20代で未経験の職種・業種に転職する際の注意点とは

20代で未経験の職種・業種に転職する際の注意点とは
スポンサードリンク

「転職」は、人生の大きなターニングポイントになります。その中でも、20代の一回目の転職活動をどのように考え行動していくかは、あなたの今後の働き方全体に影響を及ぼすと言っても過言ではありません。

今この記事を読んでいるあなたは、今の仕事に満足しておらず、はたらく場所を変えたいと考えています。そして、具体的に転職活動の準備を始める、もしくは始める手前にいるのではないでしょうか。

今回は、20代で未経験の職種・業種へ転職を考えている方向けに、転職全般の注意点をご紹介していきます。この記事を読むことで、実際に転職活動を始める際の重要なポイントを知り、転職活動を有利にすすめることができます。ぜひ参考にしてください。

20代の代表的な転職理由は?

20代の転職者は、一般的にどのような理由で転職を志し、実行に移すのでしょうか?一般的な理由をおさえておくことで、あなた自身の仕事での悩み・課題がどの程度転職の動機になり得るのかが分かります。

大手転職サイト「DODA」の調査によると、20代の転職理由TOP3は、1位「他にやりたい仕事がある:13.9%」2位「給与に不満がある:8.1%」3位「残業が多い/休日が少ない:7.2%」になっています。

上記調査を踏まえた20代の転職事情としては、「やりたい仕事」かつ「条件面に満足できる」環境を目指し転職することが一般的になっているといえるでしょう。

20代で転職をするメリットは?

20代で転職をするメリット

「やりたい仕事」であり、かつ、「条件面に満足できる」…そんな仕事を見つけるために転職を志す20代の方が多いことが分かりました。では、20代のうちに転職活動を行い異なる環境に身を置くことにはどんなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、20代前半・後半の転職に分けてメリットを説明しています。

1 20代前半の場合「より魅力的な仕事」を探すキッカケになる

20代前半の方は、今回の転職が初めてである場合がほとんどでしょう。「本当に転職して良いのだろうか?」という疑問や悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

確かに、ある程度の期間働き続けて初めて分かる「仕事の魅力」はあります。環境や業務に慣れることによって、「転職したい」という思いは薄れていくかもしれません。「この仕事を続けるべき」と考えているのであれば、無理に転職する必要はなく、今の会社・業界でスキルを磨いていくという働き方も正解といえます。

しかし、「新しい仕事がしたい」「もっといい条件の会社に転職したい」という思いを抱えたまま今の仕事を続けることは、自身の将来や人生計画をないがしろにしてしまうことに繋がります。やりたいことがあるのであれば、転職というアクションは現実的な手段になります。

2 20代後半の場合「キャリアアップ」を目指すことができる

20代後半の転職の場合は、数年間ひとつの分野で経験やスキルを積み、人材価値が上がるためにキャリアアップを目的として転職をすることも可能です。特に、ITや金融、その他専門的知識を有する職種・業種に於ける経験は、他業界や他業種で活用できることも多いといえます。

「もっと自分の経験を活かしたい」「こんな仕事がしたい」という明確な目的をもって転職することができるのが、20代後半のビジネスパーソンなのです。

20代の転職で注意すべきポイント

20代の転職で注意すべきポイント

では、20代のビジネスパーソンが転職する際には、どのような点に注意すべきなのでしょうか? ここでは、5つの項目に分けて解説しています。

1 自己分析を行う

面接や書類選考で重要視されるのは、「志望動機」「自己PR」などの就活同様の項目になります。面接での質問のされ方は個別的なケースごとに異なるものの、あなたの「スキル・経験」「性格」「潜在能力」について聞かれることをおさえておきましょう。

転職に成功するための自己分析のやり方!5つのポイント

2017.06.16

転職サイト「リクナビNEXT」では、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを利用することができますので、リンクからぜひチェックしてみてください。自分の強みを客観的に観ることができ、自己分析をする際に大変役に立ちます。

2 応募先企業の求めている人材を知る

自己分析やこれまでの自分自身の仕事内容から、あなたのスキルや経験、実績を明確にすることができます。次に重要なのは、あなたのもっているスキルは「応募先企業」が必要としているものかどうか? という視点になります。

応募先企業が求めている人材の内容は、求人の情報や採用ページを参考にすることで理解することができます。応募先企業に自己PRをする際には、すべてのことを話すよりも効果的な部分を具体的に伝えることが重要になります。

たとえば、未経験の職種に応募する場合でも、前職で未経験の分野の知識を学んだ経緯やそれをもとに成し得た実績を具体的に面接で伝えることができれば、面接官にとってあなたが採用すべき人材かどうかが明確にわかるようになりますね。

