の失敗に繋がります。また、将来に渡り長く勤めたいと考えている方にとっては、最適な選び方とはいえません。

しかし、実際に企業や業界の将来性を調べようとすると時間がかかりますし、財務諸表を正しく見て将来性を把握することも大変難しいといえるでしょう。

そこでおすすめなのが「転職エージェント」の活用です。転職エージェントは、業界ごとに精通したエージェントが転職相談や求人の紹介、面接の準備などを一貫してサポートしてくれる転職サービスです。

ご自身の求める条件とマッチした求人を探すためには最も効率的な方法であるといえます。特に、業界選びや企業選びに悩む方にとっては、心強い味方になります。

下記では、転職エージェントの登録後の流れと、おすすめの転職エージェントサービスをご紹介しています。ぜひ参考にして頂き、転職を成功させてください。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの一般的な「登録後の流れ」は次のようになります。転職エージェントごとに細かな流れが異なる場合もありますが、大まかに流れをおさえておくことで、円滑に転職活動をすすめることができるでしょう。

  1. 個人情報入力後、エージェントからカウンセリング(転職の相談)の日程調整の連絡が1〜2週間で来る。
  2. エージェントとのカウンセリング(転職の相談)を行う。
  3. 相談を踏まえてエージェントが求人を紹介してくれる。
  4. 履歴書などの書類準備&応募する企業を決める。
  5. 面接準備をエージェントと相談しながらする&面接本番。
  6. 内定後、入社日や給与などの条件交渉をエージェントを通じて行う。

カウンセリングや相談のタイミングで、「面接前の不安事項」「内定後の入社日や給与交渉」「退職の調整」の方法はどんどん質問し、出来る限りエージェントから情報を受け取りながら転職活動を進めていきましょう。

将来性のある環境で仕事がしたい方におすすめの「転職エージェント」

転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

20代後半の転職に強い『ワークポート』

https://www.workport.co.jp/lp_wp/?cctype=affiliate-b

https://www.workport.co.jp/lp_wp/?cctype=affiliate-b

『ワークポート』の特徴

25歳〜29歳の転職者に特に利用されている転職サービス『ワークポート」の特徴は、転職相談をしてくれるエージェントの質の高さにあります。年収300万円の方々の利用者が60%を超えており、親身に転職に関する相談にのってくれます。

登録後、面接の日程等を調整し面談。その後は、面談の内容をもとに求人の案件を紹介してもらえます。(面談は電話でも可能です)『ワークポート」を活用すれば、多少転職に不安があっても安心です。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安がある転職希望者の方。

・年収があまり高くないが、信頼感のある転職サービスを活用したい方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

大手求人サイト!『DODA転職支援サービス』

94271ecbcbe103576c7fab0926c5aa7a

https://doda.jp/promo/lp/002.html?cid=001001117152002&utm_id=001001117152002&trflg=1

『DODA」の特徴

DODAでは登録者に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリア、お持ちのスキルを総合的に判断し、 現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

どんな人にオススメ?

・キャリアカウンセリングを希望する方。

・履歴書の書き方や模擬面接対策など、手厚いサポートが欲しい方。

・自分にあった企業がなかなか分からない方。

「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職エージェント」以外にも、様々な転職サイトをランキング形式で掲載しています。「エージェントではなく、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から様々な転職サイトを検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16

転職したい業界・業種が決まってるなら「IKIKATA Database」

IKIKATAと同時に運営している業界別・ニーズ別の転職サイト紹介メディア「IKIKATA Database」では、あなたが転職したいと考えている業種・業界別に転職サイトをご紹介しています。

あなたが「営業職」「事務職」など職種で転職を考えている場合や、「IT」「金融」など転職したい業界が決まっている場合は、こちらのメディアから転職サイトを検討してみましょう。

IKIKATA Database

http://ikikatadatabase.com/

まとめ|業界・企業選びのポイントをおさえ転職成功を目指す

まとめ|業界・企業選びのポイントをおさえ転職成功を目指す

今回は、業界・企業の将来性を調べる方法を3つの観点に分けてご紹介しました。ご自身で転職先の将来性をきちんと理解した上で転職活動をすることができれば、転職成功の第一歩を踏み出したことになるでしょう。

一人で転職活動をすることが不安と感じるのであれば、今回ご紹介した転職エージェントをぜひ活用してみてくださいね。

スポンサードリンク
転職先に悩む方必見!将来性のある業界・企業に就くための方法

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。