緊張する原因とは?しない人の心理と特徴から学ぶあがり症の克服法

緊張する原因とは?しない人の心理と特徴から学ぶあがり症の克服法
スポンサードリンク

「緊張して夜も眠れない」「失敗したらと考えると不安でしかたない」…学生でも社会人でも、人前で発表したり、不慣れなことに初めて挑戦したりするときは、かなり緊張するはずです。

中でも、本番までリハーサルや準備をしたのに本番に弱くいつも緊張して思うように行動できない・話せないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

緊張というのは、心理状態によって引き起こされますが、方法によってコントロールしたり、緊張が表に出ないように工夫することが可能です。

そこで今回は、緊張する原因や、する人/しない人の特徴、そしてあがり症に悩む人に向けた対処法をご紹介していきます。

Contens

緊張するとは何か?

緊張するとは何か?

緊張とは「身体や心が張り詰めた状態になること」とされています。人前での発表や初対面の人との会話など、緊張する場面は何度も何度も訪れます。

たとえば、下記のような経験はほとんどの人が感じていることでしょう。

  • プレゼンの前日から緊張して眠れない。
  • 初対面の人と話すとき、話すべきことを上手に話せない。
  • 人前で発表するとろれつが回らなく感じる。
  • 人前に出ると人の視線が気になり挙動不審になる。
  • 大会本番前は心臓の動悸が早くなる。

学生時代から緊張する人もいれば、社会人になってから緊張するようになった人もいます。もちろん、その逆パターンもあります。

そのため、緊張は環境や状況、心理状態にも大きく左右されることがわかります。

しかし、ほとんどすべての人が感じたことのある緊張ですが、その原因とはどのような点にあるのでしょうか?

 

緊張してしまう原因とは?

緊張してしまう原因とは?

緊張とは、心理学や脳科学の分野から研究が進められています。ここでは、緊張の原因となる根拠について複数の観点をご紹介していきます。

交感神経が活発化することが原因

緊張は、体の中の「交感神経」が活発化することにより起きると言われています。

交感神経が活発化するとノルアドレナリンと呼ばれる物質が興奮作用を引き起こし、身体面に影響を与えることが分かっています。

具体的には、心拍数増加や痛みへの過敏症状、腹痛や下痢と言った具体的な症状が起きます。また、中枢神経・末梢神経・循環器系・消化器系など様々な箇所に影響がでます。

また、それだけではなく心理面でも変化が起き「落ち着きがなくなる」といったことが起きる一方で「集中力が増す」などの良い効果があることも挙げられます。

ただ、次でもご紹介するように、上記でご紹介した緊張する原因はあくまで身体的な機能としてどのように「緊張」に説明がつくかということでしかありません。

そのため「緊張は気の持ちよう」「何度も繰り返すと慣れる」と言った話に帰着してしまうことが多いのです。

では、緊張しやすい人の特徴と心理について、その共通点を見ていきましょう。

 

緊張しやすい人の特徴・心理

緊張しやすい人の特徴・心理

1 「上手くやらないと」というプレッシャーが強い

緊張はほとんどの場合「上手くこの場を乗り切らないと」と思う自分自身へのプレッシャーがトリガーとなって起こります。

更に具体的に言うと、自意識過剰になることでいつもは気にしないようなことまで気を巡らすようになってしまい、通常時よりも上手く言葉が出なかったり、いつもどおりの動作ができなくなったりします。

「上手くやらないと」と思うことで集中力が上がる場合も多いのですが、ほとんどの場合ミスや失敗につながることが多いですね。

 

2 過去に大失敗したトラウマがある

下記に大失敗したトラウマがあったり、過去に人前での発表など緊張することをできる限り避けてきた経験がある人は、現在まで緊張することに関して嫌悪感を抱きます。

また、大失敗したトラウマがあると、「また失敗するのではないか?」という思いが頭をよぎり、そのせいで余計本番で失敗してしまうなどの原因になることがあります。

 

3 相手や物事を過大評価しがちである

たとえば、自分より立場が上の人と会話するときに緊張は起こります。また、少人数よりも大人数の前で話すほうが緊張します。

実際にやることは同じなのにもかかわらず、相手や物事を過大評価してしまうことによって、緊張は強くなります。

 

4 本番前までは楽観的で準備が不足していることが多い

準備不足が原因で、本番前に突如自信がなくなり失敗してしまうケースもあります。

これは通常の緊張とは少し異なりますが、本番前までの準備は「万が一こういうトラブルが起こったら高対処する」ということまで決めるべきなのです。

それをしておらず、本番中にひとつトラブルが発生すると、思う通りに物事が進まず頭が真っ白になってしまうことがあります。

 

