「仕事がつまらないから辞めたい」は正しい!転職前に考えるべきこと

「仕事がつまらないから辞めたい」は正しい!転職前に考えるべきこと
スポンサードリンク

 「仕事がつまらない」という悩みを持つ方は多いです。それもそのはず、仕事はほとんどの場合、「つまらないもの」になりがちだからです。

しかし、つまらないのは決して当たり前のことではなく、仕事は環境や条件によって簡単につまらなくなるというのが正しい見方になります。

あなたが仕事をつまらないと感じているのであれば、つまらない理由を自分自身でしっかり把握したうえで、取るべき行動を取り、考えるべきことを考えなければなりません。

しかし、毎日鬱々としていると、正しい行動がどういうものかすらもわかりにくくなってきます。

そこで今回は、仕事がつまらないと感じる理由と原因、仕事がつまらないと感じたときに取るべき行動や考えるべきことを解説していきます。

Contens

「 仕事がつまらないものなのは当たり前」と思い込んでいませんか?

「 仕事がつまらないものなのは当たり前」と思い込んでいませんか?

「仕事はつまらないものである」「だから、自分で楽しむ努力をするべきだ」…そういう意見は、最近特に多くなってきたように思えます。

しかし、一方であなたの周りには「楽しそうに仕事をしている人」「毎日を楽しんで生活している人」がたくさんいるはずです。

「仕事がつまらないものだ」と考えていたら、あなたの周りにいるあの人のように、毎日をポジティブに過ごすのは不可能なのではないでしょうか?

仕事がつまらないのはあなたのせいではありませんが、仕事内容自体がつまらないものであるわけでもありません。すべては、仕事とあなたを取り巻く環境にあります。

よって、「つまらないから仕方ない」と自分の気持ちを抑えて無理して働き続けるのでもなく「つまらないからすべて辞めてしまおう」と諦めるのでもない”環境を変えるための行動”が必要です。

…その前に、まずは「仕事がつまらない状態で働くことのデメリット」を見ていきましょう。

あなたが仕事をつまらないと感じながら働いていることで、どんなデメリットがあるのかをチェックしていきます。

 

「仕事がつまらない状態」で働くことのデメリット

「仕事がつまらない状態」で働くことのデメリット

 

「仕事がつまらない」と感じていながらも、同じ環境、同じ気持ちで働き続けることのデメリットとは、どのようなものでしょうか?

現状を冷静に分析するために、「仕事がつまらない状態」を続けることのデメリットを3つご紹介します。

 

1 時間だけを無駄にする苦痛

やる気が出ることもなく、モチベーションが上がることもなく、時間だけが過ぎていく…そんな仕事をすることは、あなたにとって時間の無駄以外の何物でもありません。

たしかに、精神的な苦痛さえ耐えていれば、お金を稼ぐことができます。正社員ならば、定額の給与が入ってきますし、時給制のアルバイト・パートなら、苦痛を耐えた時間分の給料を受け取ることができます。

ただし、そうやって得たお金にどれほどの価値があるのでしょうか?

転職するかどうかには直接結びつきませんが、「とりあえずお金がもらえるからいいや」という考えで時間を過ごすのはとてももったいないことです。

仕事は、人生の3分の1を占める時間です。将来的には減るかもしれませんが、その分の時間をムダに過ごすことは、あなたにとってよくないでしょう。

 

2 自分の磨きたい能力や得たい経験を手にすることができない

仕事で活用できるスキルや経験は、仕事を通してでしか学ぶことができません。特に、若手から中堅社員に鳴る20代前半から30代までの間学んだことは、その後のキャリアでも大きく役立つでしょう。

要するに「仕事がつまらない」という状況を早めに抜け出さないと、自分の磨きたい能力や得たい経験を学ぶことができなくなってしまいます。

人には必ず「誰かから認められたい」という承認欲求があります。仕事を通して、自分のやりたいことを叶えられれば、少なくとも人生の3分の1は幸福です。

 

