ニートが最短で就職するために知るべき職種・転職サイト・方法まとめ

ニートが最短で就職するために知るべき職種・転職サイト・方法まとめ
スポンサードリンク

「ニートはどうせ転職できない」と思い込んでいませんか?

それは思い込みで、今ではニートが就職するのは難しくありません。適切な方法を知り、実際に行動を取ることで、就職活動を上手に進めることは可能です。

ニートは必ずしも悪いわけではないかもしれませんが、「働きたい」と考えている方が多いのも事実。そのため、ニートが就職するために必要な情報をまとめてご紹介していきます。

もちろん、実際に情報収集し行動できることが肝心ですが、この記事を読むことで「ニートが就職するには何が必要なのか?」が分かります。ぜひ参考にしてください。

 

ニートが就職するのは無理?難しいと言われる実情は本当か?

ニートが就職するのは無理?難しいと言われる実情は本当か?

 

「ニートの転職は難しい」とよく言われます。たしかに、普通の会社印の方が転職するより難しいことはたしかです。

しかし、「終了経験がない人が仕事をするのはきつい」「長続きしない」というイメージが先行してしまい、実態にそぐわない話が出てきているのも確かです。

つまり、難しいのは事実ですが、全部が全部難しいわけでも、不可能なわけでもないということなのです。

ここでは、ニートの就職活動が難しいと言われている理由と真偽について解説していきます。

 

1 ニートとフリーターは異なる定義がある

まず最初に、「ニート」とはどのような意味を持つ言葉なのかを確認します。

ニートとは、厚生労働省の定義によると「15歳〜34歳の失業者や無業者のうち、学生や主婦を除き、求職活動にいたっていない者」とされています。

しかし、ニートと一般的に呼ばれる人の中には、正確にはフリーターと呼ばれる人も含まれています。フリーターは、アルバイト・パートへの就職活動を行っている人も当てはまるからです。

また、正社員・派遣社員への就職を希望している人はニートには当てはまりません。

 

このように、ニートかフリーターかを分ける区別は求職活動の有無によって変化するので、ニートだからといってすべての働く選択肢がなくなるというわけではないことが分かります。

 

2 ニートは増加している

政府は13日、2017年版「子ども・若者白書」を閣議決定した。仕事も通学も求職もしない「ニート」を含む若年無業者数は16年で約77万人と、12年以来の増加となった。

引用:ニート、4年ぶり増加 子ども・若者白書 – 日本経済新聞

 

若年層のニートは、少子高齢社会の進展とともに減少傾向にあるとも言われていましたが、最近ではニートが増加傾向にあります。

一方、就職活動は売り手市場と呼ばれており、中途採用求人も増加傾向にあるのに対して、なかなか就職活動に踏み込めない、就職活動がうまくいかないという調査結果もあります。(上記引用記事より)

 

売り手市場であるのにもかかわらずニートが増え続けているということは、就職活動中やその後の働き方で挫折してしまう方が多いということでもあるでしょう。

つまり、ニートが就職活動を通して働く場所を見つけることも、それほど簡単なことではないようです。

挫折しないための最初の情報収集が必要でしょう。

 

3 就職活動をしないことが原因の場合が多い

就職活動をしていないことがニートである原因…というのはわかりますが、ただ行動できないのではなく、なんらかの事情が合って行動できないケースもありますよね。

内閣府の「子ども・若者白書」の「若年無業者が求職活動をしない理由や就業を希望しない理由」を見てみると、理由の内訳は下記のようになっています。

  • 「学校以外で進学や資格取得などの勉強をしている」
  • 「病気・けがのため」
  • 「探したが見つからなかった」
  • 「知識・能力に自信がない」

進学や資格取得などの勉強と回答した人は、15歳〜19歳が回答した率が高いです。一方、20歳〜24歳、25歳〜29歳の無業者は、「病気・ケガのため」という理由が多くあります。

こういった理由は、むしろ就職活動よりも、勉強や治療に専念したほうが良いでしょう。

しかし、「探したが見つからなかった」「知識・能力に自信がない」という理由で就職活動をしないのは、かなりもったいないといえます。

ただ、就職活動は就業経験がない方が突然実践するのは難しく感じるのも事実です。そのため、ニートの方向けの転職サービスを通して就職支援を受けるなど、具体的な行動が必要です。

 

4 男性・女性のニートで就職活動の方法が違うのか?