5 どちらかというと物事をネガティブに捉える性格である

物事をネガティブに捉える性格の人は、自分のことを本番に弱い人だと考えていることが多いです。

実際は、本番だけ失敗してしまうのではなく、本番中にネガティブになってしまうことにより失敗する確率が上がってしまうことがきっかけになっているのです。

たとえば、小学生〜中学生で取り組んだ「毛筆」を思い出してください。文字を書く前に失敗しそうだと思いながら筆をゆっくり進めると、ほとんどの場合うまく行きません。

一方「失敗してもいいや」と思い切り書くと、上手にかけたという場合が多いのです。

このように、物事に対してネガティブになるかポジティブになるかという要素も、緊張に含まれているのです。

 

6 完璧主義である

「すべてを完璧にこなさなくてはいけない」と考えている完璧主義の人は、本番でも練習でもとにかく1から100まですべてを完璧に仕上げたいと考えます。

しかし、本番が100%うまくいく保証はなく、どこかでトラブルを避けるために臨機応変な対応が求められることが多いです。

完璧主義だと、ひとつの予想外が発生するとその後の調子がすべて悪くなってしまうことがあります。

また「完璧に終わらせなければ…」というプレッシャーが、大きな緊張に繋がることは言うまでもありません。


では、反対に緊張しない人の特徴と心理を見ていきましょう。

 

緊張しない人の特徴・心理

緊張しない人の特徴・心理

1 失敗したり間違ったりしてもそれほど気にしない

「本番で失敗したり、間違ったりしてもそれは仕方のないことだ」と肝が座っていると、むしろ「間違えちゃいけない」と緊張するよりもうまくいくことが多いです。

また、失敗を前提で準備することもできるようになるため、臨機応変な対応ができるようになります。結果、他人から見て緊張しているように見えないケースが多いです。

 

2 他人からの評価ではなく自分自身の評価を大切にしている

「他人からどう見られるか?」ということに意識を傾けすぎた結果、自意識過剰に陥ってしまうことが緊張のキッカケのひとつでした。

緊張しない人や、緊張していないように見える人は、他人からの評価を気にしつつも、それ以上に自分が本番で何をすべきかなのかをしっかり理解していることが挙げられます。

自分自身の評価を大切にしているからこそ、必要以上にひと目を気にすることなく、目の前のことに集中できるようになります。

 

3 他人から見た自分を客観的に分析できている

「他人から自分がどう見られているのか?」を客観的に分析できている人は、些細なミスや失敗が起こったとしても動揺することがないため、結果として緊張していないように見えます。

たとえば、論文を人前で読み上げるとき、聞き手であるあなたは話し手が一度噛んだ程度では気にもとめないでしょう。

しかし、いざ話し手側になってしまうと、一度でも噛んでしまうと失敗した気持ちになってしまい、さらに緊張が高まりますよね。

しかし「客観的に見れば特に気にするほどのミスではない」ということをあらかじめ分かってさえいれば、必要以上に緊張する必要がなくなるのです。

 

4 表情や態度に緊張感が出ないようコントロールしている

本当は緊張しているが、それを表情や態度に出さないという人もいます。

どうやって表情や態度をコントロールしているかは、その人それぞれで工夫の仕方が異なるでしょう。ただし、一つ言えるのは「入念に準備している」ということです。

たとえ本番にミスが有っても、そのミスを踏まえた行動がすぐに取れる準備をしておけば、滞りなく本番を進めることができます。

よって、観ている側からするとまるで最初から予定されていたことのように見え、ほとんど緊張しているかの見分けがつかないのです。


では、緊張しないためには何をすべきなのか、今すぐ試せる対処法を見ていきましょう。

 

緊張しないためには何をすべき?すぐに試せる対処法

緊張しないためには何をすべき?すぐに試せる対処法

1 緊張する出来事をポジティブに評価する

緊張する出来事に対してポジティブに評価することができれば、本番にあたって不安な点をすべてなくすることができます。

たとえば、プレゼンを控えている場合、「発表時に使う資料」「話すべき内容」の2点が完璧であり、リハーサルを何度か行っていれば、さしあたって心配することはありません。

漠然としたなんとなくの不安を抱く前に、不安なポイントをすべて消すことに集中しましょう。

 

2 相手や対象を客観的に分析する

相手や緊張する出来事を客観的に分析することができれば、余計な不安を減らすことができます。

たとえば、自分よりも年齢が上の人に営業をかけるときを考えてみましょう。この場合、相手からどのようなことを言われるかが不安で上手く乗り越えられるかばかりを考えてしまいますね。

しかしそうではなく、相手に対して自分が長けていることを列挙すればよいのです。

「この分野に関しては自分のほうが確実に知っている」「この話に関しては自分のほうが把握している」といった感じで、自分に自信をつけていきます。

このように、相手や出来事を冷静に見つめ、「だから、心配する必要はないよ」と自分に言い聞かせることができれば、その時点で緊張はかなり和らいでいるはずです。

 

3 身体を動かす/運動する

緊張状態のときは、身体を動かすことが良いとされています。

たとえば、発表会の当日の朝に「ランニング」「筋トレ」など少し強めの運動をしておくことで、緊張状態を和らげるための副交感神経が活発化されます。

適度にリラックスするためには、本番前に体を動かす/運動することが必要不可欠です。スポーツだけではなく、ありとあらゆる緊張するシーンに応用できます。

 

