転職先での人間関係が不安…新しい職場にすぐ馴染む5つの方法

スポンサードリンク

転職活動をするうえで、最も気になるのは「転職先の人間関係」ですよね。

特に「前職を人間関係が原因で辞めた」という方にとっては、転職する上で最も重要視しているのが転職先の人間関係ではないでしょうか。気持ちよく働くためにも、成果を出すためにも、まずは人間関係が良好な職場で働きたいのは当然のことです。

そこで今回は、転職活動を進めているあなたに向けて「新しい職場に馴染む方法」をご紹介していきます。新しい職場へ転職する前に、人間関係を良好にするための方法を意識しておきましょう。転職後の馴染み方を劇的に変えることができます。

人間関係が悪かった…転職の失敗例

人間関係が悪かった...転職の失敗例

大手転職サイト「リクナビNEXT」のWebサイト「Tech総研」では、「新しい職場で感じたことや、思わぬエピソードに発展してしまったケース」を調査しています。

「新しい職場で感じたことや、思わぬエピソードに発展してしまったケース」を調査

引用:https://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000932

上記グラフはエンジニアの転職者のアンケート調査ですが、「転職後の状況」を明確にするための参考資料になります。上記グラフでは約半数が時間を経るに従って「職場に馴染んだ」と見ることができますが、もう半分は「数年経過しても馴染めていない」と感じていることが分かります。

人間関係に不安を感じてしまうことは、毎日働く職場の環境として相応しくないといえるでしょう。しかし、現実にはこの不安を抱えたまま数年間働き続ける方も多いことが分かります。このような「転職の失敗」を引き越さないためには、転職前から職場に馴染むための方法を知っておき、実践することが大切です。

人間関係の悩みを解決するための「職場に馴染むための方法」

人間関係の悩みを解決するための「職場に馴染むための方法」

ここでは、転職前に準備しておくべき「職場に馴染むための方法」をご紹介しています。実際に現場で実践すべきことや、事前に考えておくべきことなど様々ですが、どれも仕事における人間関係を良好に保つために重要です。

1 社風を理解する

「社風」にも様々な意味合いがありますが、ここではオフィスや現場の「雰囲気」のことを指します。気軽に話しかけたり、ラフにコミュニケーションを取ることができたりする職場もあれば、厳格な職場もあります。

入社後は積極的に同僚や上司に働きかける姿勢が重要です。しかし、張り切りすぎてしまうことで周囲の空気を感じ取る感覚がなくなってしまい「浮いてしまう」ことにつながってしまいます。

「浮く」ことは、斬新なアイディアを実現したり、リーダーシップを発揮したりするために必要なことです。しかし、入社の段階で人に悪印象を与える行動は出来る限りおさえておくべきでしょう。まずは、前職での雰囲気を忘れて、「0」からスタートすることを意識しましょう。

  • 言葉遣い
  • 担当する業務/担当しない業務
  • あいさつの仕方
  • 出勤の仕方/退勤の仕方
  • 上司の呼び方/関係部署への働きかけ方
  • 質問の仕方

2 「前職での常識」を持ち出さない

「社風を理解する」でも述べましたが、「前職での常識」を持ち出しすぎることは控えるべきでしょう。もちろん、前職で培ったスキルや経験を活かして業務フローを効率化したり、役立つノウハウを同僚に共有したりすることはあなたに求められていることです。

しかし、「前職でのやり方」「現職でのやり方」がなぜ違うのかを理解したうえで改善しなければ、これまで同じ方法でやってきた同僚や上司にとっては「納得の行かない勝手な行動」と映ってしまいます。

また、人間関係を良好にする上では、あなた自身の「役職」「立場」を明確にしておくことが重要です。具体的には、転職先では年下の同僚や上司ができる場合も多いため、前職での人との接し方をつい同じようにしてしまいがちです。あなたは転職者で入社間もない社員であることを改めて意識することも大切です。

  • 「前職ではこうだった」を実践するのは今の体制を理解してから
  • 今の役職・立場を理解し丁寧なコミュニケーションを心がける

3 人の名前・重要な社内の場所・前提となる業務フローをメモする

入社後すぐに人間関係を円滑にすることができない原因を、出来る限り早めに潰しておくことも、スムーズに職場に馴染むために重要です。

いくら人当たりがよくコミュニケーションが上手くても、「同僚や上司」「取引先」「社内の場所(会議室や、トイレなどの休憩場所)」「業務の前提となる物事」は前職とは全く異なる場合が多いといえます。

「そのうち慣れる」のは事実ですが、出来る限り早めに覚えておくことで「入社したばかり」の状態という比較的周囲の人とコミュニケーションが取りやすい立場のうちから上手に立ち回ることができるでしょう。