男性・女性問わず、ニートの方の場合、通常の就職活動ではなかなか求人が希望通りに見つからないかもしれません。しかし、性別の都合で、極端に就職活動が変わるということはありません。

しかし、職場の性別の割合などは、就業したあとの働き方に密接に繋がるため、転職先を探す際にはそういった内訳も確認しておきましょう。

 

5 30代以降のニートは特に就職活動がむずかしい

ニートの方のうち、特に30代以降になると、就職活動がむずかしくなることは事実のようです。

ニートに限りませんが、転職市場では20代は「ポテンシャル採用」というかたちで、その後の成長を見据えたうえで若手を採用することが多いのですが、30代以降になるとそれが難しくなるようです。

そのため、正社員転職をするのであれば、できるだけ早めに就職活動をするべきでしょう。

 

ニートが就職したいのにできない理由とは?

ニートが就職したいのにできない理由とは?

 

ここでは、就職したいと考えているニートの方が、なぜ就職できないのかについて情報をまとめています。「なぜできないのか?」を知れば、対策も打てるようになります。

まずは、就職活動の実情を知ることから始めましょう。

 

1 ブラック企業に入社してしまうのが怖い

ニートの方がなかなか就職先を探すのに躊躇してしまう理由のひとつには、「ブラック企業しか求人がないのではないか?」という不安があります。

一念発起して行動したは良いものの、就職した先がブラック企業ですぐに退職することになった…という事例がかなり多くあるため、心配してしまう気持ちがどうしても出てきてしまいます。

また、「仕事とはこういうものだ」という知識を知らないために、現実とこれまでの生活とギャップに苦しんでしまう方も多いのかもしれません。

求人を選ぶ段階で、ブラック企業に応募してしまわないための知識をつけておく必要があります。

 

2 就職活動が長続きしない

就職活動を一度始めたは良いものの、それが長続きせず行動することができないという悩みも多いです。

就職活動は「履歴書を出して応募→複数回の面接を突破→内定」という流れで進みますが、面接突破までのハードルがとても高く、挫折して元通りの生活になってしまうケースもあります。

 

3 ハローワークや求人情報誌からのみ情報を集めている

求人を探すときに、ハローワークや求人情報誌からのみ情報を集めてしまっている方も多いです。

そのせいで良質な求人に出会えず、就職活動が上手くいかなかったり、希望通りの求人に出会わなかったり…という実情があります。

求人の探すためには、幅広く情報を集めるための手段が必要です。ハローワークや求人情報誌だけでは、応募できる、かつ希望条件に合う求人を見つけるのはむずかしいでしょう。

 

ニートから就職しやすい職種一覧

ニートから就職しやすい職種一覧

様々な困難が伴うニートの就職活動ですが、ここでひとつ抑えておくべきなのが、「未経験から働きやすい職種」です。

実際ニート向けの終了支援や転職サイトでも、下記の求人を募集している方は多くあります。ブラックかどうかは企業によりますが、下記の職種であれば幅広く選ぶことができます。

 

1 介護職

介護職は、未経験・無資格からでも就職できる求人があります。また、高齢社会の流れの中で、働き手が不足しています。

将来は介護福祉士やケアマネージャーの取得を目指すことができ、キャリアアップや年収アップも可能です。

 

2 プログラマー

未経験からプログラマーを目指すこともできます。職場はブラックなところが多いとも言われていますが、未経験から技術を学べる職場があることも事実です。

介護と同様、プログラマーなどの技術者も時代に求められる職業です。IT人材は時代の流れに合わせて勉強し、常に新しい技術を学ぶ必要がありますが、それだけやりがいを感じられるでしょう。

 

3 営業職

営業職はニートの方にはハードルが高いと感じる人が多いのではないでしょうか? 実際「人とコミュニケーションを取る販売職・接客業や営業職は絶対に無理だ」と考えている方が多いと思います。

