「頭の回転が速い人」は嫌われ者?他人に迷惑をかける5つのケース

スポンサードリンク

「頭の回転が速い人」は、その頭の回転の速さのあまり他人に迷惑をかけてしまうケースがあります。

世の中で「この人って何考えているか分からないな」「言っていることが理解できないな」という印象を相手に与えてしまう人は、実は「頭の回転が速すぎる」ことが原因かもしれません。

もしかしたら、あなたがうまくコミュニケーションをとれていなかったり、人とうまく距離を縮めるのがニガテな場合、あなたは「頭の回転が速すぎる」のかも?

今回は、「頭の回転が速い人」が他人に迷惑をかけてしまうケースを紹介し、相手に悪い印象を与えないための解決策もご紹介していきます。

あなたは当てはまりますか? 確認してみましょう。

 

そもそも「頭の回転が速い人」ってどんな人?

そもそも頭の回転が速い人ってどんな人?

「頭の回転が速い人」の特徴を知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

「頭の回転が速い人」の5つの特徴をマネすれば「できる人」になる

2016.06.23

上記の記事を読み、「あ!自分はこの特徴をおさえている!」という方は、なおさら今回紹介するケースを知っておくべきであるといえるでしょう。

いくら頭の回転が速くても、「周りに合わせる」「協調する」ことができなければ、その能力を持っている意味がない…と言われても仕方がありません。メモを取りつつ下記のケースをご覧ください。

 

「頭の回転が速い人」が陥る、他人に迷惑をかける5つのケース

頭の回転の速い人が陥る人に迷惑をかけるケース

では、頭の回転が速い人が無意識に陥りやすい「他人に迷惑をかけてしまうケース」を紹介していきます。同時に解決策も記載しますので、実践して治せるようにしましょうね!

 

(1)人の話をさえぎることが多い

「頭の回転が速い人」は、相手と議論や話し合いをしているときに相手よりも論理的、合理的に妥当な解決策を見つけるのが速いでしょう。

つまり、それまでの会話内容を飛ばして「答え」を言ってしまうことがあります。効率的で建設的な議論をする場合には、そういったスキルは不可欠なものでしょう。

しかし「会話」は過程を飛ばして「答え」を見つければいい場合と、そうではなく会話の過程も含めて「コミュニケーション」として大切にすべき場合があります。

信頼関係を築いたり、仲良くなるために話したり、という場合には相手の話をさえぎってまで「効率的な議論」をする必要はありません。なにごとも「使い分け」が重要ですね。

解決策

相手の話をさえぎってまで話すべきかどうかを考えて、話し方の使い分けをする

 

(2)早口で話の展開が速い

「頭の回転が速い人」は、次から次へと「言いたいこと」「言うべきこと」が頭にポンポン浮かんでくるでしょう。それが続くと、「話題が急に変わったり」「話している内容が相手に伝わりにくくなったり」という状況に陥ります。

また、相手は理解していないのにこちらは「相手は話を理解してくれている」と思ってしまっているために、それが原因となって相手に不信感や不快感を与えてしまうことにも繋がります。

とはいうものの、自分の「言いたいこと」「言うべきこと」を減らすのは不可能ですし、もったないですよね。そういうときは、「相手に確認をとる」ことが大事です。

具体的には、「ここまでは話した内容を分かってもらえると思うんだけど…」と相手が話を理解できないかを”確認”することが大切です。

また、もっと簡単な方法として「話すスピードを意識する」ことも大切でしょう。相手の話すスピードに合わせて話す習慣をつければ、自然と話すスピードは落ち着いていきます。

解決策

相手が理解できたかを話の節目で確認する

話すスピードを相手に合わせる

 

(3)懐疑的である・批判的である

「頭の回転が速い人」は、(1)でも挙げたように「答え」に行きつくまでのスピードが速いのです。つまりその分、「自分の結論」と違うことに対して「これは違うな」と相手の話に懐疑的、批判的になる機会が多くなるでしょう。

「クリティカルシンキング」という思考法があるように、「健全な批判」は大切です。ものごとを違った側面からとらえて、意見や結論を多角的な観点からながめてみることは、ビジネスや議論の場においては有用なスキルです。

しかし、「自分の結論や考えに合わないから」という理由だけで、懐疑的な姿勢や批判的な姿勢を前面に出してしまっては、相手からの発言を雰囲気で圧殺してしまうことになるでしょう。

そうならないためには「批判の仕方の工夫」「聞く姿勢」を意識しましょう。

「批判の仕方の工夫」とは、話に割って頭ごなしに否定しないことや、最後まで聞いてあとから気づいた点を話すなどの配慮、そして「でも…」「しかし…」といった否定形の言葉を使わないことです。

また、「聞く姿勢」とは「椅子にもたれかかる」「腕を組む」「相手の目を見ない」「無表情」といった、相手に悪い印象を持たれるふるまいをしないことが大切です。

解決策

「批判の仕方の工夫」 否定形の表現や、話し方を柔和にする

「聞く姿勢」を改善し、悪い印象を持たれないようなふるまいをする

 

