「モチベーションが上がらない」「仕事したくない」と思うときの5つの対処法

スポンサードリンク

どんなに努力家でまじめな人でも、「仕事をするモチベーションが上がらない」「やる気が起きない」というタイミングがあります。これを「当人のやる気次第」と言ってしまえばそれまでですが、それほど簡単な話ではありません。特に、目の前の仕事で精いっぱいである若手のビジネスパーソンは、こういった心境に陥ることが多いのではないでしょうか。

「仕事のやる気が起きない」「仕事したくない」と感じるときは、その”原因”があるはずです。それをあらかじめ知っておいて、実際にやる気が出なくなった時に、自分自身で対処できるようになることができれば、「ストレス」や「悩み」を抱えることが少なくなります。

仕事に対する熱意を持ち続けることができれば、その分プライベートも充実しますよね。

そこで今回は、「仕事したくない」と思ったときの対処法を、シチュエーションごとに分けて解説していきます。「仕事に対するモチベーションが上がらないとき」に、ぜひ活用してください。

 

仕事をしたくないと思ってしまう5つのパターンと対処法!

StockSnap_CB8PFQR6E9

(1)人間関係で悩んでいるとき

 

職場の人間関係は、特に若手ビジネスパーソンにとって「悩みの種」ではないでしょうか。「○○さんのこういうところ、直したほうがいいと思うよ」と声掛けをするわけにもいかず、ただ悶々と悩んでしまっている方も多いでしょう。

人間関係で悩むのは、どんな組織にもつきものであることは事実ですが、自分だけで解決できることには限りがあることもまた事実です。

しかし、「本音で話し合う」ことで解決する場合もあります。ですから、「この人と自分はうまく関係を築くことができるのかどうか」をできる限り早い段階で明確にしておくべきでしょう。

得意先や顧客は別として、同じ組織や部署内での人間関係を考えると「本音でぶつかるべき人」と「うまく関わりを避けるべき人」の2種類の人がいることが分かります。あなたにとって”苦手”と感じる人は、この2つのうちどちらに当てはまるのかを考えてみましょう。

たとえば、「物言いは正しいけど言い方がキツイ」人がいるケース。苦手意識を持ってしまうことは当然とも言えますが、その人から教わることはたくさんあるはずです。「ここで関係性をあきらめてしまってはもったいない」と考えるべきでしょう。また、「理不尽なことを言われたらきちんと本音を伝えよう」と決めておくこともできます。

 

(2)ミスや失敗で「自分に合っていない」と思ってしまうとき

 

自分が得意でない仕事や、まだよく覚えていない業務に関してミスや失敗を繰り返すと、「この仕事は自分に合ってないのではないか?」「自分には適性がないのではないか?」とネガティブに感じてしまうことがあります。

しかし、ミスや失敗を繰り返すことは、まだ覚えるべきことや学ぶべきことが多い証拠になりますが、あなたの伸びしろがないということを意味するわけではありません。

重要なのは、「ミスや失敗」を論理的に改善する方法を知ることです。下記の記事では、ミスや失敗をなくすためのコツについて解説しています。

仕事のミスをなくせ!ロジカルにミスや失敗をなくす5つの方法

2016.07.23

余計にミスや失敗について考え込むのは避け、「学習材料」としてある程度客観的に見ることが大切です。

 

(3)業務をたくさん抱え「忙しすぎる」とき

 

誰しも「忙しいことが重なるタイミング」があります。そんな状況に直面すると、作業量と反比例してやる気がどんどん無くなっていく…そんな経験はないでしょうか? 自分のキャパシティ以上に業務やタスク、あるいは悩みや課題があると、人はやる気を失ってしまいます。

一番良い方法は、「業務の量」を減らすことですが、そういうわけにはいかない状況のときがほとんどです。その場合は、「スケジュール管理」で自分の仕事を「見える化」してみましょう。

自分がこれから行う予定やTodoをスケジュール帳で管理しておくことで、頭で考えることを減らすことができます。

 

(4)嫌いな業務・タスクを任されているとき

 

苦手ではないけど、いまいち好きになれない仕事があります。嫌いな仕事に取り組んでいるときは、意識していないうちにモチベーションがそがれてしまい、付随するほかの仕事にも悪影響を及ぼします。

しかし、嫌いだからと言って「やらない」という選択肢はありませんよね。取捨選択ができないからこそ、嫌いな仕事に対するモチベーション向上の方法を知る必要があります。その方法は2つです。

1.嫌いな業務・タスクが「なぜ嫌いなのか?」その理由を考える

2.嫌いな業務・タスクから「何を学びたいか・学べるか?」を明確にする

この2つを明確にすることで、「嫌な仕事だけど、学べることはある!」とその仕事をする意味を知ることができます。

 

(5)寝不足や精神の不調があるとき

 

いくら仕事をうまくこなすスキルがあっても、「自己管理」ができていなければ仕事をしようというモチベーションを維持することができません。自己管理ができていないと、寝不足や精神的な不調によって仕事のパフォーマンスも、取り組む際の「気持ち」も下がってしまいます。

そうならないためには、体調管理などの「自己管理」を見直すことが大切です。最もありがちなのは、「寝不足」です。プライベートも含めたスケジュール管理をもう一度組見直してみることが大切です。

また、精神の不調は、自分でどうにもならないケースがあります。そのときは一人で悩まず、家族や友人へ相談したり、精神科の受診をおすすめします。精神的な症状は、「気持ちの問題」だけでは済まされないことが多いものです。一度相談や受診をしてみて、自分がどのような状態になっているのかを確認することが大切です。

 

対処法を知れば、プライベートも充実する

happiness-826932_640

今回は、「仕事にやる気が出ない」「仕事をしたくない」と思いがちな若手ビジネスパーソン向けに、ケースごとの対処法を5つご紹介しました。

冒頭でも述べたように、自分が今仕事に対するモチベーションを失っていなくてもあらかじめ対処法を知っておくことが大切です。そのほうが、モチベーション低下の早期発見に繋がり、対処も簡単になります。

仕事に対してやる気を維持できるようになれば、その分プライベートも充実します。仕事とプライベートは別のことと考えず、仕事のやる気を失わないための方法の実践に向き合ってみてくださいね。

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。