職場の人間関係が辛い人必見!悩みを解消する5つの方法

スポンサードリンク

「職場の人間関係が辛い」…仕事においては絶対に人と関わらなければならないのに、どうしても上手く関係を築けずに辛い思いを抱えている方は多いでしょう。

「どうすれば今の辛さから脱却することができるのか?」「人間関係の悩みを解決するためにはどうすればいいのか?」そんな途方もない悩みを抱えて、この記事にたどり着いたのではないでしょうか。

今回は、「職場の人間関係が辛い」という方に向けて、その悩みを解消するための方法をご紹介していきます。人間関係の悩みは仕事において必ずと言っていいほど発生するものですが、上手い対処の仕方や悩まずに済む方法は確かにあります。ぜひ参考にしてくださいね。

人間関係に悩む人はどれくらいいるのか?

人間関係に悩む方は世の中にどれくらいいるのでしょうか? ここで、転職者が転職した理由ランキングから、人間関係に悩み転職をするに至った方のデータを見てみましょう。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

参考:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10 – リクナビNEXT

退職理由の「本音」として第3位に位置しているのが、「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」という理由です。また、1位に位置する「上司・経営者のしごとの仕方が気に入らなかった」も、大きな視点で見れば「人間関係」に含まれます。

人間関係が原因で職場を退職したことを実際に転職時の面接で話す方は少ないのですが、実際のところは「人間関係で転職せざるを得ない」方もかなり多いことが分かります。

しかし、転職することだけが「人間関係に悩まない方法」なわけではありません。今の職場での行動で悩みが解決する場合もあります。

人間関係に悩まないために…解消・改善するための5つの方法

では、人間関係に悩む方は、悩みを解消・改善するためにどのような行動を取れば良いのでしょうか? ここではポイントごとにご紹介しています。

1 「自分の気持ちの視点」を変えてみること

人間関係の悩みを大きく分類すると、「自分の考え方によって変えられること」と「自分だけではどうしようもないこと」に区別することができます。

そして、「自分の考え方によって変えられること」とは、「相手の行動は、あなたの気分や感情をどう害しているのか?」というポイントにフォーカスすることで見つけることができます。

たとえば、あなたの上司がいつも「一言多いタイプ」だとします。そしてそんな上司の対応にあなたはいつもストレスを感じているとします。この場合、「なぜ一言が多いのか?」「この一言で伝えたいことは何か?」を考えてみるのです。

もしかすると、あなたの仕事ぶりを評価しているものの、言葉遣いが適切でないだけ…ということも考えられます。

「相手の言葉遣いの悪さ」や、「部下に対する評価の仕方」は自分だけではどうしようもないことに区別できますが、その発言の背景や理由を考えてみて、あなた自身が気持ちとして理解できるかどうかを意識してみると、ストレスや過度な悩みを避けることができるでしょう。

  1. 相手の発言とその背景の理由を考えてみる
  2. 自分が相手の気持を理解することができるかを意識してみる
  3. 「自分ではどうしようもないこと」をハッキリさせる

この3点を意識してみて、「自分ではどうしようもないこと」がほとんどである場合は、仕事を変えることも選択肢に入れるべきでしょう。

2 家族・友人・恋人など、身近な人に相談すること

家族・友人・恋人など、身近な人にあなたの仕事における人間関係の悩みをシェアすることも大切です。

人間関係に悩む張本人であるあなた以上に、「あなたの境遇・立場」を理解している人はいません。しかし、あなたの仕事を理解しており、あなたの仕事での役割や役職を日常的に伝えることが身近な人に対してできていれば、客観的なアドバイスを貰えることも多くなります。

「どうせ分かってもらえない」ではなく、きちんと自分自身の境遇を理解してくれる相手を見つけておくことも、日々の人間関係の悩みを解決するために重要です。

また、「ストレス解消」という観点から見ると、「誰かに話す」ことには大きな効果があります。自分一人で抱え込まずに、誰かに話してみることは、精神的に不安定になってしまう状況を避けることに繋がります。