(4)説得力がある(ありすぎる)

「頭の回転が速い人」には、ほぼ例外なく「説得力」があります。最初から最後まで入念に理論武装して話し合いや会議に臨むために、話す内容に”つけ入るスキ”がありません。

ビジネスや議論の場において、このような「ディベート的」な話し方が必要な場合は多いでしょう。しかし、説得力があるからと言って、すぐにすべての人が納得してくれるわけではありません。

説得力だけで相手をねじ伏せるのではなく、きちんと感情的なフォローや、さきほども説明した「聞く姿勢」「批判の仕方の工夫」などを意識しましょう。

それに加え重要なことは、「~というのが私の見解ですが、あなたはどう考えていらっしゃいますか?」と相手にも発言の余地を与えることが重要です。

その相手からの発言を踏まえたうえで、「なるほど!○○という見方もありますね。では~」と、うまく相手の発言や考えをフォローした見解を述べると、悪い印象は持たれないでしょう。

解決策

ただ自分の見解を押し付けるのではなく、相手にも発言の余地を与えてフォローする

 

(5)フォロワーへの配慮が足りない

「頭の回転が速い人」のすべてに当てはまるわけではありませんが、「自分一人でこなしたほうが、人に任せるよりも速い!」と考えている人は、この「フォロワー」つまり「自分を支えてくれる人」への配慮や思いやりが足りていない場合があります。

今のうちは自分一人でこなせることばかりかもしれませんが、人間は万能ではありません。能力の高低差こそあれ、誰かと協力することでしかなしえないことは社会にはたくさんありますよね。

だからこそ、能力が高い人ほど、フォロワーを大事にすることを忘れてはいけないのです。

フォロワーへの配慮が足りない人は、今一度「自分を支えてくれている人」はどんな人かを具体的に思い浮かべてみましょう。

たとえば、プライベートなら「家族」「友人」「恋人」 シゴトなら、「上司」「同僚」「部下」「他業種の知り合い」「クライアント」

自分が無数の人のフォローで成り立っていることが分かるはずです。それが分かれば、あとは行動に移すだけ。そしてその行動は簡単なたった一つのこと。それは「感謝する」ことです。

シゴトをふったとき、何かをお願いしたとき、気遣いをくれたとき…生活やシゴトのささいな出来事で「ありがとう」とはっきり伝えることが大切でしょう。

解決策

とにかく自分をフォローしてくれている人々へしっかり感謝を伝える

「サーバントリーダーシップ」をみにつけるための10の方法

2016.07.01

 

頭の回転が速い分、周りのスピードが追い付いてこない

頭の回転が速い分周りがそのスピードに追いつかない

頭の回転が速い人は、どこでも重宝される人財になることができる。それは社会の事実の一つでしょう。

最初から、生活環境や習慣づけを自然と行っていたことなどによって「頭の回転が速い人」は存在します。しかし、「頭の回転が速い人」になるための方法はある、というのがIKIKATAの立場です。

頭の回転が速い人になるためには、そういう人をロールモデル化して「マネをする」ことが必要ですが、それさえすれば地道な努力で「頭の回転が速い人」になることができます。

しかし、同時に注意しなければならないのは、いくら自分の頭のスピードが上達してきても、「周りに合わせる協調性」は必ず必要になってくるということです。「あいつはバカだな」と見下すだけでは、当人の伸びしろもそこまででしょう。

いかに「協調できる」か、「周りのスピードに合わせられるか」が大切です。そのための解決策を今回は5つ紹介してきました。ぜひ、参考にしてくださいね。

「今の職場は自分とは合わない」と感じたら転職もひとつの方法です!

「今の職場は自分とは合わない」と感じたら転職もひとつの方法です!

「頭の回転が早すぎる」ことを今回は批判的に見てきましたが、成果を出すためにはアウトプットのスピードを最大限活かした行動が求められますので、頭の回転が早いことはとても重要な要素です。

しかし、今回ご紹介したようなことに注意していても「周りと合わない」と感じる場合、あなたの振る舞いがコミュニケーションの失敗を招いているとは言い切ることはできないのも確かです。

大手転職サイト「リクナビ」では、転職理由の本音ランキングを掲載しています。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

参考:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10 – リクナビNEXT

この転職理由の本音ランキングでは、上位3つの転職理由のうち、1位と3位が「人間関係の悩み」を原因として退職していることが分かります。

「頭の回転が早すぎる」ことによる悩みも、ひいては「人間関係の悩み」に分類することができますよね。「自分が悪い」と思いつめるのではなく、働く環境を変えてみることも大切だといえます。

IKIKATAでは、転職者の方にオススメの転職サービスを下記でご紹介するとともに、ランキング形式で特徴別に転職サービスをご紹介しています。転職を検討される方は、ぜひ参考にしてくださいね。

オススメの「転職サービスランキングTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。