3 人生全体の幸福度が低下する

すでに何度か言っていることですが、仕事は人生の3分の1の時間を使います。将来的には、人が働かなくても良い社会が待っているかもしれません。

しかし「人生において何を幸福とするか?」は、自分自身で決める必要があります。仕事でも、プライベートでも、自分が幸福だと思えることを追求し、チャレンジすることが大切なのです。

今、あなたは仕事を「生活するために必要な最低限のこと」ととらえているかもしれません。たしかにそれは間違いではありませんが、「つまらない」と感じているなら、それを解決するために行動すべきでしょう。


ここまで、仕事がつまらない状態で働き続けることのデメリットをご紹介してきました。ピンと来ていない、私はそうじゃないと感じる人もいるかもしれません。

しかし、どちらにせよ「仕事がつまらない」と感じている以上、その理由や原因がはっきりわかれば、対策を練ることもできますよね。

下記では、仕事がつまらなくて苦痛である理由や原因を解説していますので、あなた自身の思いを分析するために参考にしてください。

 

仕事がつまらなくて苦痛である理由・原因を知ろう

仕事がつまらなくて苦痛である理由・原因を知ろう

 

「仕事がつまらない」のは、あなたのせいではなく、仕事内容自体のせいでもありません。すべては、「つまらなくさせる環境」にあります。

ここでは、仕事がつまらない原因を解説しています。あなたがどんな理由によって仕事をつまらないものと感じているのかをチェックしてみましょう。

原因がわかれば、対策を打つことができます。

 

1 職場の人間関係が悪く仕事自体がしづらい

職場の人間関係が悪いと、たとえ仕事自体が上手く行っていたとしても、仕事がつまらないものになってしまいます。

なぜなら、仕事というのは「評価」をし合うことによって満足感を得たり、努力の成果を認められたりするものだからです。

また、何気ないコミュニケーションの中で人間関係が作られることによって、「自分の居場所だ」と職場のことを感じることができますが、それができなくなっている状態です。

仕事がつまらない原因としては、かなり多くの人が抱えている悩みと言えるでしょう。

 

2 単純作業の繰り返しに飽きてしまい、刺激がないと感じる

仕事内容自体が単純作業の繰り返しになってしまったり、マンネリ化していて新しい刺激が足りなかったりするときも、「仕事がつまらない」と感じる原因になります。

ただし、単純作業を楽しくこなすことができる人もいます。そのため、仕事自体がつまらないかどうかは、人によるものであるといえます。

とはいうものの、単純作業だと自分が感じてしまった時点で、その仕事は魅力がなく、面白みを感じることのできないものになってしまいます。

結果、時間が過ぎることだけを考えて、仕事をしてしまうことになります。

 

3 自分のやっている仕事は、価値のない仕事だと感じる

単純作業の場合によく当てはまりますが、「自分のやっている仕事にはなんの価値もないのではないか?」と考えてしまうことにより、仕事がつまらないものに感じてしまうことがあります。

誰でも、これが自分のため、社会のため、世の中のためになっていると感じることができれば、価値があると思うことができます。

しかし、そういった考えや思いは、仕事に慣れて来るとともに失われていくものです。今のあなたは、仕事に慣れきってしまい、やる気やモチベーションが途切れてしまっている状況です。

 

4 努力や成果に合った給与や報酬がない

努力や成果に見合った給与や報酬がないことも、仕事自体がつまらないと感じる原因になります。

仕事のほとんどは、成果や実績に対するリターンがあって初めて報われた気持ちになるものです。

対して、「自分だけが苦労しているのになんの見返りもない」という状況が続くと、仕事が適当なものになり、継続するモチベーションもどんどん下がっていきます。

 

5 仕事以外のことがまったくうまくいっていない

仕事がつまらないと感じる原因が、仕事をする環境以外にある場合もあります。プライベートでなにか不安なことがあったり、嫌なことが続いていたりするときは、仕事自体もつまらなくなります。

また、嫌なことがあると精神的に落ち込むため、いつもは楽しく取り組めていることでもつまらなく感じてしまいます。

 

