【悩み無用】仕事の悩みトップ3とその解決法!

スポンサードリンク

仕事の悩み…たくさんのものがありますね。

みんな同じようなことで悩んでいるはずなのに、誰にも相談できず一人で抱え込んでしまうこともしばしばあるでしょう。

仕事をするにあたって、悩みがない社会人は一人もいません…というお説教を抜きにして、今回は仕事の悩みトップ3を紹介して、その解決法を説明していきたいと思います。

あなたのあの「悩み」も、解決できるかもしれません。また、今後のためにも直面しやすい悩みを把握しておくことが重要です。

 

仕事の悩みトップ3

man-390341_640

(1)人間関係がうまくいかない

これはよくあるお悩みで、しかも切実です。「職場のあのひと」「あの上司」チームで効率的に成果を挙げるのが目的であるはずなのに、現場の一人ひとりには余計な重圧がかかる、という問題でもあり、これは組織の損失とも呼べるでしょう。

 

(2)仕事を覚えるのが遅い、できない

専門的な仕事、時間管理が難しい仕事であればあるほど、仕事の難易度が上がります。また、経験がものをいう仕事の場合、最初のころにこういった悩みを抱くことは当然のことといえるでしょう。

 

(3)つまらない

最後にして最も厄介なお悩み。これがすべての根源であり、結果でもあります。具体的には、「つまらない」と思ってしまうとたとえ個別的に楽しいこと、達成感のあることを仕事で経験しても、「つまらない」という感情が勝ってしまうからです。

「つまらない」とは仕事の内容や環境や人間関係など細かなケースごとにその内実が違いますから、一概にまとめきれない悩みでもありますね。

 

以上、「仕事の悩み」トップ3でした。

あなたに当てはまる悩みはいくつありましたか?ある人もない人も、解決策を一緒にみていきましょう。

当てはまる悩みをチェックしよう

当てはまる悩みをチェックしよう

 

仕事の悩みトップ3の「解決策」

mindmap-2123973_640

さて、では(1)~(3)の悩みそれぞれについて解決策を考えていきます。

(1)人間関係がうまくいかない-解決策:「他人は変えられない」ことを知る

これを解決策と呼べるのか?という声も聞こえてきそうですが…人間関係がうまくいかない理由は、「価値観が違うから」です。

具体的にどんな価値観が違うのか、というと…

5つの価値観:知性・社会・お金・家族・身体
(引用:THE CHANGE

要するに、同じ組織で一緒に仕事をしていても、その人と価値観が違うことは往々にしてあるものです。人間関係で悩むと、どうしても「あいつが悪い!」と心の中で思ってしまいます。よって、私たちにも心の余裕はありません。

ですから、「うまくいかない相手」が上記5つの価値観のうち、「どれに重きをおいているのか?」を考えてみましょう。

そうすることで、「相手の言い分」を聞き入れる余裕が出てきます。その後のコミュニケーションの努力こそが人間関係構築の第一歩です。

 

(2)仕事を覚えるのが遅い、できない-解決策:「自ら仕事を探す」

仕事を覚えるのが遅い…これは切実な悩みですよね。これができないと、職場でも肩身の狭い思いをしてしまいます。私も仕事を覚えるのがニガテでよくつらい思いをしました。

ですが、こればっかりは個人差があります。「仕方ない」と割り切りましょう。怒られたり、失敗してめげたりしてしまう回数は人よりも多い、ということを認めてしまうのが最も手っ取り早い思考法なのです。

しかし、それだけではただの「やる気のない人」になってしまいます。そこでするべきことが「自ら仕事を探す」というもの。

仕事が覚えられないからこそ、任された仕事のその先をみようと努力しましょう。人は不思議な生き物。長距離走では、人に追いつかれそうなときのほうが大きなパフォーマンスを発揮します。

それと同じで、「仕事ができないから最小限の仕事をする」ではなく、常に先を見て行動し、自分を追い込む姿勢が大事なのです。

 

(3)つまらない-解決策:「『仕事楽しいなー!』と声に出して言う」

「仕事がつまらない」という悩みは、もしかしたら自分の思い込みかもしれません。裏を返せば、「何が原因でつまらないのか?」を考えてみたら、悩みの根幹は仕事がつまらないことではなく、「ほかの原因」があると考えられますね。

そういう理由がなく、漠然とつまらない、と感じるのであればやるべきことはただ一つ。「『仕事楽しいなー!』と声に出して言う」ことを実践してみましょう。

また、笑顔を保ちつついうのがベターです。

この行為は、心理学用語で「自己開示」と呼ばれます。こうやって自分の思いを(たとえそれが少々不本意であっても)声に出して言ってみることで、自分では気づいていない仕事の楽しみが見つかるかもしれません。

人は自分が考えているほど視野が広くありません。ですから、「自己開示をする」ことによって、自己理解が深まり、また、周りの環境を見つめなおすことにも繋がります。

 

実は切実な悩みも簡単な解決法がある...。(灯台下暗し)

実は切実な悩みも簡単な解決法がある…。(灯台下暗し)

 

まとめ

winter-road-arrow-74780

今回は、仕事でよくある悩みを3つピックアップしてご紹介し、その解決策をそれぞれ一つずつ説明していきました。

仕事の悩みは、悠長なことを言っていられない「緊急の悩み」です。よって、そんな簡単に解決策がないと思い込んでしまっていることも多いのです。

もしかしたら、とても簡単な方法で今の悩みを解決できるかもしれません。

ぜひ、実践してみてくださいね!

