「新しい働き方」が増加中!これからの働き方に必要な考え方とは?

スポンサードリンク

新しい働き方が徐々に社会で注目されるようになってきました。

今回は、「新しい働き方」とはどのようなものなのか、また、新しい働き方が増えていく中で必要な意識とは何かということについて解説していきます。

このコラムを読めば、「フリーランス」などの新しい働き方の増加の背景と、知るべきことについて学ぶことができます。今のあなたの働き方、職業観に新しい観点をもたらすことができるでしょう。

 

「新しい働き方」とは?

YOSX9838_TP_V

近年、「新しい働き方」が増加しています。

新しい働き方とは、フリーランス、ノマドワーカー、デュアルライフなど様々なものがあります。それらの働き方は、どれも一昔前にはほとんどなかった働き方ですが、最近は「脱サラ」という言葉の代わりにそういった働き方の名前をよく耳にするようになりました。

 

ここで、次の項目「なぜ新しい働き方をする人が増えているのか?」を考える前に、「フリーランス」「ノマドワーカー」と「デュアルライフ」について軽く説明させていただきます。

「フリーランス」とは、正確には「雇用条件」の一つを指します。具体的には、特定の企業と距離を置いて、様々な企業からの仕事を単発で請け負う、という契約状態で働く方法のことです。フリーランスのためのプラットフォームとしては「ランサーズ」や「クラウドワークス」が有名ですね。

 

677

登録者数が最も多いのは「ランサーズ」

 

 

「ノマドワーカー」は「フリーランス」とよく混同されますが、こちらはワークスタイルの一つです。もともと「ノマド」とは遊牧民を指す言葉です。現代でいう「ノマド」は、クラウドシステムで情報を管理しつつwifiルーターを持ち運んで仕事をするなど、場所にとらわれない働き方のことを表しています。

 

最後に、「デュアルライフ」ですが、こちらは上記2つの働き方よりさらに特殊なものです。デュアルライフは「二域居住」とも呼ばれるライフスタイルのこと。

東京と地方で異なる仕事をする生活

東京と地方で異なる仕事をする生活

具体的には、例えば「東京都⇔長野県」の両方に住居をかまえて、2つの場所に自らの都合で行き来しながら多様な生活を営むスタイルのことです。

さて、代表的な「新しい働き方」について説明してきました。

では、こういった働き方が増えている社会的背景を考えていきましょう。

n4102290

国内クラウドソーシングの市場規模予測 (出典)矢野経済研究所「BPO市場・クラウドソーシング市場に関する調査結果2013」をもとに総務省が掲載しているグラフ

 

新しい働き方が増加している2つの背景

pexels-photo-110469

(1)情報技術の発展

フリーランスや、ノマドワーカーといった「場所や企業を選ばずに仕事をする」という働き方が増加している理由には、様々なものがあげられます。

中でも大きな理由としては、「情報技術の発展」です。IKIKATAコラムの他の記事でもたびたび述べていることではありますが、ご存知の通り、「いつでもどこでも仕事ができる環境」を整えることが簡単になった、ということです。

また、クラウドソーシングのサービスの会員数がさきほどの「国内クラウドソーシングの市場規模予測」のグラフのように推移してきているということ。会員数の数だけ、副業、あるいは本業として「個人のスキル」を生かした働き方が社会の中でその認知度を増やしている、ということになりますね。

このように「個人のスキルを活かした働き方」が社会の中で明確になってきたことが「フリーランス」や「ノマドワーカー」の増加につながっているということができるでしょう。それだけ、新しい働き方を目指す人の増加にもつながる、ということです。

 

(2)仕事・子育ての両立

国土交通省「二地域居住の促進」のページの文章を引用します。

国全体で人口が減少する中、すべての地域で「定住人口」を増やすことはできません。
そこでこれからは、都市住民が農山漁村などの地域にも同時に生活拠点を持つ「二地域居住」などの多様なライフスタイルの視点を持ち、地域への人の誘致・移動を図ることが必要となります。

要するに、東京だけで生活することは仕事・子育ての両面から考えて難しくなって来た時代。でも、地方で暮らすには不便だし、それも不安…

「ならば、二つの地域に同時に住んで、仕事もしよう!」というワークスタイルなのです。

地域に縛られず、なおかつ、その地域の恩恵を受けつつ地域に貢献する。そういったライフ&ワークスタイルの確立も、情報化の時代の一つの利点といえるでしょう。

定住化は難しくても、一人ひとりが個々に適応できる環境を自分で選び、作っていく。主体的な人生の送り方、を考えるうえで参考にするべきことがたくさんある「働き方」といえますね。

——————

以上、「フリーランス」「ノマドワーカー」そして「デュアルライフ」の増加を社会的背景から考えていきました。

でも、いくら増えているとはいっても、すべての人々が今から始める、というわけにはいきませんよね。それができるのであれば、すぐさま行動に移す人はたくさんいるはず。それなりのデメリットや苦労があるからこそ、「新しい」と呼ばれる要因があるわけです。

しかし、突然真似をしろ!というわけではなく、そういった「新しい働き方」から、個々の価値観やスタイル、そして思考法を抽出して学び、私たちの生活にそのエッセンスを還元することはできるはずです。

「心はフリーランス」「心はデュアルライフ」

そういった「形から入る」考え方をまずしてみることで、人生設計やキャリア形成において良い効果が生まれるのです。

次の項目から2つ、これら「新しい働き方」から学べることを抽出してみました。

ぜひご覧になってくださいね。

「心はフリーランス」

「心はフリーランス」

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。