6 仕事のやり方・進め方が分からずミスや失敗を繰り返す

ミスや失敗を繰り返してしまい、「自分にはこの仕事が向いていないのではないか?」と感じるときも、仕事がつまらないと感じる瞬間になります。

仕事は、慣れすぎてもつまらなくなりますが、一方でいつまで経っても覚えることができないケースや、まったく状況がつかめない状態が続くことでもつまらなくなります。

 

7 会社や取り扱う製品・サービスに愛着がない

あなたが民間企業で働いている場合、会社が取り扱う製品やサービスに愛着がなく、営業や販売が苦痛に感じるということもあるでしょう。これも仕事がつまらない原因です。

特に、最初は特定の業界を志望していて入ったものの、現実と理想のギャップが大きすぎて幻滅してしまうケースなどが考えられます。

 

8 仕事が暇すぎる

単純に、仕事が暇すぎて面白みがないどころか、待ち時間が苦痛で仕方がないという方もいます。忙しすぎて辞めたいと感じている人にとっては羨ましいかもしれませんが、暇なのはそれはそれで苦痛です。

毎日時間が過ぎ去ることだけを待つ生活は、トラブルに囲まれた仕事をしているよりもつらいことがあります。


ここまで、仕事がつまらない原因をご紹介してきました。仕事がつまらない原因は様々なものがありますが、おおよそ上記のどれかに当てはまったのではないでしょうか?

次は、仕事がつまらないと感じているあなたが、次にどういう行動を取るべきかについて解説していきます。

 

仕事がつまらないときに取るべき行動と考えるべきこと

仕事がつまらないときに取るべき行動と考えるべきこと

 

仕事がつまらないときには仕事そのものを変える(転職する)以外にも解決方法があります。ものの見方を少し変えたり、工夫をちょっとだけしてみることで、改善する場合があるのです。

ただし、絶対につまらない状況を解決できるというわけではありません。

まずは、ここでご紹介する方法を試してみて、それでもつまらないときは転職を考えてみるべきでしょう。

 

1 まずは「工夫」「改善策」を決めて実行すること

仕事がつまらないと感じている大きな理由のひとつには、仕事が単純作業でつまらない、慣れきってしまって刺激がないというものがあります。

このような単純作業や慣れ親しんだ業務は、当たり前のように時間内にこなせるため「そのままずっと同じようにやっておけばいいや」と思いがちです。

しかし、そこであえて「工夫」「改善策」を考えてみると、仕事に刺激が生まれます。

たとえば、営業職なら「Aプラン」「Bプラン」「Cプラン」とそれぞれちょっとずつ異なる提案の仕方をして、反応が良かったプランを取り入れ改善してみる、というようなことです。

日々の仕事を何となくこなすのではなく、「工夫し改善する」ことを意識するだけで、やれることがたくさんあることがわかるでしょう。

 

2 ライバル・競争相手を作る

あなたと同じくらいの年齢かつあなたと同じ仕事をしており、同じくらいの立ち位置にいる人をライバルにすることで、仕事に対するモチベーションが上がってくることがあります。

仕事がつまらないと感じるのは、評価されることがないから。

しかし、それが裏を返すと「自分が今どのくらいのレベルなのかがよく分からない」からであり、自分で仕事の成果を判断することができないのです。

競争相手を見つけ、営業成績でも仕事をこなした量でも何でも、競争意識を持つことで仕事に刺激が生まれます。

 

 

3 人間関係を見直し八方美人を辞める

仕事がつまらない理由のひとつは、「人間関係に問題があるケース」であることはすでに解説しました。

仕事自体は創意工夫によって楽しくすることができても、周りの人間関係が複雑だったり、お互いを批判し合ったり、陰口が多かったり…というものでは、仕事を楽しむことは到底できません。

人を気遣うことも大切で、社内はチームであり思いやりを持って接することが大事です。しかし、あなたが精一杯努力しているのにもかかわらず歩み寄ってくれないのであれば、あなたがこれ以上、相手に気遣う必要はないのではないでしょうか。

八方美人を辞め、本当に重要視したい関係性にフォーカスするほうが、信頼され信用も強くなります。

 

