ロールモデルがいない人必見!環境別ロールモデルの探し方

スポンサードリンク

ロールモデルという言葉をご存じでしょうか?

ロールモデルとは、「人生のお手本となる人」のことです。ファッション雑誌などでみるモデルさんのコーディネートを参考にするように、その人の「考え方」「行動」をお手本にすることで、私たちは将来のキャリアや人生における様々な選択をより正しいものにすることができます。

今回は、ロールモデルの定義をご紹介し、ロールモデルの見つけ方を2つ紹介します。また、ロールモデルを見つけ、どのように「お手本」とするかについても解説していきます。この記事を参考にして、ロールモデルを見つけましょう。学べることは、まだまだたくさんありますよ。

 

ロールモデルとは?「定義」は?

https://pixabay.com/

https://pixabay.com/

 

「見つけ方」をご紹介する前に、ロールモデルの定義をみていきましょう。

ロールモデルとは、具体的な行動技術や行動事例を模倣・学習する対象となる人材。 多くの人々は無意識のうちにロールモデルを選び、その影響を受けている。「 ○○のようになりたい」という憧れは誰しもが持った経験があるだろう。 リーダーシップ開発では、より意識的にロールモデルを選び、分析したうえで学ぶことが求められる。(引用:GLOBIS MANAGEMENT SCHOOL

さきほども説明したように、「○○になりたい」と思えるお手本を見つけることが「ロールモデルを見つける」ということになりますね。

ロールモデルを見つけることで、自分がシゴトで悩んだとき、人間関係で悩んだときに「どうするべきか?」の基準を学ぶことができます。特に、組織のリーダー的存在になるためには、「意識的なロールモデルの見つけ方」が重要になります。

では、具体的にどうやってロールモデルを見つけていくのか、その方法を2つ紹介します。

 

(1)身近な人から探す

https://www.pakutaso.com/

https://www.pakutaso.com/

 

ロールモデルを見つける方法の1つ目は、「身近な人から探す」という方法です。あなたの身の回りには、「この人は尊敬できるな」という方が何人かいるでしょう。そういった存在を改めて自分の「ロールモデル」として認識してみましょう。

身近な人に尊敬できる人がいない…という方も、安心してください。ロールモデルとなる人物は、「その人の考えや行動、性格」全部が尊敬できる人である必要はありません。人には誰しも欠点があります。「この人はこういう悪い部分もあるけど、こういう状況のときはスキルを発揮するな…」という人を見つけることが大切です。

ロールモデルを見つけるとともに、周囲の仲間の良さも改めて認識することができるでしょう。

 

(2)著名人・歴史上の人物などの「有名人」から探す

https://pixabay.com/

https://pixabay.com/

 

ロールモデルを見つける方法の2つ目は、「有名人から探す」という方法です。

歴史上の人物や、偉業を成し遂げた人物、後世に名を遺した人物などなど、「生きる上で参考になる有名人」はたくさんいます。文献や記事を通して、そういった有名人の「言葉」「行動」「残した結果とその過程」を知ることができます。

それをロールモデルとすることが大切です。有名人をロールモデル化する最も簡単な方法は、有名人が遺した「格言・名言」を調べることです。これを座右の銘として、具体的にどんな行動、考えでこの言葉を生み出すに至ったのかを知ることが必要ですね。

自分の理想となる「有名人」を決めて、その考えや行動を具体的に自分の行動に落とし込んでいく努力は、キャリア形成の上で、また、人生のすべてにおいて多くのメリットがあります。そのメリットとは、「自分の行動基準」を価値の高いものにできるという点です。

 

ロールモデルを「お手本」にする方法

https://pixabay.com/

https://pixabay.com/

 

ロールモデルをお手本にする方法は、簡単に分けて3つあります。

1.何が理想なのか?

ロールモデルの何が自分の理想であるかを「文章化」しましょう。ロールモデルのどんな部分を尊敬し、自分はどんな部分を理想とするのかをきちんと言葉にして表現できる必要があります。

言葉で表現することで、はじめて私たちはロールモデルを具体的な「理想」「目標」とすることができるのです。

 

2.今の自分に足りないものは?

自分の「理想」「目標」となる部分を文章化したら、次は、それに照らし合わせて「自分に足りないもの」を洗い出してみましょう。自分の理想と、今の自分の現状がどの程度かけ離れているかを直視しなければ、いくらよいロールモデルを見つけても参考にすることはできません。

「ロールモデル」と比較して、自分がどんな部分でどの程度かけ離れているか、その距離感をしっかりとつかむことから、ロールモデルを「お手本」とすることは始まります。

 

3.では、明日からどうするか?

理想を文章化し、「ロールモデル」と比べて自分の現状はどの程度かを把握したら、あとは実践あるのみです。「明日から何ができるのか?」を考えていきます。

理想とするものは、大抵の場合はすぐに身につけられるものではないでしょう。ですから、それに一歩でも近づけるように、毎日の積み重ねとなる「明日からできること」を考えていく必要があります。

もし、どうしても思いつかない場合は、思い切って「近くのロールモデル」に相談を持ち掛けてみましょう。自分でロールモデルの理想をお手本とするためには、それ相応の努力が必要です。しかしその「努力」は、身近な一歩から始まるものです。

 

ロールモデルを見つければ、自分の「軸」が定まる

「ロールモデルをお手本とするだけでは、単なる真似事になってしまうのでは?」と思う方もいるかもしれません。確かに、「そのまま模倣する」だけでは、同じことにしかなりませんから、真似事といえるでしょう。

しかし、人はそれぞれ人生の選択やキャリア形成において「ケースバイケース」です。人のマネをそのまましたからといって、それが具体的に役立つかどうかは分からない。それを理解した上で、ロールモデルをお手本とした自己研鑽を積むことが必要なのです。

ロールモデルを見つけ、自分の将来のキャリアや日々のシゴトにその「お手本」を昇華していきましょう!

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。