身近な人に話すことの効果は下記の通りです。

  1. 第三者として客観的なアドバイスをもらえる
  2. 誰かに話すことがストレスの解消に繋がる

3 人事や信頼できる上司に話すこと

会社内の人事や信頼できる上司に、人間関係における悩みを相談することも一つの方法です。たとえば、あなたが不当な扱いを受けているのは、特定の個人が何らかの原因を作っている可能性もあります。

また、明らかにあなた自身に害の及ぶことが発生している場合は、然るべき対処をしてくれる立場の人に話すことが最も効果的です。

逆説的には、それでも対処してくれない環境の場合は、あなた自身の境遇や環境を誰も理解していないことといえます。その場合は、転職を考えるべきでしょう。

4 役立つコミュニケーションを取り入れること

社内いじめや不当な評価は然るべき対処をすべきですが、ちょっとしたコミュニケーションの不足や過剰な対応が人間関係の悩みを生むことも多いといえます。

たとえば、挨拶の仕方や出勤時間、退勤するタイミングなどといった社内の雰囲気に繋がる行動を見直してみることや、連絡や相談の仕方を工夫することなど、仕事上工夫できるコミュニケーション方法には多くのものがあります。

役立つコミュニケーションとは、具体的には下記の通りです。

  1. あいさつを丁寧に行う
  2. 出勤時間/退勤の仕方を変えてみる
  3. 連絡・相談・報告の仕方を変えてみる(例:結論から先に話す)
  4. 同僚や上司に積極的に働きかけアドバイスを貰う
  5. 話を聞き逃さず、きちんと耳を傾ける
  6. 自己開示(自分のことを隠さずに話す)

他にも、様々なコミュニケーションのノウハウをIKIKATAでもご紹介しています。人間関係の悩みを解決する方法としても活用することができるでしょう。

5 転職エージェントを活用する

上記の方法を試した場合でも、どうしても自分だけではどうすることもできない境遇になってしまっているときがあります。これは、1でも説明したように「自分だけではどうしようもないこと」で悩みを抱えてしまっている場合に当てはまるでしょう。

この場合は、新たに転職先を見つけることが望ましいといえます。

しかし転職先がまた同じような環境でないとは限りません。せっかく転職したのに同じような悩みを抱えてしまっては、転職の苦労も水の泡ですよね。最大限、転職失敗のリスクを減らすためには、事前に転職先の社風や人間関係などの実情を知る必要があります。

その場合にオススメなのは、「転職エージェント」の活用です。転職エージェントはあなたとの面談を通して、あなたに合った求人を紹介してくれます。それに加え、転職先の実情や人間関係、雰囲気についても調べてくれますので、自分ひとりで転職活動をする際には手に入れられない情報を入手することができます。

人間関係の悩みがどうしても自分一人では解決できない…と思った時は、転職エージェントを通して転職活動を始めるべきでしょう。

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの登録後の流れ

転職エージェントの一般的な「登録後の流れ」は次のようになります。転職エージェントごとに細かな流れが異なる場合もありますが、大まかに流れをおさえておくことで、円滑に転職活動をすすめることができるでしょう。

  1. 個人情報入力後、エージェントからカウンセリング(転職の相談)の日程調整の連絡が1〜2週間で来る。
  2. エージェントとのカウンセリング(転職の相談)を行う。
  3. 相談を踏まえてエージェントが求人を紹介してくれる。
  4. 履歴書などの書類準備&応募する企業を決める。
  5. 面接準備をエージェントと相談しながらする&面接本番。
  6. 内定後、入社日や給与などの条件交渉をエージェントを通じて行う。

カウンセリングや相談のタイミングで、「面接前の不安事項」「内定後の入社日や給与交渉」「退職の調整」の方法はどんどん質問し、出来る限りエージェントから情報を受け取りながら転職活動を進めていきましょう。