4 スケジュール帳やTodoリストを作成し毎日をゲームにする

「自分は仕事ができない人間だ」と感じる方は、仕事内容が完全に把握できていなかったり、右往左往としてしまって誰の役にもたてていないと自己嫌悪に陥っている方が多いでしょう。

また、どれから手を付けてよいかわからないくらいやるべきことがあり、結局どれも中途半端で自身をなくしてしまうこともあると思います。

そういうときは、スケジュール帳とTodoリスト(やることリスト)を用意して、毎日最低限こなしたいことを目標として設定しておくと良いでしょう。

「今日は、最低限でも外回りで○件周り、〇〇さんと一度会話する」など、そういう細かな積み重ねだけでも良いでしょう。

すべてを同時に解決するのではなく、自分が職場で働きやすいように具体的な改善策を設定し、メモに書き込んでおくことをおすすめします。

 

5 つまらない理由を書き出して原因を追求する

上記までの工夫をしても仕事に対してまったく熱意が湧かないのであれば、一度「つまらない理由」を書き出して原因を追求してみましょう。

たとえば…

  • もはや工夫しようにも面白みがまったくない仕事だ。
  • 自分は将来〇〇を目指しているのに、この会社では達成できそうにない。
  • 上司の〇〇さんがきつくあたってくるため、働きにくい。

仕事をつまらなくしている原因を紙に書き出すことで、「では、解決するためには何をすればよいか?」を考えることができますよね。

また、ここまで突き詰めて考えることができれば、転職などの決心もつきやすいです。


ここまで、仕事がつまらないときに考えるべきことや行動を解説してきました。

ささいな工夫にしか見えないかもしれませんが、一つ一つ時間をかけてぜひ実践してみてください。これまでより、仕事に前向きになれる方も多いはずです。

次は、「仕事がつまらない」と感じているときにやってはいけないことをご紹介していきます。

 

仕事がつまらないときにやってはいけないこと

仕事がつまらないときにやってはいけないこと

 

「仕事がつまらない」と感じているときに、ついやってしまいがちなNG行動を集めています。

誰しもが陥りがちなことですが、やるとあなたにデメリットがあるので、下記をチェックしてやらないようにしましょう。

 

1 同僚や部下、家族や恋人に相談する

同僚や部下、家族や恋人に「仕事がつまらないこと」を相談する方は結構多いです。しかし、あなた以上にあなたが取り組む仕事を知っている方は誰もいません。

そのため、部下や同僚、家族や恋人に相談するのは得策ではありません。もちろん、ストレス発散のために愚痴をいうのは必要な場合がありますが、解決策を知りたいのであれば意味はありません。

また、そういった相手が解決できない相談事をするのは、相手にとってもあまり気分が良いものではないです。

相談するなら、すでにあなたと同じ境遇に陥ったことのある上司などが良いでしょう。

 

2 気持ちを抑えて仕事をとにかくやる

「仕事はつまらないものだ」と信じ込んで、つまらない気持ちをただ抑えて仕事に取り組むのは得策ではありません。

仕事自体のパフォーマンスは下がりますし、モチベーションがないのに継続しようとしても、どこかで必ずミスや失敗が起こります。

気持ちを抑えるのではなく、つまらない理由を時間をかけて整理することをおすすめします。

 

3 自分の否定を始める

「自分はどうせ〇〇だから〜」という自己否定は、一人の時間に簡単にできることですし、自分のせいにすれば仕事の悩みも解決した気分になってしまいます。

しかし、自己否定はモチベーションが低下する原因になりますし、何も良いことはありません。もちろん、仕事がつまらない原因を解決することにもつながりません。

 

4 職場の愚痴をお酒の席で発散する

お酒の席で職場の愚痴を発散するのは、ストレス解消としては良い方法かもしれません。

ただし、あなたが仕事がつまらないことを本当に解決したいと考えるのであれば、お酒の席でわざわざ時間をかけて仕事の愚痴を言う必要はありません。

それよりも「どうしたら仕事がつまらなくなくなるか?」「どうしてもつまらないとしたら、次はどう行動するべきか?」を考えるほうが良いでしょう。

 