3 経験をPRするなら3年以上の実績を基準にする

これまであなたが社会人生活を続けてきた中で得たスキルや経験は、大抵の場合「どの程度の期間中に、そのスキルや経験を得て仕事をしてきたか?」という基準で評価されます。

たとえば、3年以上同じ企業で働き続けた方は、基本的なビジネススキルを習得しており、実務経験も一定以上あると判断されるでしょう。その上で、面接官は具体的にどんな実績を残してきたのか、どんな部分にあなたの強みがあるのかを判断するのです。

3年以上の経験がない20代前半の方の場合は、経験よりも応募先企業の理念や事業内容の魅力、そしてその会社の中でどのような経験を積み仕事をしていきたいかという「熱意」「モチベーション」を軸に面接や選考に臨むべきであるといえます。

4 求める条件を明確にする

前職を退職した理由や「転職したい」と考えた要因は人それぞれです。しかし、次の職場に求める条件は明確にできます。たとえば、給与や勤務日数、業務内容は事細かに明確にしておくべきです。

給与や職種などをあまり深く考えずに、業界や会社の規模だけで判断してしまうことは避け、転職サイトの求人情報は条件面を詳しく見て選ぶことが大切です。

20代転職者が良い企業を見つけるためには?

20代転職者が良い企業を見つけるためには?

20代の転職者が良い企業を見つけ転職に成功するためには、これまでご紹介してきた項目ひとつひとつに注意して、丁寧に応募企業を選び、面接や選考を突破する必要があります。

しかし、転職活動は想像以上にすることが多いため、一人では不安である方も多いでしょう。特に、20代の転職者の方はそのほとんどが「転職未経験」です。そのため、通常の転職求人サイトではなく、採用までサポートしてくれる転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントであれば、あなたが転職市場で最もスキルや経験を活かせる職場や企業に入ることのできる可能性がグンと高まります。なぜなら、業界ごとに精通したエージェントが、面接や求人の紹介といった転職活動のメインの部分までサポートしてくれるからです。

下記にて、IKIKATAおすすめの転職エージェントを複数ご紹介しています。特徴ごとにエージェントをご紹介しているので、まずは登録してみてはいかがでしょうか。

転職成功のための「転職エージェント」まとめ

転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

20代の転職活動に最適!『マイナビエージェント』

マイナビエージェント

https://mynavi-agent.jp/dainishinsotsu/lp/013.html?utm_source=cpa_002&utm_medium=banner&utm_campaign=cpa_002&nst=0&jno=494911&t=20170331192726

『マイナビエージェント』の特徴

有名な就職サービス『マイナビ』が運営する転職エージェントサービス。

キャリア事業の大手ならではの信頼感と、太いパイプが売り。転職市場を網羅しているキャリアアドバイザーに転職を支援してもらうことは、転職活動の安心感につながります。多くの選択肢から選べることで、転職の「失敗」を防ぐことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・希望する職種・業種が複数ある方。

・大企業からベンチャー企業まで、あらゆる選択肢を考えている方。

・第二新卒の方で、転職活動の選択肢を増やしたい方。

大手求人サイト!『DODA転職支援サービス』

94271ecbcbe103576c7fab0926c5aa7a

https://doda.jp/promo/lp/002.html?cid=001001117152002&utm_id=001001117152002&trflg=1

『DODA」の特徴

DODAでは登録者に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリア、お持ちのスキルを総合的に判断し、 現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

どんな人にオススメ?

・キャリアカウンセリングを希望する方。

・履歴書の書き方や模擬面接対策など、手厚いサポートが欲しい方。

・自分にあった企業がなかなか分からない方。

「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職エージェント」以外にも、様々な転職サイトをランキング形式で掲載しています。「エージェントではなく、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から様々な転職サイトを検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16

転職したい業界・業種が決まってるなら「IKIKATA Database」

IKIKATAと同時に運営している業界別・ニーズ別の転職サイト紹介メディア「IKIKATA Database」では、あなたが転職したいと考えている業種・業界別に転職サイトをご紹介しています。

あなたが「営業職」「事務職」など職種で転職を考えている場合や、「IT」「金融」など転職したい業界が決まっている場合は、こちらのメディアから転職サイトを検討してみましょう。

まとめ|20代の転職は働き方を変えるチャンスです

まとめ|20代の転職は働き方を変えるチャンスです

今回は、20代の転職者に向けて転職で注意すべきポイントをまとめご紹介しました。20代での転職は現在まったく珍しいことではなく、これから自身の働き方やキャリアを見据えるためには重要なアクションです。

今回の記事を参考にして、ぜひ実際の転職活動をスムーズに進めてみてくださいね。

スポンサードリンク
20代で未経験の職種・業種に転職する際の注意点とは

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。