しかし、営業職という仕事を通してコミュニケーション能力を磨かなければならない状況に身をおくことで、対人交渉力や対応力を身につけることができます。

営業職は若手人材の7割が就く職種とも言われています。そのため、第二新卒やフリーター、ニートでも転職しやすい職種として、求人数も多いです。

 

4 事務職

事務職はデスクワークの仕事です。書類作成やオフィスの雑用、その他様々な業務を行います。書類作成などでは基本的なPCスキルが求められます。

一人でおこなう業務が多いですが、上司や部署間のやり取りなども多く発生するほか、電話応対などの業務も発生します。

 

ニートの就職活動で必要な3つのこと

ニートの就職活動で必要な3つのこと

 

ニートの就職活動では、最低限どんな準備が必要なのでしょうか?

ニートの就職はむずかしいといいますが、それは事前に必要な情報を知らずに何となく求人に応募し、面接で失敗してしまうケースがほとんどです。

ここでは、ニートが就職活動を始める前に知っておくべき情報を整理して解説していきます。

 

1 入社条件をはっきりさせておく

最初におこなうべきは、「入りやすそうな求人を選ぶこと」ではありません。あなたが、働く場所に何を求めるのかを決めることです。

たとえば、下記のような条件を最初に決めておきます。

  • 土日祝日に休むことができるか
  • 給料額は生活していけるだけの金額か
  • 社風や職場の雰囲気は自分に合っているか
  • 勤務地や勤務形態などは希望通りか
  • 働きたい業種/業界か

選り好みしていては就職はむずかしいですが、一方でノープランで求人に応募しても、結局すぐやめることになってしまいます。

最も大事なのは、就職が決まり実際に働き始めてからのこと。後悔しない就職のためには、まず自分が求める条件を決めておくことが大切です。

 

2 生活習慣を整えておく

就職活動とは直接的に関係ありませんが、生活習慣がこれまでの生活で乱れている方は、まずそのライフスタイルを改善することから始めましょう。

生活習慣は、就職活動前から整えておくことをおすすめします。これも、入社後に後悔するような行動をしてしまわないためのひとつの方法になります。

 

3 ニート/フリーター向けの転職サイトを利用する

今では、ニート/フリーター向けの正社員転職を支援する転職サイトが数多くあります。

通常の転職サイトを活用するのではなく、ニートの方を対象に就職相談を実施してくれるサイトを通じて求人を探したほうが、ブラック企業にぶつかる心配もなく安心です。

また、入社前に応募する求人の就職先についてきちんと情報を提供してくれるため、求人について不安な方も利用をおすすめします。

 

ニートの就職活動におすすめの転職アプリまとめ

ここでは、ニートの方の就職活動におすすめの転職アプリをご紹介します。経験不問・学歴不問で利用できる転職支援サービスで、無料で利用することができます。

就職活動を本気でしたいときには、ぜひ参考にしてください!

 

ジョブクル-正社員転職なら転職相談アプリ

ジョブクル

AIがどんどん求人を提案してくれるアプリです。「未経験で働ける仕事」を探している方でどんな職種で働きたいかイメージが固まっていない方にお勧めです。

 

ピコジョブ-いつでもどこでもチャットで相談できる

ピコジョブ
ニートの方が初めてする仕事として敷居が低い「テスター」の仕事や派遣の仕事もご案内してくれます。

 

マイナビ転職 – 正社員・仕事探し・転職アプリ

マイナビ転職アプリ

未経験OKの仕事を検索しやすい!

 

 

まとめ|今の生活を脱出するには入念な準備と迅速な行動が必要

まとめ|今の生活を脱出するには入念な準備と迅速な行動が必要

今回は、ニートで就職活動になかなか踏み出せないと感じている方向けに、就職活動の方法として知っておくべき情報を掲載し、ニートから正社員転職を目指すための転職サイトをご紹介しました。

「経験がないから」「自信がないから」という理由で一歩目を踏み出せないことは、ある意味仕方のないことです。

しかし、現状を打破しようとしている方は、ぜひ今回の記事を参考に、就職活動のスタートを切ってみてください。

当サイト「IKIKATA」では様々な悩みに関するコラムも掲載していますので、またぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク
ニートが最短で就職するために知るべき職種・転職サイト・方法まとめ

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。