 

この記事の3つのポイント!

 

・仕事の悩みは誰もが抱える問題!
・↑そんな説教はなしで、まずは多い悩みトップ3を把握しよう
・仕事の悩みトップ3の解決策は意外と簡単な方法があることを知る

 

IKIKATA厳選の「転職サービスTOP3」をご紹介!

転職を検討している方に向けてIKIKATAおすすめのサービスをご紹介します。

1位 あなたにピッタリの求人スカウトが来る『BIZREACH(ビズリーチ)』

ビズリーチ

『ビズリーチ』の特徴

利用企業数は5000社以上。無料で利用できるスタンダード会員と、有料のタレント会員、プレミアム会員があり、会員のクラスによって閲覧できる求人や届くスカウトなどに差が出るのが特徴です。また、ヘッドハンターからスカウトが来る珍しい転職サービスです。

どんな人にオススメ?

  1. 会社には転職活動がバレたくない方(入力した、現在や直近に在籍していた会社情報はプロフィールに公開されないため)
  2. 年収をアップさせたい方
  3. 忙しく転職活動に時間が取れない方

2位 あなたの強みが見つかる転職力診断!『リクナビNEXT』

リクナビNEXT

『リクナビNEXT』の特徴

『リクナビNEXT』の最大の特徴は、「グッドポイント診断」と呼ばれる自己分析ツールを最初に活用できる点。転職活動は、ご自身の強みや得意分野などを明確にすることが大切ですが、なかなか自分で理解するのは難しいもの。『リクナビNEXT』では、登録後に自己分析のための診断をすることができます。また、その診断結果は、実際に応募時に診断結果を添付することもできます。

業界No.1の転職実績で、転職活動の基本からサポートしてもらえるので、「転職したいけれど、何をすればいいかわからない」という方にこそオススメのサービスといえます。

どんな人にオススメ?

  1. 転職活動に不安があり、最初に何をすればいいか分からない転職希望の方。
  2. 自己分析など、転職活動に必要な情報を多く収集したい方。
  3. 異業種・職種への転職を希望している方。

3位『正しい転職』を助けてくれる『パソナキャリア』

パソナキャリア

『パソナキャリア』の特徴

『パソナキャリア』は、転職エージェント。手厚い転職サポートを登録後から採用まで一貫して行ってくれます。(すべて無料)

キャリアや転職に関する悩みがある方にとっては、求人案件を探すだけではなく、そもそもの働き方や求める条件を絞りこむことが大切です。『パソナキャリア』であれば、転職活動における悩みを抱えずに採用までスムーズに行くことができるでしょう。

どんな人にオススメ?

・転職活動に不安や漠然とした心配がある方。

・キャリアカウンセリングなど、転職相談を受けたい方。

・信頼感のある情報源から、求人案件を得たい方。

転職サイトの利用の流れ

転職サイト登録後の流れについて不安のある方は是非こちらを参考にしてみてください。では登録後の流れを見ていきましょう。

1.サイトの会員登録

まずは、該当する転職サイトで会員登録を行います。

このときに、氏名や電話番号など必要最小限の個人情報を入力します。長くても5分ぐらいで会員登録を完了できます。

基本的にどんなサイトでも無料ですので、気軽に登録できます。

2.プライベートオファーの登録

サイトによっては、プライベートオファーを受けることができます。

プライベートオファーとは、自分の職歴などのスキルや希望職種などを登録して、転職サイトに登録している企業側に、自分の情報を公開するすることにより、企業側よりオファーを受けることができるシステムです。

注意点としては、オファーがきたからといって必ず採用される訳ではないというところ。しかし、オファーが来ると言うことは少なからず企業側が自分に興味を持ってくれているということなので、通常応募よりは採用される確率は上がるといえるでしょう。

3.求人を探して応募

プライベートオファーを利用しつつ、自分でも積極的に求人を探しましょう。

どの転職サイトでも、勤務地や職種などの条件を細かく指定できますので、自分に合った条件で求人を探しましょう。自分の条件に当てはまる会社が少ない場合は、条件を絞って検索してみましょう。

4.書類選考

気になる会社があったら積極的にエントリーしましょう。

会社にもよりますが、最初に履歴書と職務経歴書を郵便 or メールで送付します。

5.面接

書類選考が見事に通ったら、次に面接があります。

6.合否発表

会社によっては2、3回面接を行うところもありますが、無事面接が終わると後は合否を待つだけです。合否を待っている間も、落ちたときのことを考えて転職活動は引き続き行いましょう。

その他「転職サービスランキング」も掲載中!

今回ご紹介した「転職サービス」以外にも、様々な転職サービスをランキング形式で掲載しています。「もっといろんなサイトを検討したい、転職求人をとにかくみたい!」と考えている方は、下記の記事から検討してみてくださいね。

【保存版】おすすめ転職サイト・サービス比較ランキングTOP10

2017.04.16
スポンサードリンク

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

各業界の転職サイト・サービスをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。