5 何も考えずに求人票を眺める

「今の仕事がつまらないから、仕事を辞めて転職しよう」というのは、まだまだ一般的ではありません。しかし、そういった理由で転職することも方法のひとつです。

ただし、何となく転職先候補を探すだけのために時間を使ってもあまり良いことはありません。不満だけが募り、行動はできない状況に陥ってしまいます。

転職するかどうか悩んでいる方は、まず最初に、「〇〇が理由で転職する」と明確な転職理由を決めて転職活動を始めましょう。

「仕事がつまらないから」では理由にはなりませんが「つまらないのはなぜか?」まで振り返って考えると、自分でも納得できる転職への動機が生まれます。

 

「仕事がつまらない」という理由で転職するのは悪なのか?

「仕事がつまらない」という理由で転職するのは悪なのか?

仕事がつまらないという理由で退職・転職するのは、これまで「悪」とされてきた風潮があります。あなた自身も、「そんな甘えた考えじゃやっていけないのでは?」と思うかもしれません。

ただ、何も考えず思考停止して逃げ出すのであれば、転職先でも同じことを繰り返してしまう可能性が高いでしょう。

しかし、「自分は今の環境のここに満足していない」と、不満の根本を知ることができていれば、そういう環境に自分が身を置かないように、転職活動をすることができます。

ただし、転職活動自体が不安な方も多いはずです。下記では、リスク無しで転職するためのコツをご紹介しているので、今の職場を離れ転職したい方はぜひ参考にしてください。

 

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

 

ここでは、今の職場や待遇、働き方に不満を抱いている方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

転職活動というと、下記のようなイメージがあるのではないでしょうか?

  1. 「失業リスクがある」
  2. 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」
  3. 「転職すると給料が下がる」
  4. 「新しい環境に慣れるのが大変そう」

しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。

 

1 転職活動に失業リスクはない!

転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。

一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。しかし、それは”間違い”です。

大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。

20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。

引用:年代別の転職回数と採用実態 – リクナビNEXT

20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。

つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。

ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。

 

理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」

人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。

2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18.6%)が「減る」(4.0%)を大きく上回っている。

引用:中途採用調査 – リクルートワークス

つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に活発に採用活動が行われていることを示しています。

 

理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」

転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。

しかし、その点についても心配いりません。今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。

たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。

  • 求人を探す
  • 履歴書・職務経歴書を作成する
  • 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する
  • 面接を1次〜3次まで突破する
  • 給与条件や入社日を人事側と調整する
  • 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう

これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。

でも今は、「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。

そのため、転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。

以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:転職エージェントとは?おすすめの選び方と比較ポイントを徹底解説!

 

おすすめ転職エージェントは下記記事でご紹介しています。活用法や利用の流れも解説しているので、「転職エージェントを選びたい」という方はぜひ参考にしましょう。

 

また、「自分で求人を探したい」「自分のペースで求人を見てみたい」という方は、こちらの「転職サイトランキング」を参考にしてくださいね。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる

転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。

特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。

これまで得てきた経験を活かすには、「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。

「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。

あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。

もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。

業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。

業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、兄弟サイト「IKIKATA Database」のTOPページで掲載しています。

どんな経験・キャリアであっても、それを評価してくれる職場は必ず存在します。

もちろん、経験・スキルによって大幅に求人の見つかりやすさや条件は変化しますが、「今の職場に不満を感じている」のであれば、転職活動を始めてみるべきですよね。

 

3 転職しても給料は下がらない

「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか?

それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。

それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。

特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。

 

年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

また、実際に今のあなたの職種・業種の求人が一般的にどの程度の年収なのかを調べることも大切です。そんな方は転職サイトに登録し、職種/業種の条件から求人を探してみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる

転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。

「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。

しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。

それはなぜかといいますと、転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。

あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか?

実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

スポンサードリンク
「仕事がつまらないから辞めたい」は正しい!転職前に考えるべきこと

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。