いい環境で仕事がしたい方におすすめの「転職エージェント」

転職エージェントは、複数活用することで最も転職成功率が高まります。これを機に登録をしておきましょう。

エージェントサイトは、必要項目を入力し登録完了した後、メールや電話等であなたの日程に合わせて転職支援を行ってくれます。「今仕事が忙しい!」「時間がないかも…」と不安な方も心配せずにまずは登録してみましょう。あなたの転職成功率がグンと上がります。

リクルートの転職サービス『リクルートエージェント』

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=047&vos=nragaffb00101

『リクルートエージェント』の特徴

「リクルート」が運営するエージェント型転職サービス。最大の特徴はリクルートのパイプを活かした多数の求人案件にあります。業界ごとに精通したアドバイザーが、給与等の条件や面接対策などといったサポートをしてくれますので、転職に不安があるが、選択肢は多く持ちたい方が活用できる転職サービスです。

どんな人にオススメ?

・転職活動の条件などの交渉に不安がある方(代行してやってもらえます)

・面接や選考の書類など、具体的な転職活動の準備が不安な方。

・自身のスキルやPRポイントなどがよくわからず、転職に悩んでいる方。

20代後半の転職に強い『ワークポート』

https://www.workport.co.jp/lp_wp/?cctype=affiliate-b

https://www.workport.co.jp/lp_wp/?cctype=affiliate-b

『ワークポート』の特徴

25歳〜29歳の転職者に特に利用されている転職サービス『ワークポート」の特徴は、転職相談をしてくれるエージェントの質の高さにあります。年収300万円の方々の利用者が60%を超えており、親身に転職に関する相談にのってくれます。

登録後、面接の日程等を調整し面談。その後は、面談の内容をもとに求人の案件を紹介してもらえます。(面談は電話でも可能です)『ワークポート」を活用すれば、多少転職に不安があっても安心です。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安がある転職希望者の方。

・年収があまり高くないが、信頼感のある転職サービスを活用したい方。

『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

http://www.pasonacareer.jp/lp/pc27/160901.html?cmpid=AFT112001&trflg=1

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

大手求人サイト!『DODA転職支援サービス』

94271ecbcbe103576c7fab0926c5aa7a

https://doda.jp/promo/lp/002.html?cid=001001117152002&utm_id=001001117152002&trflg=1

『DODA」の特徴

DODAでは登録者に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中でご紹介しています。業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリア、お持ちのスキルを総合的に判断し、 現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理します。

どんな人にオススメ?

・キャリアカウンセリングを希望する方。

・履歴書の書き方や模擬面接対策など、手厚いサポートが欲しい方。

・自分にあった企業がなかなか分からない方。

「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職エージェント」以外にも、様々な転職サイトをランキング形式で掲載しています。「エージェントではなく、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から様々な転職サイトを検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・エージェント比較ランキングTOP10

2017.04.16

転職したい業界・業種が決まってるなら「IKIKATA Database」

IKIKATAと同時に運営している業界別・ニーズ別の転職サイト紹介メディア「IKIKATA Database」では、あなたが転職したいと考えている業種・業界別に転職サイトをご紹介しています。

あなたが「営業職」「事務職」など職種で転職を考えている場合や、「IT」「金融」など転職したい業界が決まっている場合は、こちらのメディアから転職サイトを検討してみましょう。

IKIKATA Database

http://ikikatadatabase.com/

まとめ|あらゆる考え方で人間関係と向き合おう

今回は、人間関係に悩む方向けに、職場での人間関係を改善し悩みを解決するための方法についてまとめ、ご紹介してきました。最終的に、どんな方法を用いても改善しない場合もありますが、出来る限り自分自身で解決する方法を実践してみることにも大きな価値があります。

一人で抱え込まず、身近な人に相談することは、どんな方法であれ重要です。また、身動きが取れないような感覚に陥ってしまったときは、ムリをせずに転職を考えることも方法のひとつであるといえます。

ぜひ、今回の内容を参考にして頂き、あなたの不安が解消されることを願っています。

スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。