4 失敗した場合の最悪の状況を想定しておく

完璧主義が原因で失敗が怖いと感じ、緊張がより強まるのであれば「失敗した場合には最悪どうなるか?」をあらかじめ考えておくことをおすすめします。

失敗はいつでも怖いものですが、一方で失敗の具体的な内容がわかっていれば、恐れていることも意外とはっきりしてきます。

人は正体のわからないものを怖がるため「失敗した場合にどうなるか?」を早めに明確にしておくことが大切です。

 

5 ポジティブな言葉を普段から使う

本番直前に使える方法ではありませんが、常日頃からポジティブな言葉を自分に対して投げかける習慣をつけると、緊張を上手くほぐしていくことができます。

特に、ネガティブなりがちな人は、本番前に「失敗したくない」「ミスを起こしたくない」など、「〜ない」という否定形の言葉を使いがちです。

そうではなく、「大丈夫」「余裕」「まだいける」などなど、自分をポジティブにさせる言葉を使っておきましょう。

言葉の力は侮れません。それがトリガーとなり緊張が緩和されることもあるため、ぜひ実践してみましょう。

 

6 無意識に言える/行動できるレベルで覚え込む

とにかく本番に向けて抜け目なく準備しておくことも重要です。不安なポイントや懸念点を明確にしたら、あとはミスや失敗がないように身体で覚えるのみです。

特に、本番は余計なことを考える余裕はありません。無意識のうちに身体を動かすことができるように、本番をシミュレーションした練習を行っておきましょう。

試験でも、スポーツの大会でも、プレゼンにも使える考え方です。

 

まとめ|確実に緊張しない態勢を作っていこう

まとめ|確実に緊張しない態勢を作っていこう

今回は、緊張する原因や、緊張しやすい人/市内人の特徴、そして、緊張への対処法を解説してきました。

学生でも社会人でも、定期的に緊張する機会は回ってきます。

緊張する出来事全般に苦手意識を持つ方も多いと思いますが、その都度上記でご紹介した対処法を試して、自分に効果のある緊張を克服する方法を身に付けてくださいね。

 

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

今の職場に満足してる?リスクなしで転職するための4つのコツ

 

ここでは、今の職場や待遇、働き方に不満を抱いている方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。

転職活動というと、下記のようなイメージがあるのではないでしょうか?

  1. 「失業リスクがある」
  2. 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」
  3. 「転職すると給料が下がる」
  4. 「新しい環境に慣れるのが大変そう」

しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。

 

1 転職活動に失業リスクはない!

転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。

一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。しかし、それは”間違い”です。

大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。

20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。

引用:年代別の転職回数と採用実態 – リクナビNEXT

20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。

つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。

ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。

 

理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」

人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。

2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18.6%)が「減る」(4.0%)を大きく上回っている。

引用:中途採用調査 – リクルートワークス

つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に活発に採用活動が行われていることを示しています。

 

理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」

転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。

しかし、その点についても心配いりません。今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。

たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。

  • 求人を探す
  • 履歴書・職務経歴書を作成する
  • 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する
  • 面接を1次〜3次まで突破する
  • 給与条件や入社日を人事側と調整する
  • 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう

これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。

でも今は、「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。

そのため、転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。

以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。

おすすめ記事:転職エージェントとは?おすすめの選び方と比較ポイントを徹底解説!

 

おすすめ転職エージェントは下記記事でご紹介しています。活用法や利用の流れも解説しているので、「転職エージェントを選びたい」という方はぜひ参考にしましょう。

 

また、「自分で求人を探したい」「自分のペースで求人を見てみたい」という方は、こちらの「転職サイトランキング」を参考にしてくださいね。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる

転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。

特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。

これまで得てきた経験を活かすには、「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。

「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。

あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。

もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。

業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。

業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、兄弟サイト「IKIKATA Database」のTOPページで掲載しています。

どんな経験・キャリアであっても、それを評価してくれる職場は必ず存在します。

もちろん、経験・スキルによって大幅に求人の見つかりやすさや条件は変化しますが、「今の職場に不満を感じている」のであれば、転職活動を始めてみるべきですよね。

 

3 転職しても給料は下がらない

「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか?

それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。

それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。

特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。

 

年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

また、実際に今のあなたの職種・業種の求人が一般的にどの程度の年収なのかを調べることも大切です。そんな方は転職サイトに登録し、職種/業種の条件から求人を探してみることをおすすめします。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる

転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。

「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。

しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。

それはなぜかといいますと、転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。

あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか?

実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

 

スポンサードリンク
緊張する原因とは?しない人の心理と特徴から学ぶあがり症の克服法

この記事を好きなツールでストックしよう↓

転職サイトをまとめて見るなら【IKIKATA Database】

IKIKATA Databaseは各業界の転職サイト・エージェントをニーズ別にまとめたサイトです。転職を検討している方は是非ご覧ください。