  • 人の名前をメモしつつ覚える
  • 社内のあらゆる場所を早めに把握する
  • 業務フロー(書類の場所や必要な物品の保管箇所を含む)をメモする

4 転職エージェントを活用する

1〜3は、転職後、実際に職場でどのような行動を取るべきかという観点から職場に馴染む方法をご紹介してきました。実践することで、人間関係は円滑に進めることができます。

しかし、実際に自分が本当に納得できる転職を行うためには、「自分が職場の環境に合わせる」だけではなく、転職活動中に「自分が納得できそうな職場の情報収集をする」ことも大切です。そして、転職活動において転職志望先の「人間関係」や「社風」を理解する方法としては、転職エージェントを活用することが望ましいといえます。

特に、前職を人間関係が原因で辞めた方は、「この職場に転職したいけど、実際にはどんな雰囲気なの?」ということが気になりますよね。そういったことも含め、転職エージェントはキャリアや働き方の相談に乗ってくれます。

転職エージェントは無料で活用できるため、転職活動に不安が大きい人は活用してみるべきでしょう。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの一般的な「登録後の流れ」は次のようになります。転職エージェントごとに細かな流れが異なる場合もありますが、大まかに流れをおさえておくことで、円滑に転職活動をすすめることができるでしょう。

  1. 個人情報入力後、エージェントからカウンセリング(転職の相談)の日程調整の連絡が1〜2週間で来る。
  2. エージェントとのカウンセリング(転職の相談)を行う。
  3. 相談を踏まえてエージェントが求人を紹介してくれる。
  4. 履歴書などの書類準備&応募する企業を決める。
  5. 面接準備をエージェントと相談しながらする&面接本番。
  6. 内定後、入社日や給与などの条件交渉をエージェントを通じて行う。

カウンセリングや相談のタイミングで、「面接前の不安事項」「内定後の入社日や給与交渉」「退職の調整」の方法はどんどん質問し、出来る限りエージェントから情報を受け取りながら転職活動を進めていきましょう。

いい環境で仕事がしたい方におすすめの「転職エージェント」

転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

20代後半の転職に強い『ワークポート』

https://www.workport.co.jp/lp_wp/?cctype=affiliate-b

https://www.workport.co.jp/lp_wp/?cctype=affiliate-b

『ワークポート』の特徴

25歳〜29歳の転職者に特に利用されている転職サービス『ワークポート」の特徴は、転職相談をしてくれるエージェントの質の高さにあります。年収300万円の方々の利用者が60%を超えており、親身に転職に関する相談にのってくれます。

登録後、面接の日程等を調整し面談。その後は、面談の内容をもとに求人の案件を紹介してもらえます。(面談は電話でも可能です)『ワークポート」を活用すれば、多少転職に不安があっても安心です。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安がある転職希望者の方。

・年収があまり高くないが、信頼感のある転職サービスを活用したい方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

大手求人サイト!『DODA転職支援サービス』

94271ecbcbe103576c7fab0926c5aa7a

https://doda.jp/promo/lp/002.html?cid=001001117152002&utm_id=001001117152002&trflg=1

『DODA」の特徴

DODAでは登録者に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリア、お持ちのスキルを総合的に判断し、 現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

どんな人にオススメ?

・キャリアカウンセリングを希望する方。

・履歴書の書き方や模擬面接対策など、手厚いサポートが欲しい方。

・自分にあった企業がなかなか分からない方。

「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職エージェント」以外にも、様々な転職サイトをランキング形式で掲載しています。「エージェントではなく、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から様々な転職サイトを検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16

転職したい業界・業種が決まってるなら「IKIKATA Database」

IKIKATAと同時に運営している業界別・ニーズ別の転職サイト紹介メディア「IKIKATA Database」では、あなたが転職したいと考えている業種・業界別に転職サイトをご紹介しています。

あなたが「営業職」「事務職」など職種で転職を考えている場合や、「IT」「金融」など転職したい業界が決まっている場合は、こちらのメディアから転職サイトを検討してみましょう。

IKIKATA Database

http://ikikatadatabase.com/

まとめ|人間関係の不安は事前に対策できる

まとめ|人間関係の不安は事前に対策できる

今回は、転職後の人間関係に不安を持つ方に向けて、職場に馴染むための方法をご紹介してきました。現場で気をつけておくべきことと、転職前にできることの2通りがありますが、どれも実践しやすい内容といえるのではないでしょうか。

今回ご紹介した内容をもとに、転職先では良好な人間関係を築